更新日:

JCBカードはディズニー好きにおすすめ!会員限定のディズニー特典やディズニーカードをご紹介

JCBカードはディズニー好きにおすすめ!会員限定のディズニー特典やディズニーカードをご紹介

JCBが発行しているクレジットカードのなかに、ディズニー好きの方にもってこいのディズニーデザインのカードがあることをご存知でしょうか?

本記事では、ディズニー好きの方におすすめしたいJCBプロパーカードとディズニー★JCBカードについて、それぞれのカードの券面デザインやスペック、ディズニー特典について解説していきます。

本記事で紹介するクレジットカードを利用すれば、ディズニーをさらに便利にお得に楽しむことができるかもしれません!

ディズニー好きの方はぜひ参考にしてみてください。

JCBのプロパーカードで得られるディズニー特典をご紹介!

まずはJCBプロパーカードで得られるディズニーの特典を紹介します。

ちなみにプロパーカードとは、国際ブランド(本記事の場合はJCB)が直接発行しているクレジットカードのことをいい、国際ブランドとクレジットカード会社が提携して発行している提携カードと差別化されています。

では早速、特典を1つずつ見ていきましょう。

JCBのプロパーカードはディズニー・デザインを選べる!

JCB一般カード

JCB一般カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,375円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBゴールド

JCBゴールドの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 11,000円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの詳細
年会費 : 無料

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 3,300円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBのプロパーカードのうち4種類は券面デザインが複数あり、そのなかからディズニー・デザインを選ぶことができます。

その4種類のカードとは、JCB一般カードJCBゴールドJCB GOLD EXTAGEです。

ディズニー・デザインについて、JCB一般カードは赤色、JCBゴールドJCB GOLD EXTAGEは金色を基調としており、どのカードにも右上にミッキーが描かれています。

クレジットカードは幅広い年齢層の方が持てるように飽きのないシンプルなデザインが施されていることが多いかと思います。

そのなかで、JCBカードならディズニー好きにはたまらないデザインのクレジットカードが持てるのでうれしいですよね。

JCBカードで貯めたポイントはディズニー特典に交換できる

JCBカードでは、支払いにカードを利用するごとにOki Dokiポイントが貯まります。

Oki Dokiポイントは通常だと毎月の利用合計金額1,000円(税込)につき1ポイント貯まります。

また、年間利用額に応じたメンバー特典やOki Dokiランドの経由、JCB ORIGINAL SERIES パートナー(優待店)の利用によってポイント還元率を上げることが可能なポイントプログラムとなっています。

JCBカードではそのように貯めたOki Dokiポイントを、ディズニー関連の特典に交換することが可能です!

特典はたくさんありますので、そのなかからほんの一部を紹介します。

Oki Dokiポイントと交換できるディズニー特典

  • パークチケット2枚…3,200ポイント
  • ディズニーアンバサダーホテル ペア食事券…5,100ポイント
  • ホテルミラコスタ スーペリアルーム宿泊券…19,000ポイント
  • QUOカード3,000円分(キャラクターデザイン)…850ポイント
  • ショッピングバッグ(ミッキー)…350ポイント
  • 電気ケトル(ミッキー&ミニー)…900ポイント

キャラクターがあしらわれたグッズからディズニーリゾートそのものを楽しめる利用券まで、さまざまな特典が用意されています!

通常の還元率(1,000円で1ポイント)で貯める場合は「必要なポイント数×1,000円」のカード利用が必要ですが、Oki Dokiポイントはお得に貯める方法がいくつもあります。

Oki Dokiポイントの効率的な貯め方を知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

JCB「Oki Dokiポイント」の効率的な貯め方とおすすめのポイント交換先を総ざらい
JCB一般カード
JCB一般カードの詳細
Visa 非対応 Mastercard® 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネットからのご入会で初年度年会費無料!条件により翌年の年会費も無料!
  • いつものお買い物や海外でのご利用でOki Dokiポイントがどんどん貯まる!
  • 充実の旅行傷害保険(海外/国内) 最高3,000万円!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ディズニーに特化したディズニー★JCBカードもある

カード名 ディズニー★JCB 一般カード ディズニー★JCB ゴールドカード
初年度年会費(税込) 無料 14,300円
次年度以降(税込) 2,200円 14,300円
付帯保険 ・海外ショッピング・ガード保険 ・国内・海外旅行傷害保険
・国内・海外航空機遅延保険
・国内・海外ショッピング・ガード保険

JCBではプロパーカード以外に、ディズニーでの利用に特化したディズニー★JCBカードが発行されています。

ディズニー★JCBカードは、一般カードとゴールドカード2ランクが展開されています。

また、券面デザインがすべてディズニーのキャラクターや世界観をあしらったものになっており、その種類はとても豊富です。

カード名 ディズニー★JCB 一般カード ディズニー★JCB ゴールドカード
券面デザイン ・アリエル(期間限定バージョン)
・アリエル
・ミッキー(レッド)
・ミッキー(ブラック)
・ミニーマウス(レッド)
・ミニーマウス(ブラック)
・ティンカーベル
・ドナルドダック
・スティッチ(アイランド)
・スティッチ(ハイビスカス)
・ミッキーマウス&フレンズ
・ミッキー
・シンデレラ城

いかがでしょうか? ディズニー好きの方はどれを選ぼうか迷ってしまうほどのたくさんのデザインがありますよね。

また、ディズニー★JCBカードは上記で紹介したOki Dokiポイントではなく「ディズニーポイント」というポイントが貯まります。

このようにディズニー★JCBカードはディズニーに特化したクレジットカードとなっています。

しかしそれだけではなく、ディズニー・カードクラブサイトに登録することでディズニーの豪華特典を受けることができるのです!

ディズニーのキャラクターと触れ合えるグリーティング!

1つめの特典は、キャラクターグリーティングです。

ディズニー★JCBカードに入会のうえディズニー・カードクラブサイトにログインし申込みをすれば、応募した方のなかから毎週水曜日と日曜日に抽選で50組(当選会員を合わせて1組5名まで)がキャラクターグリーティングに参加できるのです!

どのキャラクターに会えるかは当日までのお楽しみですが、ディズニー★JCBカード会員の方のために特別な衣装をまとってきてくれるそうですよ。

しかも、キャラクターに会えるだけではなく一緒に写真を撮ることができて、その写真は台紙付きで受け取ることができます。

キャラクターグリーティングに参加する場合の注意点として、当日ディズニー★JCBカードと招待状の持参を忘れないようにしましょう。

ディズニーの非売品グッズが貰えるギフト

2つめの特典は、Thanksギフトです。

条件を満たした方に、非売品のオリジナルグッズがプレゼントされます。

カードのランクによってもらえるグッズや条件が異なるので注意が必要です。


現在実施しているのは「Thanksギフト(2019年度)」で、2019年12月15日までにディズニー★JCBカードに入会して、2020年1月31日時点までカードを持っている必要があります!

一般カードの場合は1回以上利用のうえ指定の期日までに年会費を支払った方が対象で、ゴールドカードの場合は利用していなくても期日までに年会費を支払えば対象です。


しかもこのグッズは年度ごとに一新されるので、何年も継続して特典を受ければグッズの種類がどんどん増えていきます!

会員限定のパーティにも参加できる

3つめの特典は、ディズニー・カードクラブ・ファンパーティー 2019です。

ディズニー・カードクラブサイトにログインのうえ申込みをした方のなかから抽選で選ばれた合計5,540名の方は、パークチケット付きパーティーチケットを購入できます。

チケット内容(税込)

  • 大人(18歳以上)…9,400円
  • 中人(12~17歳)…8,400円
  • 小人(4~11歳)…6,800円

ディズニー★JCBカードは2019年で10周年を迎えたので例年よりも定員数が拡大しており、抽選にとおりやすくなるかもしれません!

今年こそ、ディズニーのキャラクターたちと特別な時間を過ごしてみませんか?

パーティー参加の注意点として、ディズニー★JCBカードとチケットの持参を忘れないようにしましょう。

ディズニーホテルも会員限定料金で宿泊可能

4つめの特典は、エンジョイ!ステイ!ディズニーホテルキャンペーンです。

2019年7月21日~10月1日に対象ホテル客室の宿泊予約をすると、料金が10%引きになるという特典です。

予約をする際は、ディズニー・カードクラブサイトにログイン後特典ページに表示されるプランパスワードが必要です。

対象ホテルと客室名

  • 東京ディズニーランドホテル…スタンダード・スーペリアアルコーヴルーム
  • ディズニーアンバサダーホテル…スタンダードフロア スーペリアルーム
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル…”ウィッシュ”スタンダードルーム・”ディスカバー”スタンダードルーム

優雅なリゾート感が味わえるランドホテル、1930年代のアメリカをテーマとしたアンバサダーホテル、手軽で快適にパークを楽しめる特典が詰まったセレブレーションホテルなどが対象となっています。

宿泊当日の注意点として、チェックイン時にディズニー★JCBカードを提示することと支払いにはディズニー★JCBカードを利用することを忘れないようにしましょう。

ディズニー★JCBカードのQUICpayもおすすめポイント!

ディズニー★JCBカードはこれまで説明してきたように特典が豪華なだけではなく、支払いの利便性も非常に高いです。

というのも、ミッキーの形をしたキーチェーン型QUICPayを端末にかざすことで瞬時に支払いが可能になる「QUICPay for ディズニー★JCBカード」というものがあるのです。

もちろん支払いが便利になるだけではなく、利用金額に応じてディズニーポイントも貯まります。

また、年会費が無料なのも魅力的です。

すでにディズニー★JCBカードを持っている方は、JCB会員専用WEBサービス「MyJCB」から申込んで1~3週間で届きます。

ディズニー★JCBカードを持っていない方は、専用WEBページからディズニー★JCBカードとQUICPay for ディズニー★JCBカードを同時に申込むことができます(ディズニー★JCBカードとQUICPayは別送)。

注意点として、発行手数料が770円(税込)かかり有効期限は発行月から8年間となっています。

ディズニー★JCBカードで貯まるディズニーポイントとは?

上記で少し触れましたが、ディズニー★JCBカードはディズニーポイントが貯まります。

ここでディズニーポイントについてしっかり説明しておきましょう。

ディズニーポイントとは、ディズニー★JCBカード会員限定のサービスや商品と交換できるポイントです。

ポイント還元率はランクによって異なります。

カード名 ディズニー★JCB 一般カード ディズニー★JCB ゴールドカード
ポイント還元率 0.5% 1%

ポイント還元率は特別高いというわけではないですが、貯めたディズニーポイントはなんと1ポイント=1円としてディズニーリゾートやディズニーストアで利用することもできます!

ただし、ディズニーポイントの利用は500ポイントまで貯めてから可能になります。

日々の支払いにディズニー★JCBカードを利用してディズニーポイントを着々と貯めていくことで、ディズニーリゾートやディズニーストアに行った際にポイント払いが可能になるのはお得感があってうれしいですよね。

ディズニーポイントには3年間の有効期限があるので、支払いに利用するかサービスや商品と交換して、知らない間に失効してしまうことのないよう注意しましょう。

JCB THE CLASSならもっと豪華なディズニー特典が付帯

カード名 JCB THE CLASS
初年度年会費(税込) 55,000円
次年度以降(税込) 55,000円
付帯保険 ・国内・海外旅行傷害保険
・国内・海外航空機遅延保険
・国内・海外ショッピングガード保険
・ゴルファー保険

ここまで、ディズニー・デザインを選べるJCBのプロパーカード4種類と、ディズニーに特化したディズニー★JCBカードについて紹介してきました。

JCBには、さらに豪華なディズニーの特典が付帯しているJCB THE CLASSというブラックカードがあります。

そもそも JCB THE CLASSって?

JCB THE CLASSは、JCBの最上級ステータスカードです。

日本で入手できる数少ないブラックカードのうちの1つで、手に入れることは大変難しくJCBのインビテーション(招待状)がなければ発行ができません。

そのステータス性の高さから、特典が非常に豪華です。

代表的なサービスとして、1つめはザ・クラス・コンシェルジュデスクがあります。

旅行の手配や予約の代行、ゴルフ場の案内などさまざまなサービスを提供してもらえるもので、なんと24時間年中無休です。

「なんでも頼める秘書がいる」ような気持ちで、あらゆる場面で利用できます。

2つめは、グルメ・ベネフィットです。

国内の有名レストランの所定コースを2名以上で予約すると、1名分のコース料金が無料になるというお得すぎる優待サービスです。

JCB THE CLASSは年会費が55,000円(税込)発生しますが、グルメ・ベネフィットを数回利用するだけでも年会費の回収に一歩近づけそうですよね!

ほかにも旅行関連のサービスや豪華賞品のプレゼントなど、年会費以上の価値を感じられる特典がたくさんあるブラックカードとなっています。

JCB THE CLASSで貰えるディズニー特典!

実はJCB THE CLASSには上記で紹介した特典だけではなく、メンバーズセレクションというディズニーの特典もあります。

メンバーズセレクションとは、ディズニーリゾートのパークチケット2枚と3種類のなかから選択したディズニーグッズをもらえるという特典です。

メンバーズセレクションのグッズ

  • ネクタイ&ネクタイピン
  • ミッキーとミニーのぬいぐるみ
  • ダッフィーとシェリーメイのぬいぐるみ

ディズニーグッズは上記のなかから選択できます。

大人(18歳以上)の1デーパークチケット2枚が14,800円(=7,400円×2枚)、ディズニーグッズが7,000円相当といわれているので合わせて約21,800円分の特典がもらえるということになります。

年会費50,000円の40%ほどがメンバーズセレクションによって還元されているということになりますね!

ほかにもディズニーリゾートにあるJCBラウンジが年に1度だけ無料で利用できたり、ディズニーホテルのスイートホテル優待など、ディズニー特典はまだまだたくさんあります。

このように豪華な特典がたくさんあるJCB THE CLASSですが、1つ残念なことにディズニーランドにある会員制レストラン「クラブ33」の抽選による利用が2019年7月分で終了してしまいました。

JCB THE CLASSを経由するルートが、一般人がクラブ33を利用できる数少ない方法だったのですが現在は利用できないので注意が必要です。

JCBカードとディズニー★JCBカードはどちらがいいの?

ここまで主に、JCBプロパーカード4種類とディズニー★JCBカードについて紹介してきました。

どちらもディズニーに関連する特典がありましたが、結局どちらのカードを選べばいいのでしょうか?

JCBカードとディズニー★JCBカードの違い

では、JCBのプロパーカードとディズニー★JCBカードの違いをおさらいしてみましょう。

まず、どちらもディズニーデザインを選択できますが、ディズニー★JCBカードはディズニーに特化しているため選べるデザインやキャラクターがJCBプロパーカードより多いです。

また、JCBプロパーカードは貯めたポイントの交換対象にディズニーの特典がありましたが、ディズニー★JCBカードのように会員限定のディズニーイベント参加やホテル割引といった特典はありません。

これらをまとめると、以下のことがわかります。

まずJCBのプロパーカードはOki Dokiポイントという使い勝手のいいポイントプログラムのなかで、ディズニーが好きな方にとってはディズニー特典に交換できるというメリットがあるということです。

次に、ディズニー★JCBカードはディズニーポイントしか貯まらないのでポイントの利用範囲は限られますが、十分すぎるくらいディズニーにおける特典が多いということです。

よって、ディズニーに頻繁に行くわけではないけどディズニーが好きで、チケットやグッズなどの特典が欲しいという方には、JCBプロパーカードをおすすめします。

ディズニーによく行くのでもっとお得に利用したいし年会費以上の価値を感じるという方は、ディズニー★JCBカードが向いているでしょう。

JCB一般カード

JCB一般カードの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 1,375円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBゴールド

JCBゴールドの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 11,000円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCB CARD EXTAGE

JCB CARD EXTAGEの詳細
年会費 : 無料

JCB GOLD EXTAGE

JCB GOLD EXTAGEの詳細
初年度 : 無料 / 次年度 : 3,300円(税込)
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
JCB一般カード
JCB一般カードの詳細
Visa 非対応 Mastercard® 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネットからのご入会で初年度年会費無料!条件により翌年の年会費も無料!
  • いつものお買い物や海外でのご利用でOki Dokiポイントがどんどん貯まる!
  • 充実の旅行傷害保険(海外/国内) 最高3,000万円!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.5%~5.0%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ディズニー★JCBカードのうち一般、ゴールドどちらを選ぶべき?

カード名 ディズニー★JCB 一般カード ディズニー★JCB ゴールドカード
初年度年会費(税込) 無料 14,300円
次年度以降(税込) 2,200円 14,300円
付帯保険 ・海外ショッピング・ガード保険 ・国内・海外旅行傷害保険
・国内・海外航空機遅延保険
・国内・海外ショッピング・ガード保険

では次に、ディズニー★JCBカードのうち一般カードとゴールドカードのどちらを選ぶべきか見ていきましょう。

まず前提として、ゴールドカードは申込み対象に「学生の方はお申込みできません」との記載があるので、学生の方は一般カードを申込むかゴールドカードの家族会員になるといいでしょう。

また、ゴールドカードの年会費は14,300円(税込)なので、一般カードの6倍のコストが発生します。

よってその分ポイント還元率が高く、付帯保険が手厚くなっているというのが特長です。

結論として、学生の方や付帯保険の手厚さはそこまで重視しない方は一般カード、保険は手厚さ重視でポイントを効率よく貯めたい方はゴールドカードが向いているでしょう。

JCBのディズニー特典まとめ

本記事では、ディズニー好きにおすすめのJCBプロパーカードとディズニー★JCBカードについて紹介してきました。

どちらも、ディズニー好きにはたまらないディズニーキャラクターがあしらわれた券面デザインを選ぶことができたり、ディズニーグッズを手に入れることができるクレジットカードです。

大きな違いは、ポイントプログラムによるカードの使い勝手や受けられるディズニー特典の規模にあります。

自分がどのようにポイントを貯めたいか、特典をどれぐらい活かせるかなどをしっかりと吟味した上でどのカードにするかを決定するといいかと思います。

ぜひ、ディズニーが好きなみなさんに合うカード探しの参考にしてみてください。

関連記事