更新日:

転職エージェントとの電話面談とは?流れも解説

転職エージェントとの電話面談とは?流れも解説

「転職エージェントの電話面談って、対面と違うの?」

このような疑問はありませんか?

面談や面接と言えば、対面が当たり前でしたが、最近ではコロナウイルスの影響によって、電話でおこなうことも増えてきました。

そこで本記事では、転職エージェントで電話面談をおこなう際のポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

【転職エージェント】電話面談とは?

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーとの面談をおこない、意見の擦り合わせをします。

基本的に面談は、対面でおこないます。キャリアアドバイザーは、求職者の表情や身振りからも情報を得たいからです。

しかし現在では、新型コロナウイルスの影響によって、対面での面談を実施することが困難になっています。そのため、対面ではなく電話を用いた面談が盛んにおこなわれるようになりました。

これが電話面談です。

【転職エージェント】電話面談のメリット

【転職エージェント】電話面談のメリット

対面ではなく電話で面談をおこなうメリットは以下です。

メリット
  • 日程の調整がしやすい
  • 新型コロナウイルスの対策になる

それぞれについて解説していきます。

転職エージェントの面談って何?服装や内容などを解説

日程の調整がしやすい

転職エージェントと対面面談をおこなう場合には、以下の要素を満たす必要があります。

満たすべき要素

  • 面談場所に行ける日
  • 面談時間が確保できる日

一方で電話面談をおこなう場合には、「面談時間が確保できる日」であれば、面談を受けられます。

また電話面談であれば、面談場所に行くまでの移動時間がかからないため、確保するべき面談時間も少なくて済みます。

そのため電話面談の方が、日程の調整がしやすいのです。

新型コロナウイルスの対策になる

電話面談の場合、直接的に人と関わるわけではないため、新型コロナウイルスにかかる確率を大幅に下げることができます。

また、面談場所に行くために公共交通機関を利用しなくて済むため、より新型コロナウイルスにかかる確率を下げられます。

そのため、電話面談の方が、新型コロナウイルスの対策になると言えるのです。

【転職エージェント】電話面談のデメリット

【転職エージェント】電話面談のデメリット

対面ではなく電話で面談をおこなうデメリットは以下です。

デメリット
  • 得られる情報が少なくなる
  • 口頭でのアドバイスになる

それぞれについて解説していきます。

得られる情報が少なくなる

電話面談の場合、転職エージェント側の表情や身振りがわからないです。同様に、転職エージェントも求職者の表情や身振りがわからないです。

そのため、言葉からしか情報を得られません。しかし、実は言葉から得られる情報は非常に少ないのです。

人間は、視覚・聴覚・言葉で相手を判断します。

視覚とは、相手の表情や視線、身振りや態度などのことで、聴覚とは、声のトーンや口調、話すスピードなどです。そして言葉とは、「何を言ったか」です。

上記のうち、最も影響を与えるのは視覚なのです。

「楽しい」と言われても、表情が曇っていれば「本心ではないな」と思うのはこのためです。また、暗い口調で「楽しい」と言われても同様に「本心ではないな」と思うはずです。

このように、言葉から得られる情報は視覚や聴覚に比べて非常に少ないです。これをメラビアンの法則と言います。

メラビアンの法則では、与える影響を以下の比率で表しています。

視覚 55%
聴覚 38%
言葉 7%

電話面談では、視覚から情報を得られません。つまり、半分以上の情報を失うことになるのです。

この理由から、電話面談では得られる情報が少なくなると言えます。

口頭でのアドバイスになる

転職エージェントとの面談では、履歴書や職務経歴書の作成を支援してくれることが多いです。支援内容としは、添削が主になっています。

しかし、電話面談の場合には、添削をおこなうのは難しくなります。そのため、口頭でのアドバイスのみになってしまう可能性があります。

転職エージェントによっては、メールなどを用いて、添削をおこなってくれるかもしれませんが、リアルタイムで擦り合わせをおこなえいため、効率が悪くなってしまいます。

【転職エージェント】電話面談の流れ

【転職エージェント】電話面談の流れ

電話面談の流れ

  1. 自己紹介
  2. 転職理由
  3. 希望条件のヒアリング
  4. 場合によっては求人紹介

電話面談は、上記の流れで進んでいきます。

自己紹介

求職者と担当アドバイザーがお互いの自己紹介をおこないます。

担当アドバイザーの経歴や実績などを聞きましょう。また、エージェントサービスの強みなども聞いておきましょう。

転職理由

お互いの自己紹介を終えたら、「どうして転職したいと思ったのか」を話しましょう。

このときに、「転職しなくても解決できる方法があるか」を聞くのもいいでしょう。転職活動は精神的負担も大きく、「できれば転職したくない」と思っている方におすすめです。

希望条件のヒアリング

ヒアリング内容

  • 業界・職種
  • 勤務地
  • 年収
  • 休日数
  • 福利厚生

上記のように、細かく希望条件を聞かれることが多いため、事前に準備しておきましょう。

場合によっては求人紹介

基本的に一回目の面談で求人紹介はされません。面談で聞いた希望条件に適した求人を探し、二回目以降の面談で紹介されます。

しかし、一回目の面談でも適した求人があれば、すぐに紹介されることもあります。

【転職エージェント】電話面談後の流れ

【転職エージェント】電話面談後の流れ

電話面談後の流れ

  1. 求人紹介
  2. 履歴書や職務経歴書の作成支援
  3. 面接対策
  4. 条件交渉

電話面談後は、上記の流れで進んでいきます。

求人紹介

一回目の面談でヒアリングした内容に適した求人を紹介してくれます。

紹介された求人に納得できない場合には、再度ヒアリングをおこない、より適した求人を探してくれるため、「納得できない」と意思表示しましょう。

履歴書や職務経歴書の作成支援

応募する求人が決定したら、履歴書や職務経歴書の作成をおこないます。

企業担当のアドバイザーがいる転職エージェントであれば、応募する企業に適した履歴書や職務経歴書を作成できるようにアドバイスをもらえることもあります。

ただし、主な支援は添削なため、一度は自分で作成しておきましょう。

面接対策

書類作成が完了したら、面接対策をおこないます。

書類作成と同様に、企業担当アドバイザーがいる転職エージェントであれば、応募する企業に適した面接対策をおこなってくれます。

条件交渉

内定をもらっても、条件に不満を感じる場合もあると思います。

たとえば、「給与がもう少しほしい」などです。この場合、転職エージェントに交渉を依頼することで、条件交渉をおこなってくれる可能性があります。

自分で企業に対して交渉をおこなうのは難しいと感じるかもしれませんが、転職エージェントがおこなってくれるため、比較的簡単に条件交渉をおこなえます。

【転職エージェント】電話面談を成功させるポイント

【転職エージェント】電話面談を成功させるポイント

ポイント

  • 話す内容を決めておく
  • 考えを具体的な言葉にする
  • 周りの環境に配慮する

それぞれについて解説していきます。

話す内容を決めておく

電話面談をおこなう場合には、話す内容を決めておく必要があります。

対面の場合には、考え事をして無言になっても「今は考え事をしているな」とわかります。しかし電話の場合には、無言になったら、相手が話しを聞いているのかわかりません。

そのため、話す内容を決めておいて、可能な限りスムーズに話を展開させなければいけません。

考えを具体的な言葉にする

電話面談をおこなう場合には、考えを具体的な言葉にする必要があります。

たとえば、「通勤時間が長くて苦痛なので、転職を考えています」と伝える場合です。

対面であれば、「通勤時間が長い」と話している人の表情や視線などから、「どれだけ苦痛なのか」を理解できます。

一方で電話の場合、表情や視線がないため、「どれだけ苦痛なのか」を理解しづらいです。

結果として、自分が考えていよりも軽く捉えられたり、重く捉えられたりなどの齟齬が発生してしまいます。

これを回避するために、「苦痛」だけでなく、「どれだけ苦痛なのか」を具体的に伝える必要があります。

周りの環境に配慮する

電話面談をおこなう場合には、周りの環境に配慮する必要があります。

カフェなど雑音が多い場所で電話面談をおこなった場合、転職エージェント側にも雑音が伝わり、会話がしにくくなる可能性があります。自分自身も周りの音がうるさくて聞き取れなくなる可能性もあります。

また、通信状況が悪い場所でおこなった場合、通話が切れてしまったり、声が途切れ途切れになってしまったりなどのアクシデントが発生する可能性が高いです。

転職エージェントの面談は、今後紹介される求人にかかわる大事なものです。そのため、可能な限り集中できる環境でおこないましょう。

【転職エージェント】電話面談でやってはいけないこと

【転職エージェント】電話面談でやってはいけないこと

やってはいけないこと

  • 連絡を無視する
  • 不特定多数が聞ける環境でおこなう

それぞれについて解説していきます。

連絡を無視する

連絡を無視してしまうと、転職エージェントと信頼関係を築けなくなります。結果として、求人を紹介されないことにつながります。

どうしても都合が悪い場合には、事前に連絡を入れましょう。

不特定多数が聞ける環境でおこなう

転職エージェントとの面談では、個人情報も扱います。

もし、不特定多数が聞ける環境でおこない、個人情報が漏れた場合、自業自得とはいえ転職エージェントとしては困ります。

また、非公開求人の紹介などをおこなう場合もあります。そのため、不特定多数が聞ける環境で面談をおこなうことは好ましくありません。

電話面談もしてくれるおすすめの転職エージェント

転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

上記の転職エージェントは、電話面談をおこなってくれます。加えて、転職エージェントとしてもおすすめになっています。

おすすめできる理由について解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 10万件以上の非公開求人(2020年8月時点)
  • ほぼ全ての業種・職種の取り扱いあり
公開求人数 約17万
非公開求人数 約23万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 業界最大手の転職エージェント /

無料登録はこちら

\ 業界最大手の転職エージェント /

公式サイトはこちら
【PR】
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1(※1)
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍

リクルートエージェント最大の特徴は、転職支援実績がNo.1であることです。

また、約10万件の非公開求人(※2)を保有しています。

非公開求人は、非公開にするだけの事情があることが多いです。たとえば、「経営にかかわる仕事である」とか「極秘プロジェクトである」などです。そのため、好条件であることが多くなります。

また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、より適した転職を実現できる可能性があります。

(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト
(※2)リクルートエージェント公式HP 2020年8月の実績

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら
【PR】
dodaの特徴
  • 転職者の満足度No.1(※1)
  • 業界最大級の求人数
  • 各専門のプロによる支援

doda最大の特徴は、dodaで転職した人の満足度が非常に高いことです。

また、約10万件の求人(※2)を保有しており、選択肢とチャンスが多い点も特徴です。

加えて、各専門のプロによって以下の支援を受けられます。

支援内容

  • キャリアアドバイザーによる自己分析支援
  • 採用のプロによる人事と同じ視点でのアドバイス

キャリアアドバイザーの支援によって、より適切な業界・職種を見つけられます。また、採用のプロの支援によって、より適切な企業を選択できるようになります。

dodaでは、このような厚い支援を受けられるため、転職者の満足度No.1という実績につながっているのでしょう。

(※1)電通バズリサーチ
(※2)doda公式HP 2022年5月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめポイント
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが在籍
  • 女性の転職にもおすすめ
  • 年収(給与)を軸に転職を考えてる人におすすめ
公開求人数 約3.5万
非公開求人数 約11万
対応地域 全国
対象年齢 20代〜30代
業界、職種 全ジャンル

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

無料登録はこちら

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

公式サイトはこちら
マイナビエージェントの特徴
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 企業担当アドバイザーが在籍

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業担当アドバイザーも在籍しています。

キャリアアドバイザーは、面談をとおして、あなたを分析して、多くの求人のなかから最も適した求人を紹介してくれます。

そして、企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票からはわからない職場のリアルな雰囲気を教えてくれます。

そのため、よりより転職が実現する可能性があります。

【転職エージェント】電話面談に関する質問

最後に、電話面談に関するよくある質問にお答えします。

よくある質問

  • 電話がしつこい場合はどうするべき?
  • 電話の時間は指定できる?

それぞれにお答えします。

電話がしつこい場合はどうするべき?

電話がしつこい場合、転職エージェント側が「いつ連絡をすればいいのか」を把握していない可能性が高いです。

そのため、電話が受け取れる具体的な日時を伝えましょう。

それでもしつこく連絡がくる場合には、ほかの担当者に変えてもらうか、ほかの転職エージェントを利用しましょう。

電話の時間は指定できる?

電話の時間は指定できます。

一回目の面談の場合には、事前に面談をおこなう日時を決定します。二回目以降の面談は、面談のなかで次の面談日時を決定します。

まとめ|電話面談のポイント

電話面談の場合には、表情がわからないため、より具体的に考えを言葉にする必要があります。

また、本心と違うことを言葉にしてしまうと、相手は表情から考えを読み取れないため、鵜呑みにするしかありません。そのため、思っていないことを言葉にしないようにしましょう。

電話面談は、コロナウイルスの影響もあって増えているため、しっかりと対策をおこないましょう。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事