更新日:

転職エージェントは何社利用してもいい?

転職エージェントは何社利用してもいい?

「転職エージェントって何社も利用していいの?」や「何社も利用する際の選び方は?」などの疑問はありませんか?

本記事では、転職エージェントに何社でも登録してよいのかについて解説します。

加えて、おすすめの転職エージェントも紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

転職エージェントは何社選ぶ?

転職エージェントは何社選ぶ?

転職エージェントは、複数利用した方が多くのメリットを得られます。

しかし、あまりに多くの転職エージェントを利用すると管理が難しくなってしまいます。

そのため転職エージェントは、2~3社に絞ることをおすすめします。2~3社であれば、そこまで管理は難しくなく、転職エージェントを最大限活かせます。

ただし、「どの転職エージェントを選ぶか」には注意してください。

転職エージェントは複数利用してもいいの? おすすめの組み合わせも紹介!

総合型と特化型をバランスよく利用する

転職エージェントは、大別すると2種類あります。

ひとつは、さまざまな業界・職種・年代に対応した「総合型」と呼ばれる転職エージェント。もうひとつは、特定の業界・職種・年代に対応した「特化型」と呼ばれる転職エージェントです。

総合型と特化型は、それぞれに強み・弱みがあります。

しかし、総合型と特化型の両方を利用することで、それぞれの強み・弱みを相互にカバーできます。結果として、多くのメリットを得られるのです。

転職先におすすめの業界・職種10選!転職サイトやホワイト企業の見つけ方も解説!

総合型転職エージェントの強み・弱み

総合型の転職エージェントは、さまざまな業界・職種・年代に対応しています。

そのため、多くの求人を保有しており、選択肢とチャンスが多い点が強みです。

一方で、特定の業界・職種・年代に特化した求人が少ないです。また、特化したキャリアアドバイザーが在籍していないことも多く、業界内の深い情報などの入手が困難な可能性があります。

これらが総合型転職エージェントの弱みです。

特化型転職エージェントの強み・弱み

特化型の転職エージェントは、特定の業界・職種・年代に対応しています。

そのため、より専門的な求人などを保有しています。また、より専門的なキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界内の深い情報などを提供してくれます。

これらが特化型転職エージェントの強みです。

一方で、特定の業界・職種・年代に特化した求人を扱っているため、「転職軸が決まっていない」という方は、情報不足に感じる可能性があります。

これが特化型転職エージェントの弱みです。

まずは総合型の転職エージェントを利用する

総合型の転職エージェントを利用することで、転職軸が明確になります。

総合型の転職エージェントは、さまざまな業界・職種に対応しているため、さまざまな業界・職種を検討できます。そのため、転職軸を明確にするのに最適です。

しかし総合型の転職エージェントだけでは、特定の業界・職種に特化した求人が少ないです。つまり、「転職軸は明確になったけど、行きたい企業がない」という事態に陥る可能性があるのです。

そこで特化型転職エージェントの利用を検討しましょう。

転職軸に適した特化型転職エージェントを利用することで、よりよい求人を見つけられる可能性が高くなります。

おすすめの総合型転職エージェント

【おすすめ】総合型転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント
  • JAC Recruitment

それぞれについて特徴を解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1(※1)
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー

リクルートエージェント最大の特徴は、転職支援実績No.1であることです。

また、約10万件の非公開求人(※2)を保有しており、好条件で転職できる可能性が高いです。

加えて、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、より適した転職を実現できる可能性があります。

公式サイトはこちら

(※1)厚生労働省「人材サービス総合サイト
(※2)リクルートエージェント公式HP 2020年8月の実績

doda

dodaの特徴
  • 転職者の満足度No.1(※1)
  • 業界最大級の求人数(※2)
  • 各専門プロによる支援

doda最大の特徴は、dodaで転職した人の満足度が非常に高いことです。

また、約10万件の求人を保有しており、選択肢とチャンスが多い点も特徴です。

加えて、各専門から以下の支援を受けられます。

支援内容

  • キャリアアドバイザーによる自己分析支援
  • 採用のプロによる人事と同じ視点でのアドバイス

キャリアアドバイザーによる支援によって、より適切な業界・職種を見つけられます。また、採用のプロによる支援によって、より適切な企業を選択できるようになります。

上記のように厚い支援を受けられるため、転職者の満足度No.1という実績につながっているのでしょう。

公式サイトはこちら

(※1)電通バズリサーチ調べ
(※2)doda公式HP 2022年4月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザー
  • 企業担当アドバイザー

マイナビエージェントには、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。また、キャリアアドバイザーとは別に、企業担当アドバイザーも在籍しています。

キャリアアドバイザーは、多くの求人のなかから、あなたに最も適した求人を紹介してくれます。

そして企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票からはわからない職場のリアルな雰囲気を教えてくれます。

そのため、よりよい転職が実現する可能性が高くなります。

公式サイトはこちら

JAC Recruitment

JAC Recruitmentの特徴
  • 顧客満足度4年連続No.1(※1)
  • コンサルタントの総数 約1200名(※2)
  • 知人にJACをすすめたい率 94.7%(※3)

JAC Recruitment最大の特徴は、ハイクラス・ミドルクラス分野の転職において、顧客満足度が4年(2019年~2022年)N0.1であることです。

また、約1200名のコンサルタントを保有しており、求職者1人あたりへのサポートが厚い点も特徴です。

公式サイトはこちら

(※1)オリコン顧客満足度調査
(※2)2018年8月の実績(JAC Recruitment Group合計)
(※3)2021年4月~6月度 当社利用者アンケート結果

おすすめの特化型転職エージェント

以下のカテゴリー別におすすめの特化型転職エージェントを紹介していきます。

カテゴリー

  • 20代・第二新卒
  • 30代以降
  • 女性
  • IT業界

【20代・第二新卒】おすすめの特化型転職エージェント

20代・第二新卒におすすめ

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • 就職Shop

DYM就職

DYM就職の特徴
  • 人材教育が充実した求人
  • 内定獲得後も厚いフォロー

DYM就職は、研修など人材教育が充実した求人を多く保有しています。そのため、第二新卒やフリーターなど、社会人経験が浅い人の転職強いことが特徴です。

また、現職の辞め方の相談や転職先の入社に関する相談などができます。そのため、内定獲得後の不安を可能な限り減らすことができます。

公式サイトはこちら

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴
  • 未経験に特化したサポート
  • 適性のある求人のみ紹介
  • 受ける企業に合わせた対策

ハタラクティブは、多くの求人のなかから、あなたに向いている可能性が高い求人のみを厳選して紹介してくれます。また、受ける企業に合わせた対策をおこなってくれます。

これらの理由で、注力を分散せず高い集中力とモチベーションを保ったまま、選考に向かうことができるのです。

公式サイトはこちら

就職Shop

就職Shopの特徴
  • 求人は未経験者が対象
  • 直接訪問して取材した求人情報

就職Shopは、未経験者の可能性を信じて育成してくれる企業の求人を主に紹介してくれます。これが理由となって、就職Shopの利用者は9割が20代(※)です。

また、すべての求人は企業に直接訪問し取材して集めているため、職場の雰囲気や労働環境など、ネット上の情報だけではわからない職場のリアルな情報も提供してくれます。

公式サイトはこちら

(※)就職Shop公式HP 2022年4月時点
20代向けおすすめ転職エージェントを徹底比較!女性向けエージェントも紹介

【30代以降】おすすめの特化型転職エージェント

30代以降におすすめ

  • リクルートダイレクトスカウト
  • BIZREACH

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴
  • 年収800万円~2000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ

リクルートダイレクトスカウトは、転職エージェントではなく、スカウトサービスです。しかし30代以降の転職に有益であるため、紹介させていただきます。

リクルートダイレクトスカウトは登録するだけで、約300社・約3000名以上(※)のヘッドハンターが仕事を探して提案してくれます。

紹介してくれる仕事は年収が高いものが多く、年収UPを目指せます。

公式サイトはこちら

(※)リクルートダイレクトスカウト公式HP 2022年4月時点

BIZREACH

BIZREACHの特徴
  • 登録の際に審査がある
  • ハイクラスに特化

BIZREACHもリクルートダイレクトスカウトと同様、転職エージェントではなく、スカウトサービスとなっています。しかし30代以降の転職に有益であるため、紹介させていただきます。

BIZREACHの特徴は、登録するには審査に通過する必要があることです。

一見するとデメリットのように感じますが、1つの求人に対する倍率が下がるという観点から見れば、メリットにもなりえます。

また、審査が必要なだけあって、BIZREACHで扱っている求人は高収入なものが多いです。そのため、一気に年収UPを目指せます。

公式サイトはこちら

30代向けおすすめ転職エージェント!選び方や転職方法なども合わせて紹介

【女性】おすすめの特化型転職エージェント

女性におすすめ

  • type女性の転職エージェント
  • LIBZ

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントの特徴
  • 18年以上続いている
  • 転職サイトも運営している

type女性の転職エージェントは、名前のとおり「女性の転職」に特化した転職エージェントになっています。

支援内容も「面接メイクアップ」など、女性にためのものになっています。

また、女性に特化した転職サイトも運営しているため、転職エージェントだけでなく、転職サイトと合わせた幅広いノウハウを持っていることも特徴です。

公式サイトはこちら

LIBZ

LIBZの特徴
  • さまざまな形態の求人を扱っている
  • 詳細な求人情報を収集

LIBZでは、正社員の転職はもちろん、在宅ワーク中心の業務委託案件やエグゼクティブ案件など、幅広い求人を扱っています。

そのため、子育て中などで時間を作りづらい女性でも働きやすい求人を見つけられます。

またLIBZは、仕事内容や労働条件だけでなく、期待している役割や解決してほしい課題も記載されているため、「その会社で働いている自分」をリアルに想像できます。

公式サイトはこちら

女性におすすめの転職エージェントを紹介!年齢別に徹底比較

【IT業界】おすすめの特化型転職エージェント

IT業界への転職におすすめ

  • WORKPORT
  • Geekly
  • マイナビエージェント【マイナビIT AGENT】

WORKPORT

WORKPORTの特徴
  • 転職決定率No.1(※)
  • 豊富な転職支援

WORKPORTでは、以下の転職支援をおこなっています。

支援内容

  • 転職相談
  • 履歴書・職務経歴書作成の支援
  • 転職講座の開催
  • エンジニアスクールの開催

特に、エンジニアスクール「みんスク」というサービスは、非常に有益です。

「みんスク」は、完全未経験からプロのエンジニアを目指す人のための講座で、完全無料で受講できます。教材費も受講料も必要ありません。

公式サイトはこちら

リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING-2021年度上半期-』(2021年4月~9月)

Geekly

Geeklyの特徴
  • IT業界に特化
  • 年収UP率 76%(※1)

Geeklyは、IT業界への転職実績が8500件以上(※2)もあります。また、転職者の多くが年収UPを実現させています。

また、ITに関する知識を持ったカウンセラーが在籍しているため、求職者により適切な提案が可能です。

(※1)(※2)Geekly公式HP 2022年4月時点

公式サイトはこちら

マイナビエージェント【マイナビIT AGENT】

マイナビエージェントでは、【マイナビIT AGENT】というIT業界に特化したサービスも展開しています。

マイナビIT AGENTには、IT業界に関する専門知識を有したキャリアアドバイザーが在籍しているため、より適切な転職先を見つけられるようになります。

また、「IT・Webエンジニアの転職ノウハウ」というコンテンツを設けているため、より転職に関する知識を得られます。

公式サイトはこちら

転職エージェントを何社も利用するメリット

転職エージェントを何社も利用するメリット
メリット
  • 自分に合う転職エージェントに出会える
  • エージェントごとの強みを活かしきれる
  • 非公開求人・独占求人に出会える

それぞれについて解説していきます。

転職エージェントは何社利用してもいい?

自分に合う転職エージェントに出会える

転職エージェントには、自分に合う・合わないが存在します。

どれだけサービスが充実していても、どれだけ評価がよくても、自分に合わなければ、転職活動は上手くいきません。

しかし、何社も転職エージェントを利用することで、自分に合った転職エージェントに出会いやすくなります。

結果として、より効率よく転職活動をおこなえるようになります。

エージェントごとの強みを活かしきれる

転職エージェントには、それぞれ強み・弱みがあります。転職エージェントを何社も利用することで、それらを相互にカバーできるようになります。

たとえば、求人数に不満があるならば、求人数が多い転職エージェントも利用することで、不満を解消できるのです。

非公開求人・独占求人に出会える

転職エージェントは、それぞれ非公開求人や独占求人を保有しています。

非公開求人とは、一般的な求人誌や求人サイトには出ていない求人で、特定の転職エージェントに登録していなければ、存在を知ることすらできない求人です。

独占求人とは、特定の転職エージェントのみで扱っている求人で、その転職エージェントに登録していなければ、存在を知ることすらできない求人です。

何社も転職エージェントを利用することで、上記のような求人に出会える確率が非常に高まります。

転職エージェントを何社も利用するデメリット

転職エージェントを何社も利用するメリット
デメリット
  • 管理が難しくなる
  • サポートを後回しにされる可能性がある

それぞれについて解説していきます。

管理が難しくなる

何社も転職エージェントを利用することで、キャリアアドバイザーとの面談日程や応募した求人などの管理が難しくなります。

どの転職エージェントで、キャリアアドバイザーと面談をしたのかの把握も難しくなりますし、日程の調整も難しくなります。

また、同じ求人に異なる転職エージェントから応募する危険性もあります。

このような行為をしてしまうと、企業・転職エージェント双方からの信頼を失ってしまうので注意しましょう。

サポートを後回しにされる可能性がある

転職エージェントは、企業に人材を紹介して採用に至った場合に利益を得られます。これ以外に利益を得る方法は、基本的にありません。

つまり、自社の紹介で転職してくれなければ、どれだけ支援をしても一切利益を得られないのです。

そのため、ほかの転職エージェントを利用している場合には、サポートを後回しにされる可能性があります。

転職エージェントの裏事情を詳しく解説!プロの本音も解説

転職エージェントを何社も利用する際によくある質問

よくある質問

  • 何社も並行して利用するのは伝えた方がいい?
  • 転職エージェントを掛け持ちしていることの伝え方は?
  • 転職エージェントを何社も利用すれば転職できる?

それぞれにお答えしていきます。

何社も並行して利用するのは伝えた方がいい?

何社も転職エージェントを利用していることは、伝えておきましょう。

隠しておけば、厚いサポートを受けられる確率があります。しかし、何かの拍子にバレてしまえば、一気に信頼を失ってしまいます。

また、何社も利用していることを伝えれば、それを踏まえたうえでの支援をおこなってくれます。

伝えていない場合には、ほかの転職エージェントに紹介されて断った求人と似た求人を紹介される可能性があります。

しかし伝えていれば、断った求人と似た求人は紹介しません。つまり、無駄を省くことができるのです。

そのため、並行して利用していることは伝えておきましょう。

転職エージェントを掛け持ちしていることの伝え方は?

転職エージェントを掛け持ちしているを伝える際、ポイントは2つあります。

ポイント

  • 掛け持ちしている理由を明確にする
  • 「こちらで決めたい」と意思表示する

掛け持ちしている理由を明確にすることで、転職エージェントに納得してもらえる可能性が高まります。

たとえば、「より多くの求人情報を知りたい」という理由などです。

しかし、「あっちの方が質の高い支援をしてくれる」などのネガティブな理由は避けておきましょう。

また、「こちらで決めたい」と意思表示をしておきましょう。転職エージェントは、自社の紹介で転職してくれなければ、一切の利益を得られません。

そのため、「こちらで決めたい」と思っていない求職者への支援は、後回しにされてしまう危険性があります。

転職エージェントは複数利用してもいいの? おすすめの組み合わせも紹介!

まとめ|転職エージェントは何社も利用して問題ない

転職エージェントは何社利用しても、基本的にデメリットはありません。そのため、自分に合った転職エージェントを探す意味でも、複数の転職エージェントの利用を検討しましょう。

そして、最終的に2~3社に絞るようにしましょう。あまりに多くの転職エージェントを利用していると、管理が難しくなり、転職活動に集中できなくなる可能性があります。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事