更新日:

アコムを解約後の再契約には審査が必要!2回めの申込みの注意点を解説

アコムを解約後の再契約には審査が必要!2回めの申込みの注意点を解説

以前アコムを利用していた人が、再度アコムでお金を借りる際にはもう一度審査を受ける必要があります。

審査に通過することによって再契約が可能となるのですが、アコムを再契約するにはいくつかの注意点があります。

たとえば、アコムを解約した理由によっては、再契約の審査に落ちてしまう可能性があります。

また、再契約ではアコムの無利息サービスが受けられません。

こちらの記事では、再契約の審査に通過するためのポイントや審査に落ちてしまう方の特徴を解説していきます。アコムをはじめて利用される方にもぜひご一読いただきたい内容となっています。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムで再契約の審査を受ける方法

アコムを解約された方が再度アコムを利用したいときは、再契約を結ぶ必要があります。

再契約の手続きは、アコムで解約済みの方のみ可能です。

再契約を希望する方は、アコムのフリーコールに問い合わせることで、融資可能か調べてもらうことができます

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

なぜアコムにしたかというと、20代にも契約していたことがあってスムーズに借り入れできた記憶があったので再度アコムと契約しました。

上記はアコムで再契約をした方の口コミです。以前利用していたことで、安心してまた利用することができるという方が多いのではないでしょうか。

アコムでは「完済=解約」ではない

借入額を完済していても、解約手続きをしていなければ契約は残ります。

まずは自分の利用可能額が残っているか、会員ページかアコム総合カードローンデスクで確認してみましょう。


もし解約をしていなかったということであれば、利用可能額の範囲内で借入れが可能となっているため、以前のように借入れをすることができます。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムでの再契約よりも他社への新規申込のほうがお得?

アコムで再契約する場合は無利息サービスを受けることができません。

無利息サービスとは初回利用のみに限定されたサービスで、アコムの場合は30日間金利0円で融資を受けることができます。

少しでも利息を節約したい方は、下記のカードローン会社の無利息サービスも検討してみましょう。

アイフル

アイフルでは初回契約日の翌日から、30日間利息0円でお金を借りることができます。初めて利用する方だけが受けられる大変お得なサービスなので、借入れを考えている方は積極的に利用することをおすすめします。

また、アイフルでは即日融資にも対応しており、審査にかかる時間が最短で30分と早いので、お急ぎの方にもおすすめです。申込む時間帯や契約内容によっては、即日融資できない場合もあるので、アイフルにご確認ください。

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

レイクALSA

レイクALSAにも、アコムやアイフル同様に無利息期間サービスを設けていますが、内容に違いがあります。

レイクALSAでは、初回契約翌日から60日間全額もしくは180日間5万円分の利息が無料になるサービスがあります。

なお、無利息サービスは、初回契約日の翌日から適用されます。

レイクALSAは審査にかかる時間が最短で60分と対応も早く、無利息期間を選ぶことができる点が魅力のカードローンです。

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • はじめてなら利息0円!しかも選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 最短15秒で審査結果を表示!
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

2回めの審査に申込む際の注意点

こちらでは、再契約の審査に申込むにあたっての注意点を説明していきます。一度審査に通過しているから、2回めも簡単に通過できると思うかもしれませんが、決してそうではありません。

再契約だから気を付けていただきたい点があります。それが以下の2点です。

注意点
  • 現在の状況に見合った借入額を希望する
  • 最新の情報を正確に申告する

①現在の状況に見合った借入額を希望する

アコムとの契約を解約し、しばらくして再度契約をする際に、以前と勤務先や収入が変わっている場合や、他社での借入れが増えているということがあるかもしれません。

収入が増えていて、他社借入が減っていれば問題はないかと思われますが、逆の場合は、以前のままの利用限度額を希望することは難しいと考えられます。

また、返済能力が落ちているにも関わらず、高い利用限度額で申込むことは、審査落ちの危険性があるため注意が必要です。

②最新の情報を正確に申告する

嘘の情報は在籍確認や書類確認、信用情報の照会でかならずバレます。

アコムは業界でトップクラスの融資実績を持つ大手の消費者金融です。申告情報の真実性については徹底的に審査がおこなわれるので、嘘の情報を申告すると高確率でバレてしまいます。

虚偽の申告をしたことがバレたら、当然再審査に通過することはできません。再申込みでは、正しい情報を申告することが大切です。

再契約の審査に落ちてしまう方の特徴

一度は審査に通ったのに、再審査に落ちてしまうのはどのような方でしょうか? 再契約の審査に落ちてしまう方の特徴を解説していきます。

再契約の審査に落ちてしまう方の特徴

  1. 初回審査時よりも属性が悪くなった
  2. アコムの利用でトラブルがあった

①初回審査時よりも属性が悪くなった

他社のカードローン・クレジットカードの利用で信用情報に傷が付いた場合や、他社借入件数・金額が増えた、転職で勤続年数や年収が減った、などの場合は審査通過が難しくなることが考えられます。

アコムの審査基準では「安定した収入があること」となっていて、必要な収入については明確にされていません。

ただし、あまりにも他社借入が増えている場合や、収入が減っていると返済能力に落ち度があるとみなされ、審査に落ちてしまうことがあるかもしれません。

②アコムの利用でトラブルがあった

また、以前にアコム利用中になんらかのトラブルがあった場合には、再申込みをしても審査に落ちてしまい再契約ができないということもあります。

利用上のトラブルの代表例は、返済遅れ、虚偽申告、利用停止、強制解約、過払金の返還請求、などです。このような事態を経験した場合には、アコムで再契約できない可能性があるといえます。

アコムの再契約まとめ

アコムで解約後に再契約したい方は、再度審査に通過する必要があります。

再審査の際は、収入や他社での借入額が以前と変わっていても、正直に申告するようにしましょう。

収入などの属性が下がっている場合には、利用限度額を引き下げて申込みをすることをおすすめします。

また、他社のカードローンであれば、無利息サービスを受けることができる場合もあります。お得にお金を借りることができるので、借入先の候補としてご検討ください。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムに関するその他の記事