更新日:

クレジットカードならJCB、VISA、Mastercardどれが良い?特徴を徹底比較!

クレジットカードならJCB、VISA、Mastercardどれが良い?特徴を徹底比較!

クレジットカードを作ろうと思った時「JCB」「VISA」「Mastercard」などを見かけて、違いがよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

せっかくクレジットカードを作るなら、違いを把握したうえで自分の目的にあったクレジットカードを作りたいですよね。

本記事では、クレジットカードを作ろうとしている方向けに、「JCB」「VISA」「Mastercard」の特徴やメリット・デメリット、おすすめのカードなどについて詳しく紹介します。

クレジットカードの国際ブランドとは?特徴を比較してみた!

クレジットカードの国際ブランドとは、世界中で利用できる「カード決済のシステム」や「ライセンス」をカード発行会社に提供しているブランドを指します。

国際ブランドのクレジットカードなら、毎月の光熱費のお支払いから、旅行先でのショッピングまで幅広く利用することが可能です。

豊富なクレジットカードブランドのなかでも、本記事では「JCB」「VISA」「Mastercard」の特徴について詳しくご紹介します。

まずは、加盟店舗数やプロパーカードの有無など、各国際ブランドを比較していきましょう。

国際ブランド名 世界加盟店舗数 プロパーカード 提携カード 特徴
JCB 約3,500万店
・国内発行で唯一の国際ブランド
・国内での加盟店舗が豊富
・東京ディズニーランド®、東京ディズニーシー®の公式国際ブランド
VISA 約7,000万店 ×
・シェア率世界1位の国際ブランド
・タッチ決済の加盟店が豊富
・アメリカでの加盟店が豊富
Mastercard 約7,000万店 ×
・加盟店舗数世界1位の国際ブランド
・海外でのキャッシングが使いやすい
・ヨーロッパでの加盟店舗が豊富

クレジットカードには、プロパーカードと提携カードが存在しますが、その違いをご存知でしょうか。

基本的な審査内容や使い方・支払い方法に違いはなく、どの企業が発行しているクレジットカードなのかによって異なります。

プロパーカードは、国際ブランドが直接発行するクレジットカードです。

例えば、「JCB CARD W」はJCBが発行するクレジットカードなのでプロパーカードです。

プロパーカードのほうが提携カードよりもステータス性が高いというメリットがあります。

一方提携カードは、他企業と提携して発行するクレジットカードです。

VISAとMastercardにはプロパーカードがなく、「三井住友カード ナンバーレス」「MUFG VIASOカード」などのクレジットカードは、すべて提携カードとなっています。

提携カードには、提携先企業ならではのポイントプログラムや割引特典が用意されています。

続いて、それぞれの国際ブランドの特徴を詳しく解説していきましょう。

JCBは国内唯一の国際ブランド!ハワイ・グアム旅行の特典が充実

JCBは、日本で唯一の国際ブランドで、日本人に人気のハワイ、グアム、台湾、香港などでの旅行特典が豊富です。

例えば、ハワイやグアムの場合、島内を観光する際に利用する移動手段の一つに、有料のトロリーバスがあります。

なかにはJCB会員であれば無料で利用できるトロリーバスが存在するため、所有しているだけで海外旅行での特典が受けられるという点も、特徴だといえるでしょう。

また、JCBはプロパーカードを発行しており、年間でJCBカードを一定金額以上利用すれば、JCBが指定するキャンペーンの抽選口数が通常よりアップする「JCB STAR MEMBERS」のサービスが提供されます。

ランクアップするほどポイントを貯めやすくなるという点も魅力でしょう。

VISAはカードシェア率が世界1位

VISAは、会員数が現在20億以上で、カードシェア率が世界1位の国際ブランドです。

加盟店舗数も豊富で、国内外問わずあらゆる場所で利用できるため、汎用性ではトップクラスといえます。

仕事や旅行で渡航頻度が高い方にとっても、選ぶ際の決め手となるのではないでしょうか。

また、VISAはプロパーカードを発行していないため、ライセンス提供を受ける提携会社がクレジットカードを発行しています。

Mastercardは加盟店舗数がトップクラス

Mastercardは、加盟店舗数がトップクラスの国際ブランドです。

会員数は10億とVISAには劣るものの、加盟店舗数はVISAと同列の7,000万店以上にものぼります。

なかでもMastercardは国内ではほとんどの店舗で利用可能です。

既にMastercardのクレジットカードを所有していれば、旅行に行くために他の国際ブランドのクレジットカードを作らなくても問題がないといっても過言ではありません。

またMastercardも、VISAと同様にプロパーカードを発行していないため、ライセンス提供を受ける提携会社がクレジットカードを発行しています。

「JCB」「VISA」「Mastercard」で違いあり!気になるメリット・デメリット

次に、各国際ブランドを選ぶうえで気になるメリット・デメリットをご紹介していきます。

JCBのメリット・デメリット

JCBは、国内唯一の国際ブランドですが、JCBならではのメリット・デメリットがあります。

実際にはどうなのか、以下のリストで確認していきましょう。

JCBのメリット
  • 国内での加盟店舗数が豊富
  • 「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」が使える
  • ステータスの高いプロパーカードが存在する
JCBのデメリット
  • 海外サイトや海外店舗で利用しにくい

JCBのカードのなかには、「JCB プラチナ」「JCBゴールド」などのステータスの高いプロパーカードが存在します。

また、国内での提携店舗が充実しているためポイントが貯まりやすいという一方で、海外での提携店舗が少ないため海外では利用しにくいという点があります。

海外での利用予定のある方は、利用可能な店舗やサービスを事前に確認しておくとよいでしょう。

VISAのメリット・デメリット

VISAは、国内外問わず利用できるため汎用性はトップクラスの国際ブランドですが、VISAならではのメリット・デメリットがあります。

実際にはどうなのか、以下のリストで確認していきましょう。

VISAのメリット
  • 世界200カ国以上で使用できる
  • クレジットカードの種類が豊富
VISAのデメリット
  • Apple Payで使えない機能がある
  • 電子マネーがカードによって異なる

VISAは、決済手段としての信頼性が高く、世界200カ国以上で利用可能という点が最大のメリットです。

また、提携しているクレジットカード会社の種類が豊富なため、自分の目的にあったカードを選ぶことができます。

一方で、Suicaへの直接チャージや、オンライン、アプリでの支払いなど利用できない機能があるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

Mastercardのメリット・デメリット

Mastercardは加盟店舗数が世界1位の国際ブランドですが、Mastercardならではのメリット・デメリットがあります。

実際にはどうなのか、以下のリストで確認していきましょう。

Mastercardのメリット
  • クレジットカードの種類が豊富
  • 海外キャッシングがしやすい
  • 独自キャンペーンやタイアップ企画が豊富
Mastercardのデメリット
  • プロパーカードが存在しない
  • ヨーロッパエリア以外では使いにくい

Mastercardは、プロパーカードが存在しない一方で、ライセンスを提供する提携カードの種類が豊富であるという点があります。

また、ヨーロッパエリアの加盟店舗数が豊富で使用しやすいのも魅力でしょう。

スパや酒造ツアーなどの体験特典を提供する「プライスレス・シティ」や、どこでも即時にクレジットカードの口座へアクセスできるシステムCirrus」など、Mastercardならではの特典が用意されている点についても、事前に確認してみてくださいね。

おすすめのブランドはどれ?選ぶ際に気をつけたい3つのポイント

これまで紹介してきた国際ブランドのなかで、どれが自分にあったブランドなのか気になりますよね。

国際ブランドを選ぶときは、以下3つのポイントに着目してみましょう。

1. クレジットカードを保有しているか

1つめのポイントは、クレジットカードの保有枚数よりおすすめのカードが異なるということです。

海外での利用予定があり、初めて国際ブランドのクレジットカードを作る方であれば、国内外問わず幅広いエリアでの利用を考慮して、加盟店舗数が豊富な「VISA」または「Mastercard」がよいでしょう。

また、既に「VISA」「Mastercard」を保有している方、もしくは海外渡航頻度が少なく国内での利用がメインとなる方であれば、「Oki Doki ランド」「チケットJCB」などの利用特典がある「JCB」がよいといえます。

まずは、国際ブランドのクレジットカードを何枚保有しているか、確認しておきましょう。

2. 利用する場所はどこか(国内・海外)

2つめのポイントは、メインで利用する場所が国内・海外どちらになるのかということです。

国内旅行や生活上の支払いがメインの目的になる場合は、国内加盟店舗数の多い「JCB」がおすすめです。

一方、海外サイトでのオンラインショッピングや、海外旅行での買い物がメインの目的になる場合は、「VISA」または「Mastercard」がおすすめです。

作ったクレジットカードをどこで利用するか、利用頻度の高い場所を判断基準に選ぶことも重要でしょう。

3. 特典サービスがあるか

3つめのポイントは、特典サービス内容を確認することです。

「VISA」では、国内・海外ホテル宿泊料金の割引、海外WiFiレンタルの優待を受けられるカードがあります。

「Mastercard」では、グアム、ソウル、台湾などなど海外旅行先で割引が受けられる特典があります。

「JCB」では、オリジナルサービスの「JCBプラザ」「JCBプラザ ラウンジ」を利用可能。

また「JCB」は、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであるため、東京ディズニーリゾートのペアチケットが当たるキャンペーンやイベントの招待など、特典が豊富です。

せっかくクレジットカードを作るなら、受けられる特典サービスの内容に着目しておきましょう。

国際ブランド別!代表的なクレジットカードを紹介

次に、国際ブランドごとに代表的なクレジットカードをご紹介していきます。

JCBの代表的なクレジットカード

JCBで代表的な「JCBカードW」「JCB一般カード」についてご紹介します。

気になるクレジットカードがあれば、ぜひ検討してみてください。

JCBカードW

JCB CARD W
JCB CARD Wの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイントは常に2倍以上で年会費はずっと無料!
  • さらにJCBオリジナルシリーズパートナーや、Oki Doki ランド 利用でポイント大幅アップ!
  • キレイをサポートするLINDAリーグの優待も利用できる「JCB CARD W plus L」もご用意
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1 〜 2%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBカードWは、還元率が常に2倍(1.0%)とポイントが貯まりやすいカードであるといえます。

また、「セブン-イレブン」で利用する場合の還元率が3.0%と、通常よりもお得にポイントを獲得することができます。

JCB一般カード

JCB一般カード
JCB一般カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネットからのご入会で初年度年会費無料!条件により翌年の年会費も無料!
  • いつものお買い物や海外でのご利用でOki Dokiポイントがどんどん貯まる!
  • 充実の旅行傷害保険(海外/国内) 最高3,000万円!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.5%~2.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB一般カードは、JCBがディズニーリゾートの公式パートナーのため、ディズニーランドなどのチケットやグッズでポイントを利用できる点が魅力です。

ほかにもディズニーJCBカードクラブが主催するイベントへの招待や、キャラクターグリーティングに抽選で参加できるなど、豊富な限定特典があります。

また、国内・海外問わず旅行時の傷害保険が利用時に付帯されるだけではなく、カードは最短で翌日受け取りが可能なため、旅行前に発行したいという方にもおすすめでしょう。

VISAで人気のクレジットカード

VISAで代表的な「三井住友カードナンバーレス」「エポスカード」についてご紹介します。

気になるクレジットカードがあれば、ぜひ検討してみてください。

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード(NL)
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • ナンバーレスで安心安全!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5 〜 5%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カードナンバーレスは、年会費永年無料で、カード両面に番号が印字されていないため、覗き見防止などのセキュリティ面でも安心して利用できます。

また、ネット申し込みであれば最短5分で即時発行が可能です。

「Vpassアプリ」でカード番号が確認できるので、カードが手元に届く前にネット決済をおこないたいという方におすすめでしょう。

また、Vpassアプリは、ポイントや口座残高を確認することができるので、管理しやすい点も魅力です。

エポスカード

エポスカード
エポスカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 全国10,000店舗の優待つき!
  • 入会金・年会費永年無料
  • 海外旅行傷害保険は最高500万円
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5%~5.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社エポスカード

エポスカードは、クレジットカード支払いで「エポスポイント」が、200円ごとに1ポイント(1円相当)が付与されます。

加えて、マルイでお買い物をされる場合、「マルコとマルオの7日間」期間中であれば10%オフ特典が受けられるのも魅力的です。

即日発行可能で、且つ海外旅行傷害保険が自動付帯であるため、海外旅行の予定があり、急いでカード作りたいという方におすすめです。

Mastercardで代表的なクレジットカード

Mastercardで代表的な「VIASOカード」「オリコカード」についてご紹介します。

気になるクレジットカードがあれば、ぜひ検討してみてください。

MUFG VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード
三菱UFJニコス VIASOの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料!
  • ポイントは自動で現金還元!手続き不要で、用途の制限や無駄がなし!
  • 海外旅行傷害保険サービスが付帯
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFG VIASOカードは、年会費が無料でかつ、ポイントが自動でキャッシュバックされます。

通常のクレジットカードの場合、ポイントサイトにログインし使い道や使い方を調べる必要がありますが、三菱UFJニコス VIASOカードは、貯まったポイントが自動で引き落とし口座に現金として振り込まれます。

ポイントは、利用額1,000円で5ポイント付与され、入会月を基準とした1年以内の累計ポイントが1,000ポイント以上の場合、1ポイント1円からキャッシュバックされます。

オリコカード THE POINT

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまる!
  • 入会後6ヵ月間は還元率が2.0%にアップ!
  • 年会費は無料!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

Orico Card THE POINTは、「iD」と「QUICPay」の電子マネーをダブル搭載しています。

1,000円未満の支払い利用の場合でも月額の合計金額に対してポイントが付与されるため、コンビニなどでの小さなお買い物での利用でもポイントを貯めることができます。

また、オリコポイントは100円につき1ポイント(1円)付与され、貯まったオリコポイントは、「オリコポイントゲートウェイ」を通じて500ポイント以上から他社ポイントやギフト券に即時交換ができる点は魅力でしょう。

3つの国際ブランドから選べるクレジットカード

ここからは、3つの国際ブランドで共通して作れるクレジットカードをご紹介します。

楽天カード

楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 安心のセキュリティ
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1.0%~16.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

楽天カードは、現金支払いの場合でも、カードを提示すれば100円(税抜)につき1ポイント(1円)付与されます。

通常の還元率が1.0%で高還元であり、楽天市場での利用で還元率が上がる点は魅力といえるでしょう。

また、全国78万店舗以上で使うことができ、楽天Edy対応の楽天ポイントカード加盟店であれば、楽天ポイントカード+楽天Edyのポイントがもらえます。

コンビニやドラッグストア、飲食店まで日々の生活でクレジットカード決済を利用することで、ポイントが貯まりやすくなります。

また、楽天カードで貯まったポイントの使い道は豊富ですが、なかでも楽天が運営する「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天モバイル」などの支払いでさまざまな場面で利用可能です。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル
セゾンカードインターナショナルの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会金・年会費永久無料
  • ポイントは有効期限なしで、永久不滅!
  • 最短5分で!デジタル発行も
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンカードインターナショナルは、最短即日発行が可能なクレジットカードです。

さらに、有効期限が無期限のセゾン永久不滅ポイントが貯まります。

家族カードとの合算・移行が可能なため、使う時期と目的をじっくり考えられる点もおすすめです。

また、カードタイプは通常のカードと、アプリで管理できる「デジタルカード」から選択できる点があります。

デジタルカードは、万が一のトラブル時にもアプリ上で利用一時停止を行うことができ、スマホ指紋認証機能があるためセキュリティ面も安心できますね。

デジタルカードの場合は最短5分で発行できるので、「QUICPay」の即時利用やインターネットでの決済をすぐにおこなえます。

ヤフーカード

ヤフーカード
Yahoo! JAPANカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • YAHOO!ショッピング・LOHACOのご利用で毎日3%たまる
  • ヤフーカードはTカードとして利用できます
  • PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1.0%~3.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ヤフーカードは、唯一スマホ決済アプリ「PayPay」への残高チャージに対応しているカードです。

さらに、PayPayでヤフーカード決済するとPayPayボーナス0.5%〜1.5%が付与されるので、PayPayをよく利用される方は必見です。

また、ヤフーカードでは、カードの決済額に応じてTポイントが貯まる仕組みになっています。

Tポイントカードとしての利用が可能なので、Tポイント対応可能な加盟店でヤフーカードを利用すれば、お買い物でのポイントとTポイントカードへのポイントの両方を受け取ることができるのも特徴です。

JCB、VISA、Mastercardの特徴まとめ

今回は、国際ブランドの「JCB」「VISA」「Mastercard」の特徴について徹底解説してきました。

自分に合ったクレジットカードを選ぶには、国際ブランドのクレジットカード保有枚数、利用する場所、特典サービスなどの内容を確認することが重要でしょう。

この記事が、新しいクレジットカードを検討する手助けになれば幸いです。

2019年に株式会社サイバーエージェントに入社。 クレジットカード、キャッシュレス、カードローンの記事作成を担当。 愛用クレジットカードは楽天ゴールドカードでネットショッピングでは楽天市場を利用するようにしている。楽天ペイ、楽天Edyも使っており、楽天のダイヤモンド会員を維持している。最近はスマホを楽天モバイルに変えるか悩んでいる。 ヤフーカードやPayPay、Kyashなども利用しており、お得にポイントを貯めることが趣味。

丸山 将哉の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事