外国人はクレジットカードを作れる!おすすめのカード5選や作り方をわかりやすく解説 PR

外国人はクレジットカードを作れる!おすすめのカード5選や作り方をわかりやすく解説

「仕事や留学で日本にやってきて住んでいるうちにクレジットカードを持つ必要が出てきた」という外国人の方は年々増えていると思います。

外国人がクレジットカードを申込む場合、審査は通過するのか、そもそもクレジットカードを作れるのか心配になりますよね。

この記事では、外国人のクレジットカード審査では何がチェックされるのか、どうすれば審査に通過しやすくなるのか、外国人が審査に落ちる主な理由も合わせて詳しく解説します。

また、外国人でも作りやすいおすすめのクレジットカードも紹介しているので参考にしてください。

>> 外国人でカードローン利用でお金を借りたい人はこちら

外国人におすすめのクレジットカード

JCB CARD W

JCB CARD Wの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1 〜 10.5%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

三井住友カード(NL)

年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5 〜 7%
【PR】三井住友カード株式会社

楽天カード

楽天カードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1~3%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

ACマスターカード

ACマスターカードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.25%
【PR】Sponsored by アコム株式会社

セディナカード jiyu!da!

セディナカード jiyu!da!の詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 0.5%~10.0%

3ヶ月より長い滞在なら外国人や留学生でも作成可能

日本の制度では、3ヶ月より長く滞在する外国人の方であればクレジットカードを発行できます。

というのも、3ヶ月より長い滞在の中長期滞在者には在留カードを、さらに長期の滞在者には特別永住者証明書を発行する制度があるからです。(※)

日本でクレジットカードを作成する場合、上記のカードか証明書を提出する必要があります。また、これらは日本で銀行口座を作る際にも必要なので、中長期で滞在する外国人の方には重要なものになります。

(※)出典:法務省 出入国管理庁より

3ヶ月以下の場合はバンドルカードを検討しよう

一方で、3ヶ月未満の場合は、クレジットカードは作成できません。

そのため、代替案としてはバンドルカードの作成がおすすめです。バンドルカードは、VISAブランドのプリペイドカードで、事前に現金をチャージすることで、通常のクレジットカードのように利用することができるでしょう。

また、バンドルカードの場合は、審査や年齢制限も無いため、外国人の方でも簡単に登録することができます。

バンドルカードは、スマホアプリで個人情報を入力するだけで登録が完了します。登録すると、スマホアプリを利用したネットショッピング、更にリアルカードを発行すると実店舗でも利用できるようになり、使い勝手も良いでしょう。

外国人がクレジットカードを作るときに必要なもの

外国人の方がクレジットカードを作るときに必要なものは以下の4つです。

必要なもの
  • 在留カードなどの身分証明書
  • 日本の住所
  • 日本の銀行口座
  • 連絡先の携帯電話または固定電話

これらは基本的に、どんな外国人の方でもクレジットカード作成で必要になるので、揃えておきましょう。

これらを揃えることができたら、下記の手順に従ってクレジットカードを作成してください。

在留カードなどの身分証明書

また、クレジットカードを作るには在留カードまたは特別永住者証明書が必要です。

在留カードとは、日本に滞在する外国人の方で3ヶ月以上の在留期間があり、在留資格を持っている場合に発行されるカードです。

法にかなって在留していることを証明する証明書の役割があります。

在留カードには、氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地、在留資格、在留期間、就労の可否など重要な情報が記載されています。

記載事項に変更が生じた場合には必ず変更の届出をしましょう。

日本の住所

外国人の方が日本国内でクレジットカードを作るには、日本国内の住所が必要です。

在留カードを交付された人(パスポートに「在留カード後日交付」と記載された人を含む)は日本国内に住所を定め、14日以内に住民登録をしなければなりません。

仮にホテルなどの宿泊施設に居住している場合は、滞在期間や宿泊施設によって住民登録の可否が変わります。

半年以上など、中長期の滞在の場合は住民票の登録ができるケースがあります。

住民登録ができない場合は、住民登録とは別に住居地の届出(市区町村から出入国在留管理局へ住所を報告)をする必要があるため、役所の窓口で手続きを行ないましょう。

日本の銀行口座

口座開設をする際は在留カードやパスポートなどの氏名・現住所・生年月日を確認できる書類の提示、印鑑が必要です。

また、在留資格が「留学」・「技能実習」の方は在籍の事実や勤務実態等の確認のため、在留カードとともに学生証や社員証等の提示が必要な場合があります。

在留期間満了日が口座開設を申し込まれる日から3ヶ月以内に到来する場合は、開設できないため在留期間更新のお手続き終了後に申し込みましょう。

外国人の口座開設には法令に基づく確認に時間を要する場合があるため、受付当日での開設ができず、口座開設までに時間がかかる可能性があります。

クレジットカードが手元に欲しい日が決まっている方は逆算し、早めに口座開設の手続きをしましょう。

連絡先の携帯電話または固定電話

クレジットカード発行の申し込みをする際、電話番号は必須の項目です。

自分の名義であれば、固定電話でも携帯電話でも問題ありません。携帯を契約し、その番号を記載しましょう。

外国人がクレジットカードを作る際の手順

外国人がクレジットカードを作る場合、下記の5つの手順が必要です。

クレジットカードを作る際の5つの手順
  1. 在留カードを受け取る
  2. 住民票を取得する
  3. 銀行口座を開設する
  4. 日本で利用できる電話番号を契約する
  5. クレジットカードに申込む(1つがおすすめ)

まず初めに、入国手続き後に在留カードを受け取りましょう。このカードが無ければクレジットカードを作ることができません。

在留カードの受け取りが済んだら、14日以内に居住地を決めて、住民票も発行する必要があります。また、居住地の届け出の際には在留カードも必要なので、忘れずに準備しましょう。

在留カードと住民票の発行が済んだら、日本の銀行口座を開設します。クレジットカードは銀行口座からの引き落としのため、口座開設は必須になります。

ちなみに、一般的な日本のクレジットカードは、海外の銀行口座を引き落とし先として設定できませんのでご注意ください。

口座開設が完了したら、クレジットカード登録の際の連絡先として日本で利用できる電話番号を契約しに行きましょう。

ここまでの在留カード・住民票・銀行口座・電話番号が準備できたら、いよいよクレジットカードの申込みが可能になります。

その際、1つのカードに絞って申込むことがおすすめ。というのも、1度に複数の申込むと「金銭的に困っている」と判断されて、審査に落ちる可能性があるからです。

そのため、外国人の方は今回紹介している「外国人でも作りやすいクレジットカード」からあらかじめ1つのカードを選び、申込むことがおすすめです。

外国人が審査に通過しやすくなるためのポイント

外国人のクレジットカード審査では、申込み者を信用できるか、長期滞在するか、返済能力があるかなどをチェックされます。

外国人の場合、身分証明書や収入証明書だけでなく、住民票などの書類を多く提出できると審査に有利に働きます。また、ある程度の日本語能力は必要です。

身分証明書を多く提出できると有利

クレジットカードの申込みには、中長期在留者に交付される「在留カード」または特別永住者に交付される「特別永住者証明書」のどちらかが必要です。

提出する身分証明書が多いと審査に有利になります。

提出すると審査に有利になる身分証明書
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 日本で取得した運転免許証
  • 本人名義の銀行口座情報
  • 携帯電話の契約情報

留学生の場合は学生証の写しも必要です。

在留カードまたは特別永住者証明書のどちらかだけしか提出しなかった場合でも、ほかの身分証明書類の提出をカード会社から求められることがあるので、あらかじめ準備しておいた方がよいでしょう。

収入を証明できると有利

収入がなければクレジットカードで使ったお金を返済するのは難しいため、審査では「安定した収入がある」と示すことが必要です。

収入証明書があると収入を証明できるので有利です。収入証明書は必ず必要というわけではありませんが、カード会社によっては収入証明書の提示が必要な場合があります。

収入証明書となるもの
  • 給与明細
  • 所得明細書
  • 源泉徴収票
  • 納税通知書

年収、雇用形態、勤続年数などから支払い能力があるかどうかが審査されます。

留学生の場合は収入がないことが多く審査には不利なので、申込み条件に「安定した収入」がないカードを選ぶとよいでしょう。

住民登録、携帯電話があると有利

2012年から外国人でも住民登録はできるようになり、住民登録をすると市役所などで住民票を発行することができます。住民登録ができるのは中長期在留者や特別永住者が対象で、短期滞在の在留資格を持つ外国人などは含まれず住民登録はできません。

住民票を提出することで、「申込者の日本国内での住所が定まっている」とわかるので信頼度が増し、審査に有利になります。

携帯電話の契約をしていると、「携帯料金を返済する能力はある」と判断されるので審査に有利です。また携帯電話があると支払い延滞時などにも連絡が取りやすいので信頼度が上がります。

さらに固定電話があると、それだけ日本に住む意思が感じられるので審査に有利に働きます。

日本語ができる人が有利

カード会社によっては日本語ができる人でなければ審査を通過させないところもあります。利用規約などはすべて日本語で書かれているため、日本語が分からないと規約に同意できないからです。規約が読めないと規約違反を起こす可能性もあります。

さらに、契約手続きや本人確認のために電話がかかってくる場合があること、店舗で手続きが必要になる場合もあることから、受け答えができるだけの日本語能力は必要となります。

外国人がクレジットカードの審査に落ちる理由

審査落ちの主な理由
  • 滞在期間が短い
  • 収入がない
  • 過去に金融事故を起こしている
  • 複数枚のカードを申込んでいる
  • キャッシング枠を申込んでいる
  • 日本語ができない
  • カード利用限度額を高く設定している

滞在期間が短いと「貸し倒れ」のリスクがあるので審査は厳しくなります。ここでの貸し倒れとは、カード利用者が母国に帰ってしまい、お金を回収できず損害を被ることです。

カード会社としては外国にいる利用者と連絡が取れなくなりお金を回収できなくなる可能性があることをリスクと考えるため、滞在期間は審査の対象となります。

そのため、在留期間が1年未満の交換留学生などは審査に落ちる可能性が高いですが、在留期間が1年以上ある場合は審査に通過する可能性は高くなります。

カード申込み時に提示する在留カードの在留期間が残り数ヶ月の場合も審査に落ちる可能性が高いので、在留期間更新後に申込みましょう。

また、外国人だけでなく日本人にも当てはまりますが、過去に金融事故を起こしている場合、審査に通過するのは難しくなります。

金融事故とは、返済が遅れることや、返済ができなくなることをいい、それらの情報は指定信用情報機関というところで一定期間記録されるようになっています。

信用情報機関には何が登録されている?開示請求の方法も紹介

カード会社はカードの申込みがあった時点で、指定信用情報機関に記録されている情報を確認するので、金融事故の情報が残っていると審査に通過するのは厳しいです。

一度、指定信用情報機関に登録された情報は永久に残るわけではなく、金融事故などの情報は5~10年経つと削除されるようになっています。

もし過去に金融事故を起こした場合は、登録された情報が削除されてからカードを申込むとよいでしょう。

カードの申込み情報なども指定信用情報機関に記録されるため、同時に複数枚のカードを申込んでいると、カード申込みの目的が「すぐにたくさんのお金を手に入れること」だとカード会社に疑われて、審査に落ちる可能性があります。

もし複数枚を同時に申込んで審査に落ちてしまった場合、6ヶ月は指定信用情報機関に申込み履歴が記録されるので、その期間は審査に通過しにくくなるようです。

また、キャッシング枠を申込んでいるとお金に困っていると思われてしまい、発行されにくくなります。キャッシング枠とは、通常クレジットカードを使って買い物をするショッピング枠とは違い、お金を借りることができる枠のことです。

キャッシング枠を申込むことはお金を借りられるようにすることなので、収入や勤務先、現在の借入れ状況など、ショッピング枠よりも厳しく審査されます。

その分審査に落ちやすくなるので、キャッシング枠0円で申込む方が審査に通りやすく、審査も早く済みます。


また、日本語ができないことも外国人が審査に落ちる理由です。意思疎通がとれないとトラブルが起きやすくなるからです。

カード申込み時にカード利用限度額を設定できる場合がありますが、高く設定して申込むと審査に通過しにくくなります。申込み時に希望できる場合は30万円以下程度にしましょう。

収入も審査の対象になるので、収入がない留学生は日本で働いている外国人より審査にとおりにくいでしょう。

外国人でも作りやすいクレジットカード

外国人でも作りやすいとされる、おすすめのクレジットカードを比較・紹介します。ここで紹介するカードはすべて年会費無料です。

JCB CARD Wの詳細
JCB CARD W
三井住友カード(NL)
楽天カードの詳細
楽天カード
ACマスターカードの詳細
ACマスターカード
セディナカード jiyu!da!の詳細
セディナカード jiyu!da!
年会費
無料
無料
無料
無料
無料
ポイント還元率 1 〜 10.5% 0.5 〜 7% 0.2 〜 1% 0.25% 0.5 〜 20%
発行期間 モバ即入会で最短5分(※) 最短10秒(※) 7営業日程度 最短即日 2~3週間程度
付帯
サービス
海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険 海外旅行保険 家族カード 国内旅行保険 電子マネー ETC ショッピング保険

紹介するカードのなかにはリボ払い専用カードがあります。リボ払い専用カードはリボ払い手数料がかかりますが審査は通過しやすく、使い方によっては手数料なしで利用することができます。

ポイント還元率2倍のJCB CARD W

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
おすすめポイント
  • 年会費、永年無料
  • いつでもポイント2倍
  • 安心・安全セキュリティー
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1 〜 10.5%
発行スピード モバ即入会で最短5分(※)
国際ブランド
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD Wは年会費無料で、WEB入会限定のクレジットカードです。

申込み資格は「18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方」です。

カード申込み完了時にオンラインで口座設定をおこなうので、インターネットバンキング契約カード、キャッシュカード、預金通帳などが必要です。

JCB CARD Wは銀行口座をオンラインで設定することが必須のカードであり、銀行口座作成時点で本人確認がされていると見なされるため、カード申込み時に本人確認書類は必要ありません。

海外旅行傷害保険(最高2,000万円)と海外ショッピングガード保険(最高100万円)が付帯されているので、帰国したときに海外で使う場合も安心です。

学生の場合は収入に関する条件がないので、留学生はアルバイトをしていなくても申込みができます。

JCB CARD Wは常にJCB一般カードの2倍の還元率(1%)ですが、学生がよく利用するセブンイレブンやアマゾン、スターバックスなどでカードを使用するとさらに還元率がアップするので、留学生におすすめのクレジットカードです。

JCB CARD Wは常にポイント2倍!高還元率でもデメリットはある?

学生限定の特典が多い三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • スマホのタッチ決済でポイント最大7%還元(※)
  • ナンバーレスで安心安全!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5 〜 7%
発行スピード 最短10秒(※)
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard®
電子マネー
  • iD(アイディ)
  • PiTaPa(ピタパ)
  • WAON(ワオン)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】三井住友カード株式会社

三井住友カードのなかでも数少ない年会費永年無料カードです。券面にはカード番号が記載されないため、安全性も高く、安心して利用できます。

申込み条件は「満18歳以上の方(高校生は除く)」となっているため、海外からの留学生でも申込みが可能です。ほかにも、対象のコンビニ・ファーストフード・ファミレスでは、最大5%のポイント還元があり、使い勝手の良いカードになります。

更に学生のみを対象とした「LINE Payの利用で最大3%還元」や「サブスクの利用で最大10%還元」など、学生にとって嬉しい特典が用意されています。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付与されるため、外国人の方が一時帰国される場合も安心できるでしょう。

多くのポイントを貯められる楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 安心のセキュリティ
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1~3%
発行スピード 7営業日程度
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard®
  • American Express®
  • JCB
電子マネー
  • 楽天Edy(エディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

外国人の方にとって、日本での買い物は言葉がわかっても苦労することがあると思います。

そんなときに便利なのがネットショッピングですが、日本のショッピングサイト「楽天市場」が発行する楽天カードは年会費無料な上にポイントも貯めやすいクレジットカードです。

楽天市場での買い物だけでもポイントが貯まりますが、さらに楽天銀行、楽天ひかり、楽天トラベル…と、楽天のサービスを使えば使うほど、ポイント付与の倍率が上がっていく仕組み。

また、マクドナルドやファミリーマートなどといった日常的に使うようなお店でも、楽天ポイントが貯められます。

即日で受取が可能なACマスターカード

ACマスターカード
ACマスターカードの詳細
おすすめポイント
  • Mastercard®のクレジット機能がついても、もちろん年会費無料!
  • 最短即日カード発行可能!
  • 自動でキャッシュバックを適用!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.25%
発行スピード 最短即日
国際ブランド
  • Mastercard®
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アコム株式会社

ACマスターカードは年会費無料で即日発行可能なクレジットカードです。消費者金融アコムが発行しており、支払いはリボ払いのみです。ポイントなどのサービスはありませんが、毎月の利用金額の0.25%が自動的にキャッシュバックされます。

申込み資格は「高校生を除く18歳~69歳で、安定した収入のある人(パート・アルバイト可)」です。外国人でもネットで申込みが可能で、審査は最短30分です。自動契約機(むじんくん)を使うとその場でカードを発行できるため、すぐにクレジットカードがほしい人におすすめです。

リボ払い手数料の実質年率は10.0%~14.6% ですが、リボ払い手数料を支払いたくない場合は一括の支払いも可能です。その際アコムへの連絡は必要ありません。

また毎月20日までのクレジット利用分を翌月6日(休業日にあたる場合は翌営業日)までに支払うと手数料はかからず、クレジットカードの1回払いと同じ様に使うことができます。

ACマスターカードにはキャッシング機能が付いており、ショッピングの利用限度額は最高300万円まで、キャッシングも含めると合計利用限度額の上限は800万円です。

ACマスターカードには独自の審査基準が設けられているため、一般的なクレジットカードの審査とは異なります。そのため、ほかのクレジットカードの審査に落ちた人でもACマスターカードの審査にはとおる可能性があり、審査が不安な外国人でも申込めるカードです。

アコムACマスターカードの審査基準や落ちた際の対処法、怖いやばいと言われる理由まで解説

審査が甘いセディナカードJiyu!da!

セディナカード jiyu!da!
セディナカード jiyu!da!の詳細
おすすめポイント
  • 年会費無料!
  • 毎月の支払額、お支払い方法も自由に決められる
  • 海外でのショッピングご利用でわくわくポイント3倍!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5%~10.0%
発行スピード 2~3週間程度
国際ブランド
  • Visa
  • Mastercard®
  • JCB
電子マネー
  • QUICPay(クイックペイ)
  • iD(アイディ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

セディナカードJiyu!da!は年会費無料のリボ払い専用カードで、審査が甘いと言われるクレジットカードです。

申込基準が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」となっています。つまり、収入に関する条件がないので18歳以上の留学生におすすめです。

支払いは「月々払い」で毎月の支払金額を自由に設定でき、「よゆう払い」でお金に余裕があるときに自由に追加で支払えます。

リボ払い手数料は実質年率15%ですが、リボ払い手数料を支払いたくない場合は、毎月の支払額を高く設定してその範囲内で使うようにすれば一括払いと同じように利用できます。

カード盗難・紛失保険とショッピング保険(最高50万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円)が付いています。

イオンやダイエー、セブンイレブンなどで利用するとポイントが3倍(還元率1.5%)にアップし、セディナポイントUPモールを経由して買い物をするとポイントは最大20倍になります。

海外のショッピングに利用する場合もポイントが3倍にアップするので、帰国したときに海外で利用するのもおすすめです。

セディナカードJiyu!da!はダイエーやイオンで還元率3倍!特徴や審査基準を徹底解説!

クレジットカードの審査が不安ならデビットカードもあり

デビットカードはクレジットカードとは違い、審査なしで発行することが可能です。クレジットカードの審査が不安な人はデビットカードを申込んでみましょう。

デビットカードは利用するたびに即時銀行口座から代金が引き落とされる決済用カードで、クレジットカードのように支払いに利用できますが、支払い方法は一括払いのみです。

デビットカードに紐づけされた銀行口座残高の範囲内でしか利用できないため、使い過ぎを防ぐことができます。

三菱UFJ-VISAデビットがおすすめ

三菱UFJ-VISAデビット
三菱UFJ-VISAデビットの詳細
おすすめポイント
  • 年会費無料
  • 口座から即時払いなので、使いすぎの心配なし
  • ショッピングのご利用金額に応じて、自動キャッシュバック
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0%
発行スピード 7営業日程度
国際ブランド
  • Visa
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

三菱UFJ-VISAデビットは、年会費無料のデビットカードです。

申込み条件は「普通預金口座を保有する15歳以上(中学生は除く)で日本国内に居住している人」なので外国人でも申込めます。銀行口座開設時に印鑑の届け出は不要で、窓口での取引でも印鑑は不要なので、印鑑を作る手間を省くことができます。

VISAのタッチ決済に対応しており、専用端末にカードをかざすだけで支払うことができます。さらにGarmin Payにも対応しており、Garmin社製スマートウォッチでの支払いが可能です。

ショッピング利用額の0.2%が毎月自動でキャッシュバックされ、前年の利用額に応じてキャッシュバック率がアップする特典もあります。

このデビットカードの国際ブランドVISAは、世界中にあるVISAの店舗で使うことができます。また急にお金が必要になった場合でも、海外の提携ATMから現地通貨を引き出す(※)ことができます。

国内・海外ショッピング保険(年間最大100万円)と不正利用補償(最大年間100万円)が付帯されているため、海外でも安心してデビットカードを使うことができます。

(※)海外ATMの利用には手数料110円(税込)および、海外事務手数料(取引金額の3.05%)がかかります
(※)一部ATMにおいては、別途現地金融機関所定の使用料がかかる場合があります
三菱UFJ-VISAデビットで上手にキャッシュバック!海外キャッシングもできる優れモノ

外国人のクレジットカードまとめ

外国人でも日本でクレジットカードを作ることができます。基本的な審査の基準は日本人と変わりませんが、外国人の場合は滞在期間も重要です。

クレジットカードを作るには在留カードまたは特別永住者証明書が必要なため、短期滞在者は日本でクレジットカードを作ることはできません。

外国人がクレジットカードの審査にとおりやすくするためには、身分証明書や収入証明書、住民票などを多く提出できると有利になります。さらに日本語ができると有利です。

留学生におすすめのクレジットカードは、収入に関する申込み条件がない「JCB CARD W」または「セディナカードJiyu!da!」です。

日本で働いている外国人におすすめのクレジットカードは「ACマスターカード」です。ACマスターカードはパートやアルバイトでも申込めるカードなので、外国人でも作りやすいです。

クレジットカードの審査に通過するのか不安がある場合はデビットカードを申込んでみましょう。三菱UFJ-VISAデビットは、銀行口座を持つ15歳以上の人であれば外国人でもデビットカードを発行できるのでおすすめです。

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

…続きを読む

関連記事