更新日:

学生でもカードローンを利用できる?おすすめ商品や利用のコツも詳しく解説!

学生でもカードローンを利用できる?おすすめ商品や利用のコツも詳しく解説!

「学生でもカードローンは利用できるの?」そんな疑問を抱いている方はきっとたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。答えはYesです。学生でも、条件さえ満たしていればカードローンでお金を借りることができます。

アルバイトをしていても、急な出費でお金が必要になるなんてよくあること。親や友達からお金を借りるのに抵抗がある人は、カードローンがあると非常に役立ちます

本記事では、学生がカードローンを利用するための条件や親バレしないコツ、おすすめのカードローンについて紹介しています。

カードローンを利用するために知っておきたいことをまとめていますので、ぜひ記事の内容を参考にして、充実した学生生活を送ってください。

学生でもカードローンを借りられる!

学生でもカードローンを使ってお金を借りることができます。しかし、カードローンによっては学生の申込みを禁じているものもありますから、申込条件を細部までチェックする必要があります。

また、学生の申込みを禁じていないカードローンであっても、かならずしも利用できるとは限りません。すべてのカードローンには審査があり、審査に通過しない場合には融資を受けることは不可能だからです。

学生がカードローンを借りるための2つの条件

学生でも多くのカードローン商品を利用することができますが、実はすべての学生がカードローンに申込めるわけではありません。

一般的には、次の2つの条件を満たす学生のみがカードローンの申込みをおこなうことができます。

学生がカードローンに申込む際の条件

  1. 満20歳以上であること
  2. 安定した収入があること

1.満20歳以上であること

学生であるかどうかに関わらず、年齢が20歳以上であることは、カードローンを利用する上での最低条件として掲げられていることが多いです。

稀に18歳、19歳でも申込可能なカードローンがありますが、保護者の同意書の提出を要求されることが一般的です。

2.安定した収入があること

審査に通過するためには、安定した収入があることが求められます。これは学生も例外ではなく、フルタイムで働くことができない学生の場合は、アルバイトでの収入が審査の対象となります。

ただし、アルバイトをしていれば誰でも審査に通るというわけではありません。

ローン会社は申込者の信頼性を厳しくチェックしています。短期間でバイト先が何度も変わっているよりは、できれば1年以上は同じバイト先で勤務するほうが信頼できる人物だという印象を与えられるでしょう。

学生専用のカードローンもある

学生も申込めるカードローンではなく、学生しか申込めないカードローンがあります。このような学生専用のカードローンを学生ローンと呼び、インターネットや電話、店頭などで申込みを受け付けています。

なお、学生ローンは通常、消費者金融が提供しています。銀行や信用金庫などで学生専用のカードローンを提供していることはほぼありません。

一部の学生ローンは20歳未満でも借りられる

カードローンは原則として満20歳以上でないと申込めません。しかしながら、学生ローンに限っては、20歳未満でも申込めるものがあります。

大学1、2年生や短大生の方は、20歳未満でも利用可能な学生ローンを検討してみましょう。ただし、「18歳でも申込可能」と謳っている学生ローンであっても、高校生は申込めないことが一般的です。

学生ローンのメリット・デメリット

学生だから学生ローンか最適な選択…とは限りません

学生ローンのほうが便利に使えることもありますし、反対に通常のカードローンのほうが使いやすいということもあるのです。どちらに申込むべきか迷ったときは、学生ローンのメリットとデメリットから判断してみましょう。

学生ローンのメリット

学生ローンのメリット
  • 学生であることが審査にマイナスの影響を与えない
  • バイト先に電話をかけないなどの配慮をしてくれることがある
  • 未成年でも利用できるものもある
  • 返済期限が長く就職後に一部を返済できるものもある

一般的なカードローンでは、学生であるということが審査結果にプラスの影響を与えることはありません。

学生は学校に行きながらアルバイトをするわけですから、収入が不安定になりがちだからです。

しかし、学生ローンは学生専用のカードローンのため、学生であるということが審査にマイナスに響きません。

また、学生ならば未成年でも申込めたり、返済期間を長めに設定して社会人になってからでも返済できるように配慮してくれたりすることもあります。

学生ローンのデメリット

学生ローンのデメリット
  • 銀行カードローンに比べて金利が高い
  • 提出書類が多く、本人確認書類以外に学生証を要求されることが一般的
  • 借入限度額が低い
  • フリーローン形式であることが多く、追加融資の際には再度審査が必要

学生ローンは、金利が高い傾向にあります。

貸付金利は年18~20%に設定されていることが多く、長期間借りていると利息がかさんでしまいます。また、借入可能な金額も少なく、たいていは50万円以下しか借りられません。

カードローン形式ではなくフリーローン形式であることもデメリットといえるでしょう。

カードローンなら融資限度額まで何度でも借入れ・返済を繰り返せますが、フリーローンでは契約時にまとめてお金を借りるため、追加融資が必要なときは再度、申込みや契約をおこなわなくてはなりません。

提出書類が多いことも学生ローンならではのデメリットです。

一般的なカードローンは50万円以下を借りるときは運転免許証などの本人確認書類だけでOKというケースが多いのですが、学生ローンでは本人確認書類に加えて学生証やアルバイトの給与明細書なども要求されることがあります。

学生が親にバレずにカードローンを借りるコツ

金融機関側には守秘義務がありますので、カードローンを借りていることを、たとえ家族といえども、基本的には勝手に伝えてしまうことはありません。

しかし、金融機関側が言わないとしても、郵便物や電話などをきっかけに家族が「うちの子、カードローンを利用しているわ!」と気付いてしまう可能性があります。

そんな状況を回避するために、親にバレずにカードローンを利用するコツを紹介しますので、家族に知られたくない方はぜひ実践してください。

親にバレずに借りるコツ画像

親バレを防ぐテクニック

  • 申込みはWEBで完結させる
  • 連絡先は携帯電話にする
  • 利用明細をWEB確認にする
  • 店舗での借入れ・返済を最小限に留める
  • カードローンの返済を延滞しない

申込みはWEBで完結させる

カードローンや学生ローンは、WEBや電話、店舗窓口、無人契約機、郵送のいずれかの方法で申込みます。

どの方法を選んでも審査結果には影響を及ぼしませんが、親バレを防ぎたいのならWEB申込をおすすめします。

WEBなら書類を郵送したり、実際に店頭に行ったりする手間がかかりません。また、自宅に契約書類が送付される可能性を低くできますので、家族にカードローンに申込んだということを知られずに済ませることも可能です。

審査の流れを表す画像

WEBでの申込手順

  1. ローン会社のサイトから申込フォームにアクセスする
  2. 必要事項をフォームに入力する
  3. 電話やメールなどで審査の回答を受ける
  4. 振込融資を受ける or ローン契約機でカードを受け取る

ただし、学生ローンでは、WEBで申込んでも契約書類が自宅に郵送されるケースが多いです。とはいえ、差出人がローン会社とは分からないように工夫してくれますので、書類が自宅に届いても家族バレは防げます。

連絡先を携帯電話にする

カードローンの審査では、担当者から申込内容を確認する電話がかかってくることがあります。

連絡先を自宅の電話番号にしてしまうと、当然ながら電話は自宅にかかってきます。銀行や消費者金融からの電話を家族が受けた場合、「何があったのか?」と問い詰められ、カードローンを利用しようとしていることがバレてしまうかもしれません。

そんな事態を避けるためにも、申込書の連絡先に自分の携帯番号を記入するようにしましょう。ローン会社とのやり取りを携帯電話でおこなえますので、電話による親バレを回避できます。

利用明細をWEB確認にする

契約書類だけでなく、利用明細書が自宅に送付されてくることがあります。何度も借入れ・返済を繰り返せるカードローンの場合、月ごとに利用明細書を送ってくることがありますので、家族バレする可能性も高まります。

利用明細が原因で親バレするのを避けるためには、WEB明細に申込んでください。

大手消費者金融ならばインターネット経由で簡単にWEB明細に切り替えられます。WEB明細なら借入れ・返済の状況をスマートフォンなどで簡単に確認でき、返済計画を立てやすくなるというメリットもあります

店舗での借入れ・返済を最小限に留める

店舗や専用ATMに何度も出入りすると、家族や知人に目撃される可能性が高まります。カードローンの利用を誰にも知られたくないのなら、できるだけ自宅の近くの店舗や無人契約機への出入りは控えるようにしましょう

どうしても店舗に行く必要がある場合は、面倒でもなるべく自宅から離れた店舗に行くようにしてください。

ローン会社の専用ATMではなくコンビニなどの提携ATMを利用することも、バレを防ぐおすすめの方法です。

提携ATMを利用すると手数料がかかる場合には、振込キャッシングを利用して借入金を銀行口座に一旦入金し、銀行のキャッシュカードを使って引き出しましょう。

カードローンの返済を遅延しない

返済日を過ぎれば、金額に関係なく自宅に連絡がくる可能性があります。家族バレを防ぐためにも、カードローンの返済には遅れないようにしましょう

どうしても期限までに返済が間に合わない場合は、ローン会社に連絡をして、延滞の理由返済可能な日を伝えましょう。返済できる日を確約するならば、自宅に電話がかかってきたり督促状が郵送されたりすることを回避できるかもしれません。

カードローン審査に通過しやすくなる4つのポイント

前章で紹介したコツを実践すれば、親バレを気にせずにカードローンや学生ローンを利用できる可能性が高まります。

しかし、審査に落ちてしまうならば、ローン自体を利用することができません。カードローンや学生ローンの審査に通過しやすくなるコツを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

審査に通過するためのコツ

  1. 同時に複数のカードローンに申込まない
  2. カードローンの借入限度額を少額にする
  3. クレジットカードや携帯料金を滞納しない
  4. 申告書に嘘の記載をしない

1.同時に複数のカードローンに申込まない

カードローンの申込みをすると、通常6カ月は審査を受けた記録が信用情報機関に残ります。

短期間に何度もカードローンに申込んでいることが分かると、お金に困っていると判断され、審査にマイナスの影響を及ぼすことがあります。

カードローンに申込むときは、手当たり次第に申込むのではなく、利用したい1社、ないしは2社を絞り込むようにしましょう。

2.カードローンの借入限度額を少額にする

学生の場合、社会人に比べて収入が少ない傾向にあるので、限度額も低く設定されることが多いです。大抵の場合、10~15万円程度が相場です。

高額な借入限度額を希望すると、審査に落ちてしまう可能性が高くなるので注意しましょう
。また、最高でも申込希望額が年収の1/3を超えないことも大切です。

3.クレジットカードや携帯料金を滞納しない

携帯電話本体の割賦払いクレジットカードを利用している方は、支払いを滞納しないことも大切です。現在滞納中の方だけでなく、過去に滞納したことがある方も、カードローンや学生ローンの審査に通りにくくなる恐れがあります。

今までに滞納したことがある方は、信用情報機関に記録が残っているのか情報照会を請求してから新たにローンの申込みをすることをおすすめします。

4.申告書に嘘の記載をしない

審査に通りたいがために、実際より収入を多く申告したり、勤続年数を長く申告するのはやめましょう。

ローン会社は細かく申込者の情報を調べ上げていますので、はすぐにバレてしまいます。嘘がバレると「信用できない人物だ」というレッテルを貼られてしまい、審査に通過する可能性が低くなってしまいます。

また、うっかりと間違った情報を記入した場合、ローン会社側は故意なのかどうか判断することができません。申込フォームを提出するときは、少なくとも2回以上は見直して、うっかりミスがないのか確認してください。

学生がカードローンの審査で有利・不利になる利用目的

不利になる利用目的と有利になる利用目的

カードローンの申込みの際に聞かれる利用目的が、審査に影響を与える可能性があるのをご存知でしょうか。利用目的の内容次第では、ローン会社から返済の可能性が低いと判断され、審査に落とされてしまうこともあるようです。

審査に不利になる利用目的と、反対に審査に有利になる利用目的を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

審査に不利になる利用目的

不利になる利用目的

  • ギャンブル
  • 株やFXなどの投資資金
  • 借金の返済

ローン会社では、返済できない恐れがある要素を極力排除する方針で審査をおこないます。たとえばギャンブル投資は、投入した資金が戻ってくる可能性が高いとはいえません。

そのため、返済期日までに返済されない恐れがあり、貸し渋りをすることがあります。競馬やパチンコ、株式投資、FXなどは、借りたお金ではなく余剰資金でおこなうようにしましょう。

さらに、借りたお金で他社の借金を返済したいという場合も、貸し倒れの可能性が高まるため、審査落ちの原因となることが多いです。

また、利用目的の上位を占める生活費も、意外とカードローン審査では印象が悪いといわれています。なぜなら、生活に困っている状態がいつまで続くかが分からないため、返済期日に遅れることが容易に予想されるからです。

なお、生活費の補填を利用目的に挙げても、絶対に審査に通らないというわけではありません。もちろん、十分な返済能力があると認められれば、生活費のためにカードローンを利用することは可能です。

下記の口コミの方は、学生で利用目的を生活費にしていたそうですが、無事に審査通過してお金を借りることに成功しています。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

在学中に色々とトラブルがあり引きこもり生活をしていましたが、一人暮らしでの引きこもりであったため生活費に仕送りだけでは足りなくなりました。

親に相談するにも引きこもりであることをばれたくなかったため、お金を密かに素早く用立てる必要があり、消費者金融よりも早く融資が可能であること、メインで使用していた銀行であることから選択しました。

専門家からのコメント

古関 夢香
ファイナンシャルプランナー
古関 夢香

生活費にあてるために50~100万円を借入れたというのは、親からの定期的な仕送りも本人の収入に加味して考えられていると予測されます。

20歳以上であれば、学生の方でも自分の名義で契約する以上、ご本人の返済能力が審査されますが、学生という立場から、審査時にご両親の職業や仕送り額を聞かれることも考えられます。

ギャンブルや投資目的、生活費を補填するための借入れが審査で不利になる可能性があるのは事実です。

しかし、利用目的がどうあれ、年収が安定していたり、きちんと返済した実績があったりする場合は、返済能力が認められてカードローン審査に通る可能性があります。

そのため、審査に不利な利用目的であっても、安易に嘘をつくのではなく、正直に申告するようにしましょう。

審査に有利になる利用目的

反対に、審査に有利になる利用目的があります。旅行や資格取得などが挙げられますが、共通点として「一時的な支出であること」を指摘できます。

たとえば旅行のためにお金が必要なら、旅行が終われば支出も減ります。生活費のように恒常的にお金が足りない状態が続くわけではありませんので、ローン会社側も「落ち着いたらきちんと返済できるだろう」と不安が少なくなり、融資を実行しやすくなるのです。

通過しやすくなる利用目的

  • レジャー・旅行
  • 資格習得・習い事
  • その他、一時的な出費

実際に、上記のような利用目的でカードローンに申込み、審査通過して方の口コミを紹介します。

まずは、勉強のためにカードローン審査に申込んだ方の声に耳を傾けてみましょう。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以内)

学生で、アルバイトをしていたが、ネットビジネスの勉強がしたくて、親に反対されたが、どうしてもやりたくて、コミュニティに入るためのお金を借りました。

アルバイトの収入も月5万ほどだったので、全くお金がなく、仕方なく借りました。親にお願いして支払ってもらうか今は迷っている状態です。今年中に払い終わりたいと思います。

このように向学心のある方なら、きちんと返済できそうだと判断されやすいのかもしれません。コミュニティの入会金ということなので、そのときだけ発生する出費であることも評価された可能性があります。

返済も計画的におこなっているようですので、銀行側にとっても貸し倒れになる不安は少ないでしょう。

次の口コミの方は、留学費用を借りるためにカードローンを利用したそうです。

(20代 / 男性 / 学生 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以内)

留学費用が少しだけ足りなかったので、お金を借りた。バイト代でためたものの航空券の代金は貯められなかったので、借りた。親から借りれば良かったのだが、親が留学に反対していたので自分でなんとかするしかなかった。

留学に際して発生する航空費という一時的な出費を、カードローンで補填したようですね。

このように、一時的に出費が生じる場合には、翌月からは支出が減って返済資金を工面しやすいので、カードローン審査で有利になりやすいといえます。

専門家からのコメント

古関 夢香
ファイナンシャルプランナー
古関 夢香

カードローンは、急な出費やアクシデントなどに対応するための資金、または近いうちに入金の予定があり、それまでのつなぎ資金にしたいという場合に向いています。

そこから考えると、本人や家族の急病、事故などによる通院、実家への帰省、住居に関すること(引越し、エアコンや家財道具など破損)に対応する場合は、重要度が高く、保険金や親からの支給など、あとから入金される可能性も考えられ、他の目的に比べれば審査に通りやすい面があります。

また、資格やスキルアップの勉強のほか、学校で使う参考書代、就活にかかる費用なども認められやすいです。

ただ、目的によって有利になると考えるよりも、「理由が妥当であり、きちんと返済する意思がある」と思ってもらうことが大切です。返済の意思と、返済が可能であることをしっかりと示すようにしましょう。

おすすめの学生ローン5選

数ある学生ローンのなかでも、特に知名度が高くおすすめのカードローンを5社、まとめてご紹介します。

ローン会社によっては申込可能な地域が限定されていることがありますので、ご自身が利用可能かどうかチェックしてから申込みの手続きをおこなってください。

①アミーゴ

このローンに向いている人
  • 即日融資を希望している人
  • 10万円以下の借入れを希望している人
  • 親にバレずに利用したい人
アミーゴの基本スペック
申込条件 ・34歳までの学生(高校生不可)
・安定した収入のある人
必要書類 ・学生証
・キャッシュカード
・免許証
・保険証
限度額 50万円
金利(年) 14.4~16.8%
即日融資 可能
在籍確認
保証人

アミーゴは開業30年以上の歴史を誇る老舗の学生ローンです。

家族やアルバイト先への連絡がないため、電話による家族バレや会社バレを気にしている方も申込みやすいです。最短で即日融資が可能な点もうれしいですね。

また、学生のときだけでなく卒業後の借入れにも対応してくれるという特長があります。社会人になっても最初のうちはスーツや研修旅行等で支出がかさみがちですから、長く付き合えるローン会社を検討している方にもおすすめです。

アミーゴを利用したい方はこちら

②イー・キャンパス

このローンに向いている人
  • 即日融資を希望している人
  • 低金利で借入れをしたい人
  • 親にバレずに利用したい人
イー・キャンパスの基本スペック
申込条件 ・20歳以上40歳以下の学生・社会人
・安定した収入のある人
必要書類 ・学生証
・免許証
・保険証
・キャッシュカード
・給与明細
限度額 50万円
金利(年) 14.5~16.5%
即日融資 可能
在籍確認
保証人

イー・キャンパスは卒業後40歳までなら利用可能な学生ローンです。社会人になると学生のときより限度額の上限が30万円高くなり、さらに使い勝手がよくなります

また金利も年14.5~16.5%と他の学生ローンと比べて低く設定されており、長期にわたって使いやすい点が魅力です。

イー・キャンパスを利用したい方はこちら

③カレッヂ

このローンに向いている人
  • 未成年だけどお金を借りたい人
  • 即日融資を希望している人
  • 10万円以下の借入れを希望している人
カレッヂの基本スペック
申込条件 ・18歳以上の学生(高校生不可) 
・安定した収入のある人
必要書類 ・学生証
・免許証
・保険証
・キャッシュカード
・公共料金の領収書
限度額 50万円
金利(年) 17.0%
即日融資 可能
在籍確認
保証人

カレッヂの最大のメリットは、セブン銀行のATMから借入れや返済ができる点にあります。「カレッヂカード」と呼ばれる専用カードを使えば、全国どこの都道府県に住んでいる学生の方でも、セブン銀行ATMからお金を借りることができるのです。

学生ローンに関しては、銀行振込か店頭での手渡しによるフリーローン形式の融資が多いなか、セブン銀行のATMが利用できるのはかなり利便性が高いといえるでしょう。

また申込条件が「18歳以上の学生」となっているため、未成年の方でも利用可能な点もメリットです。

カレッヂを利用したい方はこちら

④フレンド田

このローンに向いている人
  • 未成年だけどお金を借りたい人
  • 返済期間が長いローン会社を利用したい人
  • 即日融資を希望している人
フレンド田の基本スペック
申込条件 ・18歳以上の学生(高校生不可) 
・安定した収入のある人
必要書類 ・学生証
・免許証
・保険証
・キャッシュカード
・住民票または公共料金の請求書・受領書
限度額 50万円
金利(年) 17.0%
即日融資 可能
在籍確認
保証人
(ただし、未成年は原則保証人が必要)

学生の街・高田馬場には学生ローンがたくさんありますが、その中でも特に有名なのがフレンド田(デン)です。1976年に設立されて以来、40年以上にわたって学生たちに利用されてきた老舗の学生ローンです。

フレンド田は、高校を卒業していれば未成年でも利用できます。また、返済期間の上限が5年間と長いのも特徴的です。月々少額しか返済できない場合にも検討してみたいローンです。

フレンド田を利用したい方はこちら

⑤キャンパス

このローンに向いている人
  • 女性で学生ローンの利用を考えている人
  • 即日融資を希望している人
  • 親にバレずに利用したい人
キャンパスの基本スペック
申込条件 ・20〜34歳までの学生
・安定した収入がある人
必要書類 ・学生証
・免許証
・保険証
限度額 50万円
金利(年) 16.8%(女性は15.6%)
即日融資 可能
在籍確認
保証人

キャンパスの学生ローンには「学生レディースローン」という女性専用のものもあり、金利も15.6%と通常のキャンパスローンより若干低めに設定されています。

女性で学生ローンの利用を検討している方は、キャンパスも候補の1つとして入れておくとよいでしょう。もちろん、男子学生も借入可能な商品も用意されています。

キャンパスを利用したい方はこちら

おすすめのカードローン4選

学生ローンにこだわらず、一般的なカードローンから借入先を探してみることもできます。

いずれも満20歳以上の方のみのローン商品のため未成年の方は利用できませんが、学生ローンよりも借入限度額が大きく、返済期間も長く設定されています。学生の方にも使いやすいおすすめのカードローンを4つ厳選して紹介します。

①アイフル

メリット
  • 即日融資OK!
  • 初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスを利用できる
  • アイフルATMでの借入れ・返済は手数料無料!
アイフルの基本スペック
申込条件 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
契約限度額 800万円以内
金利(年) 3.0%~18.0%

急いでお金を借りたい学生の方には、審査最短30分という抜群のスピードを誇るアイフルがおすすめです。

当日中にお金を借りる「即日融資」が可能なだけでなく、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスが用意されているので、無利息期間中に完済すれば利息0円で借入れることもできます。

さらに、都心部や駅前などに多く設置されているアイフルATMを利用すれば、手数料無料で借入れ・返済が可能です。

また、消費者金融は銀行カードローンよりも審査が柔軟な傾向にあるので、属性の低さから審査で不利になりやすい学生の方にとっては、ぜひチェックしておきたい商品となります。

「急いでお金を調達したい」、「手数料を節約したい」、「審査に自信がない」という方は、アイフルを検討してみるとよいでしょう。

アイフル
おすすめ審査最短30分
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

②楽天銀行カードローン

メリット
  • 大手消費者金融に比べると低めの上限金利
  • カードローンの利用で楽天ポイントが貯まる
  • お得なキャンペーンを積極的に展開している
楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)の基本スペック
申込条件
20~62歳の安定した収入がある方
(パート・アルバイト・専業主婦は60歳まで)
契約限度額
800万円
金利(年) 1.9~14.5%

ネット銀行の中でも人気の「楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)」は、20歳以上の学生で毎月安定した定期収入があれば申込可能です。もちろん、パートやアルバイトの方も申込みできます。

公式サイトでお得な金利のキャンペーンなどを頻繁におこなっていますので、こまめにチェックしてみてください。

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • 金利は年1.9%~14.5%
  • スマホでお申込が完了!
  • 最大限度額は800万円。
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

③じぶん銀行カードローン

メリット
  • auユーザーにはお得な特典あり
  • 提携ATMを手数料無料で利用できる
  • 月々1,000円からと低めの返済額
じぶん銀行カードローン(じぶんローン)の基本スペック
申込条件 満20歳以上70歳未満の安定した収入がある方
契約限度額 800万円
金利(年) 2.2~17.5%

じぶん銀行も楽天銀行と同じくネット銀行のため、WEBでの申込みや契約、借入れが簡単です。

また、auユーザーならじぶん銀行カードローン(じぶんローン)での適用金利が年0.1~0.5%優遇されますので、スマートフォンなどでauを利用している方も検討してみましょう。提携ATMの手数料が無料なのもうれしいポイントです。

じぶん銀行カードローン
じぶん銀行カードローンのロゴ
おすすめポイント
  • 年会費&ATM手数料0円
  • 全国のコンビニATMで原則24時間365日ご利用OK
  • auユーザーなら最大年0.5%の金利優遇
実質年率
1.48〜17.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 株式会社じぶん銀行

④ソニー銀行カードローン

メリット
  • メガバンクの銀行カードローンよりも低めの上限金利
  • ATMを利用して返済する際の手数料無料
  • 借入時の手数料も月に4回まで無料
ソニー銀行カードローンの基本スペック
申込条件 満20歳以上65歳未満の安定した収入がある方
契約限度額 800万円
金利(年) 2.5~13.8%

ソニー銀行カードローンはコンビニや提携銀行のATMで返済する際の手数料が無料で、手数料が気になる方にもおすすめのカードローンです。

また、借入時の手数料も月に4回までなら無料のため、お得にお金を借りられます。ネット銀行カードローンのなかでも上限金利が低めである点も、おすすめのポイントといえるでしょう

ソニー銀行カードローンを利用したい方はこちら

学生カードローンのまとめ

学生でも利用できるカードローンについて解説してきました。

商品によっては、学生の方でもカードローンを利用することができます。審査スピードの速い消費者金融や、金利が低めの銀行カードローンなど、自分に合った商品を選んで申込みに進むとよいでしょう。

実際にカードローンに申込む際には、事前に返済計画を立てるようにしましょう。返済に遅れると、学生であっても信用情報に傷がついてしまいます。

この記事を読んでくれた方が、十分な調査と事前準備をしたうえで、カードローンを活用して資金需要を乗り切り、学生生活を謳歌してくれることを願っています。

<参考>
アミーゴ
イー・キャンパス
カレッヂ
フレンド田
キャンパス
ソニー銀行カードローン

大手証券会社をはじめ、都市銀行の融資課、消費者金融の督促など、金融機関に計10年間勤務してきました。証券会社では個人顧客400名の資産運用を担当し、お金にまつわるアドバイスをしていました。 銀行や消費者金融では、審査のための稟議書の作成や期日に返済が困難なお客様の対応をしてきましたので、審査でどのような点がチェックされるか、返済が困難になった場合の対処方法などを熟知しています。

古関 夢香の監修記事・プロフィール一覧へ

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事