質屋でお金を借りる仕組みやメリット、質入れできる物品について解説 PR

質屋でお金を借りる仕組みやメリット、質入れできる物品について解説

質屋に預けられる品物をお持ちの方は、5万円ほどの金額なら最短即日でお金を借りることができます。

貸金業者からの借り入れの際に実施されるような審査を受ける必要がないため、信用情報に傷がついており金融機関の審査に通らない方でも問題ありません。

ただし、質屋は利息制限法の対象外で、金利が高い点に注意が必要です。

金利はなんと貸金業者の5倍以上で、利息が増えやすい傾向にあるため、リスクを十分考慮したうえで利用しましょう。

本記事では、質屋でお金を借りる方法を徹底解説しています。

質入れできる品物や、質屋を利用するメリットとデメリットなども解説しているため、ぜひ参考にしてみてください。

この記事の結論
  • 5万円ほどの金額なら質屋を利用すれば最短即日で借り入れできる
  • 借り入れの際に審査は一切なく、信用情報にも記録されない
  • 返済が遅れた場合でも催促や取り立ては一切なし
  • 金利は貸金業者の5倍以上のため、長期または高額融資を希望する方には不向き

質屋でお金を借りる仕組みとは

質屋では、自身の持っている品物を預けることで融資を受けられます。

価値のある品物を持っている方であれば、審査なしで誰でも融資を受けられる点が魅力です。

質屋でお金を借りる際の借入金額は、預ける品物の査定額によって決まります。

借入限度額は査定額の7~8割となっているため、必要な金額とおおよその査定額を事前に計算したうえで預ける品物を決めましょう。

仮に10万円を借りる場合、査定額が15万円以上になる品物を担保に入れる必要があります。

金融機関と同様、質屋にも金利が設けられていますが、返済は義務付けられていません。

万が一借入金を返済できなかった場合は、預けている品物が売却されて借入金の返済に充てられます。

買取業者と質屋の違いは、預けた品物が返ってくるかどうかです。

質屋では借入金を返済すれば品物が返ってきますが、買取業者では品物を売ってお金を得る形になります。

一時的にお金が必要なものの品物を売りたくない場合は、質屋の利用がおすすめです。

借り入れの金額相場は買取価格の7〜8割ほど

質屋での借入金額の相場は、担保に入れる品物の査定額の7~8割ほどです。

仮に10万円を借りたい場合、査定額が15万円以上の品物を用意する必要があります。

なお、借入金額を年収の3分の1以下に制限する総量規制は、貸金業者ではない質屋では適用されません。

貴金属やブランド物のバッグなど査定額が高額になる品物を用意すれば、年収に関係なく高額融資を受けることが可能です。

ただし、質屋は金利が高いため、高額融資を受けることはあまりおすすめできません。

高金利で少額融資や短期で返済できる人向け

質屋の金利は月利0.95%~8.0%と高いため、少額融資を希望する方や短期間で借入金を返済できる方向けです。

借入金額が高額になるほど金利は低くなりますが、どちらにせよ一般的な金融機関よりも金利は高く、利息を抑えたい方には向きません。

仮に5万円を月利8.0%で1ヶ月間借りた場合、利息は4,000円になります。

利息を極力抑えたい方には、質屋ではなく消費者金融の利用がおすすめです。

アコムやアイフルなどの大手消費者金融カードローンの多くは、新規契約の方を対象に最大30日間の無利息期間を用意しています。

審査が最短20~30分ほどで完了し、すぐに振込融資やコンビニATMからの借り入れを利用できる点も、大手消費者金融の強みです。

なお、借り入れ希望金額が10万円ほどの場合、他社借り入れがあっても消費者金融の審査に通過する可能性は十分あります。

原則、電話での在籍確認なしでお金を借りることもできるので、職場にバレたくない人にもおすすめです。

アコムのバナー アイフルのバナー プロミスのバナー レイクのバナー SMBCモビットのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
なし
審査時間 最短20分 最短20分 最短20分 申込み後最短15秒 10秒簡易審査
実質年率 年3.00〜18.00% 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00% 年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円 1万円〜800万円

即日での少額融資を希望する方は、ぜひ大手消費者金融カードローンを検討してみてください。

質屋を選ぶ際はなるべく低金利の店を選ぼう

質屋を選ぶ際は、極力金利の低いお店を選びましょう。

金融機関のローンとは異なり、質屋はお店ごとに自由に金利を設定できるからです。

金利が高めな質屋も少なくないため、必ず利用前に金利を確認しましょう。

低金利の質屋をお探しの方には、月利0.95%~1.5%で借り入れできる大黒屋がおすすめです。

ただし、10万円以下の借り入れの場合は、利息を各店舗で確認する必要があります。

なお、いくら質屋が高金利とはいえ、金利の上限が定められていないわけではありません。

質屋営業法により、金利の上限は年利109.5%(月利9%)までと定められています。

金利が月利9%以上の場合や返済を迫ってくるような場合、違法な運営をしている質屋の危険性が高いため注意が必要です。

安全な質屋の見極め方がわからない場合は、全国質屋組合連合会に加入済みのお店を選びましょう。

3ヶ月以内に返済できれば質入れした物品が返却される

質屋では、返済期限である3ヶ月以内に元金と利息を支払えば、担保に入れた品物が返却されます。

一方、返済期限までに元金と利息の支払いが完了しなかった場合、預けた品物の所有権は質屋に移り売却されるため注意が必要です。

大切な品物を担保に入れる際は、必ず事前に返済期限を確認しておきましょう。

質屋を複数回利用している場合は、借入金額や返済期限に融通をきかせてもらえるケースもあります。

万が一の際に返済期限を待ってもらいたい方は、利用しやすい質屋が見つかったらリピーターになることもひとつの手です。

利息を払えば流質期限の延長ができる

質屋の返済期限に間に合わない場合、利息を支払えば期限を延長してもらえます。

ただし、お店側が返済期限について連絡することはありません。

返済期限が過ぎてからの延長には対応していないため、返済期限をきちんと確認しておき、早めに延長を申し出ましょう。

うっかり返済期限を過ぎてしまい品物の所有権が質屋に移った場合でも、店頭に残っていれば購入可能です。

どうしても手放したくない品物の場合はお店に連絡して、品物を購入して取り戻したい旨を伝えましょう。

返済は義務でないため催促・取り立てはない

質屋では借入金の返済が義務付けられていないため、催促や取り立ては一切ありません。

万が一返済できなかった場合、担保に入れた品物は質流れになるからです。

質流れとは、借入金を返済できなかった場合に、預けた品物を質屋側が売却することを指します。

質屋での借入限度額は、品物の査定額の7~8割ほどです。

利用者が借入金の返済をできなかった場合でも、品物を売却すれば融資金を回収できるため、質屋では返済を義務付けていません。

返済の催促がない質屋での借り入れは、家族にバレずにお金を借りたい方に適しています。

なお、返済できなくても信用情報に傷はつかないため、品物が不要な場合はあえて質流れさせることもひとつの手です。

保証書・鑑別症などがなくても質入れできる

質屋では、担保にする品物の保証書や鑑別がない場合でも、基本的にはお金を借りることができます。

店舗には査定士が常駐しており、保証書や鑑別証がなくても品物の価値をきちんと判断できるからです。

ただし、保証書や鑑別証がない場合、査定額に影響するおそれがあります。

査定額が低くなる可能性がある

保証書や鑑別証がないブランド物は、通常よりも査定額が低くなるおそれがあります。

ブランド物は査定の基準が厳しく、保証書や鑑別証がない物は信ぴょう性に欠けると判断されるケースがあるからです。

借入金額を高くしたい場合は、保証書や鑑別証をきちんと探しておくことをおすすめします。

物品は質蔵で保管されるため紛失・破損のリスクは少ない

質屋に預けた品物は質蔵できちんと保管されているため、紛失や破損に関して過度に心配する必要はありません。

質蔵の基準は、公安委員会により次のように定められています。

・保管設備の主要構造部は、建築基準法第2条第7号に定める耐火構造とすること
・保管設備の開口部には、建築基準法施行令第112条に定める特定防火設備を設けること
・保管設備の出入口には、消火器を備え付けること保管設備には、防湿上および防水上有効な措置を講じること
・硬くて丈夫な扉および複数の鍵の設置など防犯対策のために必要な措置を講じること
・ねずみなどの侵入を防止する措置を講じること

質屋を営業するためには、上記の条件をすべて満たした質蔵を設置しなければいけません。

公安委員会は警察を管理する立場にもあるため、担保に入れる品物の安全性はもちろん、すり替えの心配も不要です。

公安委員会の名称および許可証番号が記載されている質屋であれば、安心して利用できます。

質札は再発行できない 

質屋で品物を預ける際にもらえる質札は、再発行できません。

質札は借入金を返済して品物を取り戻す際に必要になるため、紛失しないよう十分な注意が必要です。

万が一質札を紛失した場合は気づいた時点で質屋に連絡し、質札を拾った方が品物を受け取れないよう対策しましょう。

なお、質札を紛失した状態で品物を取り戻す場合、身分証明書が必要になります。

質札を紛失した方は、借入金を返済する際に身分証明書も忘れず持参しましょう。

質屋からお金を借りるまでの流れ

質屋からお金を借りるまでの流れは、次のとおりです。

質屋からお金を借りる流れ
  1. 預ける品物を質屋に持って行く
  2. 品物の査定を受ける
  3. 身分証明書を提出する
  4. 書類に必要事項を記入する
  5. 現金と質札を受け取る

お金を借りる際に申し込みや審査は不要で、査定が終わり次第すぐに現金を受け取れます。

最短15分ほどで手続きが完了する場合もあるため、即日でお金が必要な方でも安心して利用できます。

身分証明書として認められる書類は、運転免許証やパスポートやマイナンバーカードなどです。

ただし、マイナンバーカードの個人番号は他人に知られないほうがよいため、できれば運転免許証かパスポートを持参しましょう。

顔写真付きの身分証明書がない場合は、健康保険証や年金手帳で代用できないか、店舗に問い合わせてみてください。

質屋へ質入れできる物品

質屋に預けられる主な品物は、次のとおりです。

品物
備考
電化製品 質入れの際は初期化されずに保管してもらえる
ブランド物 ホコリやゴミを取り除き、極力きれいな状態にすることで査定額がアップする可能性がある
宝石、貴金属 デザインが古い物でも価値が変わらない
腕時計 電池が止まっていると価値が下がるため、事前に交換しておく
スマートフォン メールや画像などの個人情報は見られない
自動車やバイク 店舗によっては取り扱いあり

上記以外に、釣り具やゲーム機など趣味関連の品物を担保にできる質屋もあります。

店舗によって取り扱っている品物が異なるため、選択肢を増やしたい方は取り扱っている品物の種類が多い質屋を選びましょう。

質屋に預けられる品物を持っていない場合は、手持ちのクレジットカードを使ってお金を借りることもひとつの手です。

キャッシング枠が付帯されているクレジットカードであれば、コンビニATMにカードを挿入するのみで即日キャッシングがおこなえます。

電化製品やブランド

電化製品やブランド物は、多くの質屋で預けることができます。

品物ごとの相場は次のとおりです。

品物
相場
ゲーム機 1~3万円
パソコン 3~25万円
ブランド物のバッグ 1~120万円以上

ブランド物に関しては、本物であれば大半の質屋で取り扱っています。

バッグ以外に財布や小物なども預けられるため、ブランド物をお持ちの方は査定に出してみましょう。

ブランド物を査定に出す際は、事前にホコリやゴミを取り除いておくことも大切です。

極力きれいな状態にしておくことで、査定額がアップする可能性があります

モデルチェンジが早いと高値がつきにくい

季節ごとにモデルチェンジがおこなわれる品物は、質屋に預けている3ヶ月の間に型落ちモデルとなることから、高値がつきにくい傾向にあります。

通常よりも10~15%ほど低く見積もられるケースが一般的のため、査定に出す際は注意が必要です。

電化製品の場合、5年以上前のモデルは質入れできないケースもあります。

古い電化製品を質入れしたい場合は、取り扱ってもらえるか事前に問い合わせましょう。

電化製品を質入れする際は、リモコンやケーブルや取扱説明書などの付属品をすべて揃えておくことも大切です。

ブランド物と同様、電化製品も付属品が揃っているほど査定額がアップします。

宝石・貴金属や腕時計

宝石や貴金属や腕時計は、質屋で高額査定される品物の定番です。

質屋は貴金属や宝石自体を査定するため、流行や人気や購入時期も関係ありません。

金やプラチナは、その日の取引価格によって質預かり価格が変わります。

質屋の査定に出す前に、その日の1gあたりの取引価格を確認しておきましょう。

なお、ジュエリーブランドの宝石や貴金属であれば、より査定額がアップします。

宝石の種類ごとの融資額相場は、次のとおりです。

種類
相場
ダイヤモンド 10~150万円
エメラルド 3~70万円
ルビー 7~120万円
サファイア 5~150万円
パール 2,800円~8万円

腕時計は、ブランドによって査定額が大きく異なります。

査定額が高額になりやすい腕時計のブランドと、融資額の相場を次にまとめました。

ブランド
相場
ハリーウィンストン 100~200万円
ロレックス 40~150万円
ウブロ 40~100万円
シャネル 20~50万円
カルティエ 10~40万円
オメガ 10~30万円
タグホイヤー 10~25万円

上記以外にも多数のブランドが質預かりの対象です。

取り扱っているブランドはお店によって異なるため、事前に確認しておきましょう。

スマートフォン

意外に感じるかもしれませんが、スマートフォンも質屋に預けることが可能です。

査定額の相場は2~5万円ほどで、新しい機種ほど査定額が高くなります。

iPhoneの最新機種であれば、7~8万円ほどの融資を受けられる可能性もあるため、最新機種をお持ちの方はぜひ検討してみてください。

なお、スマートフォンを質入れしてもメールや画像などの個人情報は見られません。

注意点として、質屋以外で携帯電話を担保にして借り入れすることは、絶対にしないでください。

スマートフォンを複数台契約し、郵送で送ることで融資を受けられる方法がありますが、闇金や犯罪者と関わる危険性が高いからです。

そもそも、携帯電話会社の許可なくスマートフォンを有償で譲渡する行為を繰り返すと、法律違反になるおそれがあります。

警視庁のホームページにも次のように記載されているため、確認しておきましょう。

自分名義の通話可能な携帯電話等やSIMカードでも、携帯電話会社に無断で、有償で譲渡する行為を繰り返すと、携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律(携帯電話不正利用防止法)違反となる可能性があります。

質屋を利用する場合でも、契約中のスマートフォンを質入れすると法律違反になるおそれがあります。

借入金の返済ができずにスマートフォンが質流れになった場合、携帯電話の譲渡に該当すると判断される可能性があるからです。

契約中のスマートフォンを質入れしたい場合は、事前に携帯電話会社に連絡をして譲渡の承諾をとっておきましょう。

通信規制されている「赤ロム」は質入れ対象外

通信規制されているスマートフォンは「赤ロム」と呼ばれており、質入れすることができません。

赤ロムとは、契約中のスマートフォンを売却し、支払いを滞納して携帯電話会社から利用を停止された端末を指します。

仮に借入金を返済できずにスマートフォンが質流れした場合でも、契約期間中の利用料金と本体料金は支払わなくてはいけません。

携帯電話会社への支払いが滞るとスマートフォンが赤ロムになり、違法端末を売却したとみなされます。

契約中のスマートフォンを質入れすると法律違反になるリスクがあるため、できればほかの品物を質入れしましょう。

自動車やバイク

質屋の中には、自動車やバイクも質入れの対象になっている場合があります。

自動車は査定額が高くなりやすいため、貴金属や宝石を持っていないものの高額融資を受けたい場合は、ぜひ検討してみてください。

ただし、借入金を返済できない場合、他の品物と同様に質流れする点に注意が必要です。

自動車やバイクが手元に戻ってこないと生活に影響する可能性があります。

リスクも考慮し、確実に返済できる金額を借りましょう。

質屋でお金を借りるメリット

質屋でお金を借りるメリットは、次のとおりです。

質屋を利用するメリット
  • 18歳以上かつ身分証明があれば誰でも質入れできる
  • 誰にもバレずにお金を借りることができる
  • カードローンのような審査なしで借り入れできる
  • 希望額が5万程度なら当日中に現金を得られる

それぞれ詳しく解説します。

18歳以上かつ身分証明があれば誰でも利用できる

18歳以上かつ身分証明書をお持ちの方であれば、誰でも質入れできる点が質屋のメリットです。

全国質屋組合連合会の公式サイトにも、次のように記載されています。

18歳以上であれば、質屋をご利用いただけますが、
ご利用の際は、身分証明書が必要です。
運転免許証や保険証、パスポート、学生証等をお持ちください。
※各都道府県の条例などにより、ご利用年令の規定は異なることがあります。

なお、消費者金融や銀行のカードローンに申し込むと必ず審査がおこなわれますが、質屋で借り入れする場合は審査がありません。

収入が低く金融機関の審査に通る自信がない学生や主婦の方でも、質屋を利用すればスムーズにお金を借りることが可能です。

誰にもバレずにお金を借りることができる

誰にもバレずにお金を借りることができる点も、質屋のメリットです。

金融機関の審査でおこなわれる在籍確認の電話はないため、職場の方に借り入れがバレることはありません。

ローンカードや契約書などの郵送物も一切なく、家族にも内緒でお金を借りることが可能です。

質屋の利用は信用情報にも記録されないため、金融機関にも借り入れの事実がバレることはありません。

今後金融機関で融資を受ける予定があり、借り入れ件数を少なくしたい方でも、質屋なら安心して利用できます。

なお、消費者金融のカードローンであれば、家族や会社に内緒でお金を借りることが可能です。

質入れできる品物がない場合は、消費者金融を利用して誰にもバレずにお金を借りる方法も検討してみてください。

アコムのバナー アイフルのバナー プロミスのバナー レイクのバナー SMBCモビットのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
なし
審査時間 最短20分 最短20分 最短20分 申込み後最短15秒 10秒簡易審査
実質年率 年3.00〜18.00% 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00% 年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円 1万円〜800万円

カードローンのような審査なしで借り入れできる

カードローンのような審査なしで借り入れできる点も、質屋のメリットです。

次のような事情がありカードローンの審査に通らない方でも、質屋を利用すれば即日融資を受けることができます。

カードローンの審査に落ちる原因
  • 安定した継続収入がない
  • 他社借り入れ件数や借入残高が多い
  • ローンやクレジットカードの支払いを滞納した
  • 携帯端末の分割払いを滞納した
  • 短期間で複数社のカードローンに申し込んだ

金融機関の審査に通らないものの今すぐお金が必要で、ブラックでもお金を借りる方法をお探しの方は、ぜひ質屋を活用してみてください。

希望額が5万程度なら当日中に現金を得られる

借り入れ希望額が5万円ほどなら、当日中に現金を得られる点も質屋のメリットです。

利息が高いことは難点ですが、借り入れの際に審査がおこなわれないため、金融機関よりも簡単に少額融資を受けられます。

質屋では、品物の査定が完了すれば融資を受けることが可能です。

最短1時間ほどで現金が手に入るため、今すぐにお金が必要な方はぜひ質屋を活用してみてください。

注意点として、借入金額が大きくなるほど現金の用意に時間がかかります。

質屋での即日融資を希望する方は、借り入れ希望額を少なめにしておきましょう。

質屋でお金を借りるデメリット

質屋でお金を借りる際は、次のデメリットも考慮しておきましょう。

質屋を利用するデメリット
  • 金利が消費者金融に比べて5倍以上高い
  • 日割り計算ができない
  • 返済ができないと質入れした物品が売却される

それぞれ詳しく解説します。

金利が消費者金融に比べて5倍以上高い

質屋を利用する際は、金利が消費者金融に比べて5倍以上高い点に注意が必要です。

消費者金融の上限金利は年20.0%と定められていますが、質屋の金利には質屋営業法が適用され、年109.5%が上限になります。

質屋に対する出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律(昭和二十九年法律第百九十五号)第五条第二項の規定の適用については、同項中「二十パーセント」とあるのは、「百九・五パーセント(二月二十九日を含む一年については年百九・八パーセントとし、一日当たりについては〇・三パーセントとする。)

なんと月利9.0%にもなるため、質屋で借り入れする際は利息が膨らみやすい点に注意が必要です。

質屋の利息を算出する際は、(元金×月利)×返済期間(○ヶ月)で計算しましょう。

5万円を月利8.0%で借りた場合、1ヶ月分の利息は4,000円、質屋の返済期限である3ヶ月での利息合計は12,000円になります。

次は質屋の月利を5.0%と仮定して、大手消費者金融であるアイフルの金利と比較してみましょう。

10万円を借りて1ヶ月(30日)で完済した場合の利息は、次のとおりです。

借り入れ金額
金利
1ヶ月(30日)の利息
月利5.0%の質屋
10万円 年率60.0% 約5,000円
アイフル 10万円 年率18.0% 約1,479円

1ヶ月で完済した場合でも3,500円近い差が出るため、少額融資を希望する方は消費者金融を利用したほうがお得です。

なお、アイフルを含む大手消費者金融の多くは、新規契約の方を対象に30日間の無利息期間を用意しています。

借り入れから30日以内に完済すれば利息はかからないため、低金利での借り入れを希望する方はぜひ検討してみてください。

アコムのバナー アイフルのバナー プロミスのバナー レイクのバナー SMBCモビットのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
なし
審査時間 最短20分 最短20分 最短20分 申込み後最短15秒 10秒簡易審査
実質年率 年3.00〜18.00% 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00% 年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円 1万円〜800万円

日割り計算ができない

質屋を利用する際は、利息の日割り計算ができない点にも注意が必要です。

仮に借り入れから7日で返済した場合でも、1ヶ月分の利息がかかります。

借り入れから数日で返済できる場合は、消費者金融のような日割り計算に対応している金融機関を利用しましょう。

返済ができないと質入れした物品が売却される

借入金を返済できなかった場合、預けた品物が売却される点も質屋のデメリットです。

質屋の返済期限は3ヶ月以内のため、預けた品物を取り戻したい場合はきちんと返済計画を立てましょう。

なお、質屋では利息を支払うことで返済期限を延長してもらえます。

返済期限を過ぎる前であれば延長が可能なため、希望する場合は早めに申し出ましょう。

査定額が希望より低い場合は買取を検討するのもおすすめ

品物の査定額が借り入れ希望額よりも低い場合は、買取を検討することもひとつの手です。

買取をしてもらうと品物は戻ってきませんが、質入れよりも査定額は高くなります。

品物を買い取ってもらった場合、現金を手にしたあとは返済をおこなう必要もありません。

なお、質入れの途中で買取に変更することも可能です。

途中で買取に変更する場合、買取金額から元金と利息が差し引かれます。

質流れから買取に変更すべきケース

借入金の返済が難しく、預けた品物が質流れしそうになった際、買取に変更すべきケースは次のとおりです。

質流れを買取に変更すべきケース
  • 元金と利息を差し引いても買取金額が上回る
  • 相場に変動があり品物の価値が上がった

質入れした品物が高額な場合、質流れよりも買取を選択したほうがお得になるケースも多々あります。

預けた品物を手放す際は、質流れと買取どちらがお得かしっかりと確認しましょう。

借入金の返済が難しく質流れすることが多い方は、消費者金融カードローンも活用することをおすすめします。

質屋より低金利で今日中にお金を借りたいなら消費者金融カードローンが最適

「給料日前でお金がない」「急な出費で現金が足りない」などの急場をしのぐには、質屋の利用が便利です。

しかし、質屋に品物を持って行ったとしても、必ずしも希望の金額を手に入れられるとは限りません。

返済期限の3ヶ月以内にお金を返さないと、預けた品物が売却されるデメリットもあります。

そんなとき、消費者金融カードローンなら審査が最短20~30分ほどで完了し、自宅にいながら振込融資やコンビニATMからの借り入れを利用できます。

消費者金融カードローンには審査がありますが、質屋のように担保を求められることはありません。

金利は質屋の5分の1以下と大幅に抑えられているため、返済時の負担を減らすことができます。

原則、電話での在籍確認なしでのキャッシングも可能なので、職場にバレずにお金を借りたい人にもおすすめです。

また消費者金融カードローンは、初めて利用する方に向けて30日間の無利息期間サービスを設けていることがあります。

10万円以下の少額を借りるのあれば、無利息期間中に全額返済することも現実的でしょう。

今すぐにお金が必要な方は、消費者金融カードローンの利用を検討してみてください。

アコムのバナー アイフルのバナー プロミスのバナー レイクのバナー SMBCモビットのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
なし
審査時間 最短20分 最短20分 最短20分 申込み後最短15秒 10秒簡易審査
実質年率 年3.00〜18.00% 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00% 年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円 1万円〜800万円

まとめ

質屋では、価値のある品物を預けることでお金を借りることができます。

借入金の返済は義務づけられておらず、催促や取り立ては一切ありません。

その代わりに、借入金を返済できなかった場合は預けた品物が売却されます。

質屋では借り入れの際に審査がないため、信用情報に傷がついており金融機関の審査に通らない方でも、お金を借りることが可能です。

5万円ほどの金額であれば即日融資も可能で、今すぐにお金が必要な方にも適しています。

ただし、質屋の金利は消費者金融の5倍以上で、利息が膨らみやすい点に注意が必要です。

低金利での借り入れを希望する方には、大手消費者金融のカードローンをおすすめします。

大手消費者金融の多くは、新規契約の方を対象に最大30日間の無利息期間を用意しているからです。

契約はWebで完結するうえに即日融資にも対応しているため、ぜひ検討してみてください。

アコムのバナー アイフルのバナー プロミスのバナー レイクのバナー SMBCモビットのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
なし
審査時間 最短20分 最短20分 最短20分 申込み後最短15秒 10秒簡易審査
実質年率 年3.00〜18.00% 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00% 年3.00〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円 1万円〜800万円

関連記事