更新日:

東京スター銀行カードローンの審査や金利を徹底解説!大手カードローンとの比較も!

東京スター銀行カードローンの審査や金利を徹底解説!大手カードローンとの比較も!

急にお金が必要になった方の中には、東京スター銀行のカードローンを利用しようと考えている方もいるかもしれません。

そんな方のために、この記事では東京スター銀行カードローンについて、どんなカードローンなのか、他のカードローンとはどう違うのかについて詳しく解説していきたいと思います。

東京スター銀行のカードローンの利用を考えている人、あるいはどのカードローンを利用しようか悩んでいる方はぜひ目を通していってください。

東京スター銀行カードローン
東京スター銀行"スターカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • インターネットで完結!来店不要でお申し込み!24時間お申し込み受付中!
  • インターネットバンキングでお借入可能!スマートフォンもOK!
  • ご利用限度額は最大1,000万円!
実質年率
1.50〜14.60%
借入限度額
10万円〜1,000万円
審査時間
最短4日
融資時間
最短14日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照

東京スター銀行カードローンと大手カードローンを一括比較!金利や限度額は?

東京スター銀行カードローンについて見ていくにあたって、最もわかりやすい比較対象はプロミス、アコム等の大手カードローンでしょう。

そこで、ここではそんな大手カードローンと東京スター銀行カードローンを比較し、その違いについて解説していきたいと思います。

金融機関 金利 限度額 最低返済額 提携ATM利用手数料
東京スター銀行 1.8%~14.6% 10万円~1,000万円 5,000円 110円~220円
プロミス 4,5%~17.8% 1万円~500万円 1,000円 取引額1万円以下:110円 
取引額1万円以上:220円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円 1,000円 取引額1万円以下:110円
取引額1万円以上:220円
アイフル 3.0%~18.0% 1万円~800万 5,000円 取引額1万円以下:110円
取引額1万円以上:220円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円 10,000円 110円~220円あるいは無料
三井住友銀行カードローン 1.5%~14.5% 10万円~800万円 2,000円 無料
三菱UFJ銀行カードローン
(バンクイック)
1.8%~14.6% 10万円~500万円 1,000円 無料

上の表は、東京スター銀行カードローンと他の大手カードローンを金利、限度額、最低返済額、提携ATM利用手数料という四つの項目で比較したものです。

表の中でまず目につくのは、借り入れ限度額でしょう。

東京スター銀行カードローンの借り入れ限度額は、表の他のどのカードローンよりも高く、1000万円となっています。

これは、特にプロミスやバンクイック、限度額が500万円のカードローンと比べた場合、一度に二倍もの金額を借りられることになります。

ただし、初回借入時では、まだ最大限度額まで借り入れられることはほとんどありません。

また、この表の中では、金利も比較的低水準となっています。

特に最低金利は1.8%とバンクイックに並んで最も低く、最高金利も14%台と低めに設定されています。

反対に問題点として目につくのは、最低返済額の高さでしょう。

5,000円の最低返済額はみずほ銀行に並んで表の中で最も高く、月々の返済の負担はそれだけ大きくなります。

また、提携ATM利用手数料についても、それほど高いわけではないにしても、完全無料の三井住友銀行やバンクイックと比べるとデメリットであるといえるでしょう。

東京スター銀行カードローンにはどんなメリットがある?

東京スター銀行のメリット4つのイラスト

他のカードローンと比較してもわかるように、東京スター銀行を利用するうえでのメリットはいくつかあります。

どういったものがあるのか、ひとつずつ見ていきましょう。

最大限度額が高い

東京スター銀行の最高借り入れ限度額は1,000万円に設定されており、これは消費者金融や他の銀行カードローンと比べてもかなり高い額となっています。

そのため、特に一度に多くの金額が必要な場合には便利なカードローンであるといえるでしょう。

とはいえ、上述の通り、初回の利用でいきなり1000万円の限度額を借りられることは少なく、100万円程度の融資からスタートとなる場合が多いため、多額の融資を受けるには返済実績を作り信頼を得ることが必要となっています。

金利が低めに設定されている

東京スター銀行の金利は最高金利、最低金利ともに、消費者金融と比べて低めの金利に設定されています。

これは、銀行カードローン全体の傾向であり、東京スター銀行を含む銀行のカードローンは消費者金融よりも低めに設定されていることが多いです。

そのため、他の銀行カードローンと比べた場合は金利はそれほど変わらないということも留意しておいた方がいいでしょう。

300万円までの融資なら収入証明書がいらない

消費者金融での借り入れでは50万円から収入証明書の提出が必要なのに対して、東京スター銀行カードローンでは300万円までの金額であれば収入証明書なしでも借り入れをおこなうことができます。

そのため、収入証明書の提出が難しい方、あるいは面倒な方にとっては東京スター銀行での借り入れは便利だといえるでしょう。

手続きをインターネットだけで済ませることができる

東京スター銀行カードローンでは、借り入れの手続きの際に店舗に足を運ぶ必要も、また書類を郵送する必要もなく、インターネットからの記入と書類の提出だけで手続きを全て終えることができます。

そのため、移動や郵送の手間が省けるのと同時に、融資までの時間も短縮することができ、短時間で借り入れをおこなうこともできます。

東京スター銀行カードローン
東京スター銀行"スターカードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • インターネットで完結!来店不要でお申し込み!24時間お申し込み受付中!
  • インターネットバンキングでお借入可能!スマートフォンもOK!
  • ご利用限度額は最大1,000万円!
実質年率
1.50〜14.60%
借入限度額
10万円〜1,000万円
審査時間
最短4日
融資時間
最短14日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照

東京スター銀行カードローンのデメリットは?

今度は、反対に東京スター銀行カードローンのデメリットを見ていきましょう。

無利息期間が存在しない

東京スター銀行カードローンには、無利息期間のサービスは存在しません。

そのため、ごく短期の借り入れでも東京スター銀行カードローンでは金利が発生してしまうことになり、すぐにお金を返せるような場合には無利息期間のあるカードローンを利用した方がいいでしょう。

下記の消費者金融には無利息期間があるので、短期間で返済できる見込みがある場合はこちらを利用するのがおすすめです。

消費者金融と比べると審査が厳しい

銀行カードローン全体にいえることではありますが、消費者金融で融資を受ける場合と比べて東京スター銀行カードローンの審査は厳しくなっています。

中には審査に落ちてお金を借りられない場合もあるため、そういった場合は消費者金融に審査を申し込んでみると良いかもしれません。

銀行系カードローンに比べると、金利の面などで不安に感じる部分も大きい消費者金融系のカードローンかもしれませんが、下記の記事にメリット、デメリットを詳しくまとめています。

審査に不安のある方は併せて読んでみるといいでしょう。

消費者金融(サラ金)おすすめ2022!審査基準や大手・中小の違いを解説

東京スター銀行の口座が必要

東京スター銀行カードローンでは、返済が口座からの自動引き落としとなっています。

その際に東京スター銀行の口座を使うため、口座を持っていない方は新しく開設する必要があります。

そのため、すでに口座を持っている人以外では口座開設の手間が掛かると同時に、融資までの時間も掛かってしまうことになります。

東京スター銀行カードローンが向いているのはどんな人?

ここまで東京スター銀行カードローンのメリット、デメリットを見てきましたが、それでは実際に東京スター銀行カードローンが向いている人とはどのような人なのでしょうか。

ここでは、そのそれぞれについて、具体的な特徴をあげて見ていきたいと思います。

まず、東京スター銀行カードローンが向いている人の特徴は、大きく分けて4つあります。

向いている人
  • 東京スター銀行の口座を持っている人
  • 一度に多くの金額を借り入れたい人
  • インターネットで手続きを済ませたい人
  • 近くに東京スター銀行カードローンのATMがある人

東京スター銀行カードローンの申し込みには、東京スター銀行の口座の開設が必要となりますが、あらかじめ口座を持っている人であれば新たに口座を作る必要はないため、手間と時間が省け、すぐに申し込み手続きをおこなうことができます。

また、東京スター銀行カードローンは他のカードローンと比べて借り入れ限度額が高く設定されているため、多くのお金を借り入れたい人にも向いているといえるでしょう。

インターネットだけで手続きを済ませられることから、郵送の手間を省きたい方、インターネットの利用に慣れている方にとっても適しています。

そして、東京スター銀行カードローンのATMが近くにある方にとっては、そのATMを利用することで借り入れや返済の際に利用手数料が掛からないため、非常に使いやすく向いているといえるでしょう。

東京スター銀行カードローンが向いていないのは?

反対に、東京スター銀行カードローンに向いていない人の特徴としては、

向いていない人
  • 東京スター銀行の口座を持っておらず、すぐに融資を受けたい人
  • 一時的に借り入れが必要だが、すぐに返済をおこなうことのできる人

といったものがあります。

東京スター銀行の口座を持っていない場合、融資を受ける前にまず口座開設から始めないとならないため、他のカードローンよりも手続きの手間と時間が余分に掛かってしまうことから、それを避けたい人にとって東京スター銀行カードローンは適していないといえます。

そして、何より無利息期間が存在しないことから、利息が発生する前に返済をおこなうことのできる人にとっては、余分な利息の支払いが必要となってしまうため、おすすめはできません。

このように、東京スター銀行カードローンには他のカードローンと比べてメリット、デメリットがあり、人によって向き不向きもあるため、利用を検討する際は自分に合っているかどうか確認しておくといいでしょう。

東京スター銀行カードローンの審査の詳細と流れ

ここまで、主に東京スター銀行カードローンを利用した場合の特徴について説明してきましたが、実際にカードローンを利用するには、それ以前にまずは審査を受け、それに通る必要があります。

そこで、ここでは東京スター銀行カードローンの審査について、一連の流れと共に見ていきたいと思います。

審査の流れ

まず、東京スター銀行カードローンの審査は、申し込み、本審査、手続き完了の3ステップに分けられています。

この内、本審査以降に進むには東京スター銀行の口座を開設しておく必要があるため、最初に口座の開設をおこなっておくといいでしょう。

そして、実際の審査の流れですが、まずはインターネット、電話のどちらかの方法で仮審査の申し込みをおこなう必要があります。

申し込みを済ませると、勤務先・自宅へと電話による在籍確認がおこなわれた後、仮審査結果がeメールか書面のどちらかで送付されてきます。

ここまでが申し込みのステップで、次に本審査へと移ることになります。

本審査の手順は、オンライン契約、あるいは郵送契約のどちらの契約方法かによって異なっています。

まず、オンライン契約の手順について説明すると、オンライン契約では東京スター銀行から本人確認の電話が掛かってきます。

その対応を済ませた後、必要書類をオンラインで提出することになります。

必要書類提出後は、そのままWEB上で契約内容の確認、契約内容への同意手続きを済ませることで本審査の手続きは完了となります。

次に。郵送契約についてですが、郵送契約ではオンライン契約の際と同じ必要書類に加えて記入済みの契約書類をポストに投函して郵送することになります。

郵送した書類が東京スター銀行に届いた後、本人確認の電話がかかってくるため、その対応をおこない、後は送られてきた客側の控えの書類を受け取ることで手続きは完了となります。

オンライン契約、郵送契約ともに、本審査に通った場合は、その後にローンカードとローンカード用暗証番号案内ハガキが郵送されてくるため、それを使うことで東京スター銀行や提携のATMから融資を受けることができます。

審査に必要な書類

東京スター銀行カードローンでの審査では、オンライン契約、郵送契約ともに必要書類を送る必要があります。

そして、必要書類は大きく二つ、本人確認用の書類年収確認用の書類に分けられます。

本人確認用の書類として必要なのは、運転免許証かパスポートのどちらか一点、それに加えて健康保険証の合計二点となっています。

次に、年収確認用の書類についてですが、まず把握しておくべきこととして、300万円以内の借り入れ金額の場合は、年収確認用の書類を提出する必要はありません。

よって、借り入れ額が300万円を超える場合のみ、源泉徴収票、あるいは確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書のうちいずれか一点を提出することになります。

東京スター銀行カードローンの借り入れ方法を詳しくご紹介

東京スター銀行カードローンの審査に無事通った後は、いよいよ実際に借り入れをおこなうことになります。

借り入れ方法は大きく分けて二つ、ATMからの引き出しインターネットバンキングを使った借り入れがあります。

ATMからの引き出しでは、東京スター銀行カードローンのATM、あるいは全国の提携金融機関のATMに実際に足を運び、手続きをおこなう必要があります。

この際、ローンカードを忘れず持参するよう注意してください。

インターネットバンキングでの借り入れをおこなう際には、東京スター銀行のWEBサイトにアクセスし、そこで手続きを済ませます。

手順としては、まずログインをして、その後お借入取引、お借入とバナーをクリックし進んでいきます。

インターネットバンキングで借り入れたお金は東京スター銀行の口座に振り込まれているため、そこから引き出して使うことになります。

東京スター銀行カードローンの返済方法にはどんなものがある?

ここまで東京スター銀行カードローンでの借り入れについて見てきましたが、ここではそれまで借りたお金を返済する方法について説明していきたいと思います。

基本的には、東京スター銀行カードローンの返済は口座引き落としの形を取っており、口座に返済額が残っていれば特別な手続きを取る必要はありません。

ですが、早く返済を終えたい場合などには、追加での返済をおこなうこともできます。

追加返済の方法としては、ATMからの返済とインターネットバンキングを通した返済の二通りがあります。

ATMからの返済の場合、利用できるATMは東京スター銀行カードローンのATMに加えて、ゆうちょ銀行、セブン銀行のATMとなっています。

他の提携ATMでは借り入れはできても返済はできないため、注意しておいた方がいいでしょう。

東京スター銀行カードローンまとめ

この記事では、東京スター銀行カードローンの特徴やメリット、デメリット、そして審査や借り入れ、返済の手順について説明してきました。

東京スター銀行カードローンは特に借り入れ限度額が高いカードローンであり、一つの金融機関から多くのお金を借りたい方にはおすすめです。

また、利用には東京スター銀行の口座が必要だという点も特徴のため、口座開設の手続きをおこなうことに抵抗のない方、あるいは元々東京スター銀行の口座を持っている方に適したカードローンといえるでしょう。

申し込みはインターネットだけで完結させることもできるので、融資を受けたい方はぜひ利用を検討してみてください。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

東京スター銀行カードローンの融資条件

融資額 貸付利率(実質年率) 遅延損害金(利率)
公式サイト参照 公式サイト参照 お借り入れ利率と同じです。
返済方式 返済期間・回数 担保・保証人
約定返済、繰り上げ返済 1年毎の自動更新(期間満了日の時点で満71歳に達していた場合は期間延長しないものとします) 新生フィナンシャル株式会社が保証いたしますので、不要です。
返済期日 お申し込み資格 お試し審査
毎月4日(休業日の場合は翌営業日) お申し込み時、満20歳以上69歳以下の方 本人または配偶者に定期的な収入がある方 (パート・アルバイト・無職の主婦・年金生活者・学生の方もご利用できます) 日本国籍の方または外国籍で永住権をお持ちの方で国内居住の個人の方 保証会社(新生フィナンシャル株式会社)の保証が受けられる方 なし
必要書類
・運転免許証または個人番号カードのいずれか1点、および健康保険証 ※外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書の写し(有効期限内・両面)のご提出もお願いいたします。 ※後日、住民票の写しのご提出をお願いする場合がございます。 前年分の収入が確認できる書類の写し ・源泉徴収票、ない方は確定申告書、住民税決定通知書、課税証明書いずれか1点

東京スター銀行カードローンの会社情報

商号株式会社東京スター銀行
本社所在地東京都港区赤坂二丁目3番5号
登録番号関東財務局長(登金)第579号
所属協会日本証券業協会 一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人全国銀行協会

関連記事