更新日:

リクルートエージェントの評判は?内定もらうのは厳しいの?

リクルートエージェントの評判は?内定もらうのは厳しいの?

「リクルートエージェントの評判ってどうなの?」「リクルートエージェントの利用の流れが知りたいな」「リクルートエージェントを利用するメリットって?」こんな悩みを抱えてはいませんか?

リクルートエージェントは有名な転職エージェントですが、有名だからといって絶対におすすめできる転職エージェントとは言えないでしょう。

この記事では、ネット上で見られるリクルートエージェントの良い評判・悪い評判を紹介しています。

リクルートエージェントを利用するメリット・デメリットも紹介しているので、転職エージェント選びの参考にしてください。

リクルートエージェントの総合評価

リクルートエージェント
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 10万件以上の非公開求人(2020年8月時点)
  • ほぼ全ての業種・職種の取り扱いあり
公開求人数 約17万
非公開求人数 約23万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 業界最大手の転職エージェント /

無料登録はこちら

\ 業界最大手の転職エージェント /

公式サイトはこちら

リクルートエージェントの良い口コミ・評判

まずは、リクルートエージェントについて良い口コミや評判から見ていきましょう。

求人などの情報が多い

転職エージェントを利用する際に、「多くの求人情報を持っている」ことを重視する方は多いでしょう。

求人情報が多ければ多いほど、自分が納得できる求人と出会える可能性は高くなります。

また、転職サイトなどには公開されていない「非公開求人」にも期待しやすくなります。

その点において、リクルートエージェントは非常に優れていると言えるでしょう。

担当のアドバイザーの質が高い

転職エージェントを利用すると、必ず担当アドバイザーが付きます。

この担当者の方と二人三脚で転職活動を進めていくわけですから、どのような方が担当アドバイザーになるかは、転職活動が順調に進むかどうかを大きく左右するでしょう。

リクルートエージェントの担当アドバイザーは優秀な方が多いので、その点でも安心と言えます。

紹介される求人が理想的だった

担当アドバイザーの方は、求職者に合うと思った求人を紹介してくれます。

もちろん、担当アドバイザーに紹介されるのを待つだけではなく、自分なりに良いと思う求人を事前に探しているとは思います。

ただ、自分で探した求人と紹介された求人がおおよそ合致すれば、担当アドバイザーの分析力や判断力に安心すること間違いありません。

リクルートエージェントのアドバイザーは、これまで数多くの求職者を担当してきた経験から、的確で理想的な求人を紹介してくれます。

【対応がひどい?】リクルートエージェントの悪い口コミ・評判

続いて、リクルートエージェントの悪い口コミや評判についても見ていきます。

求人に受からない

転職エージェントを利用する場合、担当アドバイザーから紹介してもらった求人を中心に検討することになるでしょう。

その場合、紹介してもらった求人に受からないことが続くと、想定よりも転職活動が長引いてしまう可能性も考えられます。

担当アドバイザーの方は求職者にぴったりの求人を紹介してくれることが多いですが、場合によってはなかなか受からずに苦戦する可能性があることも、念頭に置いておくべきでしょう。

面談予約の案内メールが多い

求職者にぴったりの求人を案内するためには、相手の人となりや希望条件などを正確に把握しなければなりません。

そのため、リクルートエージェントに登録すると、担当アドバイザーとの面談を設定されます。

リクルートエージェントで求人を紹介してもらうためには必ず必要なステップですが、面談予約の案内メールが何度も届くと、急かされているような気持ちになるかもしれません。

連絡が取りにくい

転職エージェントを利用して担当アドバイザーと二人三脚で転職活動を進めていく以上、担当アドバイザーに対してはいろいろと相談したいものです。

ただ、リクルートエージェントでは担当アドバイザーによるものの、連絡が取りにくい場合もあるようです。

担当アドバイザーからアドバイスをもらいながら転職活動を進めていきたいと考えている方は、その点を多少割り引いて考えたほうがよいかもしれません。

リクルートエージェントの利用の流れとイメージ

リクルートエージェント

リクルートエージェントに登録して利用する際の、流れとイメージを説明します。

登録する流れ

  • 会員登録後すぐに面談日程を調整

  • 面談を実施
  • 書類添削と面接対策
  • 内定・年収交渉

会員登録後すぐに面談日程を調整

リクルートエージェントへの会員登録は、公式サイトからおこなうことができます。

会員登録をおこなったら、すぐに面談日程を調整しましょう。

リクルートエージェントでは、面談を受けないままではさまざまなサービスを利用することができません。

面談を実施

日程調整後、担当アドバイザーとの面談をおこないます。

希望条件等を正しく入力しておけば、この段階で求人紹介を受けることも可能です。

書類添削と面接対策

担当アドバイザーとの面談を経て受ける求人が決まったら、書類添削と面接対策をおこなってもらいます。

書類作成や面接に自信がない場合は、ここでしっかりとブラッシュアップしてもらいましょう。

内定・年収交渉

無事内定をもらうことができたら、転職活動は終了となります。

なお、内定をもらった後に年収などの条件について交渉をおこなうのが一般的ですが、そういったことは不得意な方も多いでしょう。

リクルートエージェントではアフターフォローとして、担当アドバイザーが各種条件の交渉にも対応してくれます。

リクルートエージェントを利用するメリット

リクルートエージェント

転職エージェントを利用して転職活動をおこなう場合、最初に考えなければならないのは「どの転職エージェントを利用するべきか」です。

リクルートエージェントを利用するメリットを紹介します。

メリット
  • 求人数が非常に多い
  • 対応している業種や職種が多い
  • 職務経歴書エディターが便利
  • 書類作成や面接対策などサポートしてくれる
  • 企業への交渉も期待できる

求人数が非常に多い

取り扱っている求人の数は、転職エージェントを選ぶ際の重要な判断材料のひとつです。

リクルートエージェントは求人数が非常に多く、公開求人と非公開求人合わせて約45万件もの求人を取り扱っています。

対応している業種や職種が多い

転職先の業種や職種を絞っている方でなければ、できるだけさまざまな可能性を検討してみたいと考えている求職者の方は、多いと思います。

リクルートエージェントでは多くの求人を扱っているので、その分対応している業種や職種も多く、幅広い求人のなかから自分に合った求人を探すことができます。

職務経歴書エディターが便利

転職活動をするにあたって、職務経歴書の作成を億劫に感じる方も多いと思います。

リクルートエージェントでは、会員登録することで職務経歴書エディターを利用することが可能なので、簡単に職務経歴書を作成することが可能です。

書類作成や面接対策などサポートしてくれる

履歴書や職務経歴書の内容および、面接での立ち振る舞いや受け答えは、転職の選考活動に大きく影響します。

リクルートエージェントでは書類作成や面接対策などのサポートもおこなってくれるので、そういった部分に不安を抱えている方でも、安心して選考に臨むことができるでしょう。

企業への交渉も期待できる

転職活動では企業から内定をもらうと、その後に年収などの条件に関する交渉をおこなうのが一般的です。

ただ、「こちらから希望条件を提示して受け入れてもらえなければ内定取り消しになるのではないか」と考えて、うまく交渉をおこなうことができない方が多いのも事実です。

リクルートエージェントでは、担当アドバイザーに条件交渉を代行してもらうことも可能なので、その点は非常に心強いでしょう。

リクルートエージェントを利用するデメリット

リクルートエージェントを利用することには多くのメリットがありますが、利用するにあたって気を付けておくべきこともあります。

リクルートエージェントを利用するデメリットを紹介します。

デメリット
  • キャリアアドバイザーの質にバラつきがある
  • 見当違いの求人を紹介されることもある
  • サポート期限が3ヶ月に設定されている
  • 職歴がないと利用は厳しい

キャリアアドバイザーの質にバラつきがある

リクルートエージェントは大手の転職エージェントなので、キャリアアドバイザーも数多く在籍しています。

そのなかには、質の低いアドバイザーがいることもあります。

的確なアドバイスをしてもらえないアドバイザーが担当になってしまう可能性があることも、考慮しておきましょう。

見当違いの求人を紹介されることもある

本来キャリアアドバイザーは、求職者の適性や条件などにぴったり合った求人を紹介するべきです。

ただ、質の低いアドバイザーに当たってしまうと、適性や条件などを考慮した求人ではなく、転職しやすそうな求人を紹介されることもあります。

もちろん場合によっては、求職者の経歴や性格などを判断して本当におすすめな求人を紹介している場合もあるので、紹介された求人に疑問がある場合は、なぜその求人を紹介したのかを確認するとよいでしょう。

サポート期限が3ヶ月に設定されている

リクルートエージェントでは、会員登録から3ヶ月間しか転職活動のサポートをおこなってもらえません。

3ヶ月の間に転職先を決めなければいけないので、自分のペースで転職活動しにくいことはデメリットと考えられます。

多少時間はかかってもかまわないから、本当に納得できる転職先を探したいと考えている場合は、別の転職エージェントを検討したほうがよいかもしれません。

職歴がないと利用は厳しい

リクルートエージェントでは、職歴がない場合は紹介できる求人がないと言われてしまう可能性もあります。

職歴がない方は就職エージェントを利用せずに、転職サイトで求人を探したほうがよい場合もあります。

リクルートエージェントの利用がおすすめな人

転職エージェントは数が多く、自分にあった転職エージェントを選べるかどうかは、転職活動の成否に大きく関わります。

リクルートエージェントの利用がおすすめな方の特徴を説明します。

向いている人
  • どこの転職エージェントを利用すべきかわからない人
  • 書類選考で落ちてしまう人
  • 面接に不安がある人
  • 色んな求人に出会いたい人
  • スケジュールや年収交渉などが苦手な人

どこの転職エージェントを利用すべきかわからない人

転職エージェントは数が多いからこそ、どこの転職エージェントを利用すべきかで悩む方も多いと思います。

リクルートエージェントは大手の転職エージェントで、取り扱い職種も豊富にあるため、悩んでいる方はとりあえず利用してみるだけでも十分価値はあるでしょう。

書類選考で落ちてしまう人

転職活動の選考では、履歴書や職務経歴書などによる書類選考が大きなウエイトを占めます。

そのため、書類作成にあまり自信がないと書類選考で落ちてしまい、面接に進めないでしょう。

リクルートエージェントでは書類添削を実施してくれますし、職務経歴書エディターなどの便利なツールも使うことができます。

面接に不安がある人

書類選考を通過しても、面接での受け答えがしっかりしていなければ、もちろん内定をもらうことはできません。

リクルートエージェントでは面接対策を実施してくれますし、模擬面接をおこなった後に改善点などについて具体的なアドバイスももらえるので、自信を持って面接に臨めるようになります。

色んな求人に出会いたい人

転職先の業界や業種・職種を決めきれていない方の場合、さまざまな求人と出会うことで自分の新たな可能性に気付けることもあります。

リクルートエージェントの求人数は非常に多いので、さまざまな求人と出会うなかで、自分の新しい一面を見つけられるかもしれません。

スケジュールや年収交渉などが苦手な人

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、面接の日程調整や年収交渉なども代行してくれます。

また、自分のペースで転職活動を進めたい場合はあらかじめその旨を伝えておくことで、面接を詰め込み過ぎないようにするなど配慮してもらえます。

リクルートエージェントを上手に利用するポイント

転職エージェントに登録して転職活動をうまく進められるかどうかは、転職エージェントをいかに上手に利用できるかにかかっています。

リクルートエージェントを上手に利用するポイントを説明します。

活用するコツ
  • すぐにでも転職したいことを伝える
  • 経歴やスキルで嘘をつかない
  • 推薦文は自分でも確認する
  • リクルートエージェント以外も併用する

すぐにでも転職したいことを伝える

リクルートエージェントはサポート期間が3ヶ月ということもあり、効率的に転職活動をおこなうことが求められます。

担当アドバイザーとの面談で、転職意欲が高くすぐにでも転職活動をスタートさせたいということを伝えれば、求人紹介やサポートを優先的に受けることが可能です。

経歴やスキルで嘘をつかない

リクルートエージェントでは、求職者が提示してきた経歴やスキルをもとに求人紹介をおこないます。

条件のよい求人を紹介してもらいたいからと言って、経歴やスキルで嘘をついてしまうと、自分に合わない求人を紹介されてしまうでしょう。

それだけでなく、担当アドバイザーとの信頼関係にもヒビが入るので、今後自分が思うような求人を紹介してもらえなくなるかもしれません。

推薦文は自分でも確認する

転職エージェントを利用して選考活動をおこなう場合、面接に臨むにあたって担当アドバイザーが企業に推薦文を出してくれる場合もあります。

ただし質が低いアドバイザーの場合、推薦内容について「面接で本人に聞いてください」という一文のみが記載されていることもあります。

推薦文は、必ず自分でも目を通して確認することを心がけましょう。

リクルートエージェント以外も併用する

転職エージェントは、ひとつしか利用してはいけないわけではありません。

複数の転職エージェントを併用することで、それぞれの転職エージェントの強みを活かしながら転職活動を進めることができます。

また、複数登録することで、自分と相性のよいエージェントと出会える可能性も高まるでしょう。

リクルートエージェントと他社の比較

利用する転職エージェントを決めるためには、それぞれの転職エージェントの求人数や特徴などを比較する必要があります。

比較的規模の大きな転職エージェントである、リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、パソナキャリアの求人数や特徴を以下に表でまとめました。

リクルートエージェント doda マイナビエージェント パソナキャリア
求人数 約45万件 約18万件 約7万件 約4万件
主な特徴 ・書類添削や面接対策などのサポートが充実している
・幅広い業種や職種の求人を取り扱っている
・キャリアタイプ診断やレジュメビルダーなど、転職活動に役立つツールが数多くある
・「U・Iターン支援あり」など
細かい条件を設けて求人を探すことが可能
・キャリアアドバイザーが業界ごとの専任制で各業界の事情に精通している
・企業の人事担当者とやり取りしているアドバイザーもおり、各職場のリアルな情報も把握している
・オリコンの顧客満足度調査で4年連続No.1に輝いている
・女性の転職サポートに強みを持っている

求人数はリクルートエージェントが圧倒的に多い

大手転職エージェントで比較しても、求人数はリクルートエージェントが圧倒的に多いです。

そのため、他の転職エージェントよりもさまざまな求人を比較検討できることは、リクルートエージェントを利用する大きなメリットと言えるでしょう。

リクルートエージェントとの併用におすすめの転職エージェント

転職エージェントを利用する際は、ひとつの転職エージェントのみを利用するのではなく、複数の転職エージェントを併用するのもおすすめです。

リクルートエージェントとの併用におすすめの転職エージェントとしては、以下の3社が挙げられます。

おすすめエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント
  • パソナキャリア

それぞれのエージェントの特徴や強みを、説明します。

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら

dodaには、転職活動に役立つツールが数多くあります。

とくにキャリアタイプ診断は、自分の強みや弱みなどを多角的に診断することができるので、自己分析をおこなうのに役立ちます。

上場企業や外資系企業に絞って求人検索をおこなうことも可能なので、キャリアアップや年収アップにつながる求人を探している方にはおすすめです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめポイント
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが在籍
  • 女性の転職にもおすすめ
  • 年収(給与)を軸に転職を考えてる人におすすめ
公開求人数 約3.5万
非公開求人数 約11万
対応地域 全国
対象年齢 20代〜30代
業界、職種 全ジャンル

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

無料登録はこちら

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

公式サイトはこちら

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは業界ごとの専任制なので、各業界の事情に精通しています。

また、キャリアアドバイザーとは別に企業の人事担当者とやり取りをおこなっているアドバイザーも在籍しており、各職場のリアルな情報も把握しています。

転職先の業界を絞れている場合は、キャリアアドバイザーのアドバイスをもとにして、最適な職場を見つけられる可能性が高いです。

パソナキャリア

パソナキャリア
パソナキャリア
おすすめポイント
  • 求人の半数が年収800万円以上
  • 年収アップ率61%
  • 4年連続顧客満足度No.1
公開求人数 39627
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ パソナキャリアの /

無料登録はこちら

\ パソナキャリアの /

公式サイトはこちら

パソナキャリアは、オリコンの顧客満足度調査で4年連続No.1に輝いている転職エージェントです。

パソナグループは創業以来、社会で活躍している女性を支援し続けているということから、女性の転職サポートに強みを持っているのが大きな特徴です。

女性管理職の比率やテレワーク活用などの働き方に関する情報など、個人では得られないような情報も踏まえて転職先をおすすめしてくれるので、納得感のある転職ができるでしょう。

リクルートエージェントとの併用におすすめの転職サイト

リクルートエージェントと併用できるのは転職エージェントに限らず、転職サイトを併用して求人を探してもかまいません。

リクルートエージェントとの併用におすすめの転職サイトとしては、以下の3社が挙げられます。

おすすめ転職サイト
  • doda
  • ビズリーチ
  • リクナビネクスト

それぞれの転職サイトの特徴や強みを、説明します。

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら

dodaには約18万件の求人が掲載されており、毎週月曜・木曜には求人の更新もおこなわれます。

そのため、非常に広い範囲から求人検索をおこなえるだけでなく、まだ多くの方の目に留まっていない求人に先んじて応募することも可能です。

リクルートエージェントと併用することで、さまざまな業界や業種・職種を網羅しながら求人を探すことができます。

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチ
おすすめポイント
  • 審査制の転職サイト
  • 登録だけでスカウトが届き転職が可能
  • 年収600万円以上におすすめ
公開求人数 約120000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 市場価値を確かめたい人におすすめ /

無料登録はこちら

\ 市場価値を確かめたい人におすすめ /

公式サイトはこちら

ビズリーチはスカウト型の転職サイトで、ハイクラスの求人を多数取り扱っています。

厳選された企業と直接コンタクトが取れるので、転職活動を効率的におこなうことができます。

「英語力を生かせる求人特集」や「コンサルタント求人特集」など、キャリアアップや年収アップにつながりやすい特集が組まれているのも、魅力のひとつです。

リクナビネクスト

リクナビNEXT
リクナビNEXT
おすすめポイント
  • 転職サイトで求人応募数トップクラス
  • 企業から直接オファーが届く
  • グッドポイント診断が受けられる
公開求人数 約54,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 20代〜40代
業界、職種 全ジャンル

\ 転職の鉄板転職サイト /

無料登録はこちら

\ 転職の鉄板転職サイト /

公式サイトはこちら

リクナビネクストでは、2022年6月時点で約6万件と数多くの求人を取り扱っています。

新着求人も毎週水曜日と金曜日に更新されるので、自分の希望する条件の求人に巡り合える可能性も高いです。

企業からダイレクトに応募の打診を受けられることもあるため、転職活動がとんとん拍子に進んでいく場合もあります。

リクルートエージェントの初回面談のコツ

リクルートエージェントに会員登録をおこなったあとは、担当アドバイザーと面談をおこなう必要があります。

リクルートエージェントでの初回面談のコツを説明します。

面談前に希望条件は明確にしておく

担当アドバイザーと面談をおこなう前に、転職先についてある程度の希望条件を固めておくとよいでしょう。

そうすることでスムーズに話が進み、担当アドバイザーとしても求人を探しやすくなります。

必要書類はあらかじめ準備しておく

履歴書や職務経歴書などの必要書類は、あらかじめ準備しておくのが望ましいです。

それらの書類を用意したうえで面談に臨むことで、面談時に書類添削をおこなってもらえることもあります。

リクルートエージェントの都道府県別求人数とオフィス

リクルートエージェントは全国各地の求人を取り扱っていますし、オフィスもさまざまな地域に設けられています。

ただ、自分の住んでいる地域の求人数が多いほど効率的に求人を紹介してもらえることは間違いありませんし、自宅とオフィスの距離が近いほうが面談などをおこなう際にも便利です。

リクルートエージェントの各都道府県の求人数とオフィスを紹介します

東京都の求人数とオフィス

2022年6月現在、リクルートエージェントが取り扱う東京都の求人数は210,843件です。

東京都には東京本社と西東京支社の2つのオフィスがあり、それぞれの住所は以下のとおりです。

東京都のオフィス

  • 東京本社
    〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
  • 西東京支社
    〒190-0012 東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル7F

大阪府の求人数とオフィス

2022年6月現在、リクルートエージェントが取り扱う大阪府の求人数は51,255件です。

リクルートエージェントの大阪支社の住所は以下のとおりです。

大阪府のオフィス

  • 大阪支社
    〒530-8240 大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 31F

神奈川県の求人数とオフィス

2022年6月現在、リクルートエージェントが取り扱う神奈川県の求人数は36,094件です。

リクルートエージェントの横浜支社の住所は以下のとおりです。

神奈川県のオフィス

  • 横浜支社
    〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 スカイビル 16階

愛知県の求人数とオフィス

2022年6月現在、リクルートエージェントが取り扱う愛知県の求人数は36,045件です。

リクルートエージェントの名古屋支社の住所は以下のとおりです。

愛知県のオフィス

  • 名古屋支社
    〒450-6043 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ42階、43階

福岡県の求人数とオフィス

2022年6月現在、リクルートエージェントが取り扱う福岡県の求人数は20,118件です。

リクルートエージェントの福岡支社の住所は以下のとおりです。

神奈川県のオフィス

  • 福岡支社〒810-0073 福岡県福岡市中央区舞鶴1-1-3 リクルート天神ビル 6階

リクルートエージェントのよくある質問

リクルートエージェントを実際に利用するにあたって、いろいろと気になることがある方もいらっしゃると思います。

そこで、リクルートエージェントについてよくある質問とその回答を、以下でいくつかまとめました。

リクルートエージェントを利用すべきか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

面談を無視したらどうなる?

面談の日程を決めていたのにそれを無視した場合、担当アドバイザーとの信頼関係を構築することができません。

信頼関係を構築できなければ、自分に合った求人も紹介してもらえないでしょう。

また、社会的常識がないと判断されてサービスを受けられなくなる可能性も考えられます。

面談したくないのですがどうしたらいい?

面談は求職者の要望を聞いて、理想的な転職を実現するためにおこなわれるものです。

そのため、リクルートエージェントを利用するためには、担当アドバイザーとの面談は必要不可欠です。

どうしても面談が嫌な場合は、面談をおこなわずとも利用できる転職サイトを利用しましょう。

転職エージェントで料金がかかる場合はある?

転職エージェントの各種サービスは、無料で利用することができます。

ただし、面接のための交通費や履歴書を購入するための費用などは、自費負担となります。

リクルートエージェントの利用を断られたらどうするの?

リクルートエージェントの利用を断られた場合は、ほかの転職エージェントの利用を検討してみましょう。

「職歴がないこと」が断られる理由になる場合もあるので、その場合はニートやフリーターといった、職歴がない方向けの就職エージェントを利用するとよいでしょう。

転職サイトは職歴がない方でも利用できるので、そういったところから求人に応募するのもひとつの方法です。

担当のアドバイザーがうざいと感じたらどうすればいい?

担当アドバイザーは、就職活動を二人三脚で進めていく存在です。

担当アドバイザーのことをうざいと感じているようでは、満足のいく転職活動を進めにくいと思いますので、担当アドバイザーの変更を希望するとよいでしょう。

まとめ|リクルートエージェントは求人数の多さが魅力

リクルートエージェントでは、公開・非公開合わせて約45万件もの求人を取り扱っており、その数は大手の転職エージェントのなかでも断トツです。

それに加えて、書類添削や面接対策などのサポートが充実していますし、転職活動をサポートしてくれる担当アドバイザーの質も非常に高いので、安心して転職活動に取り組むことができます。

幅広い業界や業種・職種に関する求人のなかから、自分が納得する求人と出会うことができるでしょう。

元転職エージェント。外国語大学出身から海外系企業や外資系企業の就職をサポート。また転職に関するメディアにて監修者を担当。

江波戸 純希の監修記事・プロフィール一覧へ

関連記事