アコム・プロミス・レイクを比較!審査や独自サービス、金利、それぞれどう違うのか? PR

アコム・プロミス・レイクを比較!審査や独自サービス、金利、それぞれどう違うのか?

アコム・プロミス・レイクの3社は、それぞれのスペックや提供しているサービスに明確な違いがあります。

結論からいうと、すぐにキャッシングしたいならプロミス、長めの無利息期間がいいならレイク、大きな額を借りたいならアコムがおすすめです。

本記事では、アコム・プロミス・レイクの各社の共通する項目や独自サービスを比較します。また、最初にどの会社がどんな人に合っているかも紹介します。この3社で迷っているという方は、ぜひ参考にしてください。

>> おすすめのキャッシングはこちら

人気と申込み時の利便性で選ぶならアコム

アコムの店舗

3社のうち、最も利用者からの人気が高いのが、アコムです。

2023年4〜6月期で、アコムの新規契約者数は10万人を超えていました。一方、プロミスは9万人、レイクは3万5,000人です。

ほかにアコムの長所を挙げると、利便性が高い点が挙げられます。

高いアコムの利便性
  • 申込み前に「3秒診断」で借入れ可能かどうかを簡易的に診断できる
  • 申込みから融資までWEB上で完結する

借入れのときに人と顔を合わせるのが嫌、もし知人に見られたら嫌、と感じる方も少なくないでしょうから、その意味でもメリットは大きいといえるでしょう。

  • (20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

    返済はアコムにいかないで、銀行のATMで返済が出来るので便利だと感じました。借りるということに罪悪感があったので、むじんくんで借りました。

  • (30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10万円以下)

    アコムのカードローンの審査対応は、かなり迅速であったと思います。スマートフォンを用いて、申し込み画面にて必要事項を入力するだけでなく、運転免許証の画像データをアップロードする形で本人確類を提出できましたので、利便性が高いと感じました。

    また、会社のトイレの個室にて申し込みをしたのですが、1時間後には在籍確認の電話が会社の代表番号宛にかかってきましたので驚きました。

    そして、さらに2時間後には審査を通過したとの連絡をもらい、スマホの画面上で契約手続きを済ませることができましたので、便利だなと感じました。

実際にアコムの利便性は高いという口コミが見られます。その上、他人の目が気になるという方への配慮もあることが見て取れます。

特にはじめてカードローンを利用する方は、アコムが前向きに検討したい借入先となりそうです。

ATMの多さと無利息期間を活用するならプロミス

プロミスの看板

ATMで借入れ・返済をしたい方、30日の無利息期間をできるだけ無駄にしたくない方はプロミスがおすすめです。

まずATMは、自社、提携ATMを合わせて10万台超を設置しているのがプロミスです。アコムとレイクは10万台に満たない数です。

アコムとレイクの場合、無利息期間が始まるのは「契約日の翌日」です。しかし、プロミスは「初回借入れ日の翌日」であるため、実際にお金を借りてから無利息期間が始まります。

  • (20代 / 女性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

    金利17.8%と少し高いようにも思えましたが、返済金額をかなり少なく、初回30日無利息はありがたかったです。初めは借入額が10万スタートでしたが、半年後には増額のお知らせが来ました。

  • (30代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

    メールアドレスとWeb明細サービスの登録を行ったので、30日間は無利息で借り入れができたのが良かったです。

やはり、借入れ翌日から30日間無利息、という点にメリットを感じる方がいるようです。

また、最初に挙げた口コミは、当初の限度額が10万円だったものの、半年後には増額の案内がきて50万円以上の借入れができたとのことです。カードローンは返済までを含む利用実績を積んでいけば、増額もできます。

審査時間の短さと無利息期間の長さならレイク

レイクの店舗

レイクの審査時間は、最短15秒です。一方、アコムの審査時間は最短20分、プロミスは最短3分となっています。

アコムもプロミスも早いですが、審査時間のみに焦点を当てるとレイクが圧倒的に早いことをご理解いただけるのではないでしょうか。

また、レイクの無利息期間は条件によって、30日・60日・180日となっています。アコムとプロミスはいずれも30日のみです。

  • (20代 / 女性 / 会社員 / 年収200万円未満 / 借入金額10万円以下)

    レイクを始めたとき審査通るのか不安があったのですが、審査が最短15秒で審査結果表示で通ることができてよかったです。

  • (30代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満 / 借入金額10万円以下)

    私はレイクを初めて利用したため、独自サービスである「5万円まで180日間利息0」の恩恵を受けることができました。私は3ヶ月間で一括返済したこともあり、完全に無利息で4万円を借りることができたのでした。

    レイクは、他の方へもぜひお勧めしたい金融機関です。

実際に、15秒で審査結果が出た、180日間無利息を利用できた、との声がありました。

カードローンに頼るときは、すぐにお金が必要である場合が少なくありません。そうした要望に対応してくれる上、無利息期間も長いのは嬉しいですね。

アコム・プロミス・レイクの消費者金融3社に共通する要素を比較

まずは、次のようにアコム・プロミス・レイクのスペックなど、3社に共通する11項目を比較してみましょう。

アコム・プロミス・レイクの共通要素
  1. カードローン成約率
  2. 顧客・新規申込み数
  3. ATMの数
  4. 金利
  5. 借入れ額に応じた最低返済額
  6. 無利息サービスの期間
  7. 公式アプリの機能性
  8. 受付時間・融資までの時間・審査時間
  9. 在籍確認の方法
  10. 限度額
  11. 3社とも銀行系

3社の違いが分かりにくいと思っていても、ひとつひとつの項目を比較することで、自分に合った消費者金融はどこなのか検討しやすくなります。

詳しい情報や商品内容の違いを把握して、3社から自分に合ったベストな会社を選びましょう。

①カードローンの成約率はアコムが高い

カードローンを検討している方には、審査に通過できるかどうか不安に思っている場合もあるでしょう。そこで、アコム・プロミス・レイクの成約率を比較しました。

アコム・プロミス・レイクの成約率(※)
消費者金融 新規契約者数 成約率
アコム 108,110人 42.0%
プロミス 93,748人 41.6%
レイク 35,900人 26.6%
(※)2023年6月期の四半期のデータ

<参考資料>
アコム:2024年3月期第1四半期決算(12ページ)
プロミス:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標
レイク:四半期データブック2023年6月末(23ページ)

成約率は、申込み者に対し契約した人数の割合です。

そのため「たったこれだけしか審査に通過できないの?」と思うかも知れませんが、成約率は審査に通過した方の割合ではありません。

審査に通過したものの、なかには契約にいたらなかった方もいるので単純な審査通過率ではないのです。

あくまで成約率は、契約をしたかどうかの割合ではありますが、審査に通過できなければ契約もできません。

成約率は、これだけの割合以上の方が審査に通過できたという目安として捉えましょう。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
年3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短20分
融資時間
最短20分
コンビニ
セブン-イレブン ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
アコムの口コミ・評判はこちら
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

②顧客数・新規申込み数はアコムが多い

アコム、プロミス、レイクにはそれぞれどのくらいのお客様がいるのか、どれくらいの方が申込んでいるのかも見てみましょう。

アコム・プロミス・レイクの顧客数と新規申込み者数(※)
消費者金融 顧客数 新規申込み者数
アコム 1,659,103人 257,192人
プロミス 非公表 184,946人
レイク 828,700人 非公表
(※)2023年6月期の四半期のデータ
<参考資料>
アコム:2024年3月期 第1四半期決算(11〜12ページ)
プロミス:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標
レイク:四半期データブック2023年6月末(17ページ)

顧客数は、プロミスが非公表なので、実数を公表している2社で比較するとアコムの数が勝っています。

一方、新規申込み者数ではレイクが非公表となっていますが、先ほど解説した新規契約者数と成約率から計算すると、およそ13万5,000人の新規申込み者がいると考えられます。

よって、新規申込み者数でもアコムがトップとなります。

③ATMの数が一番多いのはプロミス!

スペックの違いで注目してほしいのが、ATM数の違いです。自社・提携ATMの設置数が少ないと借入れ・返済時の利便性にも影響がでます。

いつでもどこでも、便利に取引を済ませたいという方はATMが多い消費者金融を選ぶのがおすすめです。

すでに説明したとおり、3社の中で一番ATM数が多いのはプロミスです。

アコム・プロミス・レイクのスペック
消費者金融 アコム プロミス レイク
最高限度額 800万円 500万円 500万円
金利(年) 3.0~18.0% 4.5~17.8% 4.5~18.0%
連帯保証人
最長借入れ期間(※1) 1~100回(※2) 最大80回(6年9ヶ月) 最大60回(5年)
ATMの数
・自社ATM:785台
・提携ATM:50,189台
(※3)
・自社ATM:615台
・提携ATM:107,304台
(※4)
・自社ATM:581台
・提携ATM:74,000台
(※5)
(※1)最終借入日から起算
(※2)最低返済額に応じて変動
(※3)2021年3月時点
(※4)2023年3月時点
(※5)2023年6月時点

<参考資料>
アコム:店舗・ATM
プロミス:SMBCコンシューマーファイナンス会社概要
レイク:2023年度第1四半期データブック(17ページ)

各社が提携するコンビニATMでは、深夜・早朝でも利用可能になっていたり、プロミスやレイクのようにアプリを使用したカードレス借入れができたりと、忙しい方でも安心して利用できる体制が整えられています。

仕事や家事で近くの店舗へ向かうのが難しいという方は、各社の提携ATM数に注目してみましょう。

④金利は3社ともあまり変わらない

次に注目してほしいのが、「金利」です。金利は、アコムとレイクの2社は「借入れ限度額」、プロミスは「借入れ残高」に応じて決められています。

アコム・プロミス・レイクの金利を比較すると、以下のとおり大きな差はありません。

アコム・プロミス・レイクの金利
  • アコム:7.7~18.0%
  • プロミス:4.5~17.8%
  • レイク:4.5%〜18.0%

3社それぞれの金利を詳しく解説します。

アコムの金利(年)
借入れ限度額 金利
1万円以上100万円未満 7.7~18.0%
100万円以上300万円以下 7.7~15.0%
301万円以上500万円以下 4.7~7.7%
501万円以上800万円以下 3.0~4.7%

アコムは301万円以上の借入れをおこなう場合、金利が大きく下がる点が特徴です。最高限度額も3社のなかではもっとも高い800万円となっており、多額の借入れを検討されている方にとってはお得な借入れができるカードローンのひとつといえます。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
年3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短20分
融資時間
最短20分
コンビニ
セブン-イレブン ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
アコムの口コミ・評判はこちら
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社
アコムとレイクを徹底比較!審査や金利、無利息サービスの違いを検証
プロミスの金利(年)
借入れ残高 金利
100万円未満 4.5~17.8%
100万円以上 4.5~15.0%

プロミスの場合は、借入れ残高ごとの金利の目安を公表していません。しかし、貸金業者は利息制限法によって100万円以上を貸付ける際の上限金利は年15.0%以下に定められています。そのため、上記の表のように借入れ残高が100万円以上の場合に関しては年15.0%以下の金利になるでしょう。

また、レイクは、100万円ごとに金利が異なっており、以下の表のように設定されています。

レイクの金利(年)
借入れ限度額 金利
1万円超過100万円未満 15.0~18.0%
100万円超過200万円以下 12.0~15.0%
200万円超過300万円以下 9.0~15.0%
300万円超過400万円以下 7.0%
400万円超過500万円以下 4.5%

ちなみに表を見てもわかるように、各社それぞれで設定できる金利には幅があります。金利は借入れ限度額・残高だけでなく、申込み者の収入や他社借入状況など、申込みの内容を考慮したうえで個別に決められる点には注意が必要です。

金利は支払い金額に大きく関係します。より節約して借入れをしたいという場合は、希望借入れ額と金利を比べて検討しましょう。

⑤最低返済額は借入れ額によるので比較が難しい

カードローンを利用する場合には、借入れ後の返済計画についても意識しておく必要があります。たとえば、アコム・プロミス・レイクの3社でそれぞれ同じ金額を借りたとしても、最低返済額が異なるために月々の返済の負担や返済期間が変わってきます。

まずは、10万円・30万円・50万円を借りた場合の最低返済額を以下の表にまとめました。

借入れ残高別に見る最低返済額
借入れ残高 アコム(※1) プロミス レイク(※2)
10万円 5,000円 4,000円 4,000円
30万円 13,000円 11,000円 12,000円
50万円 15,000円 13,000円 14,000円
(※1)「契約極度額=借入れ残高」で計算
(※2)残高スライドリボルビング方式での最低返済金額

アコム・プロミスとレイクでは算出方法が異なるため、次に最低返済額の算出方法を見ていきましょう。

3社の最低返済額の算出方法
  • アコム:契約極度額に応じて一定の割合が決まり、借入れ残高に一定の割合を掛けた金額
  • プロミス:借入れ残高に一定の割合を掛けた金額
  • レイク:借入れ残高に応じた金額

アコムの場合、「契約極度額」に基づいた「一定の割合」が定められており、「借入れ残高」に「一定の割合」をかけた金額が最低返済額となっています。そのためアコムでは、同じ金額を借入れている場合でも契約極度額の違いによって最低返済額が変化します。

アコムの最低返済額算出式(※)
契約極度額 一定の割合
30万円以下 4.2%以上
30万円超100万円以下 3.0%以上
100万円超 1.5~3.0%以上
(※)1,000円未満の金額は切り上げ

たとえば10万円の借入れ残高がある場合、契約極度額が30万円以下の方は「10万円×4.2%=5,000円(4,200円の切り上げ)」に、契約極度額が30万円を超えている方は「10万円×3.0%=3,000円」と最低返済額に2,000円の差が出ます。

ちなみに、アコムでは「一定の割合」に影響する金額まで契約極度額が増額された場合には、最低返済額の変更を申込むことができます。手続きが可能な際には、公式ホームページの会員メニュー・アコム自社ATMの取引画面にその旨が表示されるようになっています。

プロミスの最低返済額算出式(※)
借入れ残高 一定の割合
30万円以下 3.61%
30万円超~100万円以下 2.53%
100万円超 1.99%
(※)1,000円未満の金額は切り上げ

プロミスの最低返済額はわかりやすく、借入れ残高に一定の割合を掛けることで最低返済額を確認することができます。返済を進めれば進めるほど、最低返済額も減額されていくので、残高の減少に応じて家計への負担も減っていくのが特徴です。

続いて、レイクの最低返済額について見ていきます。レイクは「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」のふたつの返済方式が用意されていますが、今回は公式HPの返済シミュレーションでも利用されている「残高スライドリボルビング方式」での返済金額をまとめました。

レイクの借入れ残高に応じた最低返済額(※)
10万円以下 4,000円
10万円超過20万円未満 8,000円
20万円超過30万円以下 12,000円
30万円超過40万円以下 13,000円
40万円超過50万円以下 14,000円
(※)残高スライドリボルビング方式での最低返済額

借入れ残高にかかわらず一定の金額を返済していく「元利定額リボルビング方式」に対して、上表のように借入れ残高が減るにつれて最低返済額も減少する「残高スライドリボルビング方式」は、利用者が月々の都合に合わせて返済額を調整できる便利な返済方式となっています。

最低返済額は、毎月必ず返していかなくてはいけないため、家計に少なからず影響を及ぼす金額です。しかし同時に、毎月の返済額が大きければ大きいほど返済までの回数が減るため、利息を含めた支払い総額が少なくなるというメリットも持っています。

毎月の返済に不安を感じる方は、最低返済額が低めのプロミスを選び、お財布に余裕のある月は最低返済額以上を返済していくという、無理のない返済計画を立てるのがおすすめです。

反対に、「強制力がないと返済できない」、「どんどん返済していきたい」といった方は、3社のなかで比較的最低返済額が高めのアコムを選ぶといいでしょう。

【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

⑥プロミスの無利息期間は「初回借入れ日の翌日」から

アコム・プロミス・レイクは「対象期間に発生する利息がゼロ円になる」という無利息サービスを提供しています。しかし、各社には開始日や期間など、それぞれのサービス内容に異なる部分があります。以下の比較表を用いて、その違いをご紹介します。

無利息期間と適用条件
消費者金融 アコム プロミス レイク
無利息期間 30日間 30日間 ・30日間
・60日間
・180日間(5万円以内に限る)
期間開始日 契約日の翌日 初回借入れ日の翌日 契約日の翌日
適用条件 新規申込みの方 ・新規申込みの方
・Eメールアドレスの登録
・Web明細の利用
・新規申込みの方
・30日の無利息期間を利用する方
①契約額が200万円以上の方
・60日の無利息期間を利用する方
①Web申込み限定
②契約額が200万円以下
・180日の無利息期間を利用する方
①5万円までの借入れが対象
②契約額が200万円以下

無利息開始が、契約日の翌日であるアコムとレイクは、借入れをしてもしなくても、契約した翌日から自動的に無利息期間が開始されます。そのため、アコムとレイクの無利息をフルに活用しようと思うと、契約日に借入れをしなくてはいけないということになります。

プロミスの場合は、初回借入れをした翌日から無利息期間が始まるため、契約後借入れをするまで無利息期間は開始しません。無利息期間を無駄なく利用したい、という方には、プロミスの無利息期間は独自のメリットとなるでしょう。

また、無利息期間にも3社内で違いが見られます。アコムとプロミスは30日間なのに対し、レイクは表のように複数の無利息期間から選択ができるようになっています。これは大手消費者金融のなかでは、レイクにしかないサービスです。

なかでも、「5万円まで180日間無利息」は、他社の30日間と比べると非常に長い期間無利息で利用できるサービスです。こちらは180日間の間であれば、何度5万円を借入れ・返済を繰り返しても無利息期間が適用される点も大きなメリットといえます。

「5万円以下の借入れを複数回に分けて受けたい」、「180日以内に返済できる」という方は、レイクの180日無利息サービスを活用した方がお得ということになります。


ちなみに無利息サービスは、3社共通して新規申込みの方のみ利用できるサービスです。過去に契約していて、ふたたび申込むという方は対象外になるので覚えておきましょう。

【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

⑦公式アプリの利便性はプロミス・レイクが高い

アコム・プロミス・レイクでは、それぞれ公式アプリを配信し、申込み時・利用時の利便性を高めています。そこで、各社が提供している公式アプリの機能性を比較してみましょう。

3社のアプリ機能
消費者金融 アコムナビ(アコム) アプリローン(プロミス) レイクアプリ(レイク)
新規申込み
会員ログイン
返済シミュレーション
店舗・ATM検索
よくある質問
借入れ × 〇(※) 〇(※)
返済 × 〇(※) 〇(※)
書類の提出
(※)セブン銀行ATMのみ

アコム・プロミス・レイクの3社のアプリは、公式ページ内の利用したい項目へ、最短でアクセスできるようになっています。そのため、新規申込みやよくある質問を探したい場合に、ブラウザを開いてページを探す手間を省くことができる点は各社共通のメリットです。

大きな相違点としては、プロミス・レイクのアプリでは、セブン銀行ATMを用いることでアプリからカードレスに借入れ・返済をおこなえる点が挙げられます。アプリにより高い利便性を求めるのであれば、プロミス・レイクを検討しましょう。

⑧受付時間・融資までの時間は大差なく、審査時間はレイクが短い

申込みができる受付時間と、審査に通ってから融資を受けられるまでの時間も大切な要素です。

まず、各社の受付時間を見てみましょう。

アコム・プロミス・レイクの受付時間
消費者金融 アコム プロミス レイク(※)
WEB・アプリ 24時間365日 24時間365日 24時間365日
店頭窓口 - - -
自動契約機 9:00〜21:00 9:00~21:00 平日・土曜:9:00〜21:00
日曜:9:00〜19:00
電話 24時間365日 9:00~21:00(土日・祝日含む)
オペレーター対応:9:00~18:00(平日)
平日・土曜:9:00〜21:00
日曜:9:00〜19:00
(※)年末年始を除く
(※)一部店舗によって自動契約機の営業時間は異なります

コロナ禍以降、有人店舗は減少傾向にあり、アコム、プロミス、レイクの3社ともに店頭受付を廃止しています。

WEBやアプリの申込みは各社とも24時間365日可能です。ぜひ、下のリンクからお申込みください。

また、こちらも下のリンクに記されていますが審査時間は、アコムは最短20分、プロミスは最短3分、レイクは最短15秒となっています。

アコムのバナー プロミスのバナー レイクのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
審査時間 最短20分 最短3分 申込み後最短15秒
実質年率 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円

一方、融資までの時間は以下のとおりとなっています。

アコム・プロミス・レイクの融資までの時間
  • アコム:最短20分
  • プロミス:最短3分
  • レイク:最短25分

レイクは、審査の時間が極めて短いものの、融資までの時間を比べるとプロミスがもっとも早いです。

急ぎで融資を受けたい方は、プロミスの利用をおすすめします。

⑨3社とも電話での在籍確認はない

アコム・プロミス・レイクの3社とも原則として電話での在籍確認はありません。

そのため、会社に連絡がいくことはないので周囲に利用がバレることはないでしょう。

審査により電話確認が必要となった場合でも、本人の了承を得てから電話があるので安心してください。

ただ、電話確認がない代わりに勤務先名が明記してある社員証や給料明細など勤務が証明できる書類の提出が必要です。

⑩借入れ限度額はアコムが一番高い

3社の借入れ限度額はアコムが一番高くなってます。

アコム・プロミス・レイクの借入れ限度額
  • アコム:最大800万円
  • プロミス:500万円
  • レイク:500万円

ただし、借入れ限度額は総量規制によって個人で異なります。

総量規制とは「貸金業法」で定められた法律規定で、貸金業者は「年収の3分の1を超えて貸付けできない」という決まりのことです。

例えば、年収が300万円の場合、限度額は100万円となります。

そのため、必ずしもカードローン会社が定めている限度額まで借りられる訳ではないことに注意しましょう。

⑪3社とも銀行系

アコム、プロミス、レイクの3社はいずれも銀行のグループに属しています。具体的には、以下のグループとなります。

カードローン会社名 所属する銀行グループ
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス 三井住友銀行グループ
レイク SBI新生銀行グループ

カードローンについてまだよく知らない、という方は、お金を借りると厳しい取り立てなどがあるのでは、といった不安を抱くかもしれません。

しかし、アコム、プロミス、レイクはご覧のようにいずれも銀行系の企業であり、法令遵守の徹底や融資に関する明確な情報提示をおこなっています。

親会社が銀行でかつ上場企業であるのに、もし違法、モラルに反する営業活動をおこなってしまうと、社会的に非難され、カードローン会社だけでなく、銀行やその他のグループ企業の活動にも悪影響が出るからです。

アコム・プロミス・レイクの独自サービスを比較

この章では、アコム・プロミス・レイクの各社がもつ「独自サービス」を比較します。

独自サービスに関しては、3社を比較するのではなく、自分自身の状況や需要にフィットしたサービスがあるかどうかが大切になります。

ここからは、3社の提供している独自サービスを口コミを交えてご紹介していきます。

アコム:カードローン機能を付帯できるクレジットカード

アコムでは、「女性専用ダイヤル」といった女性を考えたサービスのほか、カードローン単体だけではなく、カードローン機能つきクレジットカード「ACマスターカード」の発行が可能です。

カードローン機能とクレジット機能が1枚のカードに集約できるのは、3社のうちアコムだけということもあり、アコムのカードローンの魅力のひとつとなっています。

キャッシング枠として現金の借入れができる他社のクレジットカードとは異なり、ACマスターカードの利用限度額はカードローンと同等の金額となっています。

また、アコムのローンカードと同様に、自動契約機(むじんくん)での即日発行も可能なのは、クレジットカードとしてもうれしいポイントです。マネ会に寄せられている口コミでも、実際にACマスターカードを活用している方からの体験談が見られます。

  • (30代 / 女性 / 会社員 / 年収200~400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

    もともとは旅行の費用として借り入れをしたのですが、クレジットカードとしての機能がついたカードを発行してもらったので、旅先でも他にカードと同じように使えたのもよかったです。

  • (20代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

    長期休み中の旅行費用が足りなかった為、お金を借りました。
    ~(中略)~
    なぜアコムさんを選んだのかという具体的な理由は3点あります。1点目はACマスターカードというショッピングでも利用できるクレジットカード機能がついたものを発行していただけるからです。これは海外に行っても利用することができ、すぐにお金を用意できなかった自分にとってはすごく便利でした。

アコムは、ACマスターカードや女性専用ダイヤルなど、ユーザーの利便性に考慮したサービスを多数提供している会社です。そのため、安心して借入れができるという精神的な支えを感じることもできるでしょう。

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
年3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短20分
融資時間
最短20分
コンビニ
セブン-イレブン ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
アコムの口コミ・評判はこちら
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

プロミス:「瞬フリ」や「アプリローン」による借入れサポート

プロミスの魅力的なサービスに、「瞬フリ」があります。瞬フリとは、会員サービスから、最短10秒で指定の口座に振込みキャッシングができるサービスです。しかも振込み手数料は無料、メンテナンス時間外であれば24時間365日利用することができるため、急な出費にも対応してくれます。

ただし、指定した銀行によっては、振込み対応時間が限られているので確認しておきましょう。

また、プロミスには「アプリローン」という、スマートフォンを使ってセブン銀行ATMよりカードレスで借入れ・返済ができるサービスが用意されています。アプリローンは振込みキャッシングにも対応しており、急な金欠時に活用できるサービスが揃っています。

加えてプロミスの公式アプリは多くの機能を備えており、スマートフォンと併せて利用することでより便利に借入れ・返済をおこなうことができます。

公式アプリの特徴的な機能
消費者金融 特徴的な機能
アコム ・提出用書類のアップロード機能
プロミス ・提出用書類のアップロード機能
・セブン銀行ATMでの借入れ、返済
・生体認証サービス
・振込みキャッシングの申込み
・三井住友VISAプリペイドへのチャージ
・アプリdeクーポンの発行
レイク(レイクアプリ)
・提出用書類のアップロード機能
・セブン銀行ATMでの借入れ、返済
・生体認証サービス

上記の表を見ても、プロミスの公式アプリが多くの機能を備えていることがわかります。

アプリの利便性や借入方法が充実しているプロミスですが、実際の使用感が気になるという方もいらっしゃると思います。そこで、プロミスを利用している方からの口コミを以下でご紹介します。

  • (40代 / 女性 / フリーター / 年収200万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

    独自のサービスでは、即時入金の「瞬フリ」がとても便利で気に入っています。三井住友銀行かPayPay銀行の口座を持っていれば24時間対応してくれます。
    ~(中略)~
    「瞬フリ」の名の通り、借りたい金額を入力すると本当に数秒で入金されるので、初めは大変驚きました。

  • (20代 / 男性 / 会社員 / 年収200~400万円 / 借入金額10~50万円未満)

    返済期間中はアプリをダウンロードしていたので、そこから残りの金額や次回支払日の確認をすることができました。
    ~(中略)~
    独自のサービスについては、フリーキャッシングをアプリローンで申し込みましたが、特に違和感や不具合を感じることもなく、スムーズに借り入れまで進みました。良かったです。

上記のとおり、プロミスは店舗だけでなく提携ATMやスマートフォンからも借入れをおこなえるという幅広い借入れ方法が特徴です。

アプリや会員サービスを利用することによって、さまざまなシーンで活用できるよう、借入れ方法の選択肢の幅が広くなるのは、ユーザーとしてはうれしいポイントです。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
年4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短3分
融資時間
最短3分
コンビニ
セブン-イレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
プロミスの口コミ・評判はこちら
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

レイク :審査結果が最短15秒でわかる

少しでも早く審査結果を知りたい方は、レイクを検討するのがおすすめです。

レイク は、Webからの申込み後最短15秒で審査の結果を表示しており、3社のなかでも圧倒的な早さを誇っています。

具体例として、アコム・プロミス・レイクの最短審査時間を表で確認してみましょう。

アコム・プロミス・レイクの最短審査時間
消費者金融 最短審査時間
アコム 最短20分
プロミス 最短3分
レイク 最短15秒(※)
(※)申込み後、最短15秒となります

当日に借入れをするためには、審査スピードも重要となります。そうした点で考えると、レイクはアコムやプロミスと比べて非常に迅速な対応を期待できるといえるでしょう。

また平日は21時まで、日曜日は18時までに契約手続きが完了すると、先述したレイクのアプリ「レイクアプリ」を使って、カードレスでセブン銀行のATMより借入れが可能です。

では、実際に申込んだ方の審査速度はどうだったのでしょうか。審査速度について言及している口コミをご紹介します。

  • (30代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額10万円以下)

    私の在籍確認などの審査がスムーズに済んだらしく、約30分後にはパソコンの画面上に審査を通過した旨の文言が表示されたのです。これを確認すると、私は自宅を出て会社へ向かい、途中の提携コンビニATMで確認したところ、私が指定した銀行口座に、4万円が入金されていたのです。

    カードローンの利用を申し込んでから約1時間後には、お金を借りることができたわけですから、レイクの対応のスピードの速さには驚かされました。

  • (30代 / 女性 / その他 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額10万円以下)

    数分で審査結果が。承認とのことで本人確認書類をアプリを使って送ってほしいという内容でした。すぐに書類を撮影して送ると電話連絡はなく、契約完了のメールが。

    借り入れるにはカードもないし、ネットで指定した口座に振り込みされているのかわからず、電話で問い合わせしたところ、男性スタッフの方が対応してくれて、すでに振り込みされているとのこと。

    またわからないことがあればいつでも連絡してください。と言っていただき、親切で丁寧に対応していただきました。

上記の口コミを見ても、迅速な審査・結果表示がおこなわれていることがわかります。カードローンを利用する方のなかには、急いでお金を必要とされている方もいらっしゃいます。そうしたニーズにも審査時間という面でこたえてくれるレイクは、検討すべきカードローンのひとつといえるでしょう。

レイク
レイクのバナー
おすすめポイント
  • はじめてならWeb申込で60日間特典(利息0円)も選べる!
  • 24時間お申込みOK!
  • 申込み後最短15秒で審査結果を表示!
実質年率
年4.50〜18.00%
借入限度額
最小1万円〜最大500万円
審査時間
申込み後最短15秒
融資時間
Webで最短25分融資も可能
コンビニ
セブン-イレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
50万円を超える場合提出必要
レイクの口コミ・評判はこちら
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by 新生フィナンシャル株式会社

アコム・プロミス・レイクに関するよくある質問

アコム・プロミス・レイクに関するよくある質問にお答えします。

アコム・プロミス・レイクでおすすめなのは?

3社のサービスに大きな差はありませんが、借入金額が5万円以内で急ぎでなければレイク、すぐにキャッシングしたいならプロミスがおすすめです。

レイクは5万円以内の初回借り入れなら、2社には無い180日間の無利息サービスが適用されます。

またアコムは301万円以上の借入れをおこなう場合、金利が大きく下がります。

3社のスペックについてはこちらで詳しく紹介しています。

アコム・プロミス・レイクでどこが審査に通りやすい?

成約率(申込者における新規契約者の割合)はアコム42.0%、プロミス41.6%、レイク26.6%と、アコムとプロミスがレイクより高いです。

成約率だけで審査の通りやすさを決めることはできませんが、3社の中でレイクは、アコム、プロミスに比べて成約率が低いため、審査に通りにくい可能性があります。

3社の契約の成約率についてはこちらで詳しく紹介しています。

アコム・プロミス・レイクで職場にバレにくいのは?

アコムもプロミスもレイクも、電話による職場への在籍確認は原則おこなわず、書類で在籍確認を実施します。

また、もし電話での在籍確認が必要な場合でも、各社ともに本人の同意を得ずに電話をすることはありません。

そのため、審査ではどのカードローンを利用してもバレる心配は少ないです。

また、Webから申込むことで、どのカードローンもカードレス契約が可能です。原則自宅に郵送物が送られてくることはないため、どのカードローンを選んでもバレる心配は少ないです。

アコム・プロミス・レイクそれぞれの金利は?

アコムが3.0〜18.0%、プロミスが4.5〜17.8%、レイクが4.5〜18.0%です。

また、アコムとプロミスは30日間、レイクは条件に応じて30日間・60日間・180日間の無利息期間が設けられています。

アコム・プロミス・レイクそれぞれの限度額は?

アコムは800万円、プロミスとレイクは500万円となっています。

最高限度額は誰もがこの金額を借りられるわけではなく、多くのケースでは最高限度額より低い限度額が設定されます。その後、増額申込みをし審査に通れば限度額が上がっていきます。

アコム・プロミス・レイクの2~3社に申込んで良い?

アコム、プロミス、レイクのどこに申込んだらいいかわからないとき、3社のすべて、あるいは、3社のうち2社に申込もうと考える方もいるかもしれません。

しかし、この方法はおすすめしません。カードローンの申込みは信用情報機関に記録されるため、短期間に複数社へ申込みをすると、「よほどお金に困っているのでは?」との印象を与えてしまい、成約へいたらないケースが少なくないからです。

こうした申込みの記録は6ヶ月以上空ければ、審査に影響しなくなるといわれます。決して複数社に申込みをせず、2社以上に申込むときも期間を空けるようにしましょう。

アコム・プロミス・レイク各社の特長を比較して申込もう

ここまで、アコム・プロミス・レイクの簡単なスペックから、アプリの機能、人気度など比較してきました。似たように見える3社でもはっきりとした違いがあることをわかっていただけたのではないでしょうか。

それぞれのメリットをまとめたので確認してみましょう。

アコムの特長
  • 最低返済額が高く、返済期間を抑えられる
  • 自社ATM台数が多い
プロミスの特長
  • 「瞬フリ」をはじめとした豊富な借入れ方法
  • 無利息期間は借入日の翌日から適用
レイクの特長
  • 複数の無利息期間から選ぶことができる
  • 審査結果までの時間が早い

アプリで借入れから返済までおこなう場合はプロミスやレイク、無利息サービスを無駄なく利用したい場合はプロミス、最低返済額を高めに設定しきっちり返していきたいならアコムといったように、それぞれが持っているスペックの違いを活かし、自分にあったを選ぶと、迷わず決めることができるのではないでしょうか。

この記事を参考に、無理のない返済計画を立てながら、ベストな1社を検討してください。

<参考資料>
アコム:2024年3月期 第1四半期決算(11〜12ページ)
プロミス:SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標
レイク:四半期データブック2023年6月末(17ページ)

アコムのバナー プロミスのバナー レイクのバナー
無利息
期間
最大30日間
30日間
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。 ※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
審査時間 最短20分 最短3分 申込み後最短15秒
実質年率 年3.00〜18.00% 年4.50〜17.80% 年4.50〜18.00%
借入
限度額
1万円〜800万円 1万円〜500万円 最小1万円〜最大500万円

子供が大きくなったのを機に、2017年より本格的にWebライターとして始動。クレジットカードとカードローンを得意分野とし、恋愛・離婚・エンタメ系や商品紹介など、さまざまなメディアのライターを経験。誰もがわかりやすい記事を作成するのを信念に、自分の無知さや語彙力のなさに落胆しながらも、持ち前の探求心を武器に奮闘中。クレジットカードは、楽天カード・Yahooカード・地元のマイナーのカードを利用。キャッシュレスはPayPayとメルペイを利用し、家計を整理するのが目標。

…続きを読む

関連記事

借り方のアコムに関する記事

借り方のプロミスに関する記事

借り方に関するその他の記事