更新日:

アコムで使える収入証明書と必要条件を解説!間違いは審査落ちのリスクも

アコムで使える収入証明書と必要条件を解説!間違いは審査落ちのリスクも

アコムでは、50万円を超える契約や、他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、18・19歳の方が申し込む場合などは、収入証明書の提出が必要です。

しかし、収入証明書の提出をしないと、場合によっては審査落ちや減額、利用停止の原因になってしまうこともあります。

この記事では、アコムで収入証明書が必要になる条件や有効な書類一覧、提出しないことで生じるリスクについて解説します。

収入証明書として有効な書類と4種類の提出方法

アコムで収入証明書の提出を求められた場合には、下記のうち1点を提出する必要があります。

有効な収入証明書

  • 源泉徴収票
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書
  • 給与明細書

会社勤めの方であれば、交付される源泉徴収票や給与明細書を提出することができます。

会社以外で収入を得ている場合でも、それ以外の書類を市区町村役場や税務署などで入手することができるでしょう。

アコムでは収入証明書として「源泉徴収票」の提出を推奨している

上記の書類のなかでも、アコムの公式サイトで推奨されているのは源泉徴収票の提出です。

1年間の収入が明確に分かり、勤務されている会社名で勤務先も確認できるので、審査がスムーズに進むのではないでしょうか。

会社勤めの方が収入証明書を提出する際は、最新年度の源泉徴収票を用意することをおすすめします。

個人事業主・自営業の場合に収入証明書として有効な書類

それでは、会社に勤務していない個人事業主や自営業の方は、どのような書類を提出すればよいのでしょうか?

まず、確定申告をしている方であれば、確定申告書や青色申告書、収支内訳書が有効です。

下記の口コミの女性は個人事業主で、確定申告書・収支内訳書を提出することで無事に審査を通過できたそうです。

また、所得証明書や市民税・県民税額決定通知書でも構いません。

いずれも、原則として最新年度のものを提出しましょう。市民税・県民税額決定通知書と所得証明書に限っては、1〜6月は最新年度のものが交付されていない場合もあるので、その期間のみ前年度のものも有効になります。

(40代 / 女性 / 個人事業主 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

個人事業主として申込みをしたのでどのように仕事をしているのか質問されました。そのときにWebライターとして仕事をしていることを伝え、一応確定申告の書類と収支内訳表の二つを提出しました。

アコムに収入証明書を提出する方法は4種類

収入証明書を提出する方法は、下記の4種類です。

収入証明書の提出方法

  • アップロードで提出
  • FAXで送信
  • 店頭・自動契約機(むじんくん)へ持参
  • 専用封筒で郵送

アップロードとは、Web上の会員ログインページから書類の画像を提出する方法です。

会員ページにログインしたら、「アップロードでご提出」というメニューから書類を送信します。印刷や送付の手間がかからないので、忙しい方におすすめしたい書類の提出方法となります。

下記の口コミの方も、携帯電話で書類をアップロードできる利便性に魅力を感じているようです。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

申込みには免許証や収入証明書の提出が必要でしたが、携帯電話で写真を撮り、その写真をアップするという簡単な方法だったのでスムーズでした。郵送手続きなどの手間が要らず便利でした。

また、FAXで送信したり専用封筒で郵送したりすることもできます。専用封筒は、店舗に設置されています。

あるいは、直接店舗や自動契約機(むじんくん)へ書類を持参する方法もあります。足を運ぶのが面倒ですが、書類の不備をその場で確認できる点がメリットです。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムで収入証明書の提出が必要になるケース

アコムの審査では、以下のようなケースで収入証明書の提出が求められることがあります。

収入証明書が必要なケース

  • 利用限度額が50万円を超える場合
  • 利用限度額とほかの貸金業者からの借入の合計額が100万円を超える場合
  • 収入証明書を提出してから3年以上経過している場合
  • 増額審査を希望する場合 など
  • 18、19歳の方が申し込む場合

収入証明書とは、給与明細書や源泉徴収票など、申込者の収入を証明する書類のこと。提出は全員必須ではなく、上記のような条件を満たしたときに必要になります。

アコムで50万円を超える限度額を希望したり、ほかの貸金業者での借入額とアコムの希望限度額の合計が100万円を超える場合、18・19歳の方が申し込む場合には、かならず収入証明書の提出が必要です。

また、すでにアコムと契約を結んでいても、前回の書類提出時から時間が経過した場合や、増額審査時には改めて提出が求められます。

さらに、上記の条件に該当しなくても、審査の状況によっては収入証明書の提出を求められる場合があります。

「少額の借入れだから大丈夫」と気を抜かず、申込時には収入証明書をいつでも提出できるように用意しておくことで、審査がスムーズに進みやすくなるでしょう。

専門家からのコメント

藤嶋 英臣
藤嶋 英臣

アコムなど消費者金融の利用で収入証明書の提出を求められるのは、貸金業法で本人の収入を確認するように定められているからです。

貸金業法では、カードローンやクレジットカードのキャッシングなど、貸金業者からの借入が年収の3分の1を超えると、原則として新たに借り入れができないことになっています。

このルールのことを「総量規制」といいますが、総量規制には、返せないほどの金額を借りてしまって後で返済に困る、といったトラブルを防ぐ目的があります。

収入証明書と本人確認書類は異なる

アコムの必要書類には、以下の2種類があります。

必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類とは、運転免許証やパスポートなど身分を証明する書類のことで、提出は全員必須となります。

それに対して、一定の条件を満たした場合に提出が必要になる書類が収入証明書です。申込時の必要書類は本人確認書類のみでも、審査状況によっては追加で収入証明書の提出が必要になる場合もあります。

アコム
おすすめ審査最短30分
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

収入証明書を提出しないことで生じるリスク

アコムの収入証明書を提出しないと、以下のようなリスクが生じます。

提出しないリスク
  • 借入希望額以下の限度額が設定される
  • 審査に落ちる
  • 限度額を減額される
  • 利用停止になる

「初めて審査を受ける場合」と「すでにアコムを利用中の場合」で生じるリスクが異なるので、それぞれの場合について順番に解説します。

初めて審査を受ける場合

アコムの初回審査時に収入証明書の提出を断ると、下記のようなリスクが生じる可能性があります。

リスク
  • 借入希望額以下の限度額が設定される
  • 審査に落ちる

まず、収入証明書を提出しないと、アコムで設定される限度額が低くなることがあります。

これは、融資の際には十分な返済能力があることを確認する必要があるため、収入が確認できなければ貸付できる金額も少なくなるからです。

さらに、収入証明書の提出を拒否することで、審査落ちの原因になる可能性もあります。

アコムの審査を通過し、希望の金額を借入れたい方は、収入証明書をきちんと提出するようにしましょう。

すでにアコムを利用中の場合

すでにアコムを利用中でも、前回の審査時から時間が経過した場合や、増額審査を受ける場合には収入証明書の提出が求められます。

その際に収入証明書の提出を断ると、下記のようなリスクが生じる可能性があります。

リスク
  • 限度額を減額される
  • 利用停止になる

アコムを利用中の方が収入証明書の提出を拒否すると、設定されている限度額を減額される可能性があるので、注意が必要です。

また、貸金業者からの借入額が総量規制に抵触する可能性がある場合や、利用に問題があるとみなされた場合には、利用停止の措置を講じられる可能性もあります。

アコムを継続的に利用したいなら、速やかな収入証明書の提出を心がけましょう。

専門家からのコメント

藤嶋 英臣
藤嶋 英臣

収入証明書を提出しなければ、アコムはいくら貸して良いか判断できません。

そのため、借入限度額が低くなったり、場合によっては審査落ちや利用停止になったりすることがあります。

収入証明書として有効な書類はいろいろなものが定められています。ご自身が何を提出すればよいかわからない場合は、アコムの問い合わせ窓口に電話するとよいでしょう。

増額審査時の収入証明書の提出は必須?

増額審査時には、50万円超まで利用限度額を引き上げたい場合や、アコムの限度額と他社借入れの合計が100万円を超える場合には、かならず収入証明書が必要になります。

そのほか、審査の過程で必要になった場合も、提出を求められる場合があります。

増額審査に申込む際も、いつでも提出できるように収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短30分
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

アコムの収入証明書に関するよくある質問

アコムの収入証明書に関するよくある質問にお答えします。

アコムに収入証明書を提出しないとどうなる?

アコムに収入証明書を提出しないと、以下のようなリスクが生じる可能性があります。

・限度額を減額される
・利用停止になる
・借入希望額以下の限度額が設定される
・審査に落ちる

収入証明書を提出しないことで生じるリスクはこちらで紹介しています。

アコムに提出する収入証明書として有効な書類はなに?

収入証明書として有効な書類は以下の5つです。

・源泉徴収票
・市民税・県民税額決定通知書
・所得証明書
・確定申告書・青色申告書・収支内訳書
・給与明細書

上記のうち、1点を提出する必要があります。

収入証明書として有効な書類と提出方法はこちらで紹介しています。

まとめ

アコムでは、利用限度額が50万円を超える場合などに収入証明書が必要になります。また、その際には源泉徴収票の提出が推奨されています。

収入証明書を提出しないと、審査に落ちたり利用停止になったりすることがあるので注意しましょう。

さらに、すでに利用中でも増額申請時などに収入証明書が必要になることがあります。

個人情報でもある自分の収入に関する書類を提出するのは少し気が引けるかもしれませんが、アコムのカードローンを利用するためには必要なことでもあります。取り扱いには注意しつつも、速やかな提出を心がけましょう。

藤嶋 英臣

専門家からの一言

藤嶋 英臣

カードローンは、簡単な手続きでお金を借りることができます。

しかし、お金を借りすぎると、後で返せなくなってトラブルに発展することがあります。

審査のときに収入証明書を提出するのは、お金の借りすぎを防ぐ目的があります。ご自身の収入がいくらであるかを正直に申し出ることで、自分を守ることにもなります。

収入証明書の提出を求められた場合は、速やかに提出しましょう。

1996年大阪大学経済学部卒業。17年にわたって複数の上場企業で経理を担当。しかし、過労による体調不良から40歳で退職。再スタートにあたって、ファイナンシャル・プランナー(FP)を志す。FPの上級資格CFP®の試験を1年あまりで突破し、2015年大阪市にFP事務所を開設。主におひとりさま(単身者)のライフプランに関する相談に応じる。また、FP資格の知識を活かした執筆活動にも注力し、ライターとして各種士業・Webメディア向けに文章コンテンツを多数提供している。1973年生まれ、奈良県出身。

藤嶋 英臣の監修記事・プロフィール一覧へ

「お得」を愛するFPライターです。大手電機メーカーおよび施設運営会社勤務を経て、2018年よりフリーのライターに。会社勤務時に、ファイナンシャルプランナー(FP)資格取得に取り組み、CFPおよびFP1級を取得。現在は主にローンに関する記事を連載しています。また、英語にも興味があり、10年ほど前よりTOEICの勉強と受験を続けています。模試会などにも参加しており、おかげさまで最高975点まで取得しました。最近はお得な防寒着を販売している「ワークマン」にはまっており、セールのたびにレアな衣類を購入するのが楽しみです。

よし・こうの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

アコムの審査に関する記事

アコムの借り方に関する記事

アコムの金利に関する記事

アコムの増額に関する記事

アコムの返済に関する記事

アコムに関するその他の記事