更新日:

お金が欲しいときの対処法をニーズ別に解説!とってはいけない行動も紹介

お金が欲しいときの対処法をニーズ別に解説!とってはいけない行動も紹介

お金は自分が生きていくうえで欠かせない存在です。食費や家賃、光熱費の支払いなど、いつもの生活を送るだけで多くのお金がかかります。ふとしたときに「お金が欲しい」と感じることもあるでしょう。

しかし、「どんな理由でお金が欲しいのか」によっても、取るべき対処法は異なります。間違った方法でお金を得ようとすると、お金が欲しい状態からはいつまでも抜け出せません。

この記事では、お金が欲しいときの対処法をよくあるニーズ別にご紹介します。お金が欲しいときにとってはいけない行動についても解説するので、ぜひご一読ください。

今すぐにお金が欲しいときはまず資金を調達しよう

「お金を使う予定があるのに、手元にお金がない」などの理由から、「今すぐお金が欲しい」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そんな方は、まず資金を調達するために行動しましょう。比較的早く資金を調達する方法としては、以下の3つが挙げられます。

資金を調達する方法

  • 不用品を売る
  • 知人や家族からお金を借りる
  • 給与の日払いが可能なアルバイトを始める

これらの方法を実践することで、急いでお金を用意しなければいけない状況を乗り切ることができます。以下でそれぞれの方法について、詳しく見ていきましょう。

不用品を売る

今すぐにお金が必要な方は、自宅に不用品がないか探してみてください。

リサイクルショップなどの買取業者に不用品を売ることで、資金を調達することが可能です。

不用品を店舗に持ち込んで売る場合は、査定が終わり次第その場でお金を受け取ることができます。査定にかかる時間は大体30分程度なので、急いでお金を用意したい場面でも安心です。

ただし、受け取れる金額は不用品の価値によって変動します。買取業者を利用する際は、できるだけ高値がつきやすいものを売るようにしましょう。

ちなみに、以下の3点は比較的高値がつきやすい傾向があります。

高値がつきやすい品

  • ハイブランドのアイテム
  • タブレットやパソコンなどの電化製品
  • ジュエリー

また、自分では価値を感じていない品でも意外と高値がつくこともあるので、不用品があればまずインターネットを使い、買取価格の相場を調べてみるとよいでしょう。

なお、不用品はインターネットオークションやフリマアプリを利用して売る方法もありますが、お金を受け取れるまでに数週間程度かかる場合もあるので注意してください。

知人や家族からお金を借りる

今すぐに資金を調達するには、「知人や家族からお金を借りる」という方法もあります。現金を直接借りることができれば、お金が必要な状況を一時的に乗り切れるでしょう。

ただし、お金の貸し借りというのは、信頼関係にヒビが入る原因になることもあるので注意が必要です。

たとえば、お金を借りる理由があまりにも自分勝手だったり、いつまでも返済がされなかったりすると、相手からの信用を失ってしまい、今後の人間関係に悪い影響が出ることもあります。

そのため、知人や家族からお金を借りる際は、確実に返済するのはもちろん、本当に止むを得ないときだけ頼るようにしましょう。

給与の日払いが可能なアルバイトを始める

お金を早く用意したい方は、給与の日払いが可能なアルバイトを始めるのもおすすめです。

日払いが可能なアルバイトは、建設現場や工場内の作業員、データ入力など、とくに特別なスキルは必要ないものが多い傾向があります。そのため、未経験でも気軽に始めることが可能です。

また、働く時間を確保するのが難しい方でも、自分の都合の合う日だけ働ける単発のアルバイトなら空いた時間に働けます。

ただし、アルバイトによっては「日払いができる金額は1日〇〇円まで」のように、支給額に制限がある場合があります。確実に必要なお金を用意するためにも、日払いの条件は事前によく確認しておきましょう。

月々継続的にお金が欲しい人は収入を増やして無駄遣いを減らす

「毎月の給与が少ない」などの事情から、月々継続的にお金が欲しい方もいるかと思います。

このような方は、次の3点を意識して収入を増やし、無駄遣いを減らすようにしましょう。

収入を増やして無駄遣いを減らす方法

  • 副業を始める
  • 給与を上げるために行動する
  • 月々の収支を見直す

副業を始める

月々継続的にお金が欲しい方は、副業を始めてみるのもおすすめです。空いた時間に副業をすることで、自分の収入を増やすことができます。

副業としては、単発のアルバイトを定期的にする、またはインターネットのクラウドソーシングを利用してお金を得るなどの方法があります。

とくに専門的なスキルがある方には、クラウドソーシングの利用がおすすめです。

クラウドソーシングにはさまざまなジャンルの仕事がありますが、なかでもプログラミングやデザインなど、専門的なスキルが必要な仕事は高い報酬を得られる傾向があります。継続的に仕事をすれば、月に数十万円を得ることもできるでしょう。

また、クラウドソーシングは、スキルがなくても始めやすいデータ入力やアンケートなどの仕事も豊富です。

ただし、スキルが必要ない仕事は報酬も少ない傾向があるので注意してください。報酬が少ない仕事をクラウドソーシングで続けるよりは、単発のアルバイトを定期的にするほうが効率よく収入を得られる場合もあります。

給与を上げるために行動する

毎月継続してお金が欲しい場合は、自身の給与を上げるために行動するのもひとつの方法です。

「資格を取得すれば手当がもらえる」など、給与の上がる仕組みを勤務先が取り入れている場合は、給与を上げるために行動してみましょう。

また、自身の給与が働いている業界の給与水準より低い場合は、同じ業界で今よりも待遇の良い企業への転職を検討するのもおすすめです。

ちなみに、収入を上げる目的で転職先を選ぶ際は「基本給」だけでなく、ほかの手当なども含めて比較することが重要になります。転職したら今よりいくら収入が上がるのか、具体的な数字にして計算してみましょう。

可能であれば、転職を検討している企業に知り合いを作り、内情を聞いておくとより安心です。

月々の収支を見直す

継続的にお金が欲しい方は、この機会に月々の収支を見直しましょう。なぜなら、今の時点では収支のバランスが取れていない可能性があるためです。

「継続的にお金が欲しい」という状態は、言い換えれば「慢性的にお金が足りていない」ということでもあります。

慢性的にお金が足りていないのは、収支のバランスが取れていないことが原因です。普段からお金が欲しくて悩んでいる方は、月々の収支を把握することから始めてみてください。

なお、収支を把握する方法としては、家計簿をつけるのがおすすめです。具体的な収支を家計簿に記録することで、使いすぎているお金が明白になります。

お金が欲しいときは「お金を得る方法」を優先的に考えがちですが、「普段からお金を使いすぎていないか」という点を考えることも大切です。余計な支出を減らして、経済的に余裕のある生活を目指しましょう。

「老後が不安」という理由でお金が欲しい場合の対処法

老後のお金が不安な方は、投資を始める、貯蓄を増やすなど、老後に備えるために行動することが大切です。

以下で老後に備えるための具体的な方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

投資を始める

老後のお金に不安がある方は、この機会に投資を始めてみるのもよいでしょう。投資による不労所得があれば、老後の不安もある程度は解消されます。

ちなみに、老後のお金のために投資をするなら、少ないリスクでコツコツと長期的に資産を増やせる以下のような投資がおすすめです。

長期的に資産を増やしやすい投資

  • 投資信託
  • 株式投資
  • 不動産投資

なかでも、投資信託は初心者の方におすすめです。

投資信託とは、多くの投資家から集めたお金を投資のプロが運用し、生じた利益を投資家に分配する商品のことです。投資のプロが運用するので、初心者が自分で投資をするよりも安定して資産が増やせます。

また、投資の種類はさまざまあるので、慣れてきたら少額で試してみるのもよいでしょう。

ただし、投資には必ずリスクが伴います。

そのため、まずは自身でしっかりとした勉強をしたうえで、減っても大きな問題にはならない余裕資金で始めることが大切です。

支出を減らして貯蓄を増やす

老後の不安を解消できる確実な方法が、「貯蓄を増やす」というものです。貯蓄があればあるほど、老後も安心して暮らせます。

しかし、なかには「貯蓄はしているけれど、中々お金が貯まらない」という方もいるのではないでしょうか。そんなときは、まず支出を減らす努力をしてみてください。

とくに通信費や保険料などの固定費は比較的減らしやすく、貯蓄を増やしたいときには削ることができないか検討したいところです。たとえば、以下の方法を実践するだけでも、月々数千円〜数万円は浮く可能性があります。

支出を減らす方法

  • 不要な保険を解約する
  • スマートフォンを格安SIMに切り替える
  • 使っていない月額サービスを解約する
  • 自動車を思い切って手放す

余計な支出を減らし、その分浮いた金額を貯蓄に回せば、さらに効率よくお金を貯めることができます。老後のための貯蓄を増やしたい方は、減らせる支出がないか一度確認してみましょう。

一時凌ぎのお金が欲しい人は消費者金融カードローンの利用もおすすめ

「手元にお金はないけれど、クレジットカードの支払期日が迫っている」など、緊急性が高い場面では消費者金融カードローンの利用がおすすめです。

消費者金融カードローンは審査が比較的早く、最短で即日融資を受けられる場合もあります。

以下では即日融資が可能なおすすめの消費者金融カードローンを5社ご紹介するので、ぜひ検討してみてください。

アイフル

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

アイフルは、申込みから契約まで最短1時間で利用可能、最短で即日融資にも対応している消費者金融です。

急いでいるときは、インターネットから申し込んだあとに電話で融資を急いでいる旨を伝えることで、審査の時間を短縮できます。急な出費が発生したときも、慌てずにお金を用意することが可能です。

さらに、カードがなくても専用のスマホアプリを使って全国のセブン銀行ATM、ローソン銀行ATMから借入れできる点も魅力です。スマホアプリでの借入れは土日祝日でも利用できるので、休日にお金を使う用事があるときも安心です。

また、アイフルでは原則として書類の提出で在籍確認を実施しており、職場への電話連絡はありません。そのため、「職場の人にカードローンの利用を知られたくない」という方にもおすすめです。

(30代 / 女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

アイフルさんは審査はとても早く、難しくなく身分証明書があればすぐにお借り入れしていただけました。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

審査が始まってすぐ借り入れ可能の連絡がきました。電話で何分か喋り本人確認の免許証を写メしてすぐ振り込まれました。正直もう少し時間もかかるかなと思っていましたが、早くてとても助かりました。

実際にアイフルを利用した方達の口コミを見ると、審査の早さに満足している方が多いようです。スピーディーに借入れできるので、急いでお金を用意したい方はぜひ利用してみてください。

アコム

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムは審査が最短30分、最短即日融資が可能な消費者金融です。

契約の手続きが終わったあとはインターネットから「振込による借入れ」を利用することで、24時間いつでも借入れが可能です。

また、全国にあるアコムのATMや提携ATMを利用できるなど、気軽に借入れできる環境が整っています。利用可能なATMは2020年3月時点で51,344台も設置されており、アコム公式サイトから簡単に探すことができます。

なにより知名度が高く、利用者数も多いので、「安心感のある消費者金融を利用したい」といった方にはとくにおすすめです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

アコムでは審査が早く申し込みから契約まで30分ほどでできましたので、急な友達の結婚式のお祝いにもすぐに用意ができましたので大変ありがたかったです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

本当に審査もはやく、30分もかからないくらいで審査が終わり、当日にお金を引き出すことができました。

上記の方々は、30分程度で審査が完了し、無事に借入れができたとのことです。急にお金を使う予定ができたときも、アコムなら安心ですね。

プロミス

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスは、インターネットから24時間申込みを受け付けており、空いた時間に気軽に利用できます。外出先でも自宅でも、インターネット環境さえあれば場所を選ばずに申込めるので、普段から忙しい方におすすめです。

また、プロミスの魅力は融資までの早さにもあります。申込みを済ませて契約をしたあとは、最短10秒で振込融資を受けられる「瞬フリ」をインターネットから利用することができます。

さらに、カードなしで全国のセブン銀行ATMローソン銀行ATMからも借入れできるので、インターネット環境がないときにお金を借りたい場合も安心です。

(30代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

申込みから現金受け取りまで本当に即日で出来たので、すぐにお金が必要だったので助かりました。

(20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

すぐに審査が通りました。 電話先の方もとても丁寧にやさしく対応してくださり、不安になることなくその日のうちに15万円口座に振り込まれていました。

口コミにもあるように、プロミスは申し込んだその日のうちにお金を借りることができます。対応も丁寧なので、初めての申込みでも不安を感じずに利用できるでしょう。

レイクALSA

レイクALSA
レイクALSAのバナー
おすすめポイント
  • はじめてなら利息0円!しかも選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 最短15秒で審査結果を表示!
実質年率
4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短60分融資も可能
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

レイクALSAのカードローンも最短即日融資に対応しています。21時まで(日曜日は18時まで)に契約手続きを完了させることで、その日のうちに振込による借入れが利用できます。

また、レイクALSAは充実した無利息サービスを設けている点も魅力です。

インターネットから申込む場合は、「初回契約日翌日から60日間無利息」、または「初回契約日翌日から借入金額5万円まで180日間無利息」のどちらかのサービスを選ぶことができます。

無利息期間サービスが充実している分、利息を節約することが可能です。なるべくお得に借入れしたい方は、レイクALSAのカードローンを検討しましょう。

(30代 / 男性 / 会社員 / 年収400万円〜600万円未満 / 借入金額10万円以下)

カードローンの利用を申し込んでから約1時間後には、お金を借りることができたわけですから、レイクALSAの対応のスピードの速さには驚かされました。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

お借り入れに際しては多少の躊躇はございましたが、レイクALSAさんの場合は「180日間無利息0」というプランがありそちらのプランでのお申し込みを検討しておりましたので、金利が発生してしまうという事に対しての不安等はあまりございませんでした。

レイクALSAを利用した方達の間でも、無利息サービスは好評のようです。対応のスピードも早いので、すぐにお金を用意したい方にはおすすめです。

SMBCモビット

SMBCモビット
SMBCモビットのバナー
おすすめポイント
  • 年会費・入会金が無料
  • 最短10秒簡易審査、最短即日融資
  • 来店不要でカード発行!
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
-
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 株式会社SMBCモビット

「カードローンの利用を周囲の人に知られたくない」という事情がある方は、SMBCモビットのカードローンの利用がおすすめです。

SMBCモビットの「Web完結申込」なら、原則として職場への電話連絡なしで利用することができます。郵送物が送られてくることもないので、家族や職場の同僚に知られずに借入れが可能です。

また、インターネットから申込みしたあとにコールセンターへ連絡することで、優先的に審査を開始してもらえます。最短即日融資も可能なので、急いでお金を借入れしたい場面でも役立ちます。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額50万円〜100万円未満)

他の大手消費者金融や中小の消費者金融でも借りましたが、SMBCモビットは審査するスピードが早く感じます。

個人情報などの選択欄も分かりやすくなっているので、スピーディーに入力できました。また在籍確認などもなく、どうしても周りにばれたくない時などに利用するメリットを感じます。

(30代 / 女性 / 主婦 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円〜50万円未満)

カードローンをネットで検索してみたところ、モビットの評判が良かったので、10秒簡易審査で借り入れができるかどうか確認をしてみました。

その後、そのままネットで申し込みをしたのですが、審査も早く必要な時にすぐに借り入れをすることができました。

上記の口コミを寄せてくれた方は、SMBCモビットの簡易審査結果を確認し、借入可能かを判断したようです。審査の不安を解消したうえで申込めるのは嬉しいポイントですね。

お金が欲しいときにとってはいけない行動3選

お金が欲しいときは、お金を得る方法を考え、実際に行動に移すことが大切です。

しかし、お金を得る方法を間違ってしまうと、反対にお金がなくなってしまうこともあるので注意してください。とくに、次の3つの行動は取らないようにしましょう。

お金が欲しいときにNGな行動

  • ギャンブルでお金を増やそうとする
  • 個人間融資を利用する
  • クレジットカードの現金化

上記の3点は「楽にお金を得たい」といったときにやりがちな行動ですが、今よりもお金が減ってしまう可能性が高いのでおすすめできません。

それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

①ギャンブルでお金を増やそうとする

お金を得たいと思ったときに、「ギャンブルでお金を増やそう」と考える方もいるかと思います。

しかし、お金を得たいならギャンブルは辞めておきましょう。なぜなら、結果的に損をする可能性が非常に高いためです。

競馬やパチンコなどのギャンブルで、一時的にお金が増える可能性はあります。とはいえ、長期的には損をするケースがほとんどです。

また、研究を重ねることで高い勝率を維持できる可能性は0ではありませんが、「得られたお金を時給換算してみると、アルバイトをしたほうが早い」ということもよくあります。

お金を失うリスクを背負ってまで、ギャンブルでお金を増やそうとするのは賢い選択とはいえません。今より状況が悪化する場合のことも考えて、ギャンブルは趣味の範囲内でおこなうようにしましょう。

②個人間融資を利用する

個人間融資とは、一般的にSNSやインターネットの掲示板などを使い、見知らぬ人同士でお金の貸し借りをすることを意味します。

「審査なしで即日融資可能」など、甘い文言で発信しているのが特徴です。一見すると、「手軽に借りられる」、「すぐにお金が得られる」という点に魅力を感じるかもしれません。

しかし、個人間融資は絶対に利用しないようにしましょう。

というのも、個人間融資には以下のように大きな危険が潜んでいるためです。個人間融資を利用してトラブルに発展したケースも少なくありません。

個人間融資を利用するリスク

  • 個人情報が悪用される
  • 犯罪行為への加担を要求される
  • 詐欺の被害に遭う場合がある

個人間融資は、実際には個人ではなく、闇金などの違法業者であることがほとんどです。犯罪に巻き込まれてからでは遅いので、どんなにお金に困っていても利用してはいけません。

③クレジットカードの現金化

クレジットカードの現金化とは、ショッピング枠を利用して現金を得る方法のことです。

現金化をする方法としては「換金率の高い商品券などをクレジットカードで購入し、買取業者に売る」などが挙げられます。なかには、クレジットカードの現金化に特化した業者もいます。

しかし、クレジットカードの現金化は利用してはいけません。なぜなら、今後クレジットカードを使えなくなる可能性があるためです。

クレジットカードの現金化は法律違反ではないものの、クレジットカード会社の規約に違反しており、強制解約利用停止されるリスクが生じます。

また、一時的に現金を得られても、後日得られた金額以上の請求がくるので結果的には損をすることになります。最悪の場合、請求がきても支払えず、審査にとおりにくい「ブラックリスト入り」の状態になってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、クレジットカードの現金化は利用せず、ほかの方法でお金を得ることを考えるようにしてください。

お金が欲しい理由を明確にすることが大切

ここまでお金が欲しいときの対処法をご紹介しましたが、まず先に優先するべきは「お金が欲しい理由を明確にすること」です。

「今すぐにお金が必要」、「老後のためにお金が必要」など、お金が欲しい理由によって取るべき行動は異なります。

たとえば、老後の不安を解消するためのお金が欲しいのに、不用品を売ってお金を得ても根本的な解決にはなりませんよね。

そのため、まずはお金が欲しい理由を明確にし、それに合わせた対処法を実践するようにしましょう。

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事