マネ会 趣味の記事一覧

趣味の事ならマネ会 by Amebaで!専門家やお金のプロを交えて趣味についてのあらゆる情報を分かりやすくお届けしています。お金に関するお役立ちコンテンツも満載です。マネ会 by Amebaは、読者の皆様のお金についての「知りたい!」を一番に解決するサービスを目指しています!

最新記事

1,000円台から好みの指輪を作れる。趣味として楽しむ「ジュエリー」の世界
オーダー会で「ジュエリー」にハマった桜花さんが、特に夢中だという指輪の魅力について紹介します。中には1,000円からデザインをオーダーできるブランドも。このほか、これからジュエリーを趣味にしたい人に向けたお手頃なおすすめブランドを教えていただきました。
2020年01月09日
「氷上に予定調和などない」スケヲタ歴12年目の私が語るフィギュアスケート観戦沼
はじめまして、奏ポルカ(id:polka8dot)と申します。三度の飯よりもフィギュアスケートを観るのが好きなスケートヲタク、いわゆる「スケヲタ」です。フィギュアスケートの美しさ、スケーターの強さに魅せられてから早12シーズン目……おっとすみません、年数ではなくシーズンで数える癖が出てしまいました。どっぷり浸かったスケヲタ沼で人生を全うするはずが、あれよあれよという間にハロー!プロジェクトと関ジャニ∞という沼も増やし、現在ではスケヲタ・ハロヲタ*1(ハロー!プロジェクトが好きなファンを指す)・エイター*2(関ジャニ∞が好きなファンを指す)という3本立てで日々を過ごしています。今回は最もヲタ歴の長いフィギュアスケートについて、私なりの付き合い方を語らせていただきます。
2019年10月10日
理想の1台を目指し、開発に数十万円。「自作キーボード」沼にハマって人生が変わった話
現代において、キーボードは万年筆のようなもの──。「自作キーボード」にハマったぺかそさんが、きっかけとなった出来事や、これまでに制作したキーボード、最近の自作キーボード事情について紹介します。現在使っているのは、開発に数十万円をかけた究極の1台だそう。
2019年10月10日
収入の9割をアイドルに使い、年間400以上の現場に通う “ドルヲタ”ガリバーさんの「お金」と「時間」の使い方
初めまして! ガリバー(@gulliverdj)です。突然ですが、私はアイドルが大好きです。もともとアイドルに関しては、テレビでモーニング娘。の番組を観る程度の接し方でしたが、2005年にモーニング娘。のコンサートを見たことをきっかけに、アイドルのライブの楽しさに目覚めて、アイドルヲタクになりました。
2019年10月10日
「グミ」の食感を愛し、記録し続ける私が考えた “グミの進化と可能性”
初めまして。「食感命 ほぼグミブログ」というブログを書いております、「食感男」と申します。グミを追い求め、ブログなどで記録し続けて5年。勝手に「グミチェイサー(グミを追い求める者)」と名乗っております。日々の生活の合間に「チェイサーとしてグミを食べる」といった意味も込めており、我ながら気に入っています。この記事をご覧になっている皆さまは、普段からグミを食べているでしょうか?私はブログを始めて5年になりますが、ほぼ毎日グミを食べています。もちろん、この記事もグミを食べながら書いています。家にはたくさんのグミをストックしており、手の届くところには常にグミがあります。
2019年10月10日
「金銭感覚なくなってからが本当の趣味」――想像の斜め上すぎるバンギャのお金の使い道
はじめまして、非常勤ライターのひにしあい(@sunwest1)と申します。いきなり本題に入ると、私はヴィジュアル系(以下V系)バンドを20年近くこよなく愛し続けています。90年代V系を愛するバンギャを集めたイベントを開催したり、ヘドバンやV系の歌詞について調査したり、ゴスロリで記事に出たりするオバンギャとして活動しています。
2019年10月10日
ビュッフェに救われた私がオススメしたい、ただの「食べ放題」を超えたお店と楽しみ方
落ち込んでいたときに「ビュッフェ」に救われ、足繁く通うようになったというブロガー・やままさん。ビュッフェの魅力や情熱に加え、やままさんなりのビュッフェを楽しむための"作法"や、おすすめのお店をご紹介いただきました。
2019年10月10日
人生を狂わすレトロゲームの愛しさと切なさと心苦しさと(お金の話)
はじめまして。ゲームブログを運営しているジョーンズ博士といいます。
2019年10月10日
好きが高じて「盆栽」修行の道へ 手間こそ楽しむ、贅沢な趣味の世界
はじめまして、山崎ちえです。盆栽を販売したり、盆栽の教室を開いたりといった盆栽関連の仕事をしています。「盆栽」と聞くと、なんとなく老後の趣味をイメージする方も多いと思います。ですが、私は現在32歳。23歳で盆栽の修行に入った後、26歳で独立し、盆栽で仕事をしだして2018年で7年目になります。盆栽と出会ってから、もうすぐ10年がたちますね。私が盆栽を始めた頃は、周りから「おじさんくさい」と笑われたものだけど、今はどうでしょう。盆栽の展示会や売店では若者の姿をよく見掛けるようになり、恋人や友人と訪れる20~30代の方が目立つようになりました。SNSの広がりを受けて、盆栽の写真や情報をネットで見る機会も増加しました。写真映えもするので、「盆栽、カッコイイかも」と思う人が増えてきたような気がします。
2019年10月10日
プリントシール機今昔物語──令和時代でも選ばれる「プリ」の魔力
時代を彩った平成の「プリントシール」文化と時代ごとに変わる女子の「なりたい顔」の変遷をフリュー株式会社さんに取材。アラサー女子が歓喜する、懐かしのプリ機や最新の令和プリ機まで登場します。
2019年09月26日
日本酒マニアが本当におすすめしたい、200円から始める「日常酒」の楽しみ方
日本酒マニアのcongiroさんが、これから日本酒を楽しみたい人に向けたおすすめの入り口を紹介します。まずは200円から購入できる「日常酒」(普通酒・本醸造酒)が良いとのこと。「初めて飲むならどれがいいの?」という初心者にもうれしい、おすすめの選び方や銘柄なども語っていただきました。
2019年08月29日
その一口で"奇跡のような体験"を。3,000円台から始める「ワイン」沼への道
ブログ「シロクマの屑籠」の“シロクマ先生”こと熊代亨さんが、趣味として楽しむ「ワイン」の世界を紹介。3,000円台から始める「ワイン沼」について、たっぷり語っていただきました。ワインをしっかり楽しむためには、グラス選びも大事なのだとか。
2019年06月13日
これからカメラを趣味にしたいあなたへ。キットレンズを卒業して2万円台から始める“次”のレンズ
キットレンズから始めて、これからカメラを趣味にしたいと思っている人が、“次”に買うべきレンズは? カメラの楽しさを広げてくれる便利なレンズを、レンズ沼にどっぷりハマっているカメラユーザーが紹介します。安いもので2万円台から購入できます。
2019年05月30日
男性から見たジャニーズの魅力は、どこにあるのか。私が「ジャニヲタおじさん」になるまで
妻と一緒に見た嵐のコンサートDVDをきっかけに、どんどんジャニーズにハマっていった──。家族で一緒にコンサートへ行ったり、タイプ別のCDを買ったり……ジャニヲタの中ではまだ珍しいというとある男性ファンが、普段どういったジャニヲタ活動をして、どこにお金や時間をかけているかを語ります。
2019年04月11日
人気のトレーディングカードゲーム!【ママの財布が軽くなるあのショップの利用】で子供を満足させよう
子供も大人も楽しめるゲーム。時代と共にゲームの形は様々で、特にカードを使った遊びは面白いものです。日本では百人一首というものが平安時代からあり、それは今でも続いています。
2019年03月13日
SNS拡散で、売り上げは通常の4,000倍 「降谷ハンコ」ヒットの背景を仕掛け人に聞く
高知県高知市に店舗を構える創業91年の老舗印章店「吉本三星堂」がこの春に生み出したヒット商品は、全国に約30人しかいないとされている「降谷(ふるや)」姓のハンコ。注文は年に一度あるかないかというほど珍しい名字にもかかわらず、2018年5月から約3カ月間で、4,000個以上も売り上げたといいます。
2019年03月13日
「コスメ」を買っているんじゃない、希望を買っているんだ 人生が少し楽しくなる趣味の話
『趣味とお金』というテーマだというのに冒頭からなんなの、という感じですが、私は今まで人に「趣味は?」と聞かれて「コスメです」と答えたことはありません。いつもは「映画です」「漫画です」と返していたと思います(それも本当のこと)。
2019年03月13日
三度の飯よりカメラレンズ 10カ月で100万円以上使うまで「レンズ沼」にハマった話
「レンズ沼」という言葉を、皆さんは聞いたことがあるだろうか。端的に言ってしまえば、カメラのレンズを次々と買ってしまう現象のことである。
2019年03月13日
1970年代の天下一品の味で育った“ラヲタ”が語る、濃くて深い「ラーメン」の世界
1年365日、必ず1杯はラーメンを食べている、とまそんです。これまでに食べ歩いた店は、ブログに記録しているだけで2,000軒。さらに、食べたラーメンの数は3,300杯を越えてしまいました。そんな私が、なぜこんなにラーメンにハマったのか。なぜそこまで食べ続けるようになったのかを、この記事で振り返ってみようと思います。最後には「この夏に食べてほしい冷やし中華」を厳選してご紹介しますので、ぜひ足を運んでみてください。
2019年03月13日
食卓も廊下も酒だらけ! 愛しき「日本酒」沼の世界
はじめまして。congiro(コンヒーロ)です。日本酒の味とその面白さに惹かれ、ブログを書いていたところ、この度マネ会に寄稿することとなりました。初めての日本酒との出会いは、銭湯の帰り道に何となく手に取った1本からでした。それは地元福岡の『庭のうぐいす』という銘柄だったのですが、その時は「日本酒って結構イケるんやな~」と漫然と感じていた程度でした。もともと酒飲みでもない私が、ここからどうやって日本酒沼へ浸かっていくのかを書いていきたいと思います。
2019年03月13日