更新日:

転職エージェントとのWeb面談方法は?内容や準備しておくものを紹介!

転職エージェントとのWeb面談方法は?内容や準備しておくものを紹介!

「転職エージェントのWeb面談のメリットって?」

「Web面談って何を準備すればいいの?」

「服装やキャンセルなど細かいところも知りたいな」

こんな悩みを抱えてはいませんか?

この記事では、転職エージェントのWeb面談について詳しく解説しています。

面談に向けて準備すべきことやおすすめの転職エージェントも参考にして、転職活動にお役立てください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

転職エージェントはWeb面談が増えている

転職エージェントはWeb面談が増えている

転職エージェントに登録をすると、これまでの職務経歴や転職の希望条件、保有している資格などの確認をするために、面談を実施するのが一般的です。

従来の面談といえば、対面で行う場合が多かったのですが、新型コロナウイルス感染拡大影響で、多くの転職エージェントはWebでの面談を採用しています。

コロナ禍の影響でWeb面談や電話面談が増加

多くのWeb面談を行うためのツールは、ソフトやアプリケーションをデバイスにインストールする必要がなく、ブラウザ上で動作します。

転職エージェントをはじめ、企業でもWeb面接を採用しているケースが増加しているため、パソコンやスマートフォンでのWeb面談に慣れておくのが良いでしょう。

また、Web面談以外にも電話面談を実施する転職エージェントも多く、従来の対面での面談より気軽に面談を実施できるようになりました。

転職エージェントとの電話面談とは?流れも解説

転職エージェントとWeb面談を行うメリット

転職エージェントとWeb面談を行うメリットは、「移動の必要がない」「ツール操作の練習になる」点が挙げられます。

移動の必要がない

Web面談を行う上で大きなメリットになるのが、移動の必要がないことです。

移動時間にかかる時間を、そのまま削減できるため時間を有効的に使えます。また、自宅で面談実施ができるため、面談前後の予定を調整しやすいなども大きなメリットの1つです。

ツールの操作の練習になる

先述のとおり、多くの企業がWeb面接を採用しているため、Web面接の練習でデバイスやWebツールの操作方法を確認できます。

面談や面接だけでなく、実際の業務でもWebツールを使用したオンライン商談やミーティングをおこなっているケースも多いため、実務の練習にもなります。

転職エージェントとWeb面談を行うデメリット

転職エージェントとWeb面談を行うメリットもありますが、デメリットも存在します。

カメラやマイクといった機器を揃える必要もある

スマートフォンだけでWeb面談が完結する場合もありますが、操作性が悪かったり声が聞きとりづらかったりする場合があります。

たとえば、企業の詳細を画面で共有して確認する場合は、スマートフォンの画面では小さいため、詳細を確認しづらくなります。

最近のスマートフォンは高性能なものが多いですが、それでも集音性が悪い、スマートフォンのスピーカーの音が悪いこともあります。

スマートフォンでWeb面談をおこなう場合でも、イヤホンマイクの用意はしておいた方がよいでしょう。

電話面談の場合は表情が見えない

Web面談よりも気軽に行えるのが電話面談ですが、電話の場合は声だけの情報になり相手の表情が確認できないのがデメリットです。

表情を読み取れないため、相手からの真意が確認しづらかったり、信頼できるエージェントか判断しづらかったりします。

また、転職エージェントにこちらから与える情報も声だけになるため、転職に対しての希望条件や志向性が伝わりづらくなる点にも注意が必要です。

転職エージェントの面談は本音で話すべき? 転職エージェント側の本音も紹介

転職エージェントとWeb面談を行う際に必要な準備

Web面談を行う際に必要な準備

転職エージェントと面談を行う理由は、転職に対しての希望条件や志向性、保有資格、スキル、経験、価値観などを確認するためです。

本項目では転職エージェントとWeb面談をスムーズに進めるために、準備をしておくとよいものを紹介します。

履歴書と職務経歴書は送っておく

転職エージェントとの面談までに履歴書と職務経歴書を送っておきましょう。

履歴書、職務経歴書がない状態でWeb面談をスタートすると、学歴や職歴、職務内容などを1から説明しなくてはなりません。

特に、職務内容を言葉だけで説明するのは難易度が高いため、おすすめしません。

優先度が高いのは職務経歴書で、面談までに履歴書と職務経歴書を送るのが難しい場合は、職務経歴書だけでも送っておくとWeb面談がスムーズになります。

もし職務経歴書も送るのが難しい場合は、箇条書きでも構いませんので職務内容を送っておくようにしましょう。

Zoomなどの通信テストを行っておく

Web面談でよくあるトラブルが、カメラが映らない、音声が聞こえない、通信状況が悪いことです。

面談前に通信状況及びカメラやマイクのON/OFFの設定方法を確認して、生産性の高い面談になるようにしましょう。

転職理由を明確にしておく

「面談時に転職理由も相談すれば良い」と考えるかたもいますが、できる限り転職理由は明確になっているほうがよいです。

転職理由が明確になっていないと、転職エージェントも企業の紹介軸が定まりづらいためです。

また、転職理由が定まっていないと、どんな求人も良くも見えるし悪くも見えてしまう場合があります。

こういった状況になると、転職エージェントから勧められる企業の数がいたずらに増え、転職の判断軸が益々分からなくなってしまうケースがあります。

そうならないためにも、転職理由を明確にしておくのはとても重要です。

転職時期についても決めておく

企業によっては「〇月まで入社できる方限定」「募集人数〇名までの急募」など、求人の内容がそれぞれ決まっている場合があります。

希望条件や志向性が企業とマッチしている場合でも、入社時期が企業と求めているものと違った場合、採用選考のテーブルに載せること自体が難しくなってしまいます。

「1ヶ月以内」「3ヶ月以内」「半年以内」「良い企業があればすぐにでも」など、転職時期の希望は事前に決めておくのがよいでしょう。

転職エージェントとのWeb面談の内容や流れ

転職エージェントとのWeb面談が初めての方もいるでしょう。

前段で紹介をした「転職エージェントとWeb面談を行う際に必要な準備」を参考にしながら、本項目ではWeb面談の内容や流れを紹介します。

転職エージェントの面談って何?服装や内容などを解説

自己紹介

転職エージェントと面談では、最初に自己紹介をお互いに行います。

Web面談は固い雰囲気ではなく肩肘を張らずにラフにおこなう場合が多いため、緊張せずリラックスをして自己紹介をしましょう。

多くの場合、転職エージェント側から自己紹介をしてくれて、話がしやすい雰囲気を作ってくれます。

自己紹介時に転職エージェントの得意分野や得意領域、スタンスなども紹介してもらえます。

転職希望の確認

希望する業界や職種、職務内容、年収、福利厚生、転職希望時期、描いているキャリアパスなど、転職に対する希望条件などを確認していきます。

転職理由は明確にしておいた方が良いと前段でお話をしましたが、転職の希望条件は絞り過ぎないほうがよい場合もあります。

たとえば、自宅から30分以内、年収は現職(前職)の120%以上、2ヶ月以内で転職が可能、など条件を絞れば絞るだけ該当求人が少なくなります。

譲れない転職の希望条件を持ちつつ、希望条件は広く持っておくのがおすすめです。

転職活動のスケジュールや今後の連絡手段の確認

転職活動のスケジュール、連絡手段の確認も面談時にしておきましょう。

転職活動のスケジュールとは、来週まで1社応募する、1ヶ月以内に10社応募する、3ヶ月後に内定を獲得するなど、転職のゴールを設定することです。ビジネス用語でのKPI設定に近いですね。

ゴールが設定できていれば、マイルストーンも置きやすくなり進捗確認がしやすくなります。

また、今後の連絡手段を確認しておくのも大切です。

普段メールをあまり見ない、電話に出られる時間が少ない、平日の連絡は19:00以降になるなど、人によって状況はさまざまです。

電話やメール、ラインなど連絡手段を決めておくのと同時に、連絡が取りやすい時間帯なども決めておくと転職活動がとてもスムーズに進められます。

場合によっては求人紹介

事前に履歴書や職務経歴書を送っている場合は、すでにエージェントが求人を探してくれている場合があります。

求人内容が希望に合っている場合は、即日応募をするのも可能です。

仮に求人内容の希望が合わない場合も、条件の確認や志向性の確認にもなります。

キャリア相談をおこなってくれることもある

転職をすべきなのか悩んでいるといった場合は、キャリア相談を実施してくれることもあります。

今後のキャリアプランを聞いて、本当に転職すべきなのか、どんな業務経験を積むべきかなどの具体的なアドバイスも期待できるため、迷っている場合は積極的に相談をしてみましょう。

転職理由を明確にしておいた方が良いとお話をしましたが、転職すべきか迷っているのが決まっている場合は、事前に迷っているのを転職エージェントに伝えておきましょう。

事前に情報が伝わっていれば、内容に合わせて面談をカスタマイズしてくれます。

転職エージェントのWeb面談をおこなう際のポイント

転職エージェントのWeb面談を行う際のポイントを紹介していきます。

本音で話す

転職エージェントとの面談では、本音で話すように心掛けましょう。

建前や偽りを交えてしまうと、希望条件に沿わない転職条件の紹介をされてしまう懸念があります。

ネガティブな転職理由なども含めて本音で転職エージェントと話すことで、エージェントとの信頼関係も生まれ、結果的に転職の目的を叶えられる求人を探してくれるようになります。

単なる愚痴にならないように注意

本音で話した方がいいに越したことはありませんが、単なる愚痴にならないように注意しましょう。

愚痴ばかりの面談になってしまうと、他責傾向の強い人と捉われかねず、エージェントが求人情報を紹介するのをためらってしまうかもしれません。

愚痴を言うのはOKですが、愚痴の元になった問題に対してどんな行動を起こしたのか、あるいはその経験を今後どのように活かしていきたいのかと前向きに検討する姿勢を見せましょう。

他にエージェントを利用している場合は伝える

他のエージェントを利用している場合、素直に伝えた方がスケジュール調整を上手くしてくれるだけでなく、複数利用の理由を説明するとあなたのニーズを理解してもらえるでしょう。

また、できれば貴社エージェントで決めたいということを伝えれば、エージェントも他社エージェントに負けないようやる気を持ってくれる場合もあります。

転職エージェントは複数利用してもいいの? おすすめの組み合わせも紹介!

他のエージェントの悪口はNG

他のエージェントの悪口は控えましょう。

他のエージェントに対して文句や愚痴が多いと、物事のネガティブな部分を捉える人なのかなと思われてしまったり、自社も文句や愚痴を言われているのかとエージェントに思われたりするなど、良好なコミュニケーションが取れなくなる恐れがあります。

根拠が示せる実績はアピールする

実績がある場合はどんどんアピールをしましょう。

実績に見合うだけの求人を紹介してくれたり、場合によっては他にはない独占求人や非公開求人を紹介したりすることもあります。

「自分にはアピールできる実績がない」と感じる場合でも、まずはエージェントに話をしてみるのをおすすめします。

自分では大した実績ではないと思っていても、周りから評価をされる実績の場合も十分考えられます。

なんとなく話を聞きたいの利用もOK

自分が本当に転職すべきなのか?転職するとしたら、どんな求人に出会えるのかなどの相談もできるため、転職エージェントは積極的に利用をしましょう。

自分だけでは考えられなかった業界や職種、苦手だと思っていたけど実は向いてるかもしれない仕事など、転職エージェントに話をしたから価値観や方向性が見つかったというケースも多々あります。

転職エージェントの賢い使い方とは?効果的な使い方を解説

Web面談にも対応しているおすすめ転職エージェント

Web面談に対応しているおすすめの転職エージェントを紹介します。

本記事で紹介するのは、「リクルートエージェント」「doda」「マイナビエージェント」の3社です。

それぞれ業界では最大手と呼ばれるエージェントで、年代や経歴を問わず転職におすすめできるエージェントです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップの求人数を保有している転職エージェントです。

リクルートブランドの安心感で、多くの求人企業からの信頼を集めており、リクルートにしかない独占求人があるのもおすすめポイントです。

doda

dodaは転職サイトが有名ですが、転職エージェントの運営も行っています。

約10万件(2022年4月時点)の求人情報を、求職者に合わせた求人紹介に定評があり、若手をはじめ幅広い年代から支持を得ているエージェントです。

マイナビエージェント

スタートアップベンチャー求人をはじめ、多くの優良企業の求人を保有しているのがマイナビエージェントです。

業界や職種を問わない総合型エージェントの他、薬剤師の転職に特化した「マイナビ薬剤師」、保育士に特化した「マイナビ保育士」、メーカーに特化した「マイナビメーカーエージェント」など、特化型エージェントの運営も行っています。

転職エージェントとの面談で絶対にやってはいけないこと

転職エージェントとの面談では、絶対にやってはいけないことがいくつかあります。

本記事では「面談を無視する」「経歴やスキルで嘘をつく」の2点を紹介しますが、人対人の関係性であるのを意識するのが肝要です。

面談を無視する

面談の予定があり連絡も来ているのに無視するのは絶対にNGです。

一回でも面談を無視してしまうと信用がなくなり、求人紹介も受けられなくなってしまう可能性もあります。

独占求人を持っているエージェントの場合は、転職の可能性を狭めてしまうことにも繋がり、誰に対してもメリットがありません。

都合が悪くなってしまったり、面談ができなくなってしまったりした場合は、分かった時点で連絡を入れるようにしましょう。

転職エージェントの断り方と注意点は?ケース別の例文も併せて紹介!

経歴やスキルで嘘をつく

経歴やスキルが正しくない場合、エージェントが適切な求人を探せなくなってしまいます。

面接でばれてしまったら受からないだけでなく、エージェントとの信頼関係も亀裂が入ります。また、運よく受かっても転職後にスキル不足や経験不足が露呈して自分が困ることになります。

転職エージェントのWeb・オンライン面談に関するよくある質問

転職エージェントのWeb・オンライン面談に関するよくある質問をまとめてみました。

エージェント面談の勝手が分からない方は、ぜひ参考にしてください。

オンライン面談の服装ってどうすべき?

スーツで面談を受けるのが無難ですが、私服でも大丈夫です。

ただ、あまりにもラフだったり寝間着のままだったりすると、企業に紹介できる人なのか疑問視をされてしまうケースがあるため、オフィスカジュアルでまとめるのがベターです。

Web面談って何回くらいやるの?

Web面談を行う回数は人の状況により異なりますが、多くの場合は2回~3回です。

面接対策や話がまとまらない場合などは、面談回数が増えるケースもあります。

Web面談は無料で受けられる?

Web面談は無料で受けられます。料金が発生することはないため、積極的に利用をしましょう。

Web面談をキャンセルする場合は?

なるべく前日までにキャンセルの旨を連絡する。当日は社会人のマナーの面でも好ましくありません。

もし急遽の変更が必要になった場合は、代替えのスケジュールを事前に提出をするなどしましょう。

面談したくないけど拒否できる?

面談をせずに求人紹介だけ受けるのは、基本的にできません。

実際に面談をして話をしてみないと、どの求人を紹介して良いのかエージェントも分からないためです。

まとめ|転職エージェントはWeb面談が主流!やり方に慣れておこう

転職エージェントとのWeb面談方法や、内容、準備しておくものを紹介してきました。

転職エージェントとの面談はWebで行うのが主流になっていて、転職エージェントとの面談だけでなく企業との面接や、実際の職務でWebを利用してオンライン商談を行うのケースもあるため、やり方に慣れておいて損はありません。

Web面談ならではのメリットやデメリット、注意点もあるため、本記事の内容を参考に転職エージェントは積極的に利用していきましょう。

ブライダル業界でサービス/接客のイロハを学び人材業界へ。現役転職エージェントとWebライターの2足のわらじ中。仕事を探している人たちに、仕事の食わず嫌いをなくすため、「業界や職種の中身」を伝えています。

星野 裕次郎の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事