更新日:

カードローンで事業資金を調達できる?おすすめの借入先もご紹介

カードローンで事業資金を調達できる?おすすめの借入先もご紹介

取引先からの支払いが遅れているときや、つなぎ資金が足りないときなど、事業資金を用立てなくてはいけないときがあります。個人的にお金が足りないときには便利なカードローンですが、事業用の資金が不足するときにも使えるのでしょうか。

また、個人用のローン商品を使って借入れたお金は、事業用の資金として使用することはできるのでしょうか。この記事では、事業資金をカードローンで調達することに関する疑問に答えます

カードローンで事業資金を調達できるかは商品によって異なる

さまざまな借入方法のなかでも、カードローンは気軽に利用できる方法として人気を集めています。限度額内なら何度でも借入れ・返済できるローン商品のため、一度契約を済ませておくと申込み不要で追加融資を受けられます。

また、ローン用のカードを使って銀行やコンビニなどのATMから現金を引き出せるだけでなく、自分の口座に直接借入金を振り込める点もメリットです。

カードローンは何度でも借入れできる性質上、基本的には使途は限定されていません。しかし、事業資金に関しては、かならずしも使えるとは限らないのです。

カードローンが事業資金に使えるかを見分ける方法

カードローンが事業用の資金に使えるかどうかは、商品ごとに異なります。たとえば、大手カードローンである三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の商品詳細には、下記のような記載があります。

さまざまな用途にお使いいただけます(事業性資金を除く)。

さまざまな使途に使えることが特徴のカードローンですが、上記のように事業資金に限っては使用を禁じられていることがあります。つまり、事業資金を借りられるかどうかは、そのカードの商品内容を調べてみなくては分からないのです

大手カードローンは事業資金に使えるか?

それでは、大手カードローンの各商品を事業用資金として使うことはできるのでしょうか?

各商品を事業資金として利用できるか否か、そして、メインのカードローン商品以外に事業資金用の商品が展開されているかを以下の表にまとめてみました。

大手カードローンの使途・ビジネス用商品の有無
カードローン 事業資金としての利用 事業資金用商品の展開
アイフル ・事業サポートプラン(個人用・法人用)
アコム ・個人事業主向けのビジネスサポートカードローン
プロミス 個人事業主の場合は可 ・自営者カードローン
三井住友銀行 カードローン 不可 ・ドクターズパートナー
・ビジネスセレクトローン など
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック) 不可 ・展開なし(※)
みずほ銀行カードローン 不可 ・事業ローン
(※)中小企業や個人事業主の方には、三菱UFJ銀行の子会社・三菱UFJフィナンシャルパートナーズが貸付を担当しています


大手消費者金融では個人用のカードローンを使って事業用のお金を借りることは禁じられていませんが、銀行の個人用カードローンでは事業目的の資金を借りることはできないことが多いです。

しかし、三井住友銀行やみずほ銀行のように、事業資金用の商品が別途展開されている場合もあるので、使途に合わせてローンの種類を選ぶようにしましょう。

実際に、「事業資金としての利用不可」である三井住友銀行のカードローンに申込んだ方は、審査の際に下記のような質問を受けたそうです。

(30代 / 女性 / 個人事業主・自営業 / 年収1,000万円以上 / 借入金額300〜500万円未満)

事業資金ではないかどうかの確認があり、事業以外での借り入れが目的と分かると質問は終わりました。

電話でローンで借りるお金の使途に関して尋ねられたようです。

こちらの方は職業が個人事業主・自営業者のため、会社員の方よりも事業資金に使う可能性が高いと判断されたのかもしれません。

また、三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)にも、下記のような口コミがあります。

(20代 / 男性 / 会社員 / 年収200〜400万円未満 / 借入金額50〜100万円未満)

バンクイックでは使用用途は特に聞かれませんが、事業資金としての使用は禁止と言われました。事業資金としてではないですか?と言う事と、年収や他での借り入れ件数、金額を聞かれました。

こちらの方は会社員ですが、やはり事業用の資金として使うのかどうか尋ねられています。最近はインターネットを使って販売業や輸入業をおこなう方も多いですから、ほとんどの方に借入金の使途を尋ねているのかもしれません。

生活費のために借りたお金を事業資金に充てることはできる?

元々ビジネス資金にも使えると明記されているカードローンから借りた資金なら、事業用に使っても何の問題もありません。

しかし、事業用に使うことを禁じているローン商品から借りたお金なら、ビジネス資金として使用すると、規約違反で利用停止強制解約などの措置を取られることがあるので注意が必要です。

そのため、本当は事業資金として使いたいのに、「生活費のため」と偽って借りることがないようにしましょう。また、生活費として借りたお金を、勝手に事業資金に充てることも避けたほうが賢明です。

それでは、利用したいカードローン商品が、事業資金としての利用NGなときには、どのように対応すればよいのでしょうか?

①ビジネスローンを検討する

事業資金を調達する方法の1つに、ビジネスローン(事業者ローン)があります。

ビジネスローンとは、ビジネス目的の資金使途に使える商品のことです。対象は、個人事業主や法人であることがほとんどです。

三井住友銀行やみずほ銀行のように、「事業資金のためにカードローンを利用することはNGだけど、代わりにビジネスローンを展開している」という銀行もあります。利用したい銀行が決まっているなら、それらのビジネスローンを検討してもよいでしょう。

ただし、カードローン商品とは異なり、返済専用で何度でも借入れ・返済することができない場合が多いので、長期的に追加融資を受けたい方にはおすすめできません。

専門家からのコメント

吉野 裕一
吉野 裕一

ビジネスローンでは、無担保で融資を受けられる商品も多く、実際の融資までの期間も公的な融資や銀行融資と比べ早いというメリットがあります。

最短では即日で融資を受けられる会社もあるようです。

しかし、借入可能額が低く設定されていたり、金利が高く設定されていたりしますので、限度額や返済を考えた借り入れが必要になってきます。

②日本政策金融公庫を検討する

さらに、少しでも低金利で借りたい方は、財務省所管の金融機関・日本政策金融公庫から融資を受けることも検討してみましょう。

日本政策金融公庫では担保なしで年0.76〜2.45% or 基準利率年2.16〜2.45%、担保ありで年0.30〜2.10% or 基準利率年1.21〜2.10%(※)で融資を提供しています。

日本政策金融公庫ではこれから起業する方向けのローンもあるので、幅広い方への融資を実現しています。たとえば以下のようなローン商品があります。

(※)2020年2月3日時点。出典:日本政策金融公庫「国民生活事業(主要利率一覧表)」


日本政策金融公庫の事業向けローン
ローン名 商品概要
融資上限額
一般貸付 ほとんどの事業で利用可能 4,800円(特定設備資金:7,200万円)
経営環境変化対応資金 売上が減少しているなどの業績悪化が観られるときに利用可能 4,800万円
金融環境変化対応資金 取引している金融機関が破綻したときなどに利用可能 4,000万円
新規開業資金 新たに事業を始める場合、もしくは開業後約7年以内の場合に利用可能 7,200万円(うち、運転資金として4,800万円)
(※)出典:日本政策金融公庫「融資制度一覧から探す」


このように、カードローンやビジネスローンと比べて低めの金利がうれしい日本政策金融公庫ですが、審査には時間がかかる傾向になります。

また、ビジネスローンと同様にこちらも融資後は返済専用になるので、何度も借入れ・返済を繰り返すことはできない点に注意が必要です。

日本政策金融公庫で融資を受ける際には、審査に時間がかかったり、保証人が必要な融資が多かったりするというデメリットがあります。

急に資金が必要になったり、個人で事業をおこなわれたりしている方にとっては、選択肢に入れづらいかも分かりませんね。

ただ、金利が銀行やカードローンに比べて圧倒的に低いという魅力があります。

日本政策金融公庫で一度、融資を受けたという実績があれば、審査が厳しいとされる銀行などの金融機関での融資の審査も通りやすくなるようです。

手間や時間がかかるかも分かりませんが、時間に余裕がある場合には、まずは相談に行かれるのも良いかもしれません。

③事業資金としての利用OKなカードローンを探す

利用したいカードローン商品を事業資金として利用することができなかったときは、他社の「事業資金として利用できるカードローン」を探してもよいでしょう。

カードローンの魅力は、融資スピードの速さや、借入れ・返済が多様だったり、契約機やATMの数が多かったりすることによる利便性の高さです。

日本政策金融公庫ほど金利が低い商品はあまりありませんが、ビジネスローンと比べると、金利面で引けを取らないケースも少なくありません。何度も借入れ・返済を繰り返したい方には、事業資金として利用できるカードローンの検討をおすすめします。

事業資金として利用できる具体的なカードローン商品については、次の章で詳しく説明します。

事業資金を借りるのにおすすめなカードローンは?

事業に使うお金が不足するたびにローンを申込むのでは、手間もかかり、事業自体に支障が出る可能性もあります。

とりわけ個人事業主や自営業者などの一人で事業をしている方なら、必要なときに必要な金額だけを借りられるカードローン型のローン商品が便利といえるでしょう

この章では、事業用の使途にも使える商品をピックアップしてご紹介します。まずは、以下の一覧表で基本スペックをご覧ください。

大手消費者金融の事業資金に使えるカードローン一覧
消費者金融 申込める方
アイフル
・満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方
アコム ・20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有する方
プロミス
・満20歳以上69歳以下の安定した収入がある方
アイフルビジネスファイナンス株式会社 ・申込時に満20歳~満69歳までの方
・個人事業主、法人代表者

大手消費者金融のアイフル・アコム・プロミスでは、メインのカードローン商品を事業資金のために利用することが可能です。銀行では、メインのカードローン商品を事業資金として利用できない場合が多いので、この点はうれしいですね。

また、アイフル株式会社の子会社であるアイフルビジネスファイナンス株式会社でも、事業資金として利用できる「カードローン」が用意されています。

ご紹介する4社は、いずれも融資スピードが速く、最短で即日融資が可能です。急ぎで事業資金を調達したい方には、とくにおすすめな商品だといえるでしょう。

アイフル

アイフルでは、通常のキャッシングローンを事業資金として利用することができます。

最短30分の審査スピードや、初回契約日の翌日から30日間の無利息サービスが魅力的です。さらに、Web完結なら来店不要で、カードレス契約も可能です。

また、メイン商品のキャッシングローンだけでなく、アイフルには事業者用の「事業サポートプラン」も用意されています。無利息サービスは利用できませんが、不動産を担保に事業資金を借りることもできるので、不動産をお持ちの方は要チェックです。

さて、実際にアイフルのキャッシングローンで事業資金を借りた方の口コミを紹介します。

(40代 / 男性 / 会社員 / 年収400~600万円未満 / 借入金額50~100万円未満)

事業を営んでいまして、当時資金繰が若干逼迫しており、メインの銀行の融資審査の時間を待っている余裕がないまま支払い先への支払期日が迫り、一次的な回避措置として借り入れすることにしました。

上記の方は、銀行の審査を待っている時間がなく、アイフルでつなぎ資金を借りたということです。やはり、融資スピードの速さはアイフルの長所といえるでしょう。

アイフル
アイフルのバナー
おすすめポイント
  • 最短30分で審査完了!即日融資も可能
  • 誰にも知られずWEB完結!郵送物一切なし
  • 初めての方なら最大30日間利息0円
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
原則不要(※)
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アイフル株式会社

アコム

アコムでは、メインのカードローン商品を事業資金として利用することが可能です。

アコムの公式サイトでは、「事業資金としての利用可」という明記は見当たりません。

しかし、公式に問い合わせてみたところ、「アコムはフリーローンなので利用目的はお客様にお任せしており、事業資金としての利用も問題ありません」との回答がありました。そのため、事業資金を借りたい方も安心して申込める商品といえます。

アイフルと同じく、最短30分の審査スピードや、初回契約日の翌日から30日間の金利0円サービスが魅力的です。さらに、金融機関によっては最短1分のスピーディーな振込融資も受けられます。

また、「ビジネスサポートカードローン」という事業用のローン商品もありますが、カードローンのほうが下限金利が低く、なおかつ融資上限額が大きいため、使い勝手はよいかもしれません

アコム
アコムのバナー
おすすめポイント
  • 30日間金利0円サービス
  • ご利用可能金額は 1万円~800万円、ご利用用途は自由
  • お客さまのご都合にあった方法でお借入、ご返済が可能
実質年率
3.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜800万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by アコム株式会社

プロミス

プロミスでは、個人事業主であれば、メインのカードローン商品を事業資金のために利用することができます。

プロミスのカードローンは、審査最短30分の融資スピードだけでなく、初回借入日の翌日から30日間の無利息サービスや、金融機関によって最短10秒で振込可能な「瞬フリ」が魅力的な商品です。

カードローンとは別に「自営者カードローン」の展開もありますが、事業実態を疎明する書類が必要になったり、最低金利がカードローン商品よりも高かったりすることから、個人事業主の方にはメイン商品のカードローンのほうが利便性が高いかもしれません。

プロミス
プロミスのバナー
おすすめポイント
  • お申込み~ご融資までのスピードが早い!
  • 無担保でお借入れできる!
  • 契約額の範囲内で、繰り返しご利用可能
実質年率
4.50〜17.80%
借入限度額
1万円〜500万円
審査時間
最短30分
融資時間
最短1時間
コンビニ
セブンイレブン ローソン ファミリーマート ミニストップ
収入証明書
50万円まで原則不要
中に借入する場合
残り
【PR】Sponsored by SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

アイフルビジネスファイナンス株式会社「カードローン」

アイフルビジネスファイナンス株式会社はアイフルのグループ会社で、ビジネス用のローンを専門にあつかっている会社です。

何度でも借入れ・返済を繰り返せる「カードローン」や、必要な資金をまとめて借りる「ビジネスローン」などのさまざまなローン商品がありますが、いずれも以下で明記されている通り、ビジネス資金に特化した商品です。

いわゆるお勤めの方(サラリーマン・パート・アルバイト等)はお申込みいただいてもお断りさせていただきますのでご了承ください。
※弊社のご融資商品は全て事業性融資専用であるため。

また、アイフルビジネスファイナンス株式会社は審査の進み具合によっては最短で即日融資にも対応しており、今すぐ事業用資金が必要なときにも使い勝手がよい点も魅力です。

後日、借入れる可能性があるときは、何度でも借入れ・返済を繰り返せるカードローンに申込みましょう。

アイフルビジネスファイナンス
アイフルビジネスファイナンスのロゴ
おすすめポイント
  • 法人・個人事業主専用のローン商品!
  • 来店不要で融資までもスピーディー!
  • 利用可能額最高1,000万円!
実質年率
5.00〜18.00%
借入限度額
1万円〜1,000万円
審査時間
公式サイト参照
融資時間
最短即日
コンビニ
セブンイレブン ローソン 非対応 ファミリーマート 非対応 ミニストップ 非対応
収入証明書
【PR】Sponsored by アイフルビジネスファイナンス株式会社

カードローンで事業資金を借りたいときは資金使途を確認しておこう

急いで事業資金を用立てなくてはいけないときなどは、即日融資に対応している消費者金融のカードローンが便利です。ビジネス関連の使途もOKのことが多いため、使い勝手がよいでしょう。

しかし、すべてのカードローンが事業用資金に対応しているわけではありません。申込むときはかならずローン商品の資金使途を確認し、規約違反にならないように注意してください。

<参考>
三菱UFJ銀行「カードローン(バンクイック)」
日本政策金融公庫「国民生活事業(主要利率一覧表)」
日本政策金融公庫「融資制度一覧から探す」
アイフルビジネスファイナンス株式会社「ビジネスローン」

吉野 裕一

専門家からの一言

吉野 裕一

事業用に融資を受ける場合には、いろいろな方法があり、ビジネスローンでは比較的早く融資を受けられる可能性もありますが、金利が高くなる傾向にあります。

また個人のカードローンはビジネスローンに比べると金利も低く、融資も更に早く受けられる可能性もあります。

しかし、一時的な緊急資金として借入を行うのであれば問題ないでしょうが、金利が高めのため、借入期間が長くなる場合には、金利の負担も考えておかないといけないでしょうね。

時間に余裕がある場合などは、日本政策金融公庫に相談して融資の検討をされると良いのではないでしょうか。融資だけではなく、事業に対してのアドバイスを貰えることもあるようです。

マイホームを購入しようと考えた時に、お金の増やし方などに興味を持ち、ファイナンシャルプランナーという資格がある事を知って、FP資格を取得。知らなければ損をしてしまう事が多くある事知り、多くの方に安心できる人生設計をアドバイスできるようにFP事務所MoneySmithを設立。設立以降、セミナーやコラムの執筆、個別相談など幅広く活動を続け、多くの方にお金の本質やライフプランの重要性を伝えています。趣味は音楽鑑賞やギターで洋楽のロックを良く聞いています。

吉野 裕一の監修記事・プロフィール一覧へ

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事