更新日:

ニートやフリーターの就職に強い転職エージェントを徹底解説!

ニートやフリーターの就職に強い転職エージェントを徹底解説!

「ニートから脱却するには、どうすればいいんだろう?」

「フリーターから正社員になるには、何をすればいいの?」

上記の疑問を解決するために、転職エージェントの利用をおすすめします。

転職エージェントは、求人を探す際にキャリアアドバイザーが一緒に探してくれることが多いです。プロと一緒に求人を探せるため、自分に合った求人を見つけられる可能性が高くなります。

つまり、「何をどうしたらいいのかわからない」という人でも転職しやすくなるのです。

とはいえ、「どんな転職エージェントを使えばいいの?」という疑問が生まれると思います。本記事で、おすすめの転職エージェントや利用方法について解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

【ニート・フリーター】転職エージェントの選び方

ニートやフリーターの方が「どのような転職エージェントを選べばいいのか」に焦点を当てて解説していきます。

自分に合っているかを確認する

転職エージェントには、20代に特化したものや女性に特化したものなどがあります。

特化しているということは、「その分野に強い」という証明です。

そのため、可能な限り自分の状況と合った転職エージェントを選ぶことで、転職できる可能性が高まります。

複数の転職エージェントに登録する

複数登録するメリット
  • さまざまな転職のプロからアドバイスをもらえる
  • 多くの求人を見ることができる

つまり、転職エージェントに登録すればするだけチャンスが広がるのです。

また転職エージェントは無料で利用できるため、複数の転職エージェントを利用するデメリットはありません。

大手の転職エージェントを利用する

大手を利用するメリット
  • 扱っている求人数が多い
  • ノウハウが蓄積されている
  • サポートが充実している

上記の理由から、大手の転職エージェントを利用すれば転職できる可能性が高まります。

一方で大手ではない転職エージェントの場合、大手と比べて求職者が多くないため親身になってくれる可能性が高いです。

しかし、転職支援の経験が少なくノウハウがないです。そのため、ニートやフリーターの方に対する支援が難しい場合もあるのです。

これらの理由から、大手の転職エージェントを利用した方がチャンスが広がります。

【ニート・フリーター】転職エージェントをすすめる理由

転職エージェントを利用すれば、転職のプロがサポートしてくれます。そのため、就職の成功確率が高まります。

具体的なサポート
  • 合った求人の紹介・説明
  • 書類作成や面接の対策
  • 企業との日程調整などの請負
  • アピールポイントの調査

合った求人の紹介・説明

転職エージェントを利用すると、転職のプロがカウンセリングなどをおこない、あなたの強みや合った企業を分析してくれます。そして、合致した求人を探して紹介してくれるのです。

また、求人票からはわからない企業の詳細について教えてくれる場合もあり、非常に心強い存在になります。

書類作成や面接の対策

履歴書や職務経歴書の充実度によって、書類選考の通過率は高まります。その履歴書や職務経歴書を転職のプロと一緒に作れる強みがあります。

また、面接対策をおこなってくれます。これは、「どの企業にも通用する面接テクニック」のような上辺の対策ではありません。

企業が求めている人材を調査し、合致したアピールができるように実践的な対策をおこなってくれます。

企業との日程調整などの請負

企業との日程調整を個人で頼むことは難しいです。

たとえば、「平日は厳しいから、土日に対応してほしい」と伝えると「印象が悪くなるのではないか」と不安になってしまうかもしれません。

しかし転職エージェントを利用している場合、転職エージェントに「土日に対応してほしい」とお願いするだけで、企業との日程調整をおこなってくれます。

そのため、不安を感じずに日程調整できるのです。

アピールポイントの調査

転職エージェントの利益は、人材を企業に紹介することで生まれる紹介手数料です。つまり、転職エージェントもあなたに就職してほしいと強く思っているのです。

そのため、就職できる可能性をできる限り高めるために、さまざまな情報を教えてくれます。

具体的には、「企業が求めている人材像」を調査し、「どのようにアピールすればいいのか」などです。

このような情報があることで、有利に転職を進められます。

【20代のニート・フリーター向け】おすすめの転職エージェント

マネ会は、20代のニート・フリーターの方に以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • ハタラクティブ
  • 転職Shop
  • 第二新卒エージェントneo

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブ
おすすめポイント
  • 未経験に特化したサポート
  • 適性のある企業のみ紹介
  • 受ける企業に合わせた対策
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 関東・大阪・兵庫・愛知・福岡
対象年齢 20代・第二新卒・既卒・フリーター
業界、職種 全ジャンル

\ ハタラクティブの /

無料登録はこちら

\ ハタラクティブの /

公式サイトはこちら
【PR】
ハタラクティブの特徴
  • 未経験に特化したサポート
  • 適正にある求人のみ紹介
  • 受ける企業に合わせた対策

ハタラクティブは、あなたに向いている可能性が高い求人のみを厳選して紹介してくれます。

そのため、注力が分散せず高い集中力とモチベーションを保ったまま、選考に向かうことができます。

就職Shop

就職shop
就職shop
おすすめポイント
  • 求人は未経験者が対象
  • 利用者の9割が20代
  • 求人は企業に直接訪問して取材
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 関東・関西
対象年齢 20代・新卒・第二新卒・高卒・中卒
業界、職種 全ジャンル

\ 就職shopの /

無料登録はこちら

\ 就職shopの /

公式サイトはこちら
【PR】
就職Shopの特徴
  • 書類選考を免除
  • 扱う求人は未経験者が対象
  • 直接訪問して取材した求人

就職Shopは、未経験の若者を信じて育成してくれる企業を主に紹介してくれます。そのため、利用者は9割が20代です。

また、すべての求人は企業に直接訪問して取材しているため、職場の雰囲気や労働環境など、ネット上の情報だけではわかりづらい情報も提供してくれます。

第二新卒エージェントneo

neoの特徴
  • 就職・転職満足度No.1
  • おすすめしたいエージェントNo.1
  • 就職・転職相談のしやすさNo.1

公式サイトはこちら

第二新卒エージェントneoは、日本マーケティングリサーチ機構の調べ(調査概要:2020年12月期「ブランドのイメージ調査」)によると、上記の3冠を達成しています。

【30代のニート・フリーター向け】おすすめの転職エージェント

マネ会は、30代のニート・フリーターの方に以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • リクルートエージェント
  • DYM就職
  • WORKPORT

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 10万件以上の非公開求人(2020年8月時点)
  • ほぼ全ての業種・職種の取り扱いあり
公開求人数 約17万
非公開求人数 約23万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 業界最大手の転職エージェント /

無料登録はこちら

\ 業界最大手の転職エージェント /

公式サイトはこちら
【PR】
リクルートの特徴
  • 転職実績No.1(※)
  • 業界最大級の非公開求人
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェントでは、豊富な非公開求人があるため、転職先の可能性を広げられ、転職できる可能性も同時に広がります。

(※)厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

DYM就職

DYM就職
DYM就職
公開求人数 公式サイト参照
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 20代
業界、職種 全ジャンル

\ DYM就職の /

無料登録はこちら

\ DYM就職の /

公式サイトはこちら
DYM就職の特徴
  • ニート・フリーターの転職に強い
  • 希望に沿った求人の紹介
  • 内定獲得後もフォロー

DYM就職は、研修などの人材教育が充実した求人を多数保有しているため、「第二新卒・フリーター・ニート」の転職に強いことが強みです。

WORKPORT

ワークポート
ワークポート
おすすめポイント
  • 転職決定率No.1(※)
  • エンジニアスクール「みんスク」は完全無料
  • 未経験エンジニアからプロも目指せる
公開求人数 約6,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国、海外(中国)、海外(東南アジア)、海外(アメリカ)、海外(ヨーロッパ)、海外(その他)
対象年齢 18~50歳
業界、職種 ソフト開発・システムエンジニア系 クリエイティブ系 通信・インフラエンジニア系 コンサルタント・プリセールス系 ゲーム制作関連 ものづくり系エンジニア  営業系 事務・管理系

\ ワークポートの /

無料登録はこちら

\ ワークポートの /

公式サイトはこちら
WORKPORTの特徴
  • 転職決定数No.1
  • 「すぐに転職講座」の開催

「すぐに転職講座」とは、転職に必要な基礎知識から応用ノウハウまで学べる講座です。内容は受講必須の面接対策講座と10の選択講座となっています。

選択講座の種類

  • 応募書類作成講座
  • 身だしなみ講座
  • 転職活動の基礎知識講座
  • 面接準備講座
  • Web面接対策講座
  • 面接ロールプレイング講座
  • モチベーション講座
  • 日本の社会情勢講座
  • 適性検査講座
  • 退職手続き講座

このように、豊富な講座があるため、効率よく就職活動をおこなえるようになります。

(※)リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2019年度第4四半期~』

【40代のニート・フリーター向け】おすすめの転職エージェント

マネ会は、40代のニート・フリーターに以下の転職エージェントをおすすめします。

おすすめエージェント
  • FROM40
  • 就活エクスプレス

FROM40

FROM40の特徴
  • 40・50代に特化
  • 豊富な非公開求人

FROM40は、40代からの転職にフォーカスしており、40代から転職するためのコツなどを発信しています。

また、40・50代の転職体験談も提示されており、よりリアルな情報を得られます。

公式サイトはこちら

就活エクスプレス

就活エクスプレス
就活エクスプレス
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 首都圏
対象年齢 30歳〜54歳・非正規雇用経験者・現在、正社員として在職していない方
業界、職種 全ジャンル

\ 就活エクスプレスの /

無料登録はこちら

\ 就活エクスプレスの /

公式サイトはこちら
就活エクスプレスの特徴
  • 30から54歳の正社員就職をサポート
  • 短期集中プログラム
  • 専任のジョブコーディネーター

短期集中プログラムでは、グループワークをとおして、講師や仲間からアドバイスをもらえます。そして5日間で就活力のUPを目指せます。

ニート・フリーターの方が転職エージェントを利用するコツ

転職エージェントを効率よく利用するにはコツがあります。

そのコツについて詳しく解説していきます。知らなければ損する内容ですので、ぜひご覧ください。

連絡はこまめにとって返信は早くする

転職エージェントを利用すると、基本的に担当者がつきます。

しかし、その担当者はほかの求職者のサポートもおこなわなければいけません。そのため、担当者に丁寧な対応をしなければ後回しにされてしまう可能性もあるのです。

後回しにされないためには、報連相をおこなったり担当者からの連絡に迅速に対応したりなど、丁寧な対応をするとよいでしょう。

すぐに転職したい意思を伝える

転職エージェントの利益は、企業に求職者を紹介した際に徴収できる「紹介手数料」です。

そのため、転職確率の高い人を優先する傾向にあります。なかなか転職しなさそうな人に対して熱心に働きかけても、利益を得られる可能性が低いからです。

このような理由から、「すぐに転職したい」と意思表明すれば、転職エージェント側も利益を得られる可能性が高いため、転職確率の高い人を優先する傾向にあります。なかなか転職しなさそうな人に対して熱心に働きかけても、利益を得られる可能性が低いからです。

希望条件を明確にする

希望条件が曖昧で、「何でもいい」というスタンスだと、いくら転職のプロとはいえ困ってしまう可能性が高いです。

その結果、「希望条件が明確な人の求人は探すけど、曖昧な人は後回しにする」という決断に至ります。この場合には、紹介される求人数が少なくなり、転職できる確率が低くなってしまうでしょう。

また、明確な希望条件を伝えないと、満足度の高い求人を紹介しにくいです。そのため、結果として不満足な転職をする可能性も高くなってしまいます。

応募は1つの企業に対して1回まで

一度落ちてしまった企業にどうしても行きたい場合でも、応募は1回までが限度です。

転職エージェントの利益は、紹介手数料であるため、落ちる確率の高い求職者のサポートはおざなりになってしまう可能性が高いからです。

それでも、落ちた企業に行きたい場合には、違う転職エージェントを利用するとよいでしょう。

推薦状は確認する

転職エージェントを利用すると、企業に対して求職者の強みや人柄などを文章化してPRしてくれる「推薦状」を書いて、履歴書や職務経歴書と一緒に送ってくれます。

その推薦状は、書類選考率に影響を及ぼす可能性があるため、一度は確認をおこない納得のいく推薦状か確かめましょう。

もし納得できなければ、話し合いの場を設け修正してくれるように頼めば、応じてくれるでしょう。

【ニート・フリーター】転職エージェントを利用する際の注意点

注意点を知らないと、行動が無駄になってしまう可能性があります。また、無駄どころか損をしてしまう可能性もあるため、絶対に注意点を理解しておきましょう。

転職エージェントに登録できない可能性もある

転職エージェントには、登録の際に審査がある場合があります。

たとえば、「ハイクラス転職」を謳っているような転職エージェントが該当します。

このような転職サイトは、一定の基準を満たしていないと登録できないため、登録しようと行動しても無駄になってしまうでしょう。

求人のなかにはブラック企業が紛れ込んでいる可能性がある

転職エージェントで紹介されている企業は、基本的に取材をおこなっているため優良な求人が多いです。

しかし、人材不足を解消するためにホワイト企業を偽って紹介してもらうとする企業は一定数存在します。

そのため、完全に転職エージェントを信用するのではなく、「転職会議」や「openwork」などの口コミサイトを利用して、自分でも調べる必要があるでしょう。

経歴を偽ると大変なことになる

経歴を偽っても一切メリットはありません。

「もしかしたら、よりよい企業を紹介してくれるかも」と経歴を偽って就職した場合、バレたら大変なことになります。

基本的には犯罪に当たらないのですが、会社に不利益を与えてしまうと犯罪として扱われることもあり、非常に大きな十字架を背負うことになってしまいます。

また、自分の実力に合っていない企業に就職しても、仕事の満足度が高くなるとは考えづらく、経歴詐称をする意味はありません。

【ニート・フリーター】おすすめできない転職エージェント

本章では、マネ会がニート・フリーターの方におすすめできない転職エージェントを紹介します。

おすすめできない転職エージェントの特徴

  • 扱っている求人の特徴
  • 登録が難しい転職エージェント

上記の特徴に当てはまっている転職エージェントは、おすすめできません。理由を説明していきます。

就業経験がある前提の転職エージェント

就業経験がある前提のエージェントの場合、未経験者やニート・フリーターに合致する求人を扱っていないことが多いです。

もし扱っていたとしても、数が少なくチャンスが広がる可能性が低いです。

そのような転職エージェントに時間を使うなら、未経験に特化した転職エージェントやニート・フリーターに特化した転職エージェントを利用した方が、効率がよいです。

ハイクラス転職を謳っている転職エージェント

「ハイクラス転職」を謳っている転職エージェントは、登録する際に審査が必要な場合があります。

そのため、そもそもニート・フリーターの方では登録できない可能性が非常に高いです。また、もし審査が必要ない場合でも、扱っている求人がハイクラスなため、転職が成功する確率は低いでしょう。

【ニート・フリーター】転職エージェント以外に利用したい転職サイト

マネ会では、転職エージェント以外に以下の転職サイトをおすすめします。

おすすめ転職サイト
  • リクナビNEXT
  • doda

リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXT
おすすめポイント
  • 転職サイトで求人応募数トップクラス
  • 企業から直接オファーが届く
  • グッドポイント診断が受けられる
公開求人数 約54,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 20代〜40代
業界、職種 全ジャンル

\ 転職の鉄板転職サイト /

無料登録はこちら

\ 転職の鉄板転職サイト /

公式サイトはこちら
【PR】

リクナビNEXTは、ニート・フリーターの方でも就職できる可能性が高い転職サイトです。

また、リクナビNEXT独自の「グッドポイント診断」というサービスを提供しています。「グッドポイント診断」とは、自己分析を助けてくれるサービスです。

このサービスを利用することで、より自分に合った業界・職種を理解でき、満足度の高い就職ができる可能性があります。

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら
【PR】

dodaは、転職者の満足度がNo.1(※)の転職サイトです。

また、セミナーなどのイベントが充実しており、より満足度の高い就職ができる可能性があります。

加えて、以下のフォローをおこなってくれるため、ニート・フリーターの方でも安心して就職活動をおこなえます。

フォロー機能一覧

  • キャリアタイプ診断
  • 書類のテンプレート
  • 応募・面接の仕方
  • 入社後の悩み相談

キャリアタイプ診断では、「どんなときにやりがいを感じるのか」を診断してくれます。診断結果は、「自分はどんな仕事がしたいのか」を理解するきっかけになります。

また、書類のテンプレートが用意されていたり、求人への応募方法や面接対策をおこなったりしてくれます。

これらのフォロー機能を利用することで、効率よく就職活動をおこなえるようになります。

(※)電通バズリサーチ調べ インターネット上での人材紹介会社に関するポジティブな口コミ数

【ニート・フリーター】就職できない人の特徴

就職しづらい方の特徴について紹介します。

紹介された内容を理解し、改善することで就職できる可能性が高まるので、ぜひ最後までお読みください。

ニート・フリーターになった理由を説明できない

実は、ニート・フリーターでも明確な理由があれば、大きな問題にならないのです。

たとえば、「病気になってしまったため仕事を辞めざるを得なかった」とか「コロナウイルスの影響によって解雇されてしまい、新しい仕事を見つけられずにいる」とかです。

一方で理由もなくニート・フリーターしている方は、「怠けているのでは」と思われてしまい、採用されづらくなってしまいます。そのため、ニート・フリーターになった理由は、明確にしておく必要があるのです。

就職・労働に対する意欲が感じられない

企業にとって「働きたくない」と思っている人は、不利益しかもたらしません。また、転職エージェントにとっても就職意欲が低い人は、利益につながらないため注力したくない存在になります。

このような状況では、職歴が立派でも就職するのは非常に困難です。

もし「働きたくない」と思っていなくても、「働きたくない」と感じられる言動をしてしまえば、あなたにとってマイナスでしかありません。そのため、「就職したい」とか「働きたい」という気持ちが伝わるような努力が必要です。

【ニート・フリーター】就職しやすい業界

ニート・フリーターの方でも就職しやすい業界・職種として、マネ会は以下をおすすめします。

就職しやすい業界

  • IT業界
  • 介護業界
  • 建設業界
  • 飲食業界
  • 運送業界

基準は、「人手不足であること」です。

人手不足の業界・職種であれば、立派な職歴がなくても就職できる可能性が高いため基準にしました。

IT業界

IT業界は、深刻な人手不足に陥っています。そのため、需要が非常にあります。

経済産業省が2019年に発表した『IT人材需給に関する調査』によると、2030年には79万の人材が予測されていることから、どれだけ人材不足かわかるでしょう。

専門的な知識や技術が必要になる業界ですが、IT業界を含む情報通信業界の教育制度は非常に整っており、入社した後に研修などで身につけられる可能性も高いです。

また、プログラミングスクールやWebデザイン講座など、自分で勉強できる場も多く、就職する前にこのような場所で学んでおけば、採用される確率を高めることができます。

介護業界

介護業界は、高齢者の増加によって人手不足です。また今後も高齢者の増加は止まらないため、今後も人手不足は加速していくと予想できます。

また、介護職には専門的な知識や技術が基本的に必要なく、未経験でもはじめられる点が強みです。

しかし、資格がなければおこなえない業務もあるため、給与UPを目指すならば資格が必要になります。これはあくまで、今後のキャリアに関する問題です。

就職してから資格の取得も目指せます。

建設業界

建設業界は、肉体労働であるため人気が少なく、人手不足になっています。加えて、「いつまで続けられるのか」という不安から離職する人も多いことも影響しています。

一般的にブラックだと認識されている建設業界ですが、働き方改革によってそれも改善されています。

しかしイメージの払拭まではおこなえていないため、いまだに人気は低いです。そのため、比較的はじめやすい業界であると言えます。

飲食業界

飲食業界は、労働環境の悪さから早期離職率が非常に高く、人手不足になっています。

そのため、「どこの飲食業界でもいい」と紹介する気はありません。

「飲食業界はブラック企業」との認識から、すべての飲食企業が避けられがちですが、ホワイト企業も存在します。

このような企業を狙うことで、よりよい飲食企業に就職できるかもしれません。

運送業界

運送業界は、ネット通販の普及などによって需要が急速に増えています。それにともなって、人手が不足している状態です。そのため、未経験の人でも採用されやすいです。

また、大きな荷物でなければ大型車の運転免許も必要ではなく、比較的はじめやすい業界であると言えます。

加えて、今後も運送業の需要は高まると予想できるため、安定感や将来性という点でもおすすめできる業界です。

【ニート・フリーター】転職エージェント経由で正社員になるまでの流れ

本章を読むことで、転職エージェント利用から就職までの流れを理解できます。

また正社員になるビジョンが明確になると、モチベーションにも影響しますので、ぜひ最後までお読みください。

転職エージェントに登録

まずは、自分に合った転職エージェントに登録しましょう。

未経験者やニート・フリーターにも強い転職エージェントを選択するといいでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談

転職エージェントに登録できたら、キャリアアドバイザーと面談します。

キャリアアドバイザーは、国家資格「キャリアコンサルタント」を取得している人がいいでしょう。

未資格のキャリアアドバイザーより高度な知識と技術で、あなたの強みや自覚できていない問題点などを洗い出してくれます。

合った求人の紹介

キャリアアドバイザーとの面談を終えると、あなたの特徴に合った求人を探してくれます。

そして合致した求人が見つかると紹介してくれますので、十分な準備をおこなって臨みましょう。 

書類作成や面接対策の実施

履歴書や職務経歴書の充実度は、書類選考率に大きな影響を及ぼします。そのため、キャリアアドバイザーと一緒に作成しましょう。

また、この際も国家資格「キャリアコンサルタント」を取得している人がいいでしょう。 

アフターフォロー

内定をもらい入社しても、会社に適合できるかはまだわかりません。

そのため、転職エージェントは入社後のフォローをおこなってくれるところがほとんどです。

しっかりと悩みや不満点などを話して、解消してもらえるようにしましょう。

就職に関する疑問と回答

最後に就職でよくある質問にお答えしていきます。

よくある質問

  • ニート・フリーターにも職務経歴書は必要?
  • 面接時の服装は?
  • 紹介された求人は拒否できるの?
  • 空白期間はどうすればいいの?
  • どうして転職エージェントは無料なの?

ニート・フリーターにも職務経歴書は必要

職務経歴書とは、「今まで、どんな経歴をたどってきたのか」を見るためのものです。

つまり、「ニート・フリーターの経歴をたどってきたこと」を書く必要があります。

その際、空白期間に少しでも価値を感じてもらえるような書き方をする必要があります。

面接時の服装はスーツ

たとえ「指定なし」と書かれていても、必ずスーツで行きましょう。

スーツ以外で行って意外性を狙ったとしても、メリットよりデメリットの方が大きいです。

紹介された求人は拒否できる

転職エージェントに紹介された求人に満足できない場合は、問題なく拒否できます。

「拒否できない」という担当者の場合、その転職エージェントは非常に怪しいため、関わりを断つことをおすすめします。

空白期間は、少しでも価値を感じてもらえるようにする

空白期間は、どうしてもマイナス要素になってしまいます。しかし、「どれだけマイナスになるか」は変えられます。

たとえば、「資格を取得した」とかです。

もし何もやっていないとしても「空白期間は何もしていません」と正直に答えると大きなマイナス要素になってしまいます。そのため、何か答えられるように、キャリアアドバイザーと一緒に考えましょう。

転職エージェントの利益は、紹介手数料

転職エージェントは、人材を企業に紹介して採用された際に利益を得られます。

また、転職エージェントは、求職者側からは原則として手数料を徴収してはならないことになっています

そのため、求職者は無料で利用できるのです。

【まとめ】転職エージェントを積極的に利用しよう

転職エージェントは、転職のプロがあなたの就職・転職を支援してくれるサービスです。そして、利用料金もかかりません。

つまり、使うメリットはあってもデメリットは一切ないのです。そのためマネ会は、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。

本記事を参考にして、よりよい転職エージェントを見つけ、就職を成功させてください。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事