更新日:

プロミスの審査時間は最短何分?審査結果が遅い場合の対処法も解説!

プロミスの審査時間は最短何分?審査結果が遅い場合の対処法も解説!

プロミスは審査最短30分即日融資可能と、カードローンのなかでも融資スピードの速さが魅力的な商品です。

この記事では、プロミスの審査時間や審査の受付時間、審査をスムーズに進める方法や審査が長引くときの対処法などについて説明していきます。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

実際にプロミスを利用した人の審査時間を検証!

プロミスの審査時間は最短30分で、最短即日融資も可能です。

しかし、あくまでも最短で30分なので、実際には30分以上かかる可能性もあります。実際に何分ぐらいの時間がかかるのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

審査は最短30分、1時間以内が8割!

では実際に利用した人は、どのくらい審査時間を要したのでしょうか?

マネ会に寄せられた109件の口コミをもとに、プロミスの審査時間の分布をまとめると以下のような結果となりました。

審査時間 人数 割合
30分以内 29 27%
1時間 56 51%
3時間 11 10%
6時間 4 4%
24時間 7 6%
2日 1 1%
1週間 1 1%

約3割の人が最短の30分以内に審査を終えています。

1時間以内に審査完了した人は全体の約8割です。「最短30分」の謳い文句に恥じない審査スピードだということがわかります。

また、審査結果が翌営業日以降になったのは2名のみです。在籍確認が取れないなど、なんらかのトラブルがあったのかもしれません。

1週間の時間がかかった方は、郵送で申込んだために審査結果が遅くなったという可能性も考えられます。まとめると、ほとんどの方が当日中に審査完了しています。

そのため、お急ぎの方にとってはぜひ検討したい商品だといえるでしょう。口コミの一例を紹介すると下記のようなものがあります。

(20代女性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

お金の利用目的などを話しすぐに審査が通りました。

<審査時間:30分以内

(20代男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

審査も素早く思っていた以上にこんなに簡単に審査が通ったことは驚きであった。

<審査時間:30分以内

実際に30分で審査完了できた方は、かなり審査スピードに満足しているようですね。

それに対して、下記のように「30分で終わると思っていたらそれ以上時間がかかった」という方もいらっしゃいます。

(20代女性 / 会社員 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

CMでもインターネット30分で借りれると書いてありましたが、30分では借りれませんでした。1時間ほどかかりました。

<審査時間:1時間

また、申込時間が遅かったため、審査結果が翌日以降になったという方もいます。

(20代女性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円未満)

申込みが深夜だったので、確認の電話は翌日午前中でした。

<審査時間:24時間

まとめると、最短30分は可能ですが、申込みの時間帯などによっては翌日になることがあるということです。

お急ぎの方は、平日の午前中など、早めに申込むとよいでしょう。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスでスムーズに審査を進める方法

申込みから借入れが可能になるまでの流れは下記の手順でおこなわれます。

申込みの流れ

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 契約・カード発行
  4. 借入れ

審査時間を短縮するためには、審査をスムーズに通過できるように事前に準備しておくことが大切です。

具体的には下記の点に注意すれば、審査をスムーズに通過することができる傾向にあります。

審査の時間を短くするコツ

  • 正確で誤りがない情報を申告している
  • 在籍確認に対応できる
  • 最低限の借入額を希望している
  • 50万円以下の借入額を希望している

正確で誤りがない情報を申告している

申込みをするときに、入力する情報と実際の情報に誤りがある場合、審査が長引く傾向にあります。

申込内容にミスがあると「虚偽の申告をした」と判断され、審査に落ちる可能性もあります。

そのため、申込みをするときに入力する情報は、ミスなく正確に入力しましょう。

プロミスの在籍確認に対応できる

審査のときに電話による在籍確認があります。

申込みのときに入力した会社に対して在籍確認がおこなわれ、「本当に安定した収入があるか」、「入力された会社に本当に在籍しているか」が確認されます。

在籍確認のタイミングで会社が休日だったりなど、在籍確認が取れない場合は審査が長引きます。そのため、在籍確認がスムーズに完了するように、勤務先が営業している時間帯に申込みましょう。

最低限の借入額を希望している

借入希望額が高額になるほど審査も慎重になります。

「総量規制」
では、貸金業者を対象に申込者の年収の1/3を超える借入れを原則として規制しているため、借入希望額は最低限の金額にしておきましょう。

不必要に高額の借入希望額を申込むと、審査が長引くどころか、審査に落ちてしまう可能性があるので注意しましょう。

50万円以下の借入額を希望している

審査のときに借入希望額が50万円を超えていると、「本人確認書類(身分証明書)」に加えて「収入証明書類(所得証明書類)」の提出も必要になります。

また、他社からの借入れを含めた合計が100万円を超える場合も収入証明書類の提出が必要になります。

しかし、借入希望額が50万円以下、借入れの総額が100万円以下であれば、収入証明書類の提出を省略できる可能性があります。

そのため、収入証明書類を用意しなくていい借入希望額に抑えることで、スムーズに審査をおこなうことができます。

プロミスの審査回答時間について

審査がおこなわれる時間は、申込した時間帯によって異なります。

申込時間と審査がおこなわれる時間の関係は下記のとおりです。

申込時間
審査がおこなわれる時間
午前0時~午前9時
午前9時~
午前9時~午後9時
最短即日
午後9時~午後0時
翌日の午前9時~

上記のように、午後9時を過ぎると審査の回答は翌日以降になることがほとんどです。

しかし一方で、審査がおこなわれる時間に申込んだからといって、かならず当日中に結果が出るわけではありません。申込内容や、混雑状況によって審査の速度も変わります。

そのため、遅い時間に申込むと、混雑状況や審査状況によって翌日以降に審査結果がわかることもあるので、早めの申込みがおすすめです。

プロミスに申込可能な時間帯

申込方法には「WEB」、「電話」、「郵送」、「自動契約機」、「店頭窓口」の5種類があります。

それぞれの受付時間は下記のとおりです。

申込方法 受付時間 備考
WEB 0:00~24:00 ・土日祝日も申込可能
電話 9:00~21:00 ・土日祝日も申込可能
郵送 - ・申込書による申込み
自動契約機 9:00~21:00 ・土日祝日も申込可能
・一部店舗では営業時間が異なる
店頭窓口 10:00~18:00 ・平日のみ

店頭での申込みでは、18時に閉店するうえに土日祝日は利用できません。電話や店頭窓口も、営業時間中の利用が必須です。

一方でインターネットであれば、24時間申込み可能であり、来店の時間も節約できるので、お急ぎの方であればインターネットでの申込みがおすすめです。

郵送での申込みは最も時間がかかる

最も時間がかかってしまうのは、郵送による申込みです。まずインターネットや電話、もしくは店頭で申込書をもらう必要があります。

インターネットや電話で申込書を取り寄せる場合は、郵送に数日かかる場合があります。また、記入した申込書を郵送するときにも数日かかります。

申込みから審査までの日数を合計すると、数日~1週間程度の時間が必要になるので、即日融資は受けられないので注意しましょう。

専門家からのコメント

平木 恭一
経済ジャーナリスト
平木 恭一

スマートフォンで簡単に申し込みができるから審査も同様に簡単に通ると考えるのは、早合点です。申し込みの操作手順は簡便にできていても、貸付審査は別物です。

また、クレジットカード会社でも消費者金融でも、金を借りる行為(キャッシング)は全く同じです。借り入れ先が複数ある人は、銀行も含めて全ての借入残高を常に把握し、借り過ぎないように心掛けなくてはなりません。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

プロミスの審査結果が遅いのはなぜ?

これまで、審査時間を短縮する方法について述べてきました。

それでは、自分が想定していた時間よりも審査が長引いてしまうケースにはどのようなことが考えられるのでしょうか?

審査の時間が長引くケース

  • 審査が混雑している
  • 本人確認・在籍確認の電話に出ない
  • 申込内容や書類に不備があった
  • メールが迷惑メールフォルダに入っている

審査が混雑している

審査が長引くケースとして、まず考えられるのが「審査が混雑している」という場合です。これは、あながち申込者本人の責任とはいえませんね。

勤務時間以降の夕方や、大型連休の前後などは、どうしても審査が殺到して混雑してしまう場合があります。したがって、審査時間も長引いてしまうことがあります。

本人確認・在籍確認の電話に出ない

次に、「本人確認・在籍確認の電話に出ない」と審査が長引くケースがあります。これは、先に述べた審査時間の短縮の確認関係の工夫と裏表の関係にありますね。

在籍確認は、基本的にはかならずおこなわれます。その際、在籍確認の電話に出ないと、本人確認ができず審査が長引いてしまうことになります。

そのため、在籍確認の電話に出られるような態勢を取っておくことが重要です。

申込内容や書類に不備があった

これも先に述べたことと裏表の関係になりますが、「申込内容や書類に不備があった」ために審査が長引いた、というケースもあります。

申込内容や書類に不備があると、確認して修正する必要があります。それだけ手間がかかりますので、その分時間がかかってしまう、という結果になります。

このようなことを防止するため、不備がないように事前に十分チェックをおこなっておきましょう。

また、審査の状況によっては、追加で書類の提出が求められる場合もあります。下記の口コミの方は、追加の書類の準備で審査に時間がかかってしまったようです。

(20代女性 / 会社員 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10〜50万円)

申込みが深夜だったので、確認の電話は翌日午前中でした。審査に落ちた場合はメールでご連絡とあったので、電話がかかってきててっきり審査に通ったと思ってたのですが、他社の借入があったのを失念していて、そこが引っかかってしまいました。

別のカードローンはクレジットカードに付帯するキャッシングでしたが、毎月のカードの支払いと一緒に払っていてサラ金を借りてる感覚はありませんでした。そこで収入証明が必要ということになって、会社に用意してもらって再度出し直すので少し時間をロスしてしまいました。

追加で書類提出を求められても慌てることがないように、事前に収入証明書まで用意しておけると安心ですね。

メールが迷惑メールフォルダに入っている

最後に、「メールが迷惑メールフォルダに入っている」というケースを紹介いたします。

プロミスから申込者にメールが送られることがあります。それが迷惑メールフォルダに入っていると、申込者からの返答が遅れてしまい、結果的に審査が長引くことになってしまいます。

メールを迷惑メールの対象からはずす、迷惑メールフォルダを定期的にチェックするなどの対策を取るようにしましょう。

審査結果が遅い場合の対処法

これまで述べたようなケースや他の原因のために、審査時間が長引いている場合があります。

急いでいるのに、審査結果がなかなか来ない。そんなときには「どうなっているんだろう?」と心配になりますよね。

そういった場合には、下記の対処を検討しましょう。

対処法

  • 電話をかけて審査状況を聞いてみる
  • ほかのカードローンに申し込む

電話をかけて審査状況を聞いてみる

審査時間が不自然に長い場合、プロミスコール」に電話をかけて確認してみることをおすすめします。

待ち時間の目安を聞くことができるため、「審査自体は進行中」だという安心材料にはなります。また、なんらかの不備で申込みができていない可能性がないか確認することも可能です。

ほかのカードローンに申し込む

どうしても待てない場合には、他のカードローンに申し込む、という対応策もあります。

ただし、複数申込は審査にマイナスの影響を与えることもあります。こちらは最終手段としてとっておきましょう。

新規の借入先としては、アイフルやアコムなどがあります。いずれも大手の消費者金融で、最短30分で審査が完了しますよ。

借入れできる時間帯は何時まで?

無事に審査に通過すると借入れをおこなうことができるようになります。

しかし、借入方法によって借入れできる時間帯が違うので、すぐに利用したい方は注意しましょう。

以下、振込とATMでのキャッシングの2通りに分けて、借入れできる時間帯をご紹介します。

プロミスで振込キャッシングを利用可能な時間帯

振込キャッシングには、三井住友銀行やジャパンネット銀行など24時間振込可能な口座を対象とした、24時間利用可能な「瞬フリ」と、通常の「銀行振込」があります。

借入方法 受付時間
瞬フリ 24時間 ・最短10秒で振込み
・土日祝日問わず利用可能
・金融機関により、振込実施時間が異なる場合がある
銀行振込 金融機関による ・金融機関により、土日祝日の受付時間が異なる
・金融機関により、振込実施時間が異なる場合がある

「瞬フリ」では、平日、土日祝日を含め24時間いつでも申込むことができます。

ただし、三井住友銀行では毎週日曜日21:00~翌月曜日7:00、ジャパンネット銀行では0:00~7:00など、メンテナンスによって利用できない時間帯があるので注意しましょう。

24時間振込可能な金融機関以外の口座では、通常の「銀行振込」になり、それぞれの銀行口座の営業時間が利用可能時間になります。

「瞬フリ」の対象銀行や、「銀行振込」の利用可能時間は、公式サイトの「金融機関別振込実施時間検索」で検索することができます。

振込予約にもメンテナンスの時間帯がある

各金融機関のメンテナンスとは別に、プロミスのメンテナンスが毎週決まった時間におこなわれます。

そのため、下記の受付時間に振込を申込んだ場合、振込予約となり、振込実施時間になると振込まれます。

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜 23:30~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週日曜 0:00~4:00 当日8:45~9:30頃
毎週日曜 18:50~24:00 翌日8:45~9:30頃
毎週月曜 7:00~8:00 当日8:45~9:30頃

この他、毎週月曜0時〜7時はメンテナンスによって、受付自体が停止するので注意しましょう。

また、お正月やゴールデンウィーク中のメンテナンス時間も変わります。

たとえば、ゴールデンウィーク中の5月2日18:50~5月6日8:00に受付を行った場合、5月6日8:45以降の振込みとなります。

お正月やゴールデンウィークに借入れを考えている方は、メンテナンスと重ならないように注意し、メンテナンスのタイミングを事前に確認しておきましょう。

プロミスでATMのキャッシングを利用可能な時間帯

口座振込ではなく、ローンカードを使ってATMでキャッシングする場合は、ATMの営業時間に注意する必要があります。

利用可能時間は下記のとおりです。

ATMの種類 営業時間
プロミスATM 7:00~24:00
提携銀行ATM 提携先によって異なる
提携コンビニATM 24時間(メンテナンス時間を除く)

家の近くにコンビニがある場合は、24時間利用可能というメリットがありますが、毎週月曜0時〜7時はシステムメンテナンスのため、全ての提携ATMが利用できないので注意しましょう。

また、「プロミスATM」および「三井住友銀行ATM」は24時間利用できるわけではなく時間帯が限られているというデメリットがありますが、手数料無料というメリットがあります。

そのため、ATMは利用時間帯によって使い分けましょう。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

まとめ

記事の内容をまとめると下記のとおりです。

まとめ
  • 審査時間は最短30分、即日融資も可能
  • 即日融資する場合、審査時間を短縮する工夫をしよう
  • 急ぎの場合はWEBから申込もう
  • 借入方法と利用可能時間は事前に調べておこう

マネ会に寄せられた口コミの分析結果を紹介したとおり、約8割の方が1時間以内に審査完了したという結果がでています。

お急ぎの融資を考えている方は、今回の内容を参考にして、審査時間を短縮するポイントをおさえて早めに申込めば、スムーズに利用できることでしょう。

<参考>
プロミス公式「金融機関別振込実施時間検索」

明治大学文学部卒。金融業界紙元編集長。金融業界の取材歴30年。銀行、ノンバンク(クレジットカード・信販・消費者金融)の取材・執筆に長く携わる。2014年に独立。これまで主要な経済紙誌に寄稿した記事は900本。金融業界の入門書は3冊執筆し、いずれも5版を重ねて定評がある。金融では保険・証券を含めて全業種をこなすが、地方銀行と消費者金融は特に造詣が深い。近年は小売から製造、サービスなど取材範囲を広げている。

平木 恭一の監修記事・プロフィール一覧へ

31歳。クレジットカード系270記事以上、ビジネススキル記事100記事以上、書籍執筆、などなど金融系・経済系のライティングが好き。ガジェット・旅行・音楽・ゲーム・芸能・心理学など多数のライティングを経て現在にいたる。読書好きで月に30冊は読破。読書の経験から「読みやすさ・わかりやすさとは」を常に研究中。作成文章でも経験読者さんにとって分かりやすく、読みやすい、求めている正確な情報をお届けすることをモットーに執筆しています。

sinnosukeの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事

プロミスの審査に関する記事

プロミスの借り方に関する記事

プロミスの金利に関する記事

プロミスの増額に関する記事

プロミスの返済に関する記事

プロミスに関するその他の記事