更新日:

ビジネスカードの審査基準と審査に通るためのポイントを解説します

ビジネスカードの審査基準と審査に通るためのポイントを解説します

企業の代表者や個人事業主の方のなかには、法人カードの利用を検討している方がいると思います。

しかし、法人カードは、一般的に審査が厳しいといわれているので、カードを作れるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか。

法人カードの審査は、固定電話の設置や会社のホームページを作成するなどで通過率を上げられる可能性があります。

今回は、法人カードの審査基準や通過するためのポイントについて解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

ビジネス用クレジットカードの審査基準

企業や個人事業主がビジネス用として利用する法人カードは、一般的に「設立3年以上かつ黒字決算2期連続」でなければ作れないといわれているので、個人向けカードより審査が厳しいとされています。

ただ、一般的に「設立3年以上かつ黒字決算2期連続」とはいわれているものの、設立1年目未満でも法人カードの発行が可能というケースがありますし、申込み時に決算書の提出を求められることがない場合もあります。

ですので、法人カードの審査では、会社としての財務状況と同様に代表者の信用情報が重要になる可能性も高いと考えられます。

また、法人カードの審査では、固定電話の有無が重要になります。この点に関しては、個人向けカードの審査とは若干異なるポイントになっていることを覚えておきましょう。

専門家からのコメント

上山由紀子
上山 由紀子

法人カードの審査はクレジットカード会社ごとに違います。審査のハードルが高いカード会社もあります。

書類を提出するときには、個人事業主の方は開業届を提出していることが必須です。開業届を提出する必要があるのは事業所得、不動産所得または山林所得で所得を生ずる事業を開始した方です。

開業届を提出することで確定申告書が収入証明になるからです。まだ、開業届を提出していない方は早めに提出することをおすすめします。

また、審査では代表者の信用度が重視されます。クレジットカード会社では審査時に個人信用情報機関で情報の照会がおこなわれます。

代表者がどんな人物であるのか、過去に滞納・延滞などがなく、毎月しっかりと返済しているかなどの個人の信用情報も重視されています。

信用情報機関で自身の信用情報を確認することもできます。ただし、手数料が1000円程度かかります。

信用情報機関は3つあり、銀行・銀行系保証会社・銀行系カード会社は全国銀行個人信用情報センター、クレジット会社・保証会社などの信販会社系は㈱シー・アイ・シー、消費者金融などは㈱日本信用情報機構に属しています。

申込みに必要な書類などを確認しておこう

法人カードに申込む際は、必要となる書類などを事前に準備しておくとスムーズに申込みを完了することができます。

一般的に法人カードの申込みに必要なものは下記のようになっているので覚えておきましょう。

法人カードの申込みに必要な書類など

  • 登記簿謄本 (印鑑証明書でもOKな場合があります)
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • カード利用料金の引き落とし口座

基本的に個人事業主の場合は、本人確認書類引き落とし口座で申込みが可能です。

また、カード利用料金の引き落とし口座に関しては、法人であれば法人口座、個人事業主であれば個人名義の口座を準備しておくとよいでしょう。

ちなみに、カード会社によっては、法人カードの申込みに登記簿謄本を必要としない場合もあります。

たとえば、「三井住友ビジネスカード for Owners」は、登記簿謄本や決算書が必要なく、代表者の本人確認書類のみで申込みが可能です。

ビジネス用クレジットカードの審査通過率を上げるための5つのポイント

主にビジネスで利用する法人カードは、個人向けカードとは異なった審査のポイントがあります。

ここでは、法人カードの審査通過率を上げるための5つのポイントについて紹介していきます。

5つのポイント
  • キャッシング枠を0円で申込む
  • 会社のホームページを整備する
  • 固定電話回線を引いておく
  • 普段から代表者が良好なクレヒスを積んでおく
  • キャンペーンがあれば積極的に活用する 

1.キャッシング枠を0円で申込む

法人カードや個人向けカードに関係なく、クレジットカードはキャッシング枠を設定することができますが、必要がないのであれば、申込み時のキャッシング枠は0円に設定することをおすすめします。

キャッシングは、現金の借入れができる便利な機能ですが、カード会社側にとっては貸したお金が返済されない場合のリスクが増えることになります。

そのため、キャッシング枠を設定してしまうと基本的に審査難易度は高くなる可能性があります。

専門家からのコメント

上山由紀子
上山 由紀子

法人向けのカードは個人向けのカードよりも利用限度額が高くなります。この利用限度額はクレジット会社の審査によって決まります。

法人向けのカードにキャッシング枠を加えると審査のハードルが高くなる可能性があります。なぜなら、キャッシング枠は総量規制の対象になるため、利用者の収入などが確認されるので審査が慎重におこなわれるからです。

総量規制とは、貸金業法により利用者の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されることです。これは、利用者が過剰貸し付けによる多重債務に陥らないように法律で定められています。

法人カードを申請するときは、月にどのくらいのカード決済があるのかを把握してから申請してください。利用限度額に余裕があればビジネスを上手く回すことができるでしょう。

2.会社のホームページを整備する

法人カードや個人向けカードに関係なく、クレジットカードの審査では信用力が重要になります。

企業概要や代表者名、資本金額などの情報が記載された会社のホームページを作成することでWEB上の名刺代わりになるため、カード会社からの信用が上がることが期待できます。

個人事業主の場合であっても、会社のホームページはあったほうが望ましいので、可能であれば作成しておきましょう。

3.固定電話回線を引いておく

法人カードの審査では、固定電話の有無が重要になるといわれています。固定電話を設置することによって事業所の存在を証明できるため、カード会社の信用が高くなります。

また、カード会社によっては、法人カードの申込みフォームに固定電話の有無をチェックする項目があり、固定電話の番号が未記入の場合は、わざわざ電話で固定電話の有無を確認されるケースもあります。

4.普段から代表者が良好なクレヒスを積んでおく

法人カードの契約者は代表者個人です。そのため、法人カードの審査では代表者の信用情報が確認されます。

代表者のクレヒスが良好であれば審査では有利になるので、法人カードを作る代表者は普段から良好なクレヒスを積むようにしましょう。

また、代表者がゴールドカードやプラチナカードなどのいわゆるステータスカードを保有している場合は、それだけで高い信用力を持っていると判断される可能性があることも覚えておきましょう。

ちなみに、カード会社にこだわらないのであれば、代表者が個人用カードとして使っているカード会社の法人カードに申込むこともおすすめです。

カード会社側としては顧客のカード利用状況が把握できますし、お得意様という目線で見てもらえる可能性が高いため、審査で有利になる可能性があります。

5.キャンペーンがあれば積極的に活用する

クレジットカード全般にいえることですが、キャンペーンを開催している期間中は、基本的に顧客の獲得を目的としているため審査通過率が上がるといわれています。

また、キャンペーン期間中は、ポイントのプレゼントなど、お得な特典を受けることができるので、法人カードの申込みを検討している方は、積極的にキャンペーンを利用するようにしましょう。

審査が気になる方におすすめ法人カード3選

法人カードは、経費の管理が楽になるなど、ビジネスをするうえでメリットが多くあるので、法人カードの申込みを検討する方も多いと思います。

しかし、会社を設立したばかりの代表者などは、審査に通るか不安という方もいるのではないでしょうか。

ここでは、審査が気になる方におすすめしたい法人カードを3つ紹介しますので、法人カードの申込みを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ステータスが高く上質の特典が利用できる「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 業務効率化、リモートワークを快適にするためのサポート
  • 事業拡大にともなう人員不足の解消をサポートする特典をご用意
  • 顧問料、ご利用料金等をカード決済できるプロフェッショナル・サービスのご紹介
年会費初年度 36,300円(税込)
年会費2年目〜 36,300円(税込)
ポイント還元率 0.16%~1.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、年会費が34,100円(税込)と高めの設定になっています。

年会費を見るとハードルが高いように感じますが、アメックスは1年目でも比較的審査にパスしやすいといわれているので、設立間もない会社でも作れる可能性があります。

ステータスが高いことで知られているアメックスのカードなので、取引先との接待や会食の支払いで使うとイメージアップにつながることも期待できます。

また、アメックスは、ビジネスカード会員限定のイベントが定期的に開催しているので、人脈を広げることも可能です。

そのほか、ビジネスで重宝される下記のような特典が付帯しているので、参考にしてください。

ビジネスで役立つ特典(一部)

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 「クラウド会計ソフト freee」へのデータ連携
  • 会食や接待に役立つ「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」
  • 最高5,000万円の国内旅行傷害保険
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険
  • 提携ゴルフ場の無料手配やゴルフイベントの開催

初年度は年会費無料!空港ラウンジも無料で利用できる「オリコEX Gold for Biz」

オリコ EX Gold for Biz
オリコ EX Gold for Bizの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料
  • 空港ラウンジでさまざまなサービスをご利用いただけます。
  • 国内・海外旅行傷害保険
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 2,200円(税込)
ポイント還元率 0.5%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

オリコEX Gold for Bizは、個人事業主向けの「EX Gold for Biz S(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エス)」と法人向けの「EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)」があります。

どちらのカードも、人気会計ソフト「freee(フリー)」の有料プランの割引があったり、国内主要空港とホノルル、仁川の空港ラウンジを無料で利用できたりと、ビジネスで重宝される特典が付帯しています。

また、個人事業者向けのカードは最高100万円のキャッシング枠を設定できるので、急な資金調達にも対応できる仕様になっています。

年会費は初年度無料、2年目以降は2,200円(税込)とリーズナブルな価格となっているので、申込みを検討してみてはいかがでしょうか。

初年度は年会費無料で個人事業主も保有可能!「三井住友ビジネスカード for Owners」

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度年会費無料!
  • 登記簿謄本・決算書提出不要
  • 経費精算を合理化して経費削減
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 1,375円(税込)
ポイント還元率 0.1 〜 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

三井住友ビジネスカード for Ownersは、申込み時に登記簿謄本や決算書が必要なく、代表者の本人確認書類のみで作れる法人カードです。

申込み対象者は「満20歳以上の個人事業主または法人代表者の方」でスタートアップ企業もOKとなっているので、設立間もない会社でも審査に通る可能性があります。

インターネット申込みで初年度の年会費は無料ですし、2年目以降は1,375円(税込)と費用の面でも魅力があります。

また、カード利用明細には、利用日や使用店舗名、支払い金額の詳細が記載され、経費が透明化されるので、ビジネスでは重要なコスト削減経費の管理に楽になるなどのメリットが期待できます。

ビジネスクレジットカードの審査まとめ

法人カードは、設立間もない会社では審査に通ることが難しいと考えられがちですが、設立間もない会社でも作れる法人カードはあります。

カード会社によって基準は異なりますが、固定電話を設置したり、会社のホームページを作成したりと、審査通過率を上げることは可能なので、法人カードに申込む前にできることはおこなってみてください。

また、法人カードの審査は、基本的に代表者の信用情報が重要になると考えられるため、普段から良好なクレヒスを積むように心がけておきましょう。

この記事のまとめ
  • 設立年数や財務状況より代表者の信用情報が重要
  • 固定電話の有無は審査に大きく影響する可能性がある
  • キャンペーンは積極的に活用する
上山由紀子

専門家からの一言

上山 由紀子

ビジネスをおこなっていく上で、信用は大切です。

限度額の高い法人カードを持つことで、ビジネスチャンス時に資金調達するとき、手続きに時間を取られることなくビジネスチャンスをつかむことができるかもしれません。事務の効率化も図れると思います。

しかしながら、カード決済するということはお金を借りること、将来、お金を返さなければならないことを念頭においてください。

ビジネスチャンスを活かしつつ、会社の内部留保も進めて信用のある会社へ成長して頂ければ幸いです。

私は金融機関に勤めていたときから、生涯現役でできる仕事はないかと模索しておりました。そして、ファイナンシャル・プランナーという職業を選び、仕事しながら勉強して資格を取得しました。「顧客本位」で仕事をすることとしております。顧客の価値を優先し、どんなライフプランを過ごしたいのかを一緒に考えながら、ライフイベントと共にお金の使い方等を考え、勉強していただきながら相談を受けております。また、講演や執筆等も楽しみながら、顧客に「役にたった」、「相談して良かった」といわれることが嬉しいです。

上山 由紀子の監修記事・プロフィール一覧へ

食品や雑貨商品などを扱うライター・編集を経て、マネ会を担当。クレジットカードのポイント還元や特典だけでなく、各カード会社の戦略やマーケティングにも興味あり。普段使っているクレジットカードはJALカードで、実家への帰省の際には、貯めたマイルを特典航空券に交換している。ヤフオクやヤフーショッピングで買い物をする際には、ヤフーカードも使用。体を動かすことが好きで、定期的にジムで筋トレ。機会あれば、山へハイキングに出かけ、帰りの温泉を楽しむ。

山本(信)の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事