更新日:

ANAカードのゴールドならANA VISAワイドゴールドカード!マイルの仕組みや特典を徹底解説!

ANAカードのゴールドならANA VISAワイドゴールドカード!マイルの仕組みや特典を徹底解説!

ANAをよく利用される方は、ANAマイルが効率貯まるANAゴールドカードが断然有利です。

ゴールドカードと聞くと年会費が高く、利用が少ないと年会費の元が取れず、損をするかもと思われる方が多いかもしれません。

ですが、ANAゴールドカードではカードの種類にもよりますが、年会費を割引できたり、ANAマイルの還元率を上げることができるほか、利用できる特典をうまく使うことによって年会費の元を取ることが可能です。

ANAゴールドカードは飛行機に乗らずして、ANAマイルを貯めていくことができるので、飛行機にあまり乗る機会がない人にとっても、多くANAマイルを貯めるチャンスがいくつもあります。

本記事では、ANAゴールドカードの種類やそれぞれの特徴について、お得な特典やANAマイルを効率よく貯める方法について詳しく解説していきます

ANAマイルが貯まれば、航空券が無料になったり、ビジネスクラスへアップグレードしたりすることも夢ではありません。

日々の生活のなかでコツコツ、ANAマイルを貯めて、ご褒美旅行に出かけましょう!

ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • 便利な電子マネー「iD」も標準搭載
年会費初年度 15,400円(税込)
年会費2年目〜 15,400円(税込)
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
WAON(ワオン)
SMART ICOCA
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAカードのゴールドは5種類ある

ANAのゴールドカードは5種類あり、年会費や特典、付帯保険などの内容が異なります。

ANAマイルを貯める以外にも活用方法があるので、自身の利用目的やライフスタイルに合わせて選ぶといいでしょう。

ANAカードのゴールドの年会費と貯まるANAマイル
カード名 ANA VISAワイドゴールドカード ANA Masterワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード ANAダイナースカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
年会費(税込) 本会員:15,400円
家族会員:4,400円
本会員:15,400円
家族会員:4,400円
本会員:15,400円
家族会員:4,400円
本会員:29,700円
家族会員:6,600円
本会員:34,100円
家族会員:17,050円
日々のお買い物で貯まるポイント 200円:2マイル 200円:2マイル 1,000円:10マイル 100円:1マイル 100円:1マイル(ANAグループポイント2倍)
ANA航空券購入で貯まるポイント 100円:2マイル 100円:2マイル 100円:2マイル 100円:2マイル 100円:3マイル

やはりゴールドカードの年会費は安くはありません。

ダイナースクラブカードやアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードだと年会費はかなり高額となりますが、旅行損害保険が充実した万能なクレジットカードです。

日々のお買い物でANAマイルを貯める場合、どの国際ブランドを選んでも1,000円の利用で10マイルが加算されるので、年間100万円利用した場合、10,000マイルが貯まる計算になります。

10,000マイルあれば国内の航空券を無料で発行することも可能です。

ANAの航空券を購入した場合は、さらにANAマイルの還元率が上がり、より多くANAマイルが貯まるのでお得になります。

このように、ANAのゴールドカードは、一般カードに比べると特段にANAマイルが貯まりやすいようになっています。

ANAカード比較表から特徴、獲得マイルを解説!陸マイラーにおすすめのカードはこれで決まり!

ANAカードのゴールドならANA VISAワイドゴールドカードがおすすめ

はじめてゴールドカードを作る場合、ANAダイナースカードやANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費は、なかなかハードルが高く感じられるのではないでしょうか?

まずは年会費が1万円台のものから試してみてお得だと実感してから、年会費が高くサービスや保険が充実したゴールドカードにのりかえていくのが得策かもしれません


この観点からすると、まずおすすめなのが、ANA VISAワイドゴールドカードです。

このゴールドカードは年会費を減額することができるようになっています。

さらに、クレジットカードのショッピング利用の額によって、ポイントの還元率を上げることができます。

年会費を安くすることができ、ポイント還元率を高めてより多くのANAマイルを貯めることができる、言うことなしのゴールドカードです。

ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • 便利な電子マネー「iD」も標準搭載
年会費初年度 15,400円(税込)
年会費2年目〜 15,400円(税込)
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
WAON(ワオン)
SMART ICOCA
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

年会費を安くする方法とは?

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は通常15,400円(税込)ですが、たった二つの条件を満たすことで、年会費を10,450円(税込)まで減額することが可能です

1つめの条件は、「マイ・ペイすリボ」に登録し、年間に1回でもリボ払いを利用することで、年会費3,850円(税込)の割引きが受けられます。

「マイ・ペイすリボ」とは、ショッピング1回払いのご利用分が自動的にリボ払い(分割支払い)になる支払方法です。

2つめは、カードご利用代金WEB明細書サービス」に登録することで、年会費が1,100円(税込)割引きになります。

紙のご利用明細書に代えて、月々の支払金額の明細がEメールで送付されるることによって、保管場所の確保や、破棄する際のプライバシー保護などの心配が不要となります。

この2つの条件をクリアすると、年会費がトータルで4,950円(税込)割引きとなります。


家族会員も上記の条件を満たすことで、年会費が4,400円(税込)から2,750円(税込)に減額できます。

追加カードについて

ANAゴールドカードでは、家族会員の追加カードを発行できます。

家族カードとは、クレジットカードの所有者である本会員の家族が、本会員と同じカードを追加で発行するカードで、本会員と生計を同一にする家族が申込めます。

家族カードの年会費はVISAMasterCardJCBの場合、4,400円(税込)で、毎月の請求は本会員の口座から引き落とされ、家族カードで貯めたANAマイルは本会員に合算されます。

また、有料道路をキャッシュレスで通過することができる、ETCカードも追加で作成可能です。

ETCカードは初年度年会費が無料、2年目以降550円(税込)の年会費が必要となりますが、1回でもETCカードの利用があれば、翌年度の年会費が無料となります。

ANA VISAワイドゴールドカードのマイルの仕組み

それでは、ANA VISAワイドゴールドカードでANAマイルが貯まる仕組みについて解説していきます。

ANAマイルを貯めると聞くと、ANAの飛行機に乗らないと貯まらないと思われる方が多いかもしれませんが、ANA VISAワイドゴールドカードでは、飛行機に乗らなくてもANAマイルをお得に貯めていくことができます

まずANA VISAワイドゴールドカードに入会するだけで2,000マイルがプレゼント。これは、翌年会員を継続される際にも付与されます。

そして、お買い物で1,000円ごとに10ポイント=1マイルが貯まります。

さらに、ANAグループ便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加えて25%のボーナスマイルがもらえるという特典があります。

ANAの一般カードでは、ポイントをANAマイルに移行する際に移行手数料が必要となりますが、ANA VISAワイドゴールドカードでは、無料で移行することができます。

ポイントの有効期限はゴールドカードで最長3年、一般カードの場合だと最長2年なので、さまざまなことを考慮すると、年会費が高くてもゴールドカードの方がお得かもしれません。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードやANAダイナースカードだとポイントの有効期限がありません。

また、年間の移行ポイント数の制限などもないなど、サービスがさらに充実しています。

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード

ANAアメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カードの詳細
年会費 : 34,100円(税込)
ポイント還元率 : 1 〜 2%
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

ANAダイナースカード

ANAダイナースカードの詳細
年会費 : 29,700円(税込)
ポイント還元率 : 0.4%~1.2%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

マイルを効率よく貯める方法は?

飛行機を利用することでANAマイルを大きく貯めることができるANAゴールドカードですが、飛行機に乗らなくてもANAマイルを貯める方法はいくつもあります。

そのためには、ショッピング利用した際に貯まるポイントをいかに稼ぐかという点が重要となります。

お買い物をあまりしない方でも、毎月の生活費の支払いをANA VISAワイドゴールドカードで支払うことによって、月々に貯まるポイント数を大幅に増やすことができます。

光熱費などの公共料金やインターネットのプロバイダー、携帯電話の支払いを合計するとなかなかの金額になりませんか?

この大きな支出の支払方法をクレジットカード払いに変更するだけで、それに見合ったポイントが貯まります。


メリットはほかにも…支払期日が違う支払いを一括にできることで管理が楽になるのではないでしょうか?

公共料金の支払いは継続性があり、金額が大きいのでANAマイルを効率よく貯めるために大きな助けとなってくれるでしょう。

ショッピング利用などで貯まるポイントについて

貯めたポイントはマイルに交換することができるほか、景品との交換や他社のポイントプログラムに移行、キャッシュバックなどができるようになっています。

ショッピング利用でのみ加算されるポイントで、キャッシング利用は対象外です。

そのほか、国民健康保険料の支払いや、nanacoWAONなどのプリペイド購入やチャージはお買い物累計金額の対象とはならないのでご注意ください。

カードをタッチするだけで支払いができる電子マネー「iD」なら、コンビニや自動販売機での少額利用もポイントに合算されるので、日常生活のなかのわずかな出費でも、ポイントを増やすことができます。

お得にポイントを貯める方法は?

ネットショッピングをする際にポイントアップモールを経由することでポイントアップのサービスを受けることができます。

使い方はいたって簡単、ポイントアップモールからお好きなショップにアクセスし、ANA VISAワイドゴールドカードで決済をすると、ポイントが最大で20倍貯まります。

利用できるショップは楽天やアマゾンなどの有名ショップなど、人気のあるお店が多数出店しています。

ポイントアップモールは、パソコン・スマートフォンから利用可能で、VpassIDとパスワードを発行するだけで、特別な登録や手続きなどは不要です。

ほかにも、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソン・マクドナルドで利用するといつでもポイントが5倍になる特典や、対象店舗を最大3つまで登録すると、その店舗を利用した際にポイントが通常の2倍になるという特典もあるので、上手に活用することで多くのポイントを貯めることができます。

ワールドプレゼントを徹底検証!最大20倍獲得する方法から交換先までまとめて紹介!

空の旅がより快適に!ANA VISAワイドゴールドカードの特典内容を解説

ANA VISAワイドゴールドカードの特典は、やはり飛行機を利用する際のサービスに長けていることがメリットではないでしょうか?

また、国内と海外へ行かれた際に利用できる保険も充実しています。

ここからは、ANA VISAワイドゴールドカードに入会した際に得られる特典について、詳しく解説していきます。

特典
  • 空港ラウンジが無料で利用できる
  • ビジネスクラス専用のチェックインカウンターを利用できる
  • ANAカードマイルプラスに加盟する提携店舗での利用でマイルがプラスで積算される
  • 旅行保険の内容をチェックする
  • ショッピング保証について

空港ラウンジが無料で利用できる

ANAゴールドカードと航空チケットを掲示することで、国内の主要空港とハワイホノルルの空港内にあるラウンジを利用することができます。

利用できるラウンジは、カード会社ラウンジに限られていて、ANAラウンジを利用することはできません。

通常、空港ラウンジの利用には約1,000円かかります。そのため、空港ラウンジを年間10回利用するだけで、年会費の元がとれる計算となります。

空港ラウンジにはWi-Fiや電源の利用、新聞や雑誌などが用意されていて無料で読むことができるほか、有料で軽食などのサービスがあります。

同伴者が空港ラウンジを利用する場合は、ラウンジ利用料を支払うことで利用が可能です。

ANAダイナースクラブカードやANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは、同伴者1名まで無料で利用できる特典がついています。

ビジネスクラス専用のチェックインカウンターを利用できる

ANAゴールドカードを所持していると、ANA運航便のエコノミーを利用する際でも、ビジネスクラス専用のカウンターでチェックインをすることができます。

エコノミーカウンターは混みあい、受付開始前であっても長い列ができていることがよくあるかと思います。

ビジネスカウンターを利用できると、長い列に並ばずにチェックインができるため、ストレスなく待ち時間も有効に活用することができます。

これは、ゴールドカードを持っている人だけが受けられる優待サービスなのですが、年会費以上のお得感を味わえるのではないでしょうか?

ANAカードマイルプラスに加盟する提携店舗での利用でマイルがプラスで積算される

ANAカードマイルプラス加盟店でANAカードで支払いをすると、クレジットカード会社のポイントとは別に、さらに100円または200円(税込)につき1マイルが貯まります。

クレジットカード利用のポイントとは別でマイルが貯まるので、マイルの二重取りになり、かなりお得になります。


ANAカードマイルプラスの加盟店は、ANAの購入券購入や機内販売はもちろんスーパーやコンビニ、ドラッグストアから百貨店や通販サイトまで多岐にわたります。

普段利用するお店が、ANAカードマイルプラス加盟店となっている場合は、ANAゴールドカードを作るのがおすすめです。

旅行保険の内容をチェックする

ゴールドカードには付帯保険があり、海外・国内旅行の際の病気やトラブルに対して保証がされています。

こちらでは、付帯保険の補償額をゴールドカードの種類別に表で解説していきます。

ANAカードのゴールドの旅行保険内容
ANA VISAワイドゴールドカード ANA Masterワイドゴールドカード ANA JCBワイドゴールドカード ANAダイナースカード ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
傷害死亡・傷害後遺傷害 5,000万円 5,000万円 1億円 1億円 1億円
傷害・疾病治療 150万円 150万円 300万円 300万円 300万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円 1億円 1億円 4,000万円
携行品損害 1旅行につき50万円限度(免責3,000円)
1旅行につき50万円限度(免責3,000円) 1旅行につき50万円限度(免責3,000円) 1旅行につき50万円限度(免責3,000円) 1旅行につき50万円限度(免責なし)
救援者費用 100万円 100万円 400万円 400万円 400万円

ANAゴールドカードのなかで見ると、VISA/Masterワイドゴールドカードの補償内容は少し補償金額が少ないように思えますが、一般的なゴールドカードの付帯保険のなかでは標準的な水準です。

また、海外旅行傷害保険には家族特約がついており、条件を満たした本会員の親族も、万が一の際は保証を受けることができます。

ANA VISAワイドゴールドカードの家族特約については以下の通りです。

ANA VASAワイドゴールドカードの家族特約
死亡・後遺障害 死亡の場合…1,000万円
後遺障害の場合後遺障害の程度に応じて…30万円~1,000万円
障害治療費用 50万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 50万円(1疾病の限度額)
賠償責任 1,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 15万円(免責3,000円)
救援者費用 50万円(1年間の限度額)

家族特約が適応されるのは、ANAゴールドカード本会員と生計を共にする19歳未満の同居(または別居)の子で、親族の場合は6親等以内の血族、または3親等以内の姻族となります。

そのほかにも条件があるので、条件を満たしている場合でも、家族特約の対象とならない場合があります。

ショッピング保証について

ショッピング保証とは、ANAゴールドカードを利用して買い物した商品に対して、年間300万円まで補償されるお買い物安心保険です。

ダイナースクラブカードとアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードでは年間で500万円まで補償されます。

ANA VISAワイドゴールドカードの場合、1回の利用につき、3,000円の自己負担がありますが、購入した商品が、万が一破損・盗難などの被害にあってしまった場合でも、購入代金を補償してくれるとても頼もしい付帯保険です。

カードの種類によって、補償対象期間や補償対象商品が定められているため注意しましょう。

ANAワイドゴールドカードの場合、購入してから90日以内の商品が対象となります。なお、自動車や自転車、携帯電話、食料品などは対象外となります。

ANA VISAワイドゴールドカードの入会の審査は厳しい?

ANA VASAワイドゴールドカードは、原則として20歳以上で、安定継続収入のある方が審査対象となります。

ほかにも審査基準はありますが、詳細は公開されていません。

ですが、年会費がかかるステータスカードとなるため、一般カードよりも審査基準が高くなると考えられます。

過去にほかのクレジットカードの利用があった方は、これまでの利用実績が加味されます。

毎月しっかりと決められた期日に支払いができていれば問題ありませんが、遅延や債務整理など金融事故の実績があると、審査通過は難しくなるでしょう。

20歳以上で一般的な収入があり、過去にクレジットカードの利用でそれほど大きな問題がなければ、審査はそれほど心配しなくて大丈夫です。

審査に通りやすくするコツは?

ANA VISAワイドゴールドカードの審査に通りやすくするためのコツを紹介していきます。

まず1つめのコツは、キャッシング枠を付けないということです。キャッシングとは、クレジットカード会社から借入をすることができるサービスです。

返済能力に対して自信がない方は、キャッシングの利用枠を設けずに申込みましょう。

2つめのコツは、固定電話があればきちんと記入をするということです。

固定電話がないからといって、信頼度が下がるというわけではありませんが、記入できる欄はすべて埋めておくことが得策です。

ANA VISAワイドゴールドカード
ANA VISAワイドゴールドカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • 便利な電子マネー「iD」も標準搭載
年会費初年度 15,400円(税込)
年会費2年目〜 15,400円(税込)
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
WAON(ワオン)
SMART ICOCA
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANA VISAワイドゴールドカードの申込方法

ANA VISAワイドゴールドカードの申し込みはインターネットで受付けています。申込手順は以下の通りです。

申し込みには運転免許証または運転経歴証明書などの身分証明書が必要となります。

金融機関の通帳やキャッシュカードも合わせて用意した上で、手続きをしてください。

申込手順

  1. パソコン・スマートフォンから申込内容の入力
  2. 支払い口座の設定
  3. 入会審査・カード発行
  4. 自宅にカードが郵送で配達される

通常、申込後3営業日でカードが発行されますが、以下の事由によって、3営業日発行がおこなわれないことがあるので注意が必要です。

3営業日発行がおこなわれないケース

  • 審査になんらかの問題があった
  • 対象外の金融機関を支払い口座に設定した
  • キャッシングを希望した
  • 19:30以降の申し込み
  • 交通系IC機能付きカードを申し込んだ

あわせて検討したい!ANAマイルも東京メトロポイントも貯まるソラチカカード

ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)
ソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)の詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ANA・提携航空会社便の搭乗でたまるマイル+各種ボーナスマイル
  • 東京メトロ乗車・定期券のお支払いでメトロポイントがたまる
  • さらにPASMOも搭載!
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 2,200円(税込)
ポイント還元率 0.1%
電子マネー
PASMO(パスモ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

ANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となったソラチカカードは、東京メトロの乗車でポイントが貯まるようになっているのでお得です。

PASMO(パスモ)は、鉄道やバスの切符として利用できるほか、電子マネー加盟店では電子マネーとしてお買い物のお支払いに利用することができます。

ANAカードと一体型になったPASMOは、ANAカードの基本性能はそのままでPASMOのオートチャージ機能や定期券も搭載可能、東京メトロの乗車で1乗車につき平日5メトロポイント、土・休日は15メトロポイントが貯まります。定期券の購入時にはメトロポイントと、JCBカードのOki Dokiポイントがダブルで貯まるようになっています。

メトロポイントは100ポイント→90マイルの交換レートでANAマイルに移行することができます。

年会費は初年度無料で、2年目以降2,200円(税込)必要となりますが、継続ボーナスとして1,000マイル付与されます。

ソラチカカードはポイント3重取りで効率よく貯まる!5つのメリットも徹底解説します

ANAのゴールドカードまとめ

ANAゴールドカードは種類も多く、それぞれに特徴があるので、ご自身に合ったカードを見極めることは難しいかもしれません。

しかし、カードはマイルを保持したまま切り替えることができるので、まずは1番年間費を安くできるANA VISAゴールドカードから試してみるのが良いでしょう。 

ANAをよく利用する方はもちろん、そうでない方も工夫次第でどんどんANAマイルを貯めていくことができます。

また、ANAゴールドカードの付帯保険は、海外や国内旅行時の傷害補償が手厚いため、旅行中に万が一のことが起こった場合でも安心です。

ANAゴールドカードは豊富な優待特典に、手厚い補償、お得にANAマイルを貯めることができるおすすめのカードです。

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャル・プランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事