更新日:

転職エージェントの面談って何?服装や内容などを解説

転職エージェントの面談って何?服装や内容などを解説

「転職エージェントでは、何で面談をやるの?」という疑問はありませんか?

転職エージェントが面談をおこなう目的は、求職者により適した求人を紹介するためです。

面談をとおして、求職者の現状把握強み・弱みの把握をおこない、それに適した求人を紹介します。

面談の目的を理解していただいたところで、本記事では、「面談をおこなうための準備」と「面談の流れ」について解説していきます。

加えて、「よりよい面談をおこなうためのポイント」なども解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

【転職エージェント】面談の準備

【転職エージェント】面談の準備

よりよい面談をおこなうためには、以下の準備をしておく必要があります。

必要な準備

  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 強み・弱みの明確化
  • 転職軸の明確化

それぞれについて解説していきます。

履歴書・職務経歴書の作成

転職エージェントでは、履歴書・職務経歴書の作成を支援していることが多いです。そのため、「履歴書・職務経歴書は自分で作成しなくていいんだ」と作成してこない人もいます。

しかし、転職エージェントがおこなう支援は、いわゆる「添削」であるため、ベースとなる書類がなければアドバイスしづらくなります。そのため、面談の前に書類作成しておきましょう。

強み・弱みの明確化

転職エージェントとの面談をとおして、より強み・弱みの明確化をおこないます。しかし、どんな強みがあって、どんな弱みがあるのかをある程度話せなければ、明確化を進めるのは困難です。

そのため、自分で理解できる程度でいいので、強み・弱みの明確化をおこなっておきましょう。

転職軸の明確化

転職軸とは、「どのような転職がしたいのか」ということです。

これも、転職エージェントとの面談をとおして明確化していきますが、ベースとなる部分がなければ手探りになってしまいます。

また、「これだけは譲れない」という条件も決めておくといいでしょう。たとえば、「勤務地は絶対に都内がいい」などです。

このような転職軸があれば、転職エージェントもより適した求人を紹介しやすくなります。

【転職エージェント】面談の流れ

【転職エージェント】面談の流れ

面談の流れ

  1. お互いの自己紹介
  2. 経歴やスキルの確認
  3. 希望の確認
  4. 希望の明確化
  5. 求人の紹介

それぞれについて解説していきます。

お互いの自己紹介

最初にお互いの自己紹介をおこないます。

ここで、転職エージェントの特色やサポートのスタンスなどを教えてもらえます。

また、不安点などがあれば、この段階で確認しておきましょう。

経歴やスキルの確認

次に、自分の経歴やスキルを可能な限り具体的に説明します。

このときに準備が不十分だと行き詰まってしまい、面談が上手くいかないこともあります。そのため、経歴やスキル、強み・弱みを伝えられるように明確化しておきましょう。

転職エージェントの面談は本音で話すべき? 転職エージェント側の本音も紹介

希望の確認

次に希望の確認をおこないます。

「どのような転職を実現したいのか」がしっかりと伝わるように説明しましょう。

この時点で間違った解釈をされてしまうと、希望に沿った求人を紹介してもらえないかもしれません。

そのため、準備段階で転職軸を可能な限り明確にしておきましょう。

希望の明確化

次に希望の明確化をおこないます。紹介する求人の選択肢を広げるためです。

たとえば、「労働時間が少ない企業がいい」という希望があったとします。この場合には、「何で労働時間が少ないのがいいのか」を明確にしていきます。

そのなかで、「趣味に多くの時間を使いたい」という理由が明確になれば、「労働時間は少なくないけど、休日数が多い求人」も選択肢に入ります。

このように、希望を明確化することで、選択肢を広げることができるのです。

求人の紹介

最後に求人の紹介をおこないます。

今までの面談をとおして、すぐに紹介できる求人があれば、早速紹介してもらえます。

しかし多くの場合、希望を聞いてから適した求人を探してくれるため、求人の紹介は後日になるでしょう。

【転職エージェント】面談のポイント

【転職エージェント】面談のポイント

転職エージェントの面談をおこなううえで、重要なポイントは以下です。

ポイント
  • 本音で話す
  • 不満ばかり言わない
  • 転職意欲が高い場合には強くアピールする

本音で話す

転職エージェントと面談する際には、本音で話すようにしましょう。

たとえば、実際には「もっと給料がほしいから転職したい」と思っているのであれば、それをそのまま伝えるのです。

「マイナスイメージかな」と変に取り繕って、本音ではないことを伝えると、希望の転職が実現しない可能性が高くなります。

不満ばかり言わない

不満ばかり言ってしまうと、求人を紹介されなくなる可能性があります。

絶対に譲れない条件を設定するのは、問題ありません。しかし、「これは嫌だ」「あれは嫌だ」と不満ばかり言っていては、紹介できる求人がなくなってしまいます。

転職意欲が高いことを強くアピールする

転職意欲が高いことをアピールするのは、非常に効果的です。

転職エージェントの利益は、企業に紹介した人材が採用に至った場合に得られる紹介手数料です。基本的に、これ以外の方法で利益を得られません。

つまり、求職者が転職してくれないと、一切の利益を得られないのです。

そのため、転職意欲が高い求職者には、手厚いサポートをおこないます。一方で低い求職者へのサポートは、後回しにされる可能性があるのです。

【転職エージェント】面談でやってはいけないこと

【転職エージェント】面談でやってはいけないこと

転職エージェントとの面談では、絶対にやってはいけないことがあります。本章で紹介することをやってしまうと、信頼を失って求人を紹介されなくなります。

また、最悪の場合には、訴えられる可能性もあるため注意してください。

やってはいけないこと
  • 面談を無断で欠席する
  • 横柄な態度を取る
  • 経歴やスキルを偽る

それぞれについて解説していきます。

面談を無断で欠席する

無断欠席は、転職エージェントとの面談にかかわらず、社会的にあり得ないことです。

そのため、面談を無断欠席してしまうと、「一般的な礼儀がない人」と認定されます。そして、「一般的な礼儀がない人」に紹介できる求人はありません。

つまり、面談を無断欠席すると、一切求人を紹介されない可能性が非常に高くなるのです。そのため、絶対に無断で欠席しないようにしましょう。

また、「連絡を入れればいいのか」というと、そういう訳でもありません。

どうしようもない理由があれば、連絡を入れて欠席するのはやむを得ないですが、そうでない場合には欠席しないようにしましょう。

転職エージェントは、あなたのために時間を作っているので、それを反故にしてしまうと信頼を失いかねません。

結果として、求人を紹介されないことにつながってしまいます。

横柄な態度を取る

横柄な態度を取る、信頼を失い求人を紹介されなくなります。たとえば、敬語を使わないとか上から目線の発言をするなどです。

このような態度を転職エージェントに取ると、「紹介した企業でも同じような態度を取るだろう」と思われて、求人を紹介されなくなります。

転職エージェントは、企業から求人を頼まれておこなっているため、企業からの信頼を失う行為をしたくないのです。

経歴やスキルを偽る

経歴やスキルを偽っても、一切のメリットがありません。

もし偽った経歴やスキルがバレずに、運良く転職できたとします。しかし、その転職先の仕事は、あなたの経歴やスキルに適していません。

結果として、企業の期待を裏切る形になって待遇が悪くなる可能性もあります。また、あなた自身も十分な成果を得られないため、やりがいを感じにくくなり、満足度が低下するでしょう。

また、経歴詐称は懲戒処分の対象にもなっており、バレた場合には解雇もあり得ます。最悪の場合には、訴えられる可能性もあります。

このように、経歴やスキルを偽って転職しても、一切のメリットはありません。

また、転職エージェントを利用している段階で経歴詐称がバレた場合には、転職エージェントからの信頼を失い、求人を紹介されなくなります。

【転職エージェント】面談に関するよくある質問

面談に関する以下の質問にお答えします。

よくある質問

  • 面談の所要時間は?
  • 面談の服装は?
  • 面談の対応時間は?
  • 面談の回数は?
  • 面談をキャンセル方法は?
  • 実績がなくても大丈夫?
  • 面談後にやるべきことは?

面談の所要時間は?

面談の所要時間は、30分~1時間程度です。

最初に面談では、経歴やスキル、強み・弱みなどをじっくりと聞くため、1時間程度かかるでしょう。

2回目以降の面談では、求人の紹介などをおこなうため30分程度かかります。

しかし、「前に紹介された求人に不満がある」などの場合には、意見の擦り合わせが必要になるため、30分以上かかることもあります。

面談の服装は?

服装は自由ですが、TPOを考慮したものにしましょう。

無難なのはスーツですが、カジュアルな格好でも問題ありません。ただし、ジーパンにシャツなどラフすぎる格好は、「常識がない」と思われる可能性があるので止めておきましょう。

面談の対応時間は?

面談の対応時間は、20時くらいまでが一般的です。

しかし、明確な理由があって20時までに時間が作れない場合には、20時より遅い時間でも対応してくれる可能性があります。

また、平日の面談が難しい場合には、土日の対応をしてくれる可能性もあります。

面談の回数は?

面談の回数は、1回~3回ほどが一般的です。

初回面談で希望を明確にして、2回目の面談で求人紹介、3回目の面談で面接対策や書類作成支援などをおこないます。

しかし、話がまとまらない場合には、4回5回とおこなわれることもあります。

面談のキャンセル方法?

面談のキャンセル方法は、電話かメールで前日までには連絡しましょう。可能であれば、3日前くらいには連絡しておいたほうがビジネスマナー的にいいです。

また、無断で欠席は絶対に止めておきましょう。信頼を失い、求人を紹介されなくなります。

実績がなくても大丈夫?

実績がなくても、転職エージェントとの面談で「何をどのようにアピールするべきか」を一緒に考えてくれます。

そのため、目立った実績がなくても転職できる可能性は高まりますし、転職エージェントを利用しても大丈夫です。

面談後にやるべきことは?

面談後には、お礼の連絡を入れるといいでしょう。

お礼の連絡は入れなくても問題ありませんが、連絡した方が心証はよく、よりよい求人を紹介してもらえる可能性も高まります。

おすすめの転職エージェント

最後に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは、複数利用した方がメリットが大きいため、「どれか」ではなく「すべて」の利用の検討をおすすめします。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 10万件以上の非公開求人(2020年8月時点)
  • ほぼ全ての業種・職種の取り扱いあり
公開求人数 約17万
非公開求人数 約23万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 業界最大手の転職エージェント /

無料登録はこちら

\ 業界最大手の転職エージェント /

公式サイトはこちら
【PR】
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1(※1)
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェント最大の特徴は、転職支援実績No.1であることです。

また、約10万件の非公開求人(※2)を保有しています。

非公開求人は、「経営にかかわる」とか「極秘プロジェクトである」など、非公開にするだけの理由があるものが多いです。

つまり、非公開求人が多いことは、好条件で転職できる可能性が高いということなのです。

加えてリクルートエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、より適した転職を実現できる可能性があります。

(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト
(※2)リクルートエージェント公式HP 2022年4月時点

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら
【PR】
dodaの特徴
  • 転職者の満足度No.1(※1)
  • 業界最大級の求人数
  • 各専門プロによる支援

doda最大の特徴は、dodaで転職した人の満足度が非常に高いことです。

また、約10万件の求人を保有(※2)しており、選択肢とチャンスが多い点も特徴です。

加えて、各専門から以下の支援を受けられます。

支援内容

  • キャリアアドバイザーによる自己分析支援
  • 採用のプロによる人事と同じ支援でアドバイス

キャリアアドバイザーによる支援によって、より適切な業界・職種を見つけられます。また、採用のプロによる支援によって、より適切な企業を選択できるようになります。

上記のように手厚い支援を受けられるため、転職者の満足度No.1という実績につながっているのでしょう。

(※1)電通バズリサーチ調べ
(※2)doda公式HP 2022年4月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめポイント
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが在籍
  • 女性の転職にもおすすめ
  • 年収(給与)を軸に転職を考えてる人におすすめ
公開求人数 約3.5万
非公開求人数 約11万
対応地域 全国
対象年齢 20代〜30代
業界、職種 全ジャンル

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

無料登録はこちら

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

公式サイトはこちら
マイナビエージェントの特徴
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 企業担当アドバイザー

マイナビエージェント最大の特徴は、2種類のアドバイザーが在籍していることです。

キャリアアドバイザーは、あなたの特徴を分析して、より適した求人を紹介してくれます。

そして企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票ではわからない職場のリアルな情報を提供してくれます。

まとめ|転職エージェントとの面談は大事

転職エージェントは、面談をとおして、あなたの特徴を分析・理解して、より適した求人を紹介してくれます。

そのため、面談に臨む準備や面談の内容は、よい転職をおこなうために非常に重要です。

より求人を紹介してもらえるように、転職エージェントからの信頼を失うような行動をせず、真摯に対応しましょう。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事