更新日:

銀行カードローンの審査は何がおこなわれる?必要書類や注意点を解説!

銀行カードローンの審査は何がおこなわれる?必要書類や注意点を解説!

銀行のカードローンを利用するためには、審査にとおる必要があります。審査にとおることができれば、契約後にお金を借りることが可能です。

しかし、審査には不安がつきものです。なかには「審査で何が確認されるのか気になる」という方もいるのではないでしょうか。審査に落ちないためにも、不安や疑問は事前に解消しておきたいですよね。

この記事では、銀行カードローンの審査について詳しくご紹介します。申込時の注意点も解説するので、銀行カードローンの利用を検討している方はぜひご一読くだささい。

審査が「甘い」カードローンは存在しない

カードローンには、大きく分けて「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2つがあります。広告の多さなどから、銀行カードローンよりも消費者金融カードローンのほうが審査が「甘い」といったイメージを持つ方もいるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら審査の甘いカードローンは存在しません。

そもそも、カードローンの具体的な審査基準は非公開とされているため、審査の甘い・厳しいを判断することはできません。

もちろん、「このカードローンは審査が甘い・厳しい」という口コミから、審査基準を想像することはできるでしょう。しかし、口コミはあくまで「その利用者の場合」なので、誰にでも当てはまるわけではなく、審査の甘さを決定づけるものではありません。

また、審査の方法は各金融機関で異なるものの、いずれのカードローンにも「年齢や返済能力の有無」といった利用条件が定められています。利用条件を満たさない限りは借入れもできないので注意してください。

それでは、銀行カードローンの利用条件や審査の内容はどのようになっているのでしょうか。次の章で詳しい内容を見ていきましょう。

銀行カードローンの審査では何が確認される?

銀行カードローンの審査基準の詳細は公開されていませんが、一般的には「返済能力の有無」が重視されており、返済能力の有無を判断するために審査の際は主に以下の2点が確認されます。

審査で確認される内容

  • 個人信用情報
  • 属性

「個人信用情報」とは、あなたのクレジットカードやローンの利用状況、返済情報などのことです。過去に延滞はないか、現在どのくらい借入れしているのか、といった情報を調べることで返済能力の有無を確認しています。

いっぽう「属性」とは、年齢や職業、勤務状況や家族構成、住所などのことを指します。

これらの項目を確認したうえで、返済能力があるとみなされれば審査にとおる可能性も高くなります。

専門家からのコメント

松田 聡子
松田 聡子

個人信用情報では、過去の借入と返済に関する記録も一定期間は残ります。

滞納や延滞の記録がある人がすべて審査に落ちるわけではありません。しかし、過去に滞納を何度も繰り返していた場合などは審査に通るのが難しくなります。

反対に借入をして問題なく返済した履歴がある場合は、審査に通りやすくなります。分割払いなどの返済では延滞や滞納を絶対に起こさないように注意しましょう。

銀行カードローンに申込む流れ

ここからは、実際に銀行カードローンに申込む流れを見ていきましょう。

具体的な手順はカードローンによって異なりますが、大半の場合は以下の手順に沿って手続きを進めていくことになります。

銀行カードローンに申込む流れ

  1. 申込み
  2. 必要書類の提出
  3. 審査
  4. 借入れ

銀行カードローンへの申込みは、インターネット電話店舗で手続きをするのが一般的です。自分の都合に合う方法で申込みましょう。

ちなみに、普段忙しい方は、インターネットからの申込みがおすすめです。インターネットからは24時間申込みを受け付けているケースが多く、空いた時間に手続きができます。

申込手続きが済んだあとは、必要書類を提出してください。それが終わると、いよよ審査がおこなわれます。

審査では、前述したように「返済能力の有無」などを確認されます。無事に通過できれば、借入れが可能です。

なお、銀行カードローンでの借入れは、「対象のATMを利用して現金を引き出す」、または「自身の口座に振り込んでもらう」といった方法で利用できます。

銀行カードローンの審査で必要となる書類

銀行カードローンを利用するためには、事前に書類を提出する必要があります。

提出した書類は、「返済能力の有無」や「信用できる人物かどうか」といった点を確認するために活用されます。多くの場合は、カードローンに申込んだあとに提出を求められるので、あらかじめ用意しておくとよいでしょう。

ちなみに、必要な書類の種類は各カードローンで異なりますが、一般的には「本人確認書類」、場合によっては「収入証明書類」の提出が必要です。以下でそれぞれの書類について、詳しい内容をご紹介します。

審査に必要な本人確認書類

銀行カードローンの審査を受けるためには、「本人確認書類」の提出が必要です。大半の場合は、以下の本人確認書類の提出が求められます。

主な本人確認書類の種類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 在留証明書
  • 特別永住者証明書

本人確認書類は、記載されている住所が現住所と同じであるものを提出するようにしましょう。記載の住所と現住所が異なる場合は、審査に悪い影響が出る可能性があります。

また、有効な本人確認書類は申込先のカードローンによっても変わります。そのため、カードローンに申込む際は、事前に申込先の公式サイトなどで必要な書類を確認しておくとよいでしょう。

審査に必要な収入証明書類

カードローンへの申込時に50万円以上の借入れを希望する場合は、本人確認書類だけでなく、以下のような収入証明書類の提出が必要になることがあります。

主な収入証明書類の種類

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細

ちなみに、銀行カードローンは「銀行法」に基づいて貸付をしているので、「総量規制」の対象外です。

総量規制とは、「貸金業法」で定められた、消費者金融などの貸金業者による利用者の収入の3分の1以上の貸付を禁止するという規則のことです。

この総量規制によって、利用者は返済能力を超える過度な貸付から守られています。


しかし、銀行は総量規制の対象外です。

そのため、一時期、利用者の返済能力を超える貸付が横行していたのですが、近年では銀行でも自主的に規制を設けるようになりました。その規制の一環として、収入証明書類の提出が求められることがあります。

なお、本人確認書類と同様に、各カードローンで必要な収入証明書類は異なるため、事前に確認しておきましょう。

銀行カードローンに申込むときの注意点

銀行カードローンは、限度額の範囲内なら繰り返し借入れができる非常に便利な商品ですが、実際に申込む際はいくつか注意しなければいけない点があります。

注意点
  • 即日融資はできない
  • 虚偽の申告をすると審査に落ちる
  • 審査では「在籍確認」がおこなわれる

自身の不注意によって審査に落ちないためにも、上記の3つは押さえておくことをおすすめします。それぞれの注意点について、次の章で詳しく見ていきましょう。

即日融資はできない

消費者金融のカードローンが最短でその日のうちに審査が終わるいっぽうで、銀行カードローンの審査結果が出るのは最短でも翌営業日です。審査が終わらない限りは契約などもできないため、即日融資を受けることはできません。

というのも、銀行カードローンでは、暴力団などの反社会勢力に貸付をしないように、審査の際は申込者の情報を警察庁データベースに照会しています。

このステップに時間を要してしまうため、審査結果を通知できるのは最短でも翌営業日になってしまうのです。場合によっては以下の口コミを寄せてくれた方のように、審査に数日かかることもあります。

(20代 / 男性 / 会社員 / 楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)を利用 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

申し込みから審査の結果が出るまでの時間で、私は2日ほど掛かりました。

(30代 / 男性 / 会社員 / 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)を利用 / 年収400万円〜600万円未満 / 借入金額100万円~300万円未満)

割と審査に時間がかかりました。会社への在籍確認の電話も含めて、3日ぐらいかかったと思います。

そのため、銀行カードローンは「どうしてもその日にうちに借入れしたい」といった方にはおすすめできません。

いっぽうで、「信頼感や安心感があるカードローンを利用したい」、「とくに融資を急いでいない」という方には銀行カードローンがおすすめです。自分の目的に合わせて、賢く利用しましょう。

虚偽の申告をすると審査に落ちる

銀行カードローンに限ったことではありませんが、申込時に虚偽の申告をすることは絶対にやめましょう。嘘の内容であることが発覚した時点で、審査に落とされてしまう可能性が高いです。

「少しくらいなら大丈夫だろう」と思うことがあるかもしれませんが、申告した内容が嘘か本当かは、審査の際に信用情報を照会する過程で発覚します。

また、虚偽の申告であることが発覚すると、同じカードローン会社を利用できなくなる恐れがあります。

審査にとおるために虚偽の申告をしたくなる気持ちは分かりますが、実際は逆効果です。審査にとおる可能性を上げるためにも、申込時は事実だけを申告するようにしましょう。

審査では「在籍確認」がおこなわれる

銀行カードローンの審査時には、在籍確認がおこなわれることがあります。

在籍確認とは、「申込者が申告した勤務先で本当に働いているか」という点を確認するためのものです。一般的には、以下の口コミのように、申込先の銀行から職場や自宅へ電話連絡をする形で実施されることが多いです。

(40代 / 女性 / 派遣社員 / 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)を利用 / 年収200万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

社名は名乗られませんでしたが、職場に在籍確認がありました。

在籍確認が完了できないと、審査が終わらずに契約手続きを進められない可能性もあります。そのため、銀行カードローンに申込む際は、在籍確認に対応できるようにしておくと安心です。

ちなみに、利用状況や申込先によっては、在籍確認の電話連絡がない場合もあります。

(30代 / 男性 / 会社員 / セブン銀行カードローンを利用 / 年収200万円〜400万円未満 / 借入金額10~50万円未満)

私は勤めはしていますが、会社への電話等は一切なく審査が通り周囲にはバレませんでした。

このように、在籍確認の電話連絡の有無は利用者や申込先によって異なります。不安な方は事前に確認しておくとよいでしょう。

また、一般的に在籍確認の電話連絡は、プライバシーに配慮したうえで実施してくれるケースが多いです。「職場の人にカードローンの利用がバレないか不安」という方は、申込時に相談してみてください。

専門家からのコメント

松田 聡子
松田 聡子

「カードローンの在籍確認で会社に電話がかかってくる」と聞くと、不安を感じる人も少なくないでしょう。

しかし、目的は在籍確認のみなので、本人が電話口に出なくても「○○は席を外しております」「本日休暇をいただいております」などの回答があれば完了します。

また、電話に出た人に、用件がカードローンの審査である旨を伝えることはありませんので安心してください。

おすすめの銀行カードローン5選

銀行カードローンの審査に対する不安を解消できたら、あとは申込むだけです。とはいえ、カードローンの種類は数多くあるので、どれに申込めばいいのか迷ってしまいますよね。

そこでここからは、おすすめの銀行カードローンをご紹介します。多くの人が利用している定番の銀行だけでなく、ネット銀行などの利便性が高いカードローンもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

①三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)
三菱UFJ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年1.8%~年14.6%!
  • 最高500万円までご融資可能!
  • 借入可能かお試し診断あり!
実質年率
1.80〜14.60%
借入限度額
10万円〜500万円
審査時間
-
融資時間
-
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 株式会社三菱UFJ銀行

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は、申込みから契約まで来店不要で利用できるので、普段忙しい方にはおすすめです。申込みは、インターネットから24時間受け付けています。

契約をしたあとは、全国に設置されている三菱UFJ銀行ATMセブン銀行ATMローソン銀行ATMイーネットATMなどを利用して借入れができます。これらのATMが設置されているコンビニが近くにあれば、急な出費が発生したときも安心です。

さらに、三菱UFJ銀行の普通預金口座をお持ちの方は、その口座に希望の金額を振り込んでもらえる「振り込みでの借入れ」を利用できます。

②みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンのバナー
おすすめポイント
  • 金利年2.0%~14.0%と納得の金利!
  • 最高ご利用限度額800万円
  • 初心者の方に最適!安心の1枚!
実質年率
2.00〜14.00%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

続いてご紹介するのが、みずほ銀行カードローンです。信頼感のある大手メガバンクが提供するカードローンということもあり、借入れに不安がある方でも利用しやすい点が魅力です。

また、みずほ銀行の普通預金のキャッシュカードをお持ちの方は、そのカードでそのままカードローンを利用することができます。

なお、みずほ銀行の普通預金口座を持っていない場合は、審査後に口座を開設する必要がある点に注意してください。

③三井住友銀行カードローン

三井住友銀行 カードローン
三井住友銀行のバナー
おすすめポイント
  • 三井住友銀行の普通預金口座不要、インターネットでお申込完了
  • 全国の三井住友銀行・提携コンビニATMで利用可能、手数料0円
  • 毎月の返済額は2,000円から
実質年率
1.50〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
公式サイト参照
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ 非対応
収入証明書
公式サイト参照
【PR】

三井住友銀行カードローンは、三井住友銀行の普通預金口座をお持ちの方におすすめです。みずほ銀行カードローンと同様に手元にあるキャッシュカードを使って借入れができるので、ローンカードを管理する手間がかかりません。

また、返済日は5日15日25日月末のいずれかから選ぶことができます。自身の余裕のあるタイミングに合わせて返済日を設定することで、より計画的に利用できるでしょう。

さらに、毎月の最低返済額は2,000円と少額なため、返済の負担が気になる方でも安心です。

④楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)
楽天銀行"スーパーローン"のロゴ
おすすめポイント
  • スマホでお申込が完了!
  • 最大限度額は800万円
  • 金利は年1.9%〜14.5%!
実質年率
1.90〜14.50%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短翌日
融資時間
最短翌日
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照
【PR】Sponsored by 楽天銀行 株式会社

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)は、銀行カードローンのなかでは珍しく「無利息サービス」を設けているのが特徴です。以下の条件を満たすことで、最大30日間の利息が0円になります。

無利息サービスを利用する条件

  • 楽天銀行口座開設と楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)を同時に申込し、成約された方
  • 楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)の返済口座を楽天銀行口座に指定した方

無利息サービスを利用すればその分利息を節約できるので、「少しでも返済の負担を減らしたい」という方にはおすすめです。

また、入会や利用に伴って楽天ポイントが付与されるのも魅力です。付与されたポイントは、楽天市場などで日々のお買い物に役立てることができます。

さらに、楽天会員の方は、現在のランクによって審査が優遇される場合があります。普段から楽天のサービスを利用している方にとっては、非常にメリットが多いカードローンだといえるでしょう。

⑤イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン
イオン銀行"カードローン"のロゴ
おすすめポイント
  • ATM手数料が24時間365日いつでも無料!
  • 借入限度額は最大800万円!
  • 金利は3.8%〜13.8%
実質年率
3.80〜13.80%
借入限度額
10万円〜800万円
審査時間
最短即日
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン 非対応 ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
公式サイト参照

初めてカードローンを利用する場合は上限金利が適用されることが多いため、上限金利の低さを重視する方もいるかと思います。そんな方はイオン銀行カードローンの利用を検討しましょう。

イオン銀行カードローンは、金利が年3.8%〜13.8%と、ほかのカードローンと比べて上限金利が低い点が特徴です。そのため、「少しでも低金利で利用したい」という方にはおすすめです。

また、手数料0円で全国のイオン銀行ATMから借入れ・返済ができる点も魅力です。毎日のお買い物のついでに、気軽に手続きができます。

まとめ

自分の経済的なスペックに自信がないと「審査が甘いカードローンを利用したい」と考えがちですが、審査の甘いカードローンは存在しません。そのため、審査の甘い・厳しいではなく、自分の希望に合ったカードローンを選ぶようにするのがおすすめです。

たとえば、「初めてでも安心して借りられるカードローンを利用したい」という希望があるなら、大手メガバンクなどの銀行カードローンを利用するのがよいでしょう。

なお、銀行カードローンの審査結果は最短で翌営業日には通知されますが、状況によっては遅れる可能性もあるので注意してください。利用を検討している方は、早めに申込むことをおすすめします。

松田 聡子

専門家からの一言

松田 聡子

カードローンは給料日前などの急な出費でお金が必要になったときなどに限度額の範囲で簡単に借りられるため、1枚作っておくと安心です。

銀行のカードローンの審査は厳しいイメージがありますが、安定した収入があり、信用情報に問題なければ通る可能性は高いといえます。

審査を過度に恐れず、誠意ある態度で臨みましょう。審査に通り、カードローンを持ったら、計画的な利用を心掛けてください。

ファイナンシャルプランナー。群馬FP事務所代表。明治大学法学部卒。金融系ソフトウェア開発、国内生保での法人コンサル営業を経て2007年に独立系FPとして開業。企業型確定拠出年金の講師、個人向け相談全般に従事。現在は法人向けには退職金制度の導入コンサル、個人向けにはiDeCoやNISAを有効活用したライフプランニング、リタイアメントプランニングで人生100年時代をマネーの面からサポート。また、金融ライターとしてWEBメディアに寄稿中。ヨーロッパサッカーと洋楽をこよなく愛しています。

松田 聡子の監修記事・プロフィール一覧へ

作曲・編曲などの仕事を経て、専業ライターに。音楽系の記事が得意と思われがちですが、金融・ビジネスに関するテーマが一番得意です。自身が経済的に苦労した経験を活かし、誰よりも分かりやすくお金の知識をお届けします。他にもプログラミング、webデザイン、VODなど様々なジャンルの記事を執筆しています。趣味はプログラミング・アニメ・旅行・ギターの演奏・ミルクティーの飲み比べ。投資にも興味があり、お金の上手な使い方を勉強中です。

谷本 健の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事