更新日:

楽天ブラックカードを徹底解説!謎に包まれた最上級のサービス内容とは?

楽天ブラックカードを徹底解説!謎に包まれた最上級のサービス内容とは?

「特別なひとときを日常へと変える一枚。それは、上質を知るひとにのみ許された証。

楽天ブラックカードが持つさまざまなサービスが、あなたの毎日を鮮やかに輝かせます。その確かなクオリティをぜひ実感ください。」という文章から始まる、楽天ブラックカードの公式サイト。

一般カードにあたる楽天カードが、川平慈英さんを起用して「楽天カードマーン♪」とユニークなCMを打っているのと比べると、随分雰囲気が違います。

一体どういったサービスを用意しているのか見てみましょう。

楽天ブラックカードの発行はインビテーションのみ

CMでもやっていたように、楽天カードは、8秒に1人のペースで申込者がいたそうです。

これはおそらく、入会キャンペーンをしていた時期の最高ペースを表したものだと考えられますが、それでも国内のクレジットカードでは群を抜いて高い数字であることに違いありません。

対して楽天ブラックカードは、インビテーションでしか発行できないカードのため、自分から申込むことはできません。

インビテーションカードとは?招待制クレジットカードを持つための条件や特典を徹底解説!

インビテーションの条件は非公開

インビテーションの正確な条件が公開されていないため、どうすればインビテーションが届くのかハッキリとした情報は分かりません。

ただし、多くの場合、楽天市場のプラチナ会員以上の方に届くことが多いようです。

プラチナ会員になるには、過去6ヶ月で2,000ポイント以上、かつ15回以上ポイントを獲得すればなれます。

また、他のインビテーションでしか発行されないカードと同じように、下位のカードである楽天カードや楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードのいずれかを所有し、年間の数百万円利用した場合も、インビテーションが届くようです。

楽天カード

楽天カードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~16.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの詳細
年会費 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ブラックカードは実はブラックカードではない

これはクレジットカードマニアには有名な話ですが、楽天ブラックカードはブラックカードではなく、実はプラチナ格のカードなのです。

初めて読む方には意味がわからないかもしれませんが、公式サイトの画像を見ると、カードのデザインに薄っすらとPLATINUM(プラチナ)と描かれているのが分かると思います。

さらに年会費も33,000円(税込)であるから、プラチナカードであることが分かります。

ブラックカードだと、国内で最も年会費が安い「JCB THE CLASS」でも55,000円(税込)がかかります。

楽天ブラックカードは楽天カードの最上級カードという意味を込めて、「楽天ブラックカード」という名称を付けたと考えられます。

楽天ブラックカードの気になる特典

基本となるポイント還元率は1%です。

さらに楽天カードと同じように、楽天市場で使うとポイント還元率がアップして、最大5%の還元を受けられます。

5%の内訳
  • 楽天市場ご利用ポイント1%
  • 楽天カードご利用通常ポイント1%
  • 楽天ブラックカード利用特典ポイント3%

楽天ブラックカードだけのポイント優待

さらに楽天ブラックカードだけの特典として、楽天市場で利用した際のポイント特典が強化されています。

「特別指定キャンペーンポイント」や「お誕生月ポイント」として、特別なキャンペーンや誕生月にポイントがそれぞれ1%加算されるサービスを提供しています。

3つの優待コースを全て受けられる

楽天プレミアムカードでは1つしか受けることができなかった、3つの優待コースを全て受ける事ができます。

3つの優待コース

  • 楽天トラベルコース:楽天トラベルで予約・決済をするとポイントを+1%加算
  • 毎月特定日プレミアムカードデー:毎週火曜・木曜に楽天市場でお買物をするとポイント1%加算
  • エンターテイメントコース:楽天ブックス・楽天SHOWTIME利用分ポイント1%加算

楽天ブラックカードにはコンシェルジュサービスが付帯

他の楽天カードと大きく違う所は、コンシェルジュサービスが利用できる点です。

コンシェルジュサービスは、なんでもお願いできる執事のようなサービスです。

専門のスタッフが付き、国内外のレストラン・各種チケット・ゴルフ場の手配などを始め様々な要望に365日24時間答えてくれます。

楽天ブラックカードは海外旅行特典もパワーアップ

プライオリティパスが強化

プライオリティパスとは、世界900以上の空港ラウンジを無料で利用できるサービスです。

通常だと年会費が399ドル(約45,000円)かかるサービスですが、楽天ブラックカードがあれば無料で利用できます。

カード本体の年会費が33,000円(税込)であることを考えると、年会費以上の価値のあるサービスが付帯していることになります。

また、楽天カードに詳しい方なら、プライオリティパスなら楽天プレミアムカードにも付いているとお気づきになるかもしれません。

しかし、楽天ブラックカードならプライオリティパスの内容もパワーアップしており、同伴者も2名まで無料で利用できます。

楽天プレミアムカードだと、同伴者が利用すると別途料金がかかるため、お得度がさらに上がっています。

海外旅行傷害保険が最高1億円まで補償

海外旅行傷害保険は最大1億円まで補償となっており、こちらもプレミアムカードよりも優れた内容になっています。

海外は、日本と比べると医療費が高額な傾向があるため、出国の前には旅行傷害保険に入るのが必須です。

しかし、楽天ブラックカードがあれば別途旅行傷害保険に入らなくても充実した補償を受けることができます。

楽天ブラックカードの旅行保険

補償内容 海外旅行傷害保険 国内旅行傷害保険
傷害死亡・後遺障害 1億円(1,000万円) 最高5,000万円(最高1,000万円)
傷害治療・疾病治療 300万円(100万円) -
賠償責任 1億円(5,000万円) -
携行品損害 50万円(20万円) -
救援者費用 300万円(100万円) -
傷害入院保険金 - 5,000円/日(5,000円/日)
傷害通院保険金 - 3,000円/日(3,000円/日)

(※)カッコ内は家族特約

手荷物配送サービス

JALが提供する手荷物配送サービスを、年に2回無料で利用できます。

このサービスを利用すれば、自宅などから空港(逆も可)に無料で荷物を届けることができ、なにかと荷物が多くなりがちな旅行でも快適に移動できます。

トラベルデスク

世界30ヶ所以上の場所に設置されたトラベルデスクで、ホテルやレストランの予約やトラブル時のサポートを受けられます。

サービス内容

  • 緊急時の各種ご案内(パスポート・カード紛失盗難、病気やケガなど)
  • 現地の様々な情報をご提供(都市・観光情報など)
  • 各種ご予約・手配代行(ホテル・レストラン・オプショナルツアーのご予約など)

Hertzレンタカー

海外ではおなじみのハーツレンタカーを割引価格で利用できます。

楽天ブラックカードのまとめ

本記事では楽天カードの最上位カード「楽天ブラックカード」について解説しました。

楽天ブラックカードはインビテーションでしか発行できないカードで、楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードの利用実績を積むことでインビテーションが届くことがあります。

楽天グループで利用するとよりお得になるポイント特典が追加されていたり、海外での利用特典が強化されていたりと、年会費に見合う充実したサービスが付帯しています。

楽天ブラックカードを手に入れたい方は、まずは上記のクレジットカードを発行してみましょう。

楽天カード

楽天カードの詳細
年会費 : 無料
ポイント還元率 : 1.0%~16.0%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの詳細
年会費 : 2,200円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの詳細
年会費 : 11,000円(税込)
ポイント還元率 : 1%~5%
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事