更新日:

転職エージェントの面談は本音で話すべき? 転職エージェント側の本音も紹介

転職エージェントの面談は本音で話すべき? 転職エージェント側の本音も紹介

本記事では、転職エージェントとの面談で本音で話すべきことについて解説していきます。加えて、転職エージェント側の本音についても解説していきます。

この2つを理解することで、転職エージェントをより上手に利用できるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

転職エージェントとの面談は本音で話すべき

転職エージェントとの面談では、本音で話すようにしましょう。

もし偽りの話をしてしまうと、転職エージェント側も求職者の本質を理解できず、適した求人を紹介しづらくなってしまいます。その結果、転職が成功しても満足度に欠け、また転職を考えることになるかもしれません。

面談では、本音で話せば話すだけ、自分に適した求人を紹介してもらえる可能性が高くなるため、「恥ずかしい」とか「印象悪いかな」と考えず、可能な限り本音で話すようにしましょう。

転職エージェントの面談って何?服装や内容などを解説

転職エージェントとの面談で本音で話すべき要素

転職エージェントとの面談で本音で話すべき要素

本音で話すべき要素

  • 転職理由
  • 現在の転職活動状況
  • 経歴やスキル
  • 重点的にサポートしてほしいこと

それぞれについて解説していきます。

転職理由

転職理由は、適切な求人を紹介するための重要な情報です。

たとえば、「勤務地が遠く、通勤するのがストレス」だとすれば、勤務地が近い求人を紹介する必要があります。

また、「仕事内容に不満はないけど、それに対する給与が不満」だとすれば、仕事内容よりも給与に重点をおいて求人を紹介する必要があります。

このように、「何で転職したいと思ったのか」は、求人紹介のための重要な情報なのです。

そのため、転職理由を本音で話さなければ、適した求人を紹介してもらえる可能性が低くなってしまいます。

現在の転職活動状況

転職エージェントは、現在の転職活動状況を正確に理解することで、より適したサポートをおこなえるようになります。そのため、本音で話すようにしましょう。

たとえば、ほかの転職エージェントですでに求人を紹介されている場合です。この場合、「どうしてその求人に応募しないのか」という不満点に着目することで、不満点を排除した求人を紹介できるかもしれません。

このように、現在の転職活動状況を理解することで、面談を効率よく進めることができるのです。

経歴やスキル

転職エージェントは、求職者の経歴やスキルを理解して、それに適した求人を紹介してくれます。

しかし、伝えられた経歴やスキルが偽りであれば、適した求人を紹介できなくなってしまいます。

また、経歴やスキルを偽っていることがバレた場合には、信用を失い求人を紹介されないことにもつながります。

もしバレずに、転職が成功したとしても、偽りの経歴やスキルにマッチした仕事であるため、本来のあなたとの適性度は低くなります。そのため、満足度が低下してしまうのです。

加えて、経歴をスキルを偽ったことで会社に損失を与えてしまった場合には、訴えられる可能性もあります。

つまり、経歴やスキルを偽ることに一切のメリットはないのです。そのため、本音で話すようにしましょう。

重点的にサポートしてほしいこと

重点的にサポートしてほしいことは、自分にできていない部分です。そのため、「伝えるのが恥ずかしい」と思うかもしれません。

しかし、自分ができていない部分をサポートしてもらった方が、より充実した転職活動ができます。

また、転職エージェント側も「この部分をサポートすればいいのか」と明確になるため、サポート負担が減ります。結果として、求人を探すことに労力を割け、より適した求人を紹介できます。

転職エージェントに本音を伝えるコツ

転職エージェントに本音を伝えるコツ

コツ

  • 不満ばかりはNG
  • 現実性のあるものにする

それぞれについて解説していきます。

不満ばかりはNG

転職エージェントとの面談では、本音で話した方がいいです。とはいっても、不満ばかりでは話が進まず、転職活動も進みません。

絶対に譲れない条件を設けることは問題ありませんが、妥協することも重要になります。

そのため、本音を伝えたうえで、本音に適した条件の求人がない場合で条件に妥協できる場合には、受け入れるようにしましょう。

現実性のあるものにする

転職エージェントに伝える条件は、現実性のあるものにしましょう。

たとえば、「年収は2000万円以上で、休日数は年に200日以上」は現実性がありません。

上記は、本音と言えば本音ですが、現実味がなく妄言として扱われてしまいます。

そのため、「年収はできるだけ高くて、休日数も多い方がいい」と現実性を帯びた条件に言い換えて伝えましょう。

転職エージェント側の本音とは

転職エージェント側の本音とは

転職エージェントは、求職者の就職や転職を無料でサポートしてくれます。それも可能な限り充実したサポートです。

しかし、転職エージェントもボランティアでサポートをおこなっているわけではなく、ビジネスです。

そのため、「本当は、こうした方が利益を得られるんだけどな」という本音が存在します。

本章では、そんな転職エージェント側の本音を紹介していきます。これを理解することで、転職エージェント側に寄り添った行動ができるため、よりよい関係を築けるようになります。

転職エージェントの本音

  • 年収が高い人を優先したい
  • こだわりが強い人は避けたい
  • 転職回数が多い人はサポートしづらい
  • 親が同伴するのはやめてほしい
  • 「絶対に希望した企業に入れる」と思わないでほしい

それぞれについて解説していきます。

転職エージェントの裏事情を詳しく解説!プロの本音も解説

年収が高い人を優先したい

転職エージェントの利益は、企業に人材を紹介して採用に至った場合に得られる紹介手数料です。基本的に、これ以外の方法で利益を得ることはできません。

そして紹介手数料の相場は、紹介した人材の理論年収✕25%~30%です。

理論年収とは、会社に1年間在籍した場合に得られると想定される金額のことです。月収や手当・賞与などから算出します。

つまり、年収が高い人を優先的にサポートして転職させた方が、利益率が高いのです。

そのため本音では、「年収が高い人を優先したい」と思っています。

こだわりが強い人は避けたい

転職エージェントは、可能な限り求職者が望む条件の求人を紹介してくれます。

求職者が望む条件に適した求人を紹介すればするほど、口コミなどでいい評判が広がり、信頼性を獲得して、事業を安定的に運営することができます。

一方で、求職者が望む条件に適した求人を紹介できなければ、悪い評判につながってしまい、損失をもたらしてしまいます。

そのため、こだわりが強く、難しい条件の求人を望んでいる求職者は避けたいのです。

転職回数が多い人はサポートしづらい

転職エージェントは、企業に人材を紹介して採用に至った場合に得られる紹介手数料で利益を得ています。

紹介手数料の相場は、紹介した人材の理論年収✕25%~30%です。

理論年収とは、会社に1年間在籍した場合に得られると想定される金額のことです。月収や手当・賞与から算出します。

この紹介手数料は、企業が人材を採用したら支払われます。

しかし、紹介した人材が「3ヶ月で退職する」など早期離職した場合には、受け取った紹介手数料の数%を返金する制度を設けている転職エージェントが多いです。

つまり、転職回数が多く、すぐに離職してしまう可能性のある求職者に厚いサポートをおこなっても、得られる利益が少なくなる可能性が高いのです。

また、そもそも転職回数が多いことは、転職活動においてマイナスポイントです。このようなマイナスポイントを抱えている求職者のサポートが難しいという側面もあります。

これらの理由から、転職回数が多い人はサポートしづらいのです。

転職エージェントが使えない?対処法や有効な使い方を併せて紹介!

親が同伴するのはやめてほしい

転職エージェントは、求職者の希望をヒアリングし、求職者に適した求人を紹介するものです。そのため、「求職者の考え」を明確に理解する必要があります。

しかし、親が同伴する場合には、親が話す時間を設ける必要があり、求職者自身の考えを聞く機会が減ってしまいます。

また、求職者が考えていることと異なることを親が話していても、求職者自身が否定してくれなければ、転職エージェントにはわかりません。

そのため、親が同伴することは転職エージェントにとってデメリットしかないのです。

「絶対に希望した企業に入れる」と思わないでほしい

転職エージェントは、求職者が希望する求人に入社できるように、可能な限りのサポートをおこないます。しかし、絶対に希望を叶えられるわけではありません。

転職エージェントを利用しても、書類選考に落ちる可能性もあります。

しかし、求職者に「転職エージェントを利用すれば、絶対に希望した企業に入れる」と思われていると、「選考に落ちたこと」を転職エージェントの責任にされてしまいます。

そうなれば、悪い評判につながり、損失を生んでしまいます。

そのため、求職者には「絶対に希望がとおるわけではない」と思ってもらいたいのです。

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

それぞれについて解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1(※1)
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェント最大の特徴は、転職支援実績がNo.1であることです。

また、約10万件の非公開求人(※2)を保有していることも特徴です。

非公開求人は、非公開にするだけの事情があることが多いです。たとえば、「経営にかかわる仕事である」とか「極秘プロジェクトである」などが理由になります。そのため、好条件であることを多いです。

また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、より適した転職を実現できる可能性があります。

公式サイトはこちら

(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト
(※2)リクルートエージェント公式HP 2020年8月の実績

doda

dodaの特徴
  • 転職者の満足度No.1(※1)
  • 業界最大級の求人数
  • 各専門プロによるサポート

doda最大の特徴は、dodaで転職した人の満足度が非常に高いことです。

また、約10万件の求人(※2)を保有しているため、選択肢とチャンスが多い点も特徴です。

加えて、各専門プロによって以下のサポートを受けられます。

サポート内容

  • キャリアアドバイザーによる自己分析支援
  • 採用のプロによる人事と同じ視点でのアドバイス

キャリアアドバイザーの自己分析支援によって、より適切な業界・職種を見つけられます。また、採用のプロのサポートによって、より適切な業界を選択できるようになります。

dodaでは、このような厚い支援を受けられるため、転職者の満足度がNo.1という実績につながっているのです。

公式サイトはこちら

(※1)電通バズリサーチ
(※2)doda公式HP 2022年5月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 企業担当アドバイザーが在籍

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業担当アドバイザーも在籍しています。

キャリアアドバイザーは、面談をとおして、あなたを分析して、多くの求人のなかから最も適した求人を紹介してくれます。

そして、企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票からはわからない職場のリアルな雰囲気を教えてくれます。

そのため、よりよい転職が実現する可能性があります。

公式サイトはこちら

転職エージェントとの面談でよくある質問

最後に、転職エージェントとの面談でよくある質問にお答えします。

よくある質問

  • 面談時の服装は?
  • オンライン面談でも服装を気にするべき?
  • 「紹介できる求人がない」と言われた場合の対処方法は?

それぞれにお答えします。

面談時の服装は?

基本的には、スーツやオフィスカジュアルがいいでしょう。

しかし、面談の時間を作るのが難しく、仕事終わりに面談をおこなう場合には作業着でも問題ありません。

オンライン面談でも服装を気にするべき?

オンライン面談が電話面談であれば、服装を気にする必要はありません。しかし、Webカメラを用いた面談であれば、服装を気にしましょう。

転職エージェントとのWeb面談方法は?内容や準備しておくものを紹介!

「紹介できる求人がない」と言われた場合の対処方法は?

ほかの転職エージェントを検討しましょう。

利用している転職エージェントで紹介できる求人がなければ、粘っても紹介できる求人はないままです。

そのため、ほかの転職エージェントを検討した方が効率がよいでしょう。

まとめ|転職エージェントとの面談は本音で話そう

転職エージェントは、求職者の希望や適正に沿って、紹介する求人を決定します。そのため、求職者が本音で話してくれなければ、適した求人を紹介できません。

また、経歴やスキルを詐称してしまうと、最悪の場合訴えられる可能性もあるため注意しましょう。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事