みずほ銀行カードローンの口コミ・評判

みずほ銀行カードローンのロゴ
総合評価
4.2
口コミ件数 : 45件
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行
口コミ:45件
4.0
女性 / 東京都 / 20代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
借入スピード 5 | 借入金利 4 | 借入限度額 5 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 5 | サービスの質 5 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
結婚資金として借り入れをしました。結婚にかかる費用(結婚式+2次会の準備費用、ブライダルエステ等)は最低限としたつもりですが、どうしても妥協したくない点等もあり予算を少し上回ってしまいました。その結果自分たちの貯金だけでは都合が付かなくなってしまい、親にも頼りたくなかったので銀行のカードローンを利用しました。

カードローンを利用した感想
カードローンの申し込みは初めてでよくわからず不安だったので、銀行の窓口で直接担当の方とお話ししながら行いました。わからない部分は丁寧に説明していただくことができたので、安心して申し込むことができました。元々メインバンクがみずほ銀行でクレジットカードも所持していたため、審査自体はスムーズだったと思います。申し込みからそれほど時間もかからず借り入れすることができ、実際にお金を使うタイミングに間に合ったので非常に助かりました。返済は毎月決まった日に自動引き落としをしていた他に、ボーナスなど臨時収入があったときや生活費に余裕があるときに銀行のATMから随時返済を利用していました。操作も特に難しいことはないので、誰でも簡単にできると思います。

借りる前の金利・利息の計算について
自分では金利の計算方法が調べてもよくわかりませんでした。でも何もわからない状態で借りるのは危険だと思いましたので、ネットを利用し「この金額をこの金利・返済期間で借りると、最終的な返済額はこのくらいになる」というのをシミュレーションしてから借り入れを行いました。

返済日について
返済日を忘れたことはありません。返済を管理するポイントとしては、毎月、自分の口座から自動的に引き落としされるように設定し、返済日には必ず引き落としがされたかどうか(例えば残高不足になっていないか等)を確認することだと思います。

周りにバレないための工夫
金銭関係の話自体、周りの人と話すのはなるべく避けるようにしました。また事前に返済計画をしっかり立てる、臨時収入があったときは積極的に返済に回し、少しでも余計に金利がかからないようにするなど、とにかく早く返すように心がけました。

借入時に聞かれたこと
借り入れの用途と他社での借り入れ状況について聞かれたと思います。用途についてはしっかり答えないといけないと思います。また他社での借り入れ状況によっては、審査が難しいのではと感じました。ただし、私は大学時代の奨学金(無利子)の返済が残っていましたが、こちらの返済も毎月きちんと行っていたためか特に問題はありませんでした。
借入回数: 5回 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: 安心感 | 借入金額: 100〜300万円未満 | 借入金利(年): 12% | 審査までの時間: 1週間 | 借入までの時間: 1週間 | 借入用途: 一時的な利用 | 返済期間: 12ヵ月
4.0
女性 / 鹿児島県 / 40代 / 主婦 / 年収:収入なし
借入スピード 4 | 借入金利 4 | 借入限度額 3 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 5 | サービスの質 5 | スマホ利用 5
カードローンを借りた理由
急な引っ越しが決まり、新居で使うものなどを新品な品物に揃えたいと思った時に、インターネットでカードローンを検索してみたところ、みずほ銀行カードローンを目にしました。申し込み条件を確認したところ、専業主婦でも借り入れ可能とのことだったのでみずほ銀行のカードローンなら安心感もあると思い、申し込みをしました。

カードローンを利用した感想
みずほ銀行カードローンは申し込みをした翌日には審査の結果が出ました。正直、数日はかかると思っていたので審査スピードの速さに驚きました。金利は14%と一般のクレジットカード会社のキャッシングよりは低めの金利と感じたのでありがたかったです。返済は毎月10日の24時に引き落とされるため、10日24時までにみずほ銀行の口座に入金してあれば、引き落としで入金処理となりますので返済も手軽に行えるといった印象でした。追加の借り入れや返済もコンビニATMで行えたので、気軽に利用できる点が助かりました。初回の借り入れから1年ごとに限度額アップの案内が届きました。みずほ銀行カードローンを利用するには、みずほ銀行の口座が必要なので急ぎでカードローンを利用したい人には少し不便な点もありますが、それ以外は使いやすいカードローンだと思います。

借りる前の金利・利息の計算について
みずほ銀行カードローンを申し込む前に金利の計算をしました。以前クレジットカードなども利用していたので、金利はやはり気になります。金利の計算方法も知っていたので金利計算に関しては特に問題ないと感じました。

返済日について
クレジットカードもローンも信用が一番大事なので、返済日を忘れたことはありません。前もって自分のスケジュール帳に返済日と返済額を記入しておきました。またスマホのアプリにも入力していたので二重チェックで忘れることはなかったです。

周りにバレないための工夫
家族にばれるのが嫌だったので、契約から1週間ちょっとしたときに送られてくる郵便物を確実に自分が受け取ることができるように家に待機していました。ただ、みずほ銀行カードローンの案内はみずほ銀行の封筒で送られてくるので、銀行からの案内だと言ってしまえば大丈夫だと思います。

借入時に聞かれたこと
みずほ銀行カードローンに審査途中で連絡があり、本人確認として名前・住所・生年月日・電話番号・職業を聞かれました。その他には、他社の借り入れ件数と借り入れ額も確認されました。短い時間での簡単な確認であったため5分もかかりませんでした。それ以外に聞かれたことはなく、審査の後の流れについての説明を丁寧に教えていただきました。
借入回数: 10回以上 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 安心感 | 借入金額: 10〜50万円未満 | 借入金利(年): 14% | 審査までの時間: 12時間 | 借入までの時間: 1週間以上 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 3年以上
5.0
男性 / 東京都 / 40代 / 個人事業主・自営業 / 年収:200〜400万円未満
借入スピード 5 | 借入金利 4 | 借入限度額 5 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 5 | サービスの質 3 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
みずほ銀行カードローンで借りたのは自営業の稼ぎが安定していない頃で、生活費が足りなくなり、一時的な補填として利用しました。 今までカードローンを使ったことがなかったため、どこにするか迷いましたが、メガバンクという安心感とキャッシュカードを持っていたので手続きがスムーズだったということが決め???となりました。

カードローンを利用した感想
みずほ銀行カードローンの審査は口座・キャッシュカードを持っていたためATMの操作ですぐに済ませることが出来ました。 金利は、最初は14%でしたが、半年ほどして50万円を借りた時点で12.5%に下がりました。 返済については、毎月1~2万円ずつの口座引き落としで、その時の借りている金額によって変動しました。 対応は特に不満な点はないのですが、とりたてて良いということもなく、ごく普通です。 独自のサービスとして、「自動貸越機能」があり、口座から現金を引き出す際に、残高が不足していると、自動的に不足している分を融資してくれるというサービスがあります。 ただし、キャッシュカード兼ローンカードの一体化したカードを持っていなければならず、別々に所持している場合は利用できません。

借りる前の金利・利息の計算について
おおよその計算はしていましたが、実際に借りてから詳細な計算をしました。 金利の計算方法はインターネットで調べてやってみました。 月ごとで見ると、「これくらいなら」と思う金額でも、総額を知ると少し驚きました。

返済日について
返済日を忘れたことはありません。 スマートフォンのスケジュールに入れているのですが、返済日当日と2日前、5日前にも書き込んで忘れないようにしています。 紙の手帳も使っており、みずほ銀行カードローン専用の色ペンで記入しています。

周りにバレないための工夫
特にこれといった工夫はしていませんが、念のため、自宅や職場からは離れたみずほ銀行を使って申し込みをし、その後の利用に関してはどこのATMでも特に気にしないで利用していました。 ATMを利用する際は、カードローンなのかキャッシュカードなのかわからないので気にすることもありません。

借入時に聞かれたこと
全てATMの操作で、年収、居住年数などのいわゆるクレジットカードを作る際に必要になってくる定番の質問だけでしたが、限度額は上限が50万円に設定されていました。 全ての項目を入力するまでに10分から15分でした。 元々キャッシュカードがローンカードと一体化してあって、それを使えるようにするための作業を行ったという感じです。
借入回数: 5回 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: 安心感 | 借入金額: 50〜100万円未満 | 借入金利(年): 12.5% | 審査までの時間: 30分以内 | 借入までの時間: 30分以内 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 2年
3.0
男性 / 千葉県 / 30代 / 会社員 / 年収:600〜800万円未満
借入スピード 3 | 借入金利 3 | 借入限度額 3 | 借入のしやすさ 4 | 返済のしやすさ 3 | サービスの質 3 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
いつも仕事で使用している車が故障してしまったため、緊急で中古車を購入しようとしたため必要になりましたので利用しました。すでに借り入れもあったため、唯一通ったのがみずほ銀行でした。すぐに返済できる金額で探したので比較的容易に決められました。車がないことは死活問題でしたし、ポンとすぐに出せるような安い買い物ではありませゆでしたので、頼ってしまいました。

カードローンを利用した感想
審査そのものは三日以内で終わり、借り入れ可能額もそのタイミングでわかったので、借り入れをするか否かの判断をしやすかったのはよかったです。金利はやや高めでしたが、すぐに返済することが可能でしたので、そこはあまり気にせずに決めました。他の借り入れがなかったり、きちんと収入があれば、金利も低く抑えられると思います。ただし、あまり借り入れ可能額はそこまで大きくなりづらいのも特徴かなと思います。使いすぎないという意味では良いのだと思いますが、入り用の時には向かないかもしれません。返済や繰上げ返済は他行と比べても無駄はありませんし、返済日だけ忘れないようにしていれば何ら問題はないと思います。良いカードローンだと思います。

借りる前の金利・利息の計算について
計算はしていませんが、どの銀行さんもあらかじめ自分の財政状況に応じた金利の情報を提供してくださっていますし、なによりも便利なシミュレーターも用意されていたと思いますので、計算の仕方を知っている必要はないかもしれません。

返済日について
返済日を忘れるのは致命的なので、絶対に忘れないように、携帯のアラームを活用したりしています。それ以上に有効だと思うのは、最初の返済月には二ヶ月分を口座に入れておくことで、うっかり忘れを避けることができます。

周りにバレないための工夫
バレないようにするには、やはりネットで全ての工程を完結できることを条件に探すことが一番でしょう。肝心なキャッシュカードを受け取るタイミングが一番ドキドキですが、職場や郵便局止めにしたりすることで対応できると思います。

借入時に聞かれたこと
みずほさんは来店不要で手続きできるので、こちらとしては大変助かります。来店不要のメリットの一つに、利用目的を言葉で説明する必要がないことがあると思います。どのネットバンクも同じなのですが、申し込みをする際に最初の方で用途を選択するかたちで理由を伝えることになります。言いづらいことも言う必要がないのはありがたい限りです。
借入回数: 1回 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 借入スピード | 借入金額: 10〜50万円未満 | 借入金利(年): 14% | 審査までの時間: 3時間 | 借入までの時間: 1時間 | 借入用途: 一時的な利用 | 返済期間: 6ヵ月
4.0
女性 / 埼玉県 / 20代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
借入スピード 5 | 借入金利 3 | 借入限度額 2 | 借入のしやすさ 5 | 返済のしやすさ 5 | サービスの質 4 | スマホ利用 3
カードローンを借りた理由
約30年前、経理課勤務であったため、「つきあい」で申込みをしました。特にお金が必要だったわけではありません。 数年経ってから、 ①旅行の際の一時的に利用 ②離職したため、生活費の補てん ③情報商材費等、スキルアップのための教育費 と、様々な用途で利用しました。 完済しては、また別の用途で借入れをし、の繰り返しです。 現在も借入中です。

カードローンを利用した感想
景気の良い時代に、銀行の担当者に頭を下げられて、申し込んだものですから、審査があったことすら気づきませんでした。 現在ならきっと、審査に少し時間をとられたのかもしれませんね。 金利は良心的だと思いました。当初はサラ金などは30%近い暴利だったので、尚更、銀行は安心だと思いました。 返済は、月々1万円でした。よって、50万円ほど借り入れると、なかなか返済できませんでした。 もしかしたら、月々の返済額を変更する手続きがあったのかもしれません。私は手続きをしませんでした。 お金のない時期は、月々1万円ずつ返済し、まとまったお金を手に入れた時、大きく臨時で返済をしたりしました。 世間も自分自身も、一番景気の良かった時代に作ったきり、結婚して専業主婦になってもパート勤務になっても離婚をしてもまた正社員に戻っても、完済の実績があったからなのか、どんな社会的地位になっても、借入れをすることができました。

借りる前の金利・利息の計算について
借りる前に金利の計算はしませんでした。 金利の計算方法はくわしくは知りませんでした。知りたくなったら、ネットなどでいくらでも検索できるので、あえて勉強しませんでした。 ですが、借入中ざっくり計算することはします。 例えば、50万円を借りているので、年利15%だったら、残高×年利だったとしても、575,000円くらい返済することになるのだろうと。

返済日について
返済日を忘れたことはありません。 ただ、残高不足に気付かず、返済できなかったことはあります。 管理するための工夫と、いえるかどうかわかりませんが、エクセルなどに、カードローン等の金融機関およびカード会社の締め支払日を明記し、家計簿管理はします。 あと、給与日は、他で使う前に返済口座に、あらかじめお金を入金しておきます。

周りにバレないための工夫
周りにばれないよう、配慮したことはありません。 ですが、カードローンを利用していることを、誰かれ構わず、むやみに公言したりはしないです。 ばれない工夫としては、だれかれ構わず、むやみに公言しない、ということでしょうか。 信頼のおける友人に、もし、大きな買い物の前にお金のアドバイスを求められたら、その時は、 自分はカードローンを利用したことを、正直に伝えるかもしれません。

借入時に聞かれたこと
借入時に、聞かれたことはありません。 現在、窓口で申し込みをしたなら、聞かれるのかもしれないですね。 ただ、何か聞かれるのは、例えが借り入れが教育の為とか、車購入とか、 用途によっては、別の借入サービスのほうがお得なこともあるため、 用途を確認した上で、申込み手続きをしたほうが良いと判断されるからだと思います。
借入回数: 10回以上 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: 返済のしやすさ | 借入金額: 50〜100万円未満 | 借入金利(年): 15% | 審査までの時間: 30分以内 | 借入までの時間: 1週間以上 | 借入用途: 生活費 | 返済期間: 3年以上
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社みずほ銀行