更新日:

金融屋の種類を全解明!ヤミ金を見分ける方法と業者選びのコツも解説

金融屋の種類を全解明!ヤミ金を見分ける方法と業者選びのコツも解説

世の中には「金融屋」と呼ばれる会社があります。業態はさまざまですが、どの金融屋でも「お金を貸してくれる」という点は共通しています。ただし、ほとんどの金融屋は合法会社ですが、一部「ヤミ金」と呼ばれる違法業者があります。

ヤミ金と関わるリスクとヤミ金を見分ける方法、最適な金融屋を選ぶ方法についてまとめました。金融屋が気になる方、お金を借りる必要がある方、ヤミ金で苦労したくない方はぜひご覧ください。

目 次
  1. 金融屋には3つの種類がある
  2. 金融屋その1:銀行
  3. 金融屋その2:消費者金融
  4. 金融屋その3:ヤミ金
  5. ヤミ金に関わるとどうなる?
  6. ヤミ金が危険な理由1:圧倒的高金利
  7. ヤミ金が危険な理由2:返済できない
  8. ヤミ金が危険な理由3:違法な取り立て
  9. ヤミ金を見分ける3つのポイント
  10. 異常な高金利&低金利
  11. 業者登録していない
  12. 審査不要で利用できる
  13. お金を借りたい!どの金融屋を選ぶべき?
  14. とにかく低金利で借りたいなら銀行で申し込む
  15. 急いでいるときは大手消費者金融に申し込む
  16. 大手消費者金融の審査に落ちたときは中小消費者金融
  17. ブラックかも?金融屋の審査に通らない理由
  18. 借り過ぎていると金融屋の審査には通らない
  19. 借入件数が多いときも審査通過は厳しい
  20. 延滞や債務整理のいわゆるブラック状態
  21. ブラックでも金融屋の審査に通る方法はある?
  22. 中堅消費者金融に申し込む
  23. 合法な小規模消費者金融に申し込む
  24. ブラックから解消されるのを待つ
  25. ブラックでもお金を借りたい!どうすれば良い?
  26. 低所得などの条件を満たすブラックは公的貸付に申し込む
  27. 不動産を持つブラックは不動産担保ローンに申し込む
  28. いずれも利用できないブラックは債務整理を検討する
  29. 金融屋まとめ!ブラックでも合法な金融屋だけに申し込もう
アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 最短25分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWeb完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短25分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

金融屋には3つの種類がある

金融屋は、お金を貸してくれるところを意味する言葉です。金融屋という言葉の響きがなんとなく胡散臭いように感じるかもしれませんが、かならずしも怪しい会社とは限りません。実際にはほとんどの金融屋は金融庁に正規登録しており、法律に則って消費者にお金を貸しています

金融屋は、銀行と消費者金融、ヤミ金の3つに分けられます。このうち、銀行と消費者金融は金融庁に登録した合法の会社ですが、ヤミ金は非登録の違法業者です。

金融屋その1:銀行

金融屋の中でも預金業務を実施している会社を「銀行」と総称することがあります。この「銀行」には、全国に支店を構える都市銀行や特定の地域だけで営業する地方銀行、また、信用金庫や信用組合も含みます。いずれもお金を貸すだけでなく、お金を預かる預金業務を実施していることが特徴です。

金融屋その2:消費者金融

消費者金融は、貸金業専門の会社です。銀行のように預金業務は実施していません。ところで、消費者金融は銀行と比べると一般的に貸付金利が高めに設定されています。

この理由としては「資金調達の方法が銀行とは異なる」ことと「ハイリスクの人に貸すことがある」ことの2つを挙げられます。

銀行は預金業務を通じて貸し付けに使う資金を調達できますが、預金業務をおこなわない消費者金融は、貸し付けに使う資金を銀行などに借りています。

銀行で借りた資金を消費者に貸すため、必然的に銀行と比べると高めの金利でお金を貸すことが多くなるのです。

また、誰しも低金利で借りたいものですので、消費者金融よりも銀行で先に融資を検討する方は少なくありません。

そのため、消費者金融でお金を借りようとする方は、銀行の融資審査に落ちた方が多くなります。

つまり、銀行では「お金を貸せない」と判断されたハイリスクな方が消費者金融に申し込むことが多くなるため、返済されないリスクを考慮してあらかじめ高金利で貸すことになるのです。

消費者金融おすすめ2021!闇金との違いや選び方、注意点まで徹底解説

街金とは?

街金も消費者金融の一種です。一般的に、小規模の消費者金融を街金と呼びます。

支店を持たない街金もありますが、同じ地域に2、3店舗を構えている地域に根差した街金もあります。

大手消費者金融は全国対応となっているため、どこにお住まいの方でもインターネットや電話で申し込め、来店せずに契約できますが、街金では申込も契約も来店のみとなっていることがあります。また、融資も銀行振込ではなく店頭で手渡しというスタイルもあります。

なお、街金を装いつつヤミ金であることもあります。聞いたことがない名前の金融屋を利用するときは、十分に注意してください。

金融屋その3:ヤミ金

銀行も消費者金融も金融庁に登録していますので、法律に則った貸し付けや取り立てをおこないます。

万が一、法律に反する高金利で貸しているときや違法な取り立てをするときは、国民生活センターや警察などに申告してください。

一方、金融屋の1つ、ヤミ金は、金融庁に登録せずに営業しています。そのため、何の法律にも縛られず、違法な金利・違法な取り立てを実施します。

もちろん、金融庁に登録せずに貸金業を営むことは、法律で禁じられている行為です。

しかし、ヤミ金はそもそも法律を守るつもりもありませんので、国民生活センターや警察に訴えても処罰を受けずに逃げてしまう可能性が濃厚です。

消費者金融とヤミ金はまったくの別もの

消費者金融は金融庁に正規登録した合法業者です。

そのため、出資法や利息制限法を超える金利、つまり年20.0%を超える金利で貸し付けることはありません。

また、違法な取り立ても実施しませんので、早朝や夜間の取り立てや大声を出すなどの迷惑行為もしません。

なお、サラリーマン金融、いわゆるサラ金も消費者金融のことを指していますので合法会社です。

一方、ヤミ金は金融庁には登録していない違法業者です。利息制限法の上限を超えた金利での貸付や、違法な取り立てをされるリスクがあります

ヤミ金に関わるとどうなる?

本当にお金がなく、しかも銀行や消費者金融の審査に通らないときは、「ヤミ金でも良いからお金を借りたい」と考えることがあるかもしれません。ヤミ金であってもお金を貸してくれ、きちんと返済すれば問題ないのではないか?と考える人も少なくないでしょう。

しかし、どんなに困っているときであっても、ヤミ金と絶対に関わってはいけません。

たとえ短期間であってもヤミ金と関わってはいけない理由を3つ解説します。

ヤミ金が危険な理由1:圧倒的高金利

利息制限法では、貸付金が10万円未満のときは年20.0%以下、貸付金が10万円以上100万円未満のときは年18.0%以下、貸付金が100万円以上のときは年15.0%以下の金利で貸さなくてはいけないと定められています。しかし、法の規制を受けないヤミ金は、利息制限法による上限金利を守らない可能性があります。

お金が足りなくて困って借りるのに、高金利のヤミ金で借りてしまうと、利息が高くて生活が今以上に厳しくなるのは間違いありません。お金に困っているときこそ、返済しやすい合法金利の会社から借りましょう。

低金利を装うヤミ金もあるので注意!

「低金利ならヤミ金であっても利用しても良いのではないか?」と考える方もいるでしょう。

実際に、消費者金融でもあり得ないような低金利で貸し付けているヤミ金もあります。しかし、ヤミ金が低金利で貸すということはまずありません。

特に上限金利を年5%未満に設定しているときは、用心しておく方が良いでしょう。低金利をエサに顧客をだまそうとしている可能性があるからです。

例えば、「低金利で借りられるのは3日間だけ」「5万円を超えた金額に対しては高金利が適用」という風に、何か裏があることが多いのです。

ヤミ金が危険な理由2:返済できない

「ヤミ金からお金を借りても、すぐに返済すればよいのではないか?」と考える方も多いでしょう。例えば10日で1割の違法高金利が発生する業者であっても、10,000円を借りて10日後に11,000円を返済すれば、そこまでダメージを受けずにヤミ金を利用できそうな気がします。

しかし、一筋縄ではいかないのがヤミ金です。返済しようと思っても、「1日に返済できるのは1,000円まで」という風に上限を定められ、返済期間をわざと長引かせて利息が増えるように仕組まれることがあります。

また、返済しても返済したということを記録してもらえずに、心ならずも返済期間が長引くこともあります。

とにかく1円でもヤミ金からお金を借りると、予想を超える高利息が発生してしまう可能性があるのです。

ヤミ金が危険な理由3:違法な取り立て

金融庁に貸金業登録した業者や銀行では、たとえあなたが返済を遅れたとしても、違法な取り立てはしません。あなたが度重なる電話を無視し続けない限り、夜間に電話をかけてくることはありません。

また、前もって予告をせずに、いきなり勤務先や自宅に押し掛けてくることもありません。

しかし、ヤミ金はノールールです。夜間早朝の電話、近隣への迷惑行為など何でもありです。家族だけでなく近隣住民や勤務先の人まで、いつの間にかみんなあなたがヤミ金を利用しているということを知っている…ということにもなりかねないのです。

専門家からのコメント

浦上登
浦上 登

闇金の一番の問題は法律で決められたルールを守っていないということでしょう。

法律とは社会生活のルールというだけでなく、それを守る人には一定の保護を与えるものです。

銀行なり、消費者金融は、法律に基づいた組織ですから、彼らが契約違反をすれば、法律があなたを守ってくれます。

それに対し、闇金は違法な組織ですから、金利でも取り立て方法でも法律を逸脱したことを平気でやってきます。あなたの契約は法律に保護されないということになるのです。

ヤミ金を見分ける3つのポイント

関わって良いことは何一つないのがヤミ金です。どんなにお金に困ったときでも、ヤミ金から借りるのは避けてください。一回借りると、とことん財産を絞り取られることになり、あなたの生活を困窮させます。

そもそも「お金を借りたい」という状況は、お金に困っているからですよね。しかし、ヤミ金に関わると間違いなく今以上に困った状態になります。

「この業者を使っても良いのだろうか?」と悩んだときは、次の3つのポイントでヤミ金かどうかを見分けてください。

異常な高金利&低金利

消費者金融の上限金利は年15~20%が一般的です。年20%を超える異常な高金利のときは、間違いなく違法業者ですのでヤミ金です。

反対に銀行でもないのに上限金利が年5%未満のときも、低金利をおとりとしている可能性があるのでヤミ金である確率が高いです。

銀行や信用金庫などではない貸金業者を利用するときは、上限金利が年5~20%の業者であることを確認してください。

業者登録していない

ヤミ金は、金融庁で貸金業者登録をしていません。そのため、貸金業者登録番号がありません。

「この会社は怪しいな」と思ったら、会社のサイトを見てください。貸金業者登録番号が記載されているか確認してみましょう。

しかし、登録番号を明記している場合でも、嘘の情報である可能性があります。名前を聞いたことがない業者を利用するときは、かならず金融庁の登録貸金業者情報検索ページで、業者番号と業者名が一致するか確認してください。

会社のサイトに貸金業者登録番号が記載されていないときは、会社のスタッフに登録番号を尋ねてみましょう。正規の貸金業者なら、かならず貸金業者登録番号を教えてくれます。

審査不要で利用できる

銀行や消費者金融などの合法の融資業者は、かならず審査をしてから消費者に融資を実施します。

そのため、審査なしを謳っている業者があれば間違いなくヤミ金です。

「審査がなければ簡単に借りられる!」と考えて飛びつくのではなく、絶対に関わらないようにしてください。うっかりと借りてしまうと高利息に苦しむ日々が始まります。

また、審査なしとは広告せずに「保険証だけで借りられます」という風に表記してあることもあります。保険証で本人確認をして個人信用情報機関に問い合わせて審査をする…という流れなら、ヤミ金ではない可能性もあります。

しかし、保険証のコピーを取るだけでお金を貸してくれる業者なら、審査を実施していないことになりますので間違いなく違法業者、つまりヤミ金なのです。

信用情報機関には何が登録されている?開示請求の方法も紹介

お金を借りたい!どの金融屋を選ぶべき?

お金を借りたいときは、銀行か消費者金融のいずれかの金融屋から借りましょう。間違ってもヤミ金を利用してはいけません。

銀行も消費者金融もいずれも優れた金融屋ですが、異なる良さを持っていますので、そのときの状況によって合わせて適切に選ばなくてはいけません。どのようなときにどの金融屋を選ぶべきなのかについてまとめました。

とにかく低金利で借りたいなら銀行で申し込む

「とにかく低金利で借りたい」というときは、銀行を選びましょう。銀行のローン商品の中でももっとも高金利のカードローンでも、上限金利は年13~15%であることが一般的です。

消費者金融よりも低金利で借りられるケースが多いですので、金利にこだわるときは銀行カードローンに絞って探すのも良いですね。

銀行カードローンよりもさらに低金利に借りたい人は、カードローンではなくフリーローンを選んでみてはいかがでしょうか。

フリーローンはカードローンと同じく使途は制限されませんが、最初にまとめて借り入れて後は月々返済だけをするタイプのローンで、上限金利が年8~13%程度であることが多いです。

なお、カードローンとフリーローンに関しては、使途は自由とは言うものの、事業資金や投資資金への利用は禁じられていることが多いです。

また、リフォームや授業料、自動車購入などと用途が決まっているときは目的別ローンがおすすめです。

使途を示す領収書や見積書を提出しなくてはいけませんが、年3~10%程度の低金利に設定されていることが多いです。

銀行カードローンを徹底解説!消金との違いから審査、借入方法までご紹介!

借入期間が長引きそうなときも銀行がベスト

完済するまでに1年以上かかりそうなときも、銀行を選ぶことをおすすめします。低金利なら返済期間が少々長引いても利息が高くなりすぎないからです。

しかし、数ヶ月で完済できそうなときは、金利で選ぶよりも「無利息サービスを実施しているか」どうかで選ぶほうが良いでしょう。

大手消費者金融では無利息サービスを実施していることが多いのですが、上手に活用すると1ヶ月程度を無利息で借りられますので、銀行よりも低利息になることがあるのです。

銀行カードローンを徹底解説!消金との違いから審査、借入方法までご紹介!

急いでいるときは大手消費者金融に申し込む

今すぐ借りなくてはいけないときにおすすめの金融屋は、大手消費者金融です。

大手消費者金融はほとんどの会社が最短即日融資に対応しているので、申し込んだその日にお金を用立てることも可能です。

自動契約機で契約して融資を受ける場合は、お近くに自動契約機があるのかどうかを確認しましょう。

大手消費者金融の審査に落ちたときは中小消費者金融

大手消費者金融の審査に落ちた人が中小消費者金融に申し込むことが多いため、中小消費者金融では審査が若干緩やかです。

審査は緩やかですが、大手消費者金融と中小消費者金融の金利はほとんど同じです。大手消費者金融では利息制限法のほぼ上限金利で融資を実施しているため、中小消費者金融も利息制限法のほぼ上限金利が適用されるからです。

ただし、中小消費者金融では無利息サービスを実施していることがあまりないため、大手消費者金融と比べると若干利息が高くなることがあります。

ブラックかも?金融屋の審査に通らない理由

銀行の審査にも消費者金融の審査にも通らないときは、何かの理由があるはずです。

どうしても審査に通らないからといって手当たり次第にローン会社に申し込むと、申し込んだという履歴が個人信用情報機関に登録され、さらにローン審査に通りにくい状況になってしまいます。

2つあるいは3つのローン会社の審査に落ちたときは、新たなローン審査に挑戦するのではなく、次の3つのいずれかの理由に当てはまっていないかチェックしてみてください。

借り過ぎていると金融屋の審査には通らない

消費者金融のカードローンは、総量規制が適用されます。

総量規制とは「年収の3分の1を超えるお金を借りられない」という規制ですので、すでに年収の3分の1以上のお金を借りていないか計算してみてください。

消費者金融のカードローン以外にも、信販会社のカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も総量規制が適用されます。

また、銀行カードローンは総量規制が適用されませんが、総量規制にかかるほどの借金を負っているときは、銀行からの融資も厳しくなります。

住宅ローンや自動車ローンなどの長期ローンも含めて、年間いくらほどの金額を借金返済に充てているのか計算してみてください。

借金返済額が年収の30%を超えているときは、新たなローンを契約するのは難しいでしょう。

レイクALSAは総量規制の対象外って本当?借入できる金額を決める「総量規制」とは

借入件数が多いときも審査通過は厳しい

総量規制にかかっていないときでも、また、借金返済額が年収の30%を超えていないときでも、借入件数が多いときはローン審査に通りにくくなります。

金融屋によって借入件数の基準は異なりますが、借入件数が4件以上のときは大抵のローン審査において不利になるでしょう。

借入件数が多いということは、返済管理が難しくなるということです。毎月の返済日を正しく把握するだけでも簡単なことではありませんし、それぞれの返済額を正しく把握することも容易ではありません。

返済日や返済額をうまく管理できなくなると返済に遅れるようになり、滞納状態が始まってしまいます。

どの金融屋も「返済してくれない恐れのある人」に対してはお金を貸したくないと考えていますから、滞納しやすい人、つまり、借入件数が多い人への審査はどうしても厳しくなってしまうのです。

また、複数のローンを利用しているということは、無計画な性格を示しているとも受け取られることがあります。

計画的にお金を使える人なら、1つないしは2つのローンでやりくりできるはずだからです。無計画な人にお金を貸すこともハイリスクな行為ですよね。

そのため、ローン会社は、無計画な性格の恐れがある多重債務者には融資をすることを控えることが多いのです。

借入件数を減らして審査に臨もう

借金が少ないほうがローン審査には有利です。

しかし、お金が必要でローンに申し込むわけですから、借金を減らすことは現実的ではありませんよね。

とはいえ、他社借入額を減らすことは難しくても、借入件数は減らすことは可能です。融資枠が残っているローンやおまとめローンを活用して、複数の借入を3件以下にまとめてから審査に臨みましょう。

カードローンに複数申し込むのは可能?審査に与える影響や注意点について徹底解説!

延滞や債務整理のいわゆるブラック状態

個人信用情報機関にネガティブな情報が載っている状態、いわゆるブラック状態のときも、ローン審査に通過することは困難です。

たとえばローンの返済やクレジットカードの支払いを2ヶ月以上延滞したときや債務整理をしたときは、個人信用情報機関にそれらの金融事故情報が登録されるため、他のローン会社にも事故情報が共有されてしまいます。

ここ数年以内に長期にわたる延滞をしたことがありますか?携帯機種代金の分割払いを含む携帯料金を2ヶ月以上滞納しましたか?また、債務整理を実施しましたか?いずれかの金融事故に心当たりがある方は、金融屋のローン審査に通過することは難しいでしょう。

専門家からのコメント

浦上登
浦上 登

融資、すなわち、お金を貸すという行為は、必ずお金を返してくれるという前提で組立てられています。

返してくれる可能性のない相手に貸してしまうと銀行は預金者に対する責任を果たすことができません。

間接金融である消費者金融も同じです。ですから、借り手に対する審査は厳しくなります。審査に通らないということは、あなたの現在の信用状態に問題があるということなのです。

借入金額が多すぎるのであれば、それを減らす努力をすべきですし、借入件数を減らすことは、借金の管理をしやすくすることにもなります。

今の状態を改善することは、あなた自身のためにもなり、あなたの信用を高めることにもなるのです。

ブラックでも金融屋の審査に通る方法はある?

ブラック状態のときでも、お金を借りる必要に迫られることがあります。反対に言えば、金融事故を起こしたブラック状態だからこそ、お金に余裕がなく、金融屋が必要になりやすいものです。

しかし、ブラック状態がローンを組みにくい状態であることも事実です。

どうしても融資を受けなくてはいけないときは、次の順番で検討してください。

中堅消費者金融に申し込む

ブラック状態で銀行や大手消費者金融の審査に通過するのは、ほぼ不可能です。まずは中堅消費者金融に申し込んでみましょう。

例えば、過去数年の間に1、2回のみの滞納など、悪質な滞納ではないと判断される場合は、個人信用情報機関に良くない記録が残っていたとしても、融資を受けられる可能性があります。

合法な小規模消費者金融に申し込む

中堅消費者金融の審査に落ちたときは、別の中堅消費者金融に申し込んでみるのも良いでしょう。

しかし、中堅消費者金融2社の審査に落ちた場合は、街金などの小規模消費者金融に申し込んでください。

いたずらに申込件数を増やすと、ローン申込の記録が個人信用情報機関に登録されて、ローン審査通過の可能性はますます低くなってしまいます。

小規模消費者金融なら、過去に金融事故を起こしていたとしても、申込者の事情を理解して融資を実施してくれる可能性があります。

実際に中堅消費者金融の審査に落ちた人が小規模消費者金融に申し込むことも少なくないため、小規模消費者金融は中堅業者よりは審査が穏やかになる可能性があります。

とはいっても、あまりにも悪質な金融事故を起こしている場合には、小規模消費者金融の審査も厳しくなるでしょう。

例えば、過去1年以内に3回以上の延滞を起こしている場合や延滞が長引いてローン業者から訴えられている場合、債務整理中の場合などは、規模の大小にかかわらず合法の金融屋からお金を借りることはほぼ不可能です。

ブラックから解消されるのを待つ

小規模消費者金融の審査にも落ちたときは、ローンを借りようと画策するのではなく、時が過ぎるのを待ちましょう。

金融事故の情報はいつまでも個人信用情報機関に残るわけではありません。

延滞に関する記録は延滞が解消してから1~5年で消え、債務整理に関する記録は債務整理が完了してから5~10年で消えます。

個人再生や任意整理などの債務整理は実施してから完了するまでに3年ほどかかりますから、債務整理を実施したときから数えると5~13年後には個人信用情報機関では検索できなくなります。

しかし、新たな金融事故を起こすと、その分、個人信用情報機関に事故情報が登録される期間が長くなってしまいます。事故情報が登録されているときは何も借りずにおとなしく待っているのが一番ですね。

個人信用情報機関に情報を照会しよう

すでに事故情報が消えたのかどうか気になるときは、自分の信用情報を個人信用情報機関に照会してみてはいかがでしょうか。

事故情報が残っているときに金融屋に申し込んでローン審査に落ちると、「審査に申し込んだ」という情報が6ヶ月個人信用情報機関に残ってしまいます。

つまり、慌てて審査に申し込んでしまったために、審査に通過しにくい状態がさらに6ヶ月延びてしまう可能性があるのです。

個人信用情報機関で信用情報に問題がないことを確認してから、新たなローン審査に申し込みましょう。

なお、日本には3つの個人信用情報機関があります。金融屋によって信用情報を照会する個人信用情報機関が異なりますので、ローンの申込先が利用する個人信用情報機関で信用情報をチェックしておきましょう。

各ローン会社が信用情報を照会する個人信用情報機関
ローン会社
情報照会する個人信用情報機関
銀行 全国銀行協会、CIC、JICC
信販会社 CIC、JICC
消費者金融 CIC、JICC
信用情報機関には何が登録されている?開示請求の方法も紹介

ブラックでもお金を借りたい!どうすれば良い?

小規模消費者金融の審査にも通らない、しかも、ブラック状態。そのようなときはブラック状態から解消されるのを待つしかありません。

しかし、ブラック状態があと数年も続くときは、待っているのは大変ですよね。借りられない状況だからこそ、お金に困る機会も増えます。今すぐお金が必要なときはどうすれば良いのでしょうか。

低所得などの条件を満たすブラックは公的貸付に申し込む

低所得世帯や高齢者世帯、障害者世帯は福祉資金貸付制度に申し込むことができます。審査はありますが、年0~1.5%の低金利で融資を受けられます。

また、ひとり親世帯や寡婦世帯は母子父子寡婦福祉資金貸付制度に申し込むことができます。こちらも審査はありますが、年0~1.0%の低金利で借りられます。

なお、いずれの公的貸付制度も、子どもの教育に関わる費用を借りるときもしくは連帯保証人を立てられるときは無利子になります。お住まいの市区町村役場で相談してみましょう。

不動産を持つブラックは不動産担保ローンに申し込む

公的貸付制度の条件に合わないときや数百万円単位の多額の融資が必要なときは、不動産担保ローンを検討してみてはいかがでしょうか。

担保がある分、低金利かつ信用情報に多少問題があっても審査に通る可能性が高くなります。不動産の価値によっては数千万円のお金を借りることも可能です。

いずれも利用できないブラックは債務整理を検討する

公的貸付制度の審査に通らない、しかも担保にできる不動産がない。

いよいよヤミ金を利用するしかないのでは…と考えている方は、債務整理をするべき段階にいると判断できます。

債務整理を専門に取り扱う法律事務所に出向き、個人再生か特定調停、任意整理、自己破産のどの債務整理をすべきか相談してください。

どんなに追い込まれた状況であっても、間違ってもヤミ金を利用してはいけません。ヤミ金から借りたお金は債務整理できませんので、さらに借金を増やすことになります。

ブラックでも容赦なし!自己破産をすると財産を失うので注意

個人再生や任意整理などの債務整理では、全財産を失うことはありません。

一方、自己破産を選ぶと、最低限の財産以外はすべて没収されてしまいます。つまり、自己破産を実行するときは、慎重にしなくてはならないのです。

しかし、自己破産には大きなリセット効果があります。個人再生や任意整理では利息を軽減できても、借金そのものの返済義務は残ってしまいますが、自己破産では利息だけでなく借金そのものの返済義務も消滅します。

生活が厳しく、いつ好転するのか皆目わからない状態のときは、財産を失っても自己破産を選ぶほうが良いときもあるのです。

金融屋まとめ!ブラックでも合法な金融屋だけに申し込もう

お金のやりくりに困ったときは、金融屋で借りるのも1つの方法です。

しかし、どんなに困っていても、銀行と消費者金融以外の金融屋には手を出さないでください。

ヤミ金を利用してしまうと、間違いなく今よりも状況は悪化し、お金に困った状況がさらに長引いてしまうのです。

街金などの小規模消費者金融の審査にも落ちたときは、公的貸付制度や不動産担保ローンを検討してください。

これらのローンも利用できないときは債務整理のタイミングです。どんなにお金が困ったときでも何らかの解決法はありますので、絶対にヤミ金とは関わらないでくださいね。

浦上登

専門家からの一言

浦上 登

結論からいうと、違法な業者とは付き合わないということに尽きると思います。

合法的な融資は信用を軸として動いています。あなた自身の信用をできるだけ落とさないように、落とした人はできるだけ回復するように努める必要があります。

自己破産は最後の手段です。なぜなら、将来にわたり、あなたの信用を傷つけるからです。

生活に困窮した場合は、公的補助制度が助けてくれることもあります。

いずれにしても、闇金は最後の手段にもならないと考えてください。

東京の築地生まれ。魚市場や築地本願寺のある下町で育ちました。早稲田大学卒業後、大手メーカーに勤務し、海外向けプラント輸出ビジネスに携わりました。今までに訪れた国は35か国を超えます。その後、保険部門に移り、ファイナンシャル・プランナーの資格を取得。現在、サマーアロー・コンサルティング代表。FPとして種々の相談業務を行うとともに、お金に関する記事の執筆、セミナー講師、大学の講師を行っています。得意分野は、資産運用、保険、税務、ライフプラン、住宅、相続で、常に、顧客の方々の立場に立ったアドバイスを心がけるとともに、どんな問題でも相談にのれるFPになることを目指しています。趣味は、映画鑑賞、サッカー、旅行、一人カラオケ(最近は自粛中)です。

浦上 登の監修記事・プロフィール一覧へ

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事