みずほ銀行カードローンの口コミ・評判

みずほ銀行カードローンのロゴ
総合評価
4.2
口コミ件数 : 45件
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行
口コミ:45件
5.0
男性 / 東京都 / 20代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
借入スピード 5 | 借入金利 4 | 借入限度額 3 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 4 | サービスの質 5 | スマホ利用 5
カードローンを借りた理由
社会人1年目の夏休みに北米方面へ行くことになったのですが、最初のボーナス前ということもあり、当時の給料だけでは旅行代金を支払うことができなかったため、みずほ銀行カードローンを利用するに至りました。当時は2ヶ月後のボーナスで旅行代金相当額が振り込まれる予定だったため、すぐに返せるだろうと思い、限度額一杯の50万を借入れしました。カードローンの利用は初めてだったので色々な消費者金融とも比較をしましたが、やはり銀行カードローンだと安心して使えるというのとアコムやアイフルのような消費者金融に比べて金利が低いため、今後も継続して利用する場合、毎月の返済額も低い方がいいと考えて同行のカードローンを選びました。

カードローンを利用した感想
審査スピードはさすが大手銀行というべき早さで、会社への在籍確認等が行われていました。50万円の借入れで金利は14.0%と低く、毎月の返済額は1万円と設定されていました。ただ、毎月指定した日付の夜20時ごろに引き落としが行われることを知らなかったため、最初の引き落とし日に1万円を口座に入金しても即時に引き落としがされず、なぜだろうと疑問に思った記憶があります。クレジットカードの引き落としのように入金時に即時で引き落としがある方が安心感が強いと感じました。また、全ての借入れの完済後にみずほ銀行より電話で連絡を受け、極度額の増額を提案されました。それぞれのお客様に対して柔軟に対応している印象を受けました。

借りる前の金利・利息の計算について
実際に借りる前に金利の計算をしました。各カードローンHPにある返済シミュレーションを使ってそれぞれの銀行カードローンや消費者金融の設定している金利で、総返済額にどれぐらいの差が生まれるのか確かめました。その中で三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンが総返済額で最も低かったです。その中で三井住友銀行については口座を持っていなかったため、みずほ銀行を選びました。金利の計算方法については既に知っていました。

返済日について
返済日を忘れたことはあります。私はメインバンクを三菱UFJ銀行に設定しており、当時、みずほ銀行はカードローンの返済にしか利用していませんでした。毎月の引き落とし日に返済額の自動引き落としが行われるため、20万ほど口座に入金しておりましたが、数ヶ月すると全て引き落としがされていて口座の残額が最低引き落とし金額を下回ってしまい、引き落としができなかったことが数回ありました。引き落とし日を管理するためには口座の引き落としを選択する場合メインバンクを選択することが対策となると思います。

周りにバレないための工夫
みずほ銀行のカードローンは専用のカードがあるわけではなく、キャッシュカードにカードローンの機能をつけるというものですので、基本的にATM画面で【カードローン】のボタンを押しているところを見られない限り、周りにバレることはありません。普段から特にお金がないないと騒いでいたわけではないので、旅行代金が払えても周りからは特に疑問はなく、カードローンやキャッシングを利用しているという噂が立つこともありませんでした。在籍確認時も怪しまれないように気を遣ってくださるので安心でした。

借入時に聞かれたこと
氏名、住所、電話番号、年齢、職業、会社名、雇用形態、会社住所、会社電話番号、会社の規模・人数、会社の業種、年収、家族情報、住居の区分(賃貸か持ち家か等)、家賃負担額、みずほ銀行に口座を持っているかどうか、利用目的。基本的に聞かれること(インターネットでの申し込み時に入力する内容)は、他の各種カードローンと特別に違いはないです。申し込みをしてから審査に通ると同行から電話で連絡があり、毎月の手取り額やボーナス額、税金額を詳しく聞かれます。また、利用目的についても簡単にヒアリングがあり、書類を郵送しても良いかどうか、周りへの配慮についても確認をされました。
借入回数: 10回以上 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 借入スピード | 借入金額: 10〜50万円未満 | 借入金利(年): 14.0% | 審査までの時間: 6時間 | 借入までの時間: 6時間 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 3年
4.0
男性 / 千葉県 / 20代 / 学生 / 年収:200万円未満
借入スピード 3 | 借入金利 3 | 借入限度額 3 | 借入のしやすさ 4 | 返済のしやすさ 4 | サービスの質 5 | スマホ利用 4
カードローンを借りた理由
学費を自分で払っていたため、半期で73.4万必要でした。研究室もバイト禁止、学校に行ってからの拘束時間も朝からひどい時は深夜帯まで勉強や研究をさせられて、お金の面は親からの月に3万円と奨学金3万円で合計6万円という少ない金額で生活費や定期代、また投資を行って学費を稼ぐ生活をしておりました。それでもガタは来てしまうもので1文無しになってしまった時にカードローンを利用し、毎月の支払いをぎりぎりで返しておりました。みずほ銀行カードローンを選んだ理由としては一番身近にあったため、相談に行きやすかったためです。相談した時に借りてみたらと勧められた際は驚きましたが、背に腹はかえられないと思いすぐに行動致しました。

カードローンを利用した感想
審査に対してとても時間が長かったのが一番の印象です。私はバイトを行っていなかったため、自分の名義で借りれないことに気づくのが遅く何度も電話でお願いしたのを覚えております。父に相談して父の名義で借用できるスピードが速かったのはしっかりとした収入があったからです。金利については思ったほど高くはなく、しっかり返せる金額になっておりました。当時は20万の借用で金利1.25倍であったため、返済額は25万とそこまで大きく変化がありませんでした。返済に対してはリボリビング形式なのでなかなか減っていかない印象が強いです。対応・独自のサービスに関してはみずほ銀行さんはみずほダイレクトでの返済が魅力的でした。自分の持っているデバイスでいつでも返済できるのは、学校の拘束時間が長い私にとって、とても便利でした。

借りる前の金利・利息の計算について
借りる前に金利の計算はしておりません。今すぐにでもお金が欲しかったため、近くで借りられるところであればすぐに借りようとしておりました。電話対応の時に金利の話をして頂いた時に、自分のデバイスですぐに計算をし、そこまで大きく変化しなかったため、すぐにでも大丈夫ですと伝えて審査に入りました。金利の計算方法は大体知っていてお金を借りている友達から教えてもらいました。その際に計算していてもその場で計算していても借りるという結果は変わらないため、借りる前には計算しませんでした。

返済日について
忘れたことはありません。基本自分で決めることができますし、その日を携帯のメモ等に記載していたため、返済日を忘れた際にはそのメモを見るようにしておりました。他にも返す日をぎりぎりに設定するのではなく、5日前に設定をし、それもメモをしその日に返すと決めておりました。またこの期日に返せなくなってしまったことはあるのですが、期間が5日もあるため返済日に遅れることはありませんでした。万が一忘れるような人であれば、いつも自分の見るものにチェックしてみればいいと思います。

周りにバレないための工夫
周りにバレない工夫としてはいつもの自分を意識するように心がけておりました。バックの中も書類等が見られないようにしっかりカギがついているところに保管し、また母親が厳しかったので、その書類等は屋根裏の倉庫に隠したりしていました。様々なことは友達が経験し痛い目にあっているため、その反面教師として自分もそうならないよう借りる前からしっかり意識してすぐに行動し、チェックし問題がないか再確認を行って対策を練っておりました。

借入時に聞かれたこと
なぜこのような金額が学生に必要なのかという理由であったり、投資やギャンブル目的ではないかと、そのようなことであったり、奨学金を借用していないかなど聞かれたりしました。お金を借りる理由をストレートに聞いてくるのはわかりますが、対応してくれる人が少し厳しめの口調であったため、少し緊張したことを覚えております。そこからの具体的にどのようなのか深堀してきたので、嘘偽りはないのですがしっかり答えられたのかなとその後の審査が不安になり、借りられるか心配した経験があります。審査に入る前は何を聞かれるのか事前に準備しておくことが重要だと思います。
借入回数: 4回 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 借入のしやすさ | 借入金額: 10〜50万円未満 | 借入金利(年): 14.0% | 審査までの時間: 30分以内 | 借入までの時間: 1週間 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 2年
4.0
女性 / 東京都 / 30代 / 会社員 / 年収:200万円未満
借入スピード 4 | 借入金利 3 | 借入限度額 5 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 4 | サービスの質 5 | スマホ利用 5
カードローンを借りた理由
我が家はみずほ銀行を日常生活のメインで使っていたので、審査も通りやすかったり、借り入れまでの時間も早くなるのかなと思い、みずほのカードローンを選びました。借り入れの時期は私が育休中で会社からの収入がなく、旦那からもらうお給料だけでは生活費をうまくやりくりできず、お給料数日前借りといった感じで借りてしまいました。数ヶ月に渡り少しずつ引き落としでの返済のプランで借りましたが、それだと利子も膨らむなと思い、旦那から給料をもらってすぐ銀行に行き、繰り上げ返済で返しました。そのパターンは2ヶ月しましたが、その後は育休手当てももらえたりしたので、それ以降カードローンにお世話になることはなく生活できております。

カードローンを利用した感想
みずほ銀行のカードローンを利用しましたが、審査は普段使っている銀行で口座も持っていたからか、難なく通りました。金利については高いのかなと思いつつも、どこも似たり寄ったりなはずと決めつけ、あまり考えずに借りてしまいましたが、実際に借りてみて、毎月少しずつしか返済せず、利子はもったいないなと思う金額だったので、給料日に直接銀行に行き、繰り上げ返済をお願いしました。窓口での対応に不満はありませんでしたが、自動で毎月引き落としなのに、何で繰り上げするの?といった印象を受けたので、あまり繰り上げ返済する人はいないのかなと感じました。 困ったときには本当にありがたかったけれど、常に頼らなくてはならないものにはしたくないなと感じます。

借りる前の金利・利息の計算について
インターネットで調べたので、金利については何%と書いてあるのはわかっていましたが、実際にどれくらいのものかはよく分からずに借りてしまいました。比較をしても審査など通るのかも不安があったので、普段使っているみずほ銀行にしました。実際に借りてみたときの明細をみて、利子の大きさを痛感し、一日でも早く返したいなと思いました。利子の計算方法はインターネットでも計算できたと思いますが、実際必要だったので、計算しませんでした。

返済日について
返済日を忘れることはなく、常に利子が頭にあったので、通常の引き落としではなく、お金が手元に入ったら直接銀行に繰り上げ返済しに行こうと思っていました。カードローンに関しては、返済日を忘れることはありませんでしたが、光熱費など引き落としのものは、日付順にいつ、何の分が、いくら落ちる、と携帯のメールをメモ代わりにして使い日々チェックするようにしているので、今のところ引き落としできなかったことはないです。

周りにバレないための工夫
正直、ギャンブルなどで困ってのカードローンではなかったので、ばれても構わないとは思っていました。でもやりくりできなかった情けなさ、恥ずかしさもあり、全て自分一人でカードローン申し込みから受け取り、繰り上げ返済も行いました。繰り上げ返済をしたことにより、通帳のカードローンに引き落としと記入されることも少なく済みました。通帳管理も私一人で行っているので、周りには知られていないかと思います。工夫ではないけれど、全て一人でやれば気にもされないでいます。

借入時に聞かれたこと
私の場合は全てインターネットで申し込みをしたので、会話などはなくインターネット上で手続き完了でした。インターネット上の質問では、どのくらい借りたいのか、何の目的か、あとは引き落としにする際の日付をいつにするかを聞かれたと思います。(ほぼ選択するだけのような質問だったかと思います)。借り入れの限度額は決まっていたので、その当時の限度額まで借り入れをお願いしました。引き落とし日に関しては、2日候補のあるうちで選べたと記憶しています。給料日直後の設定でお願いしました。
借入回数: 2回 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 借入スピード | 借入金額: 10〜50万円未満 | 借入金利(年): 14% | 審査までの時間: 24時間 | 借入までの時間: 30分以内 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 1ヵ月
3.0
男性 / 東京都 / 20代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
借入スピード 2 | 借入金利 3 | 借入限度額 4 | 借入のしやすさ 4 | 返済のしやすさ 4 | サービスの質 2 | スマホ利用 4
カードローンを借りた理由
新入社員時代、まだ貯金はそれほど多くしていなかった時期にかなり高額なセミナーに通うことになり、お金が一時的に足りないという状況となった。セミナーに参加している間、自身の給料だけでは生活できなくなり、それで技術が身に着けば返済できるようになると思って一時的にお金を借りることにした。このみずほ銀行カードローンを選んだ理由は、自分の勤める会社のメインバンクがみずほ銀行であったので、金利が安く抑えられるのではないかと思って審査を受けた。

カードローンを利用した感想
審査については引っ越したばかりで住所変更等の手続もされておらず、それが一致しないとの問題で何度もやり取りをすることになった。お金のシビアな問題だったにもかかわらず、スタッフのその時の対応もあまりよくなかったので、かなりイライラしたのを覚えている。金利に関しては一般的な消費者金融から借りるよりもかなり安い値段で借りれたと思った。また、一度審査が通った後は、返済や追加での借り入れに関してすべてATMで行うことができたことは便利だと感じた。ただし、みずほ銀行自体が何度もATMがシステム入れ替えの時期だったため、止まったりしていた期間もあって、かなりストレスが多かった。独自のサービスについては銀行へ行かなくてもそのまま借りれるみずほ銀行カードローンが便利だと感じた。

借りる前の金利・利息の計算について
金利の計算はそのような自動計算してくれるサイトに数値を入力した程度である。返済期間や月々どのくらい返済するかを入力することで、自動で計算してくれるため、大変便利だと思った。金利の計算方法については知らないまま借りたが、そちらでの金利の計算結果から、代替の返済プランを立てることができたため十分だと思った。

返済日について
返済日については、忘れていたことはない。普段からクレジットカードの引き落とし日とカードローンの返済日についてはしっかりとスケジュール帳に記載してあり、その2日前にもリマインドしてくれるようにしておいたため、返済が遅れるということは一度もなかった。カードローンの返済が遅れることで信用に傷がつくリスクは避けることに注意を払った。

周りにバレないための工夫
両親などには絶対に通知が行かないように書類はすべて自分の借りている家の方に送るようにした。また返済日は絶対に忘れないようにし、しっかりと期限を守って返済するようにした。周りの人にも気軽に借金があることを言わないようには心がけた。普通に生きていたら借金が必要ないような境遇のコミュニティに所属していたため、自分から言わなければ特段ばれることはなかった。

借入時に聞かれたこと
借り入れに当たって、現在の給料、就労年数、家族構成(特に扶養している家族はいるか)、両親の年収、会社名、他社での借り入れの有無などを聞かれた。それらを総合して評価したうえで年利及び借り入れの限度額を決めるとの旨を伝えられた。また、虚偽の申告はしてはいけないといった旨もそれぞれの質問に回答していく前に伝えられた。
借入回数: 2回 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 金利 | 借入金額: 50〜100万円未満 | 借入金利(年): 10% | 審査までの時間: 2日 | 借入までの時間: 2日 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 12ヵ月
4.0
女性 / 福岡県 / 30代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
借入スピード 3 | 借入金利 4 | 借入限度額 4 | 借入のしやすさ 3 | 返済のしやすさ 3 | サービスの質 3 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
引っ越し資金が必要になったため、みずほ銀行カードローンを利用しました。また父親の介護もあり、生活費のためにも借りました。アルバイトで月々の生活も厳しかったので自由に借りたり返したりできるカードローンがよかったです。みずほ銀行のカードローンが一番限度額が高かったため、みずほ銀行を利用することに決めました。

カードローンを利用した感想
みずほ銀行カードローンは審査に少し時間がかりました。また口座を作るのに来店が必要で近くに店がないために借りるまでの時間は一週間ほどかかりました。来店がすぐにできれば、借り入れまでの時間は2日くらいだと思います。金利もキャンペーンがあったりするので、18%以下で借りれました。口座引き落としで返済していたため、返済方法自体に特に手間はかかりません。一度返済が遅れたことがありますが、ハガキが届き、そのハガキで支払えば電話もかかってきませんでした。電話や来店しての対応はわりとたんたんとしていて、事務的でした。カードローンの借り入れや返済はイオン銀行ATMでできます。手数料も平日の営業時間内は0円でした。みずほ銀行カードローンを利用してみて便利だと思いましたし、特に不自由もなかったです。

借りる前の金利・利息の計算について
とにかくお金が必要でしたし、金利のパーセンテージが一番低かったので、計算はしませんでした。特に説明もなかったですし、正直金利のことは気にしていませんでした。金利の計算方法もよくわかりません。最初はなんとなくこのくらいかなと思っていても、借りたり返したりするとどういう計算方法になるのか知らないので、分からないまま借りたり返したりしていました。

返済日について
口座引き落としにしていましたが、一度だけ口座にお金が入っていないことがあり、ハガキが届きました。そのハガキで支払えば電話もかかってこなかったので、特に問題はなかったのかなと思いました。給料が入る通帳からの引き落としだったため、特に気を付けてはいませんでした。給料が入る通帳からの引き落としにしていればお金の入れ忘れはないと思います。

周りにバレないための工夫
独り暮らしだったため、家族等にはバレない工夫はしていません。ただ、本人確認で会社に電話がかかってくるため、そのときは個人名で問い合わせをしてもらいました。かかってくる時間をあらかじめ指定もしていました。あとは郵便くらいですが、郵便は登録住所に届くため、自分が受けとればバレないと思います。バレないように送ってくれるサービスはありませんでした。

借入時に聞かれたこと
個人の基本情報(氏名・住所・誕生日など)、職業情報(会社名・電話番号・住所・勤続年数など詳しい内容)、他の借り入れ状況(件数・金額)や利用理由(生活費など)も聞かれました。希望サービス(おまとめ、フリーローン、カードローンなど)、家族構成(同一世帯)なども聞かれました。本人確認書類もそのときに一緒に提出しました。
借入回数: 10回以上 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 限度額 | 借入金額: 50〜100万円未満 | 借入金利(年): 14% | 審査までの時間: 24時間 | 借入までの時間: 1週間 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 3年以上
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行