更新日:

顔写真付きクレジットカードでおすすめは?発行時の注意点もご紹介

顔写真付きクレジットカードでおすすめは?発行時の注意点もご紹介

クレジットカードの中には、裏面に自分の顔写真をつけることができるものがあり、万が一クレジットカードを落としたり盗難にあった場合でも、不正利用される可能が低くなることから「安心してクレジットカードを利用したい」と考える人に人気があります。

また、顔写真付きクレジットカードは、書類の手続き時やコンサートの入場確認などの際に、簡単な身分証明書がわりに使える場合もあるため、通常のクレジットカードよりも多くの場面で活用することができます。

ここでは、顔写真付きクレジットカードのメリットやデメリットについて詳しく解説していきます。

クレジットカードを作るときには、「顔写真付きにするかどうか」という点もポイントですので、ぜひ参考にしてください。

顔写真付きクレジットカードとは?

顔写真付きクレジットカードは、クレジットカードに顔写真が入っているものをいいます。

顔写真が入っていることで、決済時にお店のスタッフが「カード所有者本人であるか」ということを一目で確認することができるというメリットがあります。

クレジットカードは外出時に常に持ち歩くものですが、人生の中ではカバンを置き忘れてしまったり財布を落としたりしてしまうこともあるでしょう。
またスリや置き引きに財布を盗まれてしまう場合もあります。

このような場合、顔写真付きクレジットカードであれば不正利用される可能性がかなり低くなりますので、安心してカードを持つことができます。

顔写真付きクレジットカードのメリット

顔写真付きクレジットカードにはID機能の強化や防犯など、3つのメリットがあります。

顔写真がついていれば通常のクレジットカードよりも安心して使えるようになりますので、「クレジットカードを誰かに使われてしまうのが心配だ」という人は顔写真付きクレジットカードを検討すると良いでしょう。

三井住友カード
三井住友カードの詳細
Visa Mastercard® アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • カード紛失盗難の際も安心のサポートサービス
年会費初年度 1,375円
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

不正利用が防止できる

クレジットカードの顔写真がついていると、カード利用者が本人かどうかがすぐにわかるため、他人によるカードの不正利用を防止することができます。

クレジットカードはいつもお財布に入れて持ち歩いているものですが、カバンを置き忘れたり盗まれたりして、クレジットカードが他人の手に渡ってしまう危険性はゼロではありません。

しかし、顔写真付きクレジットカードであれば他人が利用するとすぐにわかってしまうことから、不正利用がされにくいというメリットがあります。

また、海外ではスリや置き引きの被害が多く報告されており、カードが盗まれてしまう危険性が日本よりも高くなっています。

しかし、慣れない海外でクレジットカードを盗まれてしまっても、顔写真がついていればカードを不正利用されてしまう可能性が限りなく低くなりますので慌てずにすみます。

このように、顔写真付きクレジットカードは海外旅行でも安心して使えることもメリットとなっています。

身分証明書がわりになる

クレジットカードに顔写真がついていると、簡単な身分証明書の代わりとしても利用することができます。

特に海外では、クレジットカードがIDとして非常に重要視される傾向があり、海外でホテルやレンタカーの予約などを行う場合は必ずクレジットカードの提示を求められます。

その時にパスポートの提示を求められることも多いのですが、顔写真付きクレジットカ―ドであれば、すぐにクレジットカードの保有者であると認識してもらうことができます。

このように、カードに顔写真がついていれば手間なくスムーズに予約を行うことができ、より快適に海外旅行を楽しむことができるというメリットがあります。

ただし、海外における正式な身分証明にはクレジットカードではなくパスポートが必要です。

日本でも、正式な身分証明書としてはパスポートや免許証、マイナンバーカードが必要となっており、顔写真付きクレジットカードは簡単な身分証明としてしか使うことができないということを覚えておきましょう。

発行手数料がかからない

顔写真付きクレジットカードは通常のカードと同様、発行手数料がかからないため、金銭的な負担なく、信頼性が高いクレジットカードを作ることができます。

また、一般のクレジットカードから顔写真付きクレジットカードに移行する場合も手数料がかかりません。

すでに持っているカードを「不正利用がされにくい、安心して使えるクレジットカード」に作り変えたい場合も、無料で変更できます。

顔写真付きクレジットカードのデメリット

顔写真付きクレジットカードには多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。

クレジットカードを作るときには、メリットとデメリットの両方をよく理解しておくことが大切です。

それでは、どのようなデメリットがあるのかをみていきましょう。

顔写真を提出するための手間がかかる

顔写真付きクレジットカードを作るにはいくつかの手順を踏まねばならず、手間と時間がかかってしまうことがデメリットとなっています。

顔写真付きクレジットカードを取り扱っている三井住友カードの場合、申し込みからカード発行までの流れは以下のようになっています。

顔写真付きクレジットカードの申し込み手順

  • 希望する種類の三井住友カードを申し込み、手に入れる
  • 三井住友カードの会員サイトにログインし、顔写真付きクレジットカードの申込書を取り寄せる。
  • 送られてきた書類に必要事項を記入し、パスポート用の写真を添付して返送する
  • 三井住友カードから顔写真入りクレジットカードが郵送で届く

通常のカードを申し込み、そのあと資料を請求して返送し、顔写真付きクレジットカードが届くまで、約1ヶ月かかります。

ただし、それまでは最初に届いた通常の三井住友カードを使うことができますので、不便を感じることはありません。

学生はカードを作ることができない

顔写真がついているいないにかかわらず、クレジットカードは中学生や高校生は作ることができません。

たとえ18才以上で保護者の同意があったとしても、高校生を卒業するまではクレジットカードを作ることができませんので注意しましょう。

学生向けのおすすめクレジットカード比較!大学生でも作れるカードの選び方を解説

カード発行会社やクレジットカードのデザインの選択肢が少ない

顔写真付きクレジットカードを発行しているのは、三井住友カードのみとなっており、他のカード会社を選べないことがデメリットとなっています。

他のクレジットカード会社がこれらのカードを発行していない理由としては、顔写真付きカードの発行コストが高いことが挙げられます。

三井住友VISAカードはセキュリティを重視しているクレジットカード会社として定評があり、利用者が安心してクレジットカードを利用できるように、無料で顔写真付きクレジットカードの発行を行ってくれています。

ただ、顔写真付きクレジットカードのデザインは1種類となっており、他のカードのようにいろいろなデザインのものを選ぶことはできません。

顔写真付きクレジットカードはインターネットの不正使用が防げない

顔写真付きクレジットカードは店頭利用における不正使用を防ぐ効果はありますが、インターネットなどを通じた不正利用を防ぐことはできません。

ネットでの買い物ではクレジットカード本体は必要ではなく、カード番号さえあれば決済を行うことができます。

そのため、ネットショッピングでは顔写真付きクレジットカードの強みを生かせないことがデメリットとなっています。

顔写真付きおすすめクレジットカード7選

顔写真付きクレジットカードを発行している三井住友VISAカードでは、いろいろな種類のカードがあり、自分の年齢や目的にあったカードを選ぶことができます。

ここでは、おすすめのクレジットカード7種類を紹介していきますので、自分に合ったカードを見つけてみてください。

三井住友カードは定番の安心カード

三井住友カード
三井住友カードの詳細
Visa Mastercard® アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • カード紛失盗難の際も安心のサポートサービス
年会費初年度 1,375円
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カードは三井住友のスタンダードなカードで、まずはこのカードを選ぶという人も多くなっています。

どのカードを選べば良いかわからないという人は、年会費が安く基本的な機能をしっかりと備えた三井住友カードをおすすめします。

三井住友カード ゴールドは一生愛用できるハイステータスカード

三井住友カード ゴールド
三井住友カード ゴールドの詳細
Visa Mastercard® アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 旅行保険やショッピング補償が充実
  • 空港ラウンジサービスあり
年会費初年度 11,000円(税込)
年会費2年目〜 11,000円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カード ゴールドはステータス性が高く、世界中どこへ行っても「信頼性が高く、しっかりとした社会的地位がある人」と認識してもらうことができるカードです。

年会費は年間11,000円(税込)となっていますが、条件を満たすと年間4,400円(税込)まで年会費を抑えることが可能です。

ゴールドカードにふさわしいサービスが多く付帯しており、ステータス性だけではなく、実用性にも優れていることが大きな特徴となっています。

三井住友カード プラチナは新規申し込みが可能な最上位カード

三井住友カード プラチナ
三井住友カード プラチナの詳細
Visa Mastercard® アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 国内外を問わず、航空券やホテルの手配、話題のレストラン予約もお任せください。
  • 美食の名店でのお得なプランや、一流ソムリエが厳選したワインのご案内
  • 海外空港のラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」
年会費初年度 55,000円(税込)
年会費2年目〜 55,000円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5.0%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
WAON(ワオン)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カード プラチナは、三井住友カードの中でも最上位に位置する「特別な人のための、特別なカード」です。

一般的なカード会社では、プラチナランクのカードは申し込みをすることができず、カード会社から招待状があった場合のみ作ることができるのですが、三井住友カード プラチナは新規で申し込みをすることが可能となっています。

三井住友カードの利用がはじめてであっても、審査に通過しさえすればステータス性が高いプラチナカードを持つことができるという点が大きなメリットとなっています。

顔写真付きクレジットカードをつくるときの注意点

顔写真付きクレジットカードは安心して利用できることがメリットですが、カードを作るときの注意点がいくつかありますので、しっかりと理解しておきましょう。

顔写真を加工しない

最近は顔写真を加工してきれいに見せられるようなアプリやソフトがありますが、カードを申し込むときの写真は加工せず、そのままの状態で提出するようにしましょう。

カードに印刷される写真は、本人確認のためのものです。いつ誰が見ても「カード保有者本人である」とわかるように、そのままの写真を使うことが大切です。

早めに申し込む

顔写真付きクレジットカードを申し込んでから手元に届くまで約1カ月程度かかります。

まず通常の三井住友カードを申し込むため、数日でカード自体は届きます。しかし、顔写真入りのカードはそこから資料の請求や書類の返送を行わねばなりません。

海外旅行などで顔写真付きのクレジットカードが必要な場合は、1ヶ月以上前に申し込みをしておくようにしましょう。

年齢に注意する

顔写真付きクレジットカードは高校生以下の学生は作ることができません。どうしてもクレジットカードが必要な場合は、家族カードを作ってもらうなどの対応が必要です。

三井住友カードにかかわらず、どのクレジットカード会社でも高校生や中学生はクレジットカードを作ることはできません。

顔写真付きクレジットカードまとめ

顔写真付きクレジットカードはセキュリティが高く、日本や海外で万が一クレジットカードが盗まれてしまった場合でも、不正利用を防いでくれる効果があります。

また、海外では写真付きクレジットカードは簡単な身分証明書としていろいろな場面で活躍してくれるというメリットもあります。

安心してクレジットカードを持ちたい、使いたいという人は顔写真付きクレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

学生時代には月間1,000万PV規模のWebメディアでインターンを経験。 SI系のベンチャー企業での勤務を経て、2017年に株式会社サイバーエージェント入社ののち株式会社CyberSS(現:CyberOwl)に異動。 クレジットカードはアメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)とJAL Global WALLET、キャッシュレスではLINE Payを愛用中。 釣りが趣味で船、陸問わず釣りに行く。どこかにマイルを使って南の島に釣りに行くのが目標。

梶原 健介の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事