更新日:

おすすめの転職エージェント27選を徹底比較!選び方も解説

おすすめの転職エージェント27選を徹底比較!選び方も解説

「どの転職エージェントを利用すればいいの?」

「転職エージェントに違いはあるの?おすすめの転職エージェントは?」

本記事では上記の疑問を解決するために、それぞれの転職エージェントによる違いを解説し、マネ会がおすすめする転職エージェントを紹介します。

また、目的別におすすめの転職エージェントを紹介するため、本記事を読むことで、自分に合った転職エージェントを選べるようになります。

すべての人におすすめできる転職エージェント

おすすめの転職エージェント
公開求人数 非公開求人数(※) 業界・職種
年齢
エリア
リクルート
エージェント
約13万件
約19万件
全業界・職種
全年齢
全国
doda
約10万件
約3万件
全業界・職種
全年齢
全国
マイナビエージェント
約3万件
約3万件
全業界・職種
全年齢
全国

それぞれの転職エージェントの特徴を解説していきます。

(※)非公開求人とは、企業のHPや転職サイトなどで公開されていない求人

リクルートエージェント

リクルートの特徴
  • 求人数No.1(※)
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェント最大の特徴は、扱う求人数の多さです。

求人が多いことは、選択肢が多いことに直結します。

そのため、どのようなカテゴリーの方でも登録しておいて損はありません。


また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界の詳しい情報を知ることもできるのが特徴です。

公式サイトはこちら

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

doda

dodaの特徴
  • 転職者の満足度No.1(※)
  • 業界最大級の求人数
  • 各専門プロによる支援

dodaが扱う求人数は、約13万件と業界最大級です。そのため、転職先の選択肢が増えます。

また、各専門のプロから以下の支援を受けられます。

支援内容

  • 転職市場に精通したプロによる転職支援
  • キャリアアドバイザーによる自己分析支援
  • 採用のプロによる、人事と同じ視点でのアドバイス

上記の支援によって、より適切な業界・職種を見つけられます。また、より適切な企業を紹介してもらえます。

これらが理由から、転職者の満足度No.1(※)になっているのです。

公式サイトはこちら

(※)電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数

マイナビエージェント

マイナビの特徴
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 企業担当アドバイザー

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため、多くの求人から、自分に最も適した求人を紹介してくれるのです。

また、キャリアアドバイザーとは別に、企業担当アドバイザーによる支援もあります。

企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票からはわからない職場の雰囲気などを教えてくれます。

公式サイトはこちら

転職エージェントの正しい選び方

転職エージェントの正しい選び方

転職エージェントには、それぞれに特徴があります。

自分に合った転職エージェントであれば、転職できる可能性も高まります。

また、転職後の満足度にも影響するので、初めて利用する方は選ぶ基準を知っておきましょう。

選ぶ基準
  • 扱っている求人の種類
  • サービス内容

扱っている求人の種類

転職エージェントは、総合型と特化型のものがあり、扱う求人が変わります。

そのため、転職エージェントの利用を検討する前に、「どんな求人を扱っているか」を確認する必要があるのです。

総合型の転職エージェントとは、「リクルートエージェント」や「doda」などのように、幅広い業界・職種や幅広い年齢に対応しているものです。

総合型の転職エージェントは、扱う求人数が多く、「どんな仕事をしたいのかわからない」という場合に利用します。

一方で特化型の転職エージェントとは、ITエンジニア専門の「レバテックキャリア」やハイクラス転職の「BIZREACH」などのように特化したものです。

特化型の転職エージェントは、特化した求人を扱っているため総合型の転職エージェントと比べて求人数が少ないです。その代わり、より専門的な求人を扱っています。

そのため、「IT業界に転職したい」などと方向性が決まっている場合に利用します。

このように、総合型と特化型には明確な違いがあるため、自分の状況と照らし合わせて、最適な転職エージェントを選択しましょう。

サービス内容

それぞれの転職エージェントで、サービス内容が異なります。

たとえば、書類選考が免除されるサービスがある転職エージェントやスカウト限定の転職エージェントなどがあります。

また、キャリアアドバイザーの質や書類作成支援の質なども転職エージェントによって異なるのです。

このようなサービス内容を調査し、自分に合った転職エージェントを選ぶ必要があります。

【30代以降のハイクラス転職】おすすめの転職エージェント

30代以降のハイクラス転職をしたい方に、以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • リクルートダイレクトスカウト
  • BIZREACH
  • JAC Recruitment

リクルートダイレクトスカウト

ダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万~2000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラスに特化したエグゼクティブ向けの転職サービスです。

リクルートダイレクトスカウトに登録するだけで、約300社・約3000名以上(※)のヘッドハンターが仕事を探して提案してくれます。

そのため、リクルートダイレクトスカウトに登録したあとは、スカウトが届くのを待つだけです。

公式サイトはこちら

(※)ハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウト

BIZREACH

BIZREACHの特徴
  • 登録の際に審査がある
  • スカウト制
  • ハイクラスに特化

BIZREACHは、ほかの転職エージェントと違い登録する際、審査に通過する必要があります。

一見するとデメリットのように感じますが、1つの求人に対する倍率が下がるという観点から見れば、メリットにもなりえます。

また、登録の際に審査が必要なだけあってBIZREACHで扱っている求人は高収入なものが多いです。そのため、一気に年収UPを目指せます。

公式サイトはこちら

JAC Recruitment

JACの特徴
  • 顧客満足度 4年連続No.1(※1)
  • コンサルタントの総数 約1200名(※2)
  • 知人にJACをすすめたい方 94.7%(※3)

JAC Recruitmentは、ハイクラス・ミドルクラスの転職分野において、4年連続(2019年~2022年)で顧客満足度No.1(※1)を獲得しています。

また、抱えるコンサルタントの数が約1200名(※2)と多く、求職者1人あたりへのサポートが厚い点も特徴的です。

これが影響して、知人にJACをすすめたい方が94.7%(※3)という数値を出していると予測します。

公式サイトはこちら

(※1)2019~2022年 オリコン顧客満足度調査 ハイクラス・ミドルクラス転職 第1位
(※2)2018年8月末現在の実績(JAC Recruitment Group合計)
(※3)2021年4-6月度当社利⽤者アンケート結果

【第二新卒・20代向け】おすすめの転職エージェント

第二新卒や20代の方には、以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • ハタラクティブ
  • 転職Shop
  • DYM就職

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴
  • 未経験に特化したサポート
  • 適性のある企業のみ紹介
  • 受ける企業に合わせた対策

ハタラクティブは、あなたに向いている可能性が高い求人のみを厳選して紹介してくれます。

そのため、注力が分散せず高い集中力とモチベーションを保ったまま、選考に向かうことができます。

公式サイトはこちら

就職Shop

就職Shopの特徴
  • 求人は未経験者が対象
  • 直接訪問して取材した求人

就職Shopは、未経験の若者を信じて育成してくれる企業を主に紹介してくれます。そのため、利用者は9割が20代です。

また、すべての求人は企業に直接訪問して取材しているため、職場の雰囲気や労働環境など、ネット上の情報だけではわかりづらい情報も提供してくれます。

公式サイトはこちら

DYM就職

DYM就職の特徴
  • 第二新卒の転職に強い
  • 希望に沿った求人の紹介
  • 内定獲得後もフォロー

DYM就職は、研修などの人材教育が充実した求人を多数保有しているため、第二新卒・フリーター・ニートの転職に強いことが強みです。

公式サイトはこちら

【20代・30代の女性】おすすめの転職エージェント

20代・30代の女性には、以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • type女性の転職エージェント
  • LIBZ
  • Women's Work Style for IT 「ベティ」

type女性の転職エージェント

type女性の特徴
  • 女性の転職に特化
  • 18年以上続いている
  • 女性の転職typeも運営

女性の転職typeとは、type女性の転職エージェントの転職サイト形式です。

その転職サイトも運営しているため、転職エージェントだけでなく、転職サイトと合わせた幅広いノウハウを持っています。

また、女性のための面接メイクアップというサービスもおこなっており、女性に完全特化した転職エージェントとなっています。

公式サイトはこちら

LIBZ

LIBZの特徴
  • さまざまな形態の求人
  • 詳細な求人情報

LIBZでは、正社員の転職はもちろん、在宅ワーク中心の業務委託案件やエグゼクティブ案件など、幅広い求人を扱っています。

そのため、子育て中の女性などでも働きやすい求人が見つかる可能性が高いです。

また、LIBZは仕事内容や労働条件だけでなく、期待される役割や解決してほしい課題も記載しているため、「その会社で働いている自分」をリアルに想像できます。

そのため、より適した求人を選べる可能性が高まります。

公式サイトはこちら

Women's Work Style for IT 「ベティ」

ベティの特徴
  • IT業界で働きたい女性に特化
  • 女性にうれしい職場特集

ベティでは、IT業界で働きたい女性向けに以下の求人を紹介しています。

求人の内容

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ディレクター
  • 事務
  • 営業

上記の求人は、関東圏や東海圏を主な仕事の中心地としており、転職しやすいです。

また、「女性にうれしい職場特集」として以下の要素がある求人を紹介してくれます。

求人特集

  • ワークライフバランスのいい求人
  • 研修が充実している求人
  • 得意を活かせる求人
  • 産休・育休の取得実績がある求人

このような特集があることで、女性がより働きやすい求人を見つけやすいです。

公式サイトはこちら

【外資系・海外転職】おすすめの転職エージェント

外資系や海外に転職したい方に、以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • en world(エンワールド)
  • randstad(ランスタッド)
  • ロバート・ウォルターズ

en world(エンワールド)

en worldの特徴
  • 多国籍企業とグローバルな人材をつなぐ
  • ライフスタイルに合わせた働き方

en world(エンワールド)は、国際的な視点を持ち、キャリアアップを志望する人材に、管理職やスペシャリストの求人を紹介しています。

また、派遣や契約型の求人も多く扱っており、ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができます。

これらの求人は、各業界に精通したコンサルタントが紹介してくれるため安心です。

公式サイトはこちら

randstad(ランスタッド)

randstadの特徴
  • 派遣~正社員まで幅広い求人
  • スキルアップサポート
  • ワーキングマザー支援

randstad(ランスタッド)では、提携スクールの割引やEラーニング、資格取得支援制度などによって、求職者のスキルアップを支援してくれます。

そのため、自分の実力を上げて転職に臨めます。

また、ワーキングマザー支援をおこなっています。これは、仕事と育児を両立する方にベビーシッターの割引をおこなう制度です。

そのため、育児中の女性でも積極的に働けるようになっています。

公式サイトはこちら

ロバート・ウォルターズ

ロバートウォルターズ
  • 語学力を活かした転職
  • 首都圏の求人が多い
  • 転職の参考になる独自コンテンツ

ロバート・ウォルターズは、さまざまな業界・職種の求人を扱っています。一方で勤務地は首都圏になる求人が多いです。

そのため、首都圏で働きたい方にはおすすめです。

また、転職の参考になる独自コンテンツを提供しています。

独自コンテンツ

  • 外資系企業の「採用動向レポート」
  • 年収・給与をまとめた「給与調査レポート」
  • バイリンガルへのアンケートをまとめた「バイリンガルサーベイ」

上記以外にも、英語での履歴書・職務経歴書の書き方や面接の仕方をまとめた「転職アドバイス」など、さまざまな独自コンテンツがあります。

どれも非常に有用で、一読の価値ありです。

公式サイトはこちら

【IT業界】おすすめの転職エージェント

IT業界へ転職したい方に、以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • WORKPORT(ワークポート)
  • Geekly(ギークリー)
  • レバテックキャリア

WORKPORT(ワークポート)

WORKPORTの特徴
  • 転職決定率No.1(※)
  • 豊富な転職サービス

WORKPORTでは、以下の転職サービスをおこなっています。

転職サービスの詳細

  • 転職相談
  • 履歴書・職務経歴書作成
  • 転職支援アプリ
  • 転職講座
  • エンジニアスクール

エンジニアスクール「みんスク」というサービスは、完全未経験からプロのエンジニアを目指す方のためのものです。

教材費も受講料も完全無料で受けられる点が、大きな特徴になります。

公式サイトはこちら

(※)リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING~2021年度上半期~』(2021年4月~2021年9月)

Geekly(ギークリー)

Geeklyの特徴
  • IT業界に特化
  • 年収UP率 75%(※)

Geeklyは、IT業界への転職実績が6,000件以上あります。

また、ITに関する知識を持ったカウンセラーが在籍しているため、求職者に的確な提案が可能です。

加えて、最適なマッチングを実現させることで、多くの転職成功者が年収をUPさせている点も特徴です。

公式サイトはこちら

(※)転職による年収アップの相場と年収を上げたいときのノウハウを解説 | GeeklyMedia(ギークリーメディア)

レバテックキャリア

レバテックの特徴
  • 初回提案内定率 90%
  • 年収UP率 60%以上(※)

レバテックキャリアは、年に3000回以上も企業を訪れ、リアルな情報を集めています。

それによって、求職者に最適な求人を提案できるのです。結果として、初回提案内定率が90%にもなっています。

公式サイトはこちら

(※)2020年9月実績

【医療系】おすすめの転職エージェント

医療系で転職したい方に、マネ会は以下の転職エージェントをおすすめしています。

おすすめエージェント
  • エムスリーキャリアエージェント
  • 医師転職ドットコム
  • マイナビDOCTOR

エムスリーキャリアエージェント

エムスリーの特徴
  • 高額求人多数
  • エムスリー独自の情報収集力

エムスリーキャリアエージェントは、30万人以上の医師が登録する医療従事者向けポータルサイトも運営しています。

そのサイトによって、圧倒的な情報量を取得しており、情報量が強みです。

また、関東内約40%の病院の求人情報を保有しており、圧倒的な求人数を誇っています。加えて、高額の求人も多く、年収UPを目指したい方にもおすすめです。

公式サイトはこちら

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの特徴
  • 豊富な非公開求人
  • サービス満足度 90%以上(※)

医師転職ドットコムは、1万件以上の非公開求人を抱えており、医師転職ドットコムでしか見つけられない好待遇の求人を見つけられる可能性が高いです。

また、利用者の90%以上がサービスに満足しているため、キャリアアドバイザーの質や求人の質が高いことがわかります。

公式サイトはこちら

(※)2018年9月 常勤医師満足度アンケート(医師転職ドットコム調べ)

マイナビDOCTOR

マイナビDOCTOR
  • 職業紹介優良事業者の認定を取得
  • 豊富な非公開求人

マイナビDOCTORは、職業紹介優良事業者の認定を受けている転職エージェントです。

職業紹介優良事業者認定制度は、「職業紹介優良事業者行動指針」を遵守し、適正な業務運営と経営改善努力を行ない、一定の基準を満たした事業者を優良認定する制度です。

簡単に言えば、非常に優良な転職エージェントということです。

そのため、紹介される求人の質や在籍するキャリアアドバイザーの質の高さに信頼感があります。

また、マイナビDOCTORは豊富な求人を抱えていますが、その多くは非公開求人となっており、優良企業に転職できる可能性が高いことも特徴です。

【薬剤師】おすすめの転職エージェント

薬剤師で転職したい方に、マネ会は以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • 薬キャリAGENT
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師

薬キャリAGENT

薬キャリの特徴
  • 薬剤師の登録者数No.1(※)
  • 利用満足度 95%(※)
  • 独自の情報収集力

薬キャリAGENTには、専門性の高いコンサルタントが在籍しており、求職者の希望に沿った求人の紹介や条件交渉などをおこなってくれます。

そのため、満足度が95%と非常に高いです。

また、薬キャリAGENTは、薬剤師が21万人も登録しているエムスリーグループが運営しているため、求人情報をより詳しく提示できるのです。

加えて、薬キャリAGENTにしかない独占求人もある点が特徴です。

公式サイトはこちら

(※)薬キャリエージェント調べ(2020年8月時点)

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の特徴
  • 薬剤師専任のアドバイザー
  • 全国に15拠点

マイナビ薬剤師には、薬剤師年人のキャリアアドバイザーが在籍しており、薬局や病院、企業に直接訪問して情報を集めています。

そのため、リアルな情報を提供できるのです。

また、全国に15拠点あるため、転職で引っ越しする場合でもアフターフォローが可能になります。

公式サイトはこちら

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の特徴
  • 業界トップクラスの求人数
  • 翌日に平均5件の求人を紹介
  • 最短3日で転職

リクナビ薬剤師は、35000件以上の求人数を保有しており、大手の薬局から町の小さな薬局までカバーしています。

その豊富な求人数によって、登録した翌日には平均で5件以上の求人が紹介されます。そのため、最短3日での転職が可能です。

公式サイトはこちら

【経理・人事や管理部門・士業】おすすめの転職エージェント

経理や人事、管理部門や士業の転職したい方へ、MS Agentをおすすめします。

MS Agent

MS Agentの特徴
  • 管理部門・士業向けエージェント中転職決定率No.1(※)
  • MS AGENTにしかない独占求人

MS Agentは、管理部門・士業向け転職エージェントのなかで、転職決定率が最も高いです。

また、MS Agentが扱う求人は、90%が非公開求人です。また、その多くはMS Agentのみが扱っている求人になります。

そのため、満足度の高い転職を実現できる可能性が高いです。

公式サイトはこちら

(※)「転職エージェント企業のサイトイメージ調査(インターネット調査)」2021年11月実査委託機関:日本トレンドリサーチ

【広告・マスコミ業界】おすすめの転職エージェント

広告・マスコミ業界の転職をしたい方へ、マスメディアンをおすすめします。

マスメディアン

マスメディアンの特徴
  • 業界最大級の求人数
  • 業界最大級の転職支援実績

マスメディアンは、業界雑誌の「宣伝会議」を発行する企業のグループ会社です。

そのため、マスメディアン独自の情報が多くあります。それを利用しての求職者支援は、非常に心強いです。

また、4万人以上の転職を支援しており、広告・マスコミ業界では最大級の実績があります。

そのため、ノウハウも多く蓄積しており、安心して転職活動をおこなえます。

公式サイトはこちら

【金融業界】おすすめの転職エージェント

金融業界の転職がしたい方へ、コトラをおすすめします。

コトラ

コトラの特徴
  • 金融業界の経験があるキャリアアドバイザー
  • 独占の非公開求人

コトラには、金融業界を経験しているキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため、より専門性の高い情報を得られ、有利に転職を進めることができます。

また、コトラで扱っている求人のうち、約8割が独占の非公開求人です。そのため、より多くの選択肢を得たい人におすすめです。

公式サイトはこちら

転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントのメリット

メリットを理解していなければ、転職エージェントを利用しようと思わないでしょう。

そのため、転職エージェントを利用するメリットを具体的に解説していきます。

求人をプロが探してくれる

転職サイトの場合、多くの求人のなかから、自分に合うと思うものを自分自身で選ばなければいけません。

一方で転職エージェントを利用すれば、多くの求人のなかから、プロがあなたに合った求人を探してくれるのです。

そのため、より適した企業に転職できる可能性が高くなります。

書類添削や面接対策をプロがおこなってくれる

履歴書や職務経歴書は、当然ですが書類選考率に大きな影響があります。

転職エージェントを利用すると、自分のみで履歴書や職務経歴書を作成するのではなく、プロと一緒に作成できます。そのため、より完成度の高い書類作成ができるのです。

また、面接対策もプロがおこなってくれるため、採用される確率が高まります。

非公開求人を紹介してくれる

非公開求人とは、ほかでは公開していない求人です。つまり、その求人を扱っている転職エージェントを利用しなければ、存在を知ることすらできないのです。

また、非公開求人にする理由は、「極秘プロジェクトである」とか「事業にかかわるものである」など非公開にするだけの利用価値がある求人がほとんどです。

そのため、より質の高い求人である可能性が非常に高くなります。

年収交渉などを代行してくれる

自分から「もっと高い給料が欲しい」というのは、なかなか難しいです。

しかし、転職エージェントを利用すると代行して年収交渉してくれることもあります。

推薦状を出してくる可能性がある

推薦状とは、履歴書や職務経歴書とは別に、転職エージェントが企業に送ってくれるものです。

内容は、人柄や強みなど採用される確率が高まるもので、選考率にも影響を及ぼします。

転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用する際には、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。

デメリットを理解して、それをカバーするような行動を取ればデメリットを打ち消すこともできます。

応募までに日数がかかる

転職エージェントは、求職者により合った求人を紹介しようと努力してくれます。

そのため、求職者への面談や求人情報の洗い直しなど、さまざまな業務が必要になるのです。

結果として、求人が紹介されるまで時間がかかり、応募までに日数がかかることもあります。

気軽に求人が見られない

転職エージェントは、非公開求人を抱えていることも多いです。

そのため、自分が見たい求人を見せてくれない可能性もあります。

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェントの注意点

転職エージェントを利用する際には、いくつかの注意点があります。

これから紹介する注意点は、知らなければ損失になる可能性もあるため、確認してください。

希望条件を可能な限り明確にしておく必要がある

希望条件が曖昧で、「何でもいい」というスタンスだと、いくら転職のプロとはいえ困ってしまう可能性が高いです。

その結果、「希望条件が明確な人の求人は探すけど、曖昧な人は後回しにする」という決断に至ります。この場合には、紹介される求人数が少なくなり、転職できる確率が低くなってしまうでしょう。

また、明確な希望条件を伝えないと、満足度の高い求人を紹介しにくいです。そのため、結果として不満足な転職をする可能性も高くなってしまいます。

嘘をつかない

経歴などで嘘をついてしまうと、適した求人が紹介できなくなります。

また、経歴に嘘をついている人を企業に紹介してしまうと転職エージェントに損失があります。

経歴詐称は必ずしも犯罪とはなりませんが、詐称した内容によっては犯罪となることもあり、また、会社に損失を与えると犯罪になってしまう可能性があるため、絶対に嘘はつかないようにしましょう。

こまめに連絡を取る

転職エージェントを利用すると、基本的に担当者がつきます。

しかし、その担当者はほかの求職者のサポートもおこなわなければいけません。そのため、担当者に丁寧な対応をしなければ後回しになってしまう可能性もあるのです。

後回しにされないためには、報連相をおこなったり担当者からの連絡に迅速に対応したりなど、丁寧な対応をするとよいでしょう。

転職エージェントを利用する流れ

利用の流れ

  1. 申し込み
  2. 面談
  3. 求人の紹介
  4. 書類作成や面接の対策
  5. 選考実施
  6. 内定獲得
  7. アフターフォロー

申し込み

さまざまな転職エージェントのなかから、自分に合った転職エージェントを選んで登録します。

最初のうちはどの転職エージェントが自分にピッタリなのかわからないはずなので、2〜3社に登録をおすすめします。

面談

より適した求人を紹介するために、キャリアアドバイザーが面談をおこなってくれます。

求人の紹介

面談で得た情報から、適している求人を紹介してくれます。

紹介された求人に納得できた場合には、受けて書類作成などをおこないましょう。

納得できなった場合には、納得できない理由を伝えて、再度求人を探してもらいましょう。

書類作成や面接の対策

応募する求人に合った書類が作成できるように、キャリアアドバイザーと一緒に作成していきます。

また、企業に効率よくアピールできるように、面接対策をおこないます。

選考実施

企業に履歴書や職務経歴書を送り、結果を待ちます。

書類選考を通過したら面接に臨みます。

内定

書類選考・面接選考に通過したら、内定をもらえます。

アフターフォロー

実際に働き出してから、不満や不安などが出てくる可能性があります。

その際、多くの転職エージェントは、アフターフォローをおこなってくれるので安心してください。

転職エージェント利用に関する質問

最後に転職エージェントを利用する際に、よくある質問に回答していきます。

よくある質問
  • 転職サイトと転職エージェントの違いは何?
  • 転職サイトと転職エージェントで通過率は変わる?
  • すぐに転職しなくても、転職エージェントに登録してもいい?

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは、多くの求人情報を集めて掲載しているサイトです。そのなかから、自分に合った求人を求職者自身が探し出します。

一方で転職エージェントとは、転職支援のプロがカウンセリングなどをおこない、自分に合った求人を紹介してくれるサービスです。 

転職サイトと転職エージェントの違いによる通過率

転職サイトと転職エージェントで通過率に差はありません。

しかし、転職エージェントは転職支援のプロがサポートしてくれるため、転職後の満足度に影響が出る可能性もあります。

登録のタイミング

転職エージェントは、「どのような求人を扱っているか」や「どんなサービスなのか」を知るために、すぐ転職しようと思っていなくても登録可能です。

ただしこの場合には、担当者に「今すぐの転職は考えてませんが、いい企業があれば転職を検討したいです。転職の意識は高くない」ということを伝えておきましょう。

【まとめ】転職エージェントは自分に合ったものを選ぼう

おすすめエージェント
  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

上記の3つは、どのカテゴリーの方にも対応しています。そのため、迷ったら登録しておきましょう。

30代以降向け

  • リクルートダイレクトスカウト
  • BIZREACH
  • JAC Recruitment

第二新卒・20代向け

  • ハタラクティブ
  • 転職Shop
  • DYM就職

女性向け

  • type女性の転職エージェント
  • LIBZ
  • Women's Work Style for IT 「ベティ」

外資系・海外転職向け

  • en world
  • randstad
  • ロバート・ウォルターズ

IT業界向け

  • WORKPORT
  • Geekly
  • レバテックキャリア

医療向け

  • エムスリーキャリアエージェント
  • 医師転職ドットコム
  • マイナビDOCTOR

薬剤師向け

  • 薬キャリAGENT
  • マイナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師

管理部門・士業向け

  • MS Agent

広告・マスコミ業界向け

  • マスメディアン

金融業界向け

  • コトラ

転職エージェントは、さまざまなものがあります。そのなかから、自分に適したものを選ぶことで、適切な転職ができるようになります。

本記事で紹介した転職エージェント以外にも、まだまだありますので、ぜひご自身でも調べてみてください。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事