更新日:

オリコカード THE POINTの還元率は最大16.5%!他社カードよりもお得なのか徹底比較!

オリコカード THE POINTの還元率は最大16.5%!他社カードよりもお得なのか徹底比較!

オリコカード THE POINTは、常に1.0%以上になる高還元率のクレジットカードです。カード会員限定のインターネットショッピングモールのオリコモールを経由するとさらに還元率がアップし、最大で16.5%になります。

他社のクレジットカードにも、通常の利用より還元率がアップする専用モールや特約店があります。それらの一部では、オリコカード THE POINTよりも高還元率になる利用先が存在します。

今回は、他社のクレジットカードと比較して、オリコカード THE POINTの還元率がどのようなシーンで高くなるのかを検証していきます。

オリコカード THE POINTの基本のポイント還元率は1%

オリコカード THE POINTは、年会費無料の高還元率クレジットカードです。旅行保険などの特典やサービスを省くことで、常に1.0%以上という高い還元率を実現しています。入会後6ヵ月間やオリコモールの利用で、さらにポイントアップも可能です。

貯まったポイントは、オリコ公式サイト「オリコポイントゲートウェイ」または「オリコアプリ」にて500ポイントから交換できます。即時対応が可能な交換先もあり、ポイントの使い勝手の良さも特徴です。

主な交換先には、Amazonギフト券・Tポイント・nanacoギフト・Google Play ギフトコード・iTunesギフトコードなどがあります。

オリコカード THE POINTには、「iD」と「QUICPay」の2種類の電子マネーが搭載されています。サインやチャージ不要の後払い式で、少額の支払いでもスピーディーに決済できて便利です。

オリコカード THE POINT
オリコカード THE POINTの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまる!
  • 入会後6ヵ月間は還元率が2.0%にアップ!
  • 年会費は無料!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~2.0%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社オリエントコーポレーション

オリコカード THE POINT入会後の6ヶ月間は還元率が2%にアップ

オリコカード THE POINTは、通常の加盟店で100円(税込)利用するごとに1ポイント貯まります。1ポイントあたり1円相当のため、還元率は1.0%と高い水準です。

入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップし、100円で2ポイント貯まります。ただし、5,000ポイント(利用額50万円相当)までが上限です。これを超えると、入会後6ヵ月以内でも還元率は1.0%に戻ります。

さらに、オリコカードが運営する優待サイト「オリコモール」経由でショッピングをすれば、ポイントアップも狙えます(詳しくは後述します)。

スマホ決済を使用したときのポイント還元率

オリコカード THE POINTは、各種スマホ決済に紐付けたりチャージにしたりすることで、ポイントの二重取りが可能です。

スマホ決済での還元率

  • PayPay…最大で2.5%
  • 楽天ペイ…実店舗で1.5%、オンラインショップで2.0%
  • d払い…実店舗で1.5%、オンラインショップで2.0%
  • LINE Pay…1.0%

PayPayでは、最大で2.5%の還元率が可能。その内訳としては、支払い金額に対して0.5~1.5%のPayPayボーナスが付与。そのほか、オリコカード THE POINTで1.0%のポイントが加算されます。

また、楽天ペイでの還元率は、実店舗で1.5%、オンラインショップで2.0%になります。実店舗で0.5%、オンラインショップで1.0%の楽天ポイントに加え、オリコカード THE POINTの1.0%も加算されます。

d払いでの還元率は、実店舗で1.5%、オンラインショップで2.0%です。その内容としては、実店舗で0.5%、オンラインショップで1.0%のdポイントが付与されオリコカード THE POINTでは1.0%のポイントが貯まります。

そのほか、LINE Payでは、クレジットカード登録の場合、ポイントの還元はありません。還元率はオリコカード THE POINTのみの1.0%となります。

なお、フリマアプリのメルカリの決済サービスであるメルペイは、クレジットカードの登録が不可となっています。

最大16.5%のポイント還元率が可能なオリコモール

会員限定のショッピングモール「オリコモール」を経由すると、0.5%のポイントが特別加算として上乗せされます。さらに、ショップごとに決められた還元率のポイントも加算されるため、常に1.5%以上になるため大変お得です。

オリコモールで提携店を検索して、該当店を選んでアクセスし、オリコカード THE POINTで決済すればポイントが後日加算されます。直接サイトにアクセスして商品を購入した場合は、オリコカード THE POINT決済でも加算の対象外になるので注意しましょう。

オリコモールには、カテゴリー別に約600もの提携ショップが紹介されています。なかには最大15%のポイント還元率が加算されるショップもあり、オリコカード THE POINTのカード利用分1.0%とオリコモール特別加算の0.5%を合わせると、最大で16.5%の還元率となって大変お得です。

ポイント還元率15%が加算されるショップには、フォトブック、名刺、ポストカードなどを注文できる「ビスタプリント」があります。

こちらを利用すると、ビスタプリントの店舗ポイント15.0%、オリコカード THE POINTのカード利用分1.0%、オリコモール特別加算の0.5%を合わせて16.5%の還元率となり、効率よくポイントを貯められます。

いずれもオリコモールを経由する必要がありますので、利用される際には注意してください。

オリコモール利用での還元率の一例

  • Amazon.co.jp…2.0%
  • 楽天市場…1.5%
  • Yahoo!ショッピング…2.0%
  • ビックカメラ.com…2.5%
  • えきねっとびゅう国内ツアー…4.5%
  • じゃらんnet…2.5%
  • ドミノ・ピザ…3.5%

大手通販サイトでの還元率

たとえば、Amazon.co.jpで、「サントリー南アルプスの天然水2L×9本」1,245円(税込)を購入した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で12ポイントとオリコモール加算(1.0%)で13ポイント貯まり、合計の還元率は2.0%で25ポイント貯まります。

そのほか、販売価格の1%にあたるAmazonポイントが12ポイント付きます。

楽天市場
で、「クリスタルガイザー500ml×48本」2,690円(税込)を購入した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で26ポイントとオリコモール加算(0.5%)で14ポイント貯まり、合計の還元率は1.5%で40ポイント貯まります。

そのほか、楽天会員の方は、販売価格の1%にあたる楽天ポイントが26ポイント付きます。

Yahoo!ショッピングで、「任天堂あつまれどうぶつの森Switch用ソフト」5,660円(税込)を購入した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で56ポイントとオリコモール加算(1.0%)で57ポイント貯まり、合計の還元率は2.0%で113ポイント貯まります。

そのほか、T会員の方は、販売価格の1%にあたるTポイントが56ポイント付きます。

また、ビックカメラ.comで「エプソンIC6CL70L純正プリンターインク Colorio 6色パック」5,470円(税込)を購入した場合では、オリコカード THE POINT(1.0%)で55ポイント、オリコモール加算(1.5%)で83ポイントも貯まり、合計の還元率は2.5%で138ポイントが貯まります。

ビックカメラ.comでも店舗独自のポイントがあり、そのポイントも552ポイント貯まりますのでさらにお得です。

家電製品など高額な商品を購入する場合、どのサイトを利用するのが良いのか、販売価格と貯まるポイントをよく比較されることをおすすめします。

旅行ツアーでの還元率

旅行に行く際にもオリコモールを活用し、どこが一番お得かよく確認しましょう。

えきねっとびゅう国内ツアーなら、「東京-仙台・列車+宿泊プラン」24,200円(税込)を購入した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で180ポイント貯まります。

さらに、オリコモール加算(3.5%)で630ポイント貯まり、合計の還元率は4.5%で810ポイント貯まります。また、えきねっとポイントも36ポイント貯まります。新幹線の旅行やJR線の旅行なら、ぜひ一度確認してみましょう。

国内、海外の旅行の予約ができるじゃらんnetで、「箱根湯本温 泉月の宿 紗ら 大人2名1泊/52,800円(税込)」を購入した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で528ポイント貯まります。

オリコモール加算(1.5%)で792ポイント貯まり、合計の還元率は2.5%で1,320ポイント貯まります。また、じゃらんのポイントも960ポイント貯まります。

宅配ピザでも高い還元率で利用可能

ドミノ・ピザなら、「マルゲリータLサイズ」3,024円(税込)を宅配注文した場合、オリコカード THE POINT(1.0%)で30ポイント貯まります。

それに加えて、オリコモール加算(2.5%)で76ポイントも貯まり、合計の還元率は3.5%で106ポイント貯まります。

楽天カードとオリコカード THE POINTのポイント還元率を比較

楽天カードは、オリコカード THE POINTとともに年会費無料で高還元率として人気のカードです。通常の利用でどちらも還元率1.0%ですが、利用先によって違いが生じます。

楽天カードは、楽天系サービスの利用で高還元率になります。たとえば、楽天市場で3.0%、楽天ブックスで3.0%、楽天トラベルで2.0%などです。

楽天市場で10万円分を利用すると、楽天カード(3.0%)で3,000ポイント、オリコモール経由のオリコカード THE POINT(1.5%)で1,500ポイント貯まります。オリコポイントを楽天ポイントへ交換すると1,500ポイントとなり、楽天系のサービスをよく利用するなら、楽天カードの方がおすすめです。

一方で、Amazon.co.jpで10万円分を利用すると、楽天カード(1.0%)で1,000ポイント、オリコモール経由のオリコカード THE POINT(2%)で2,000ポイント貯まります。楽天系サービス以外のオンラインショップを幅広く利用するなら、オリコカード THE POINTの方がおすすめです。

高還元率を狙うなら?
  • 楽天系のサービスをよく利用される方は、楽天系のサービスの利用で還元率が2.0%以上になる楽天カードがおすすめ
  • Amazon.co.jpなど、楽天系以外のサービスをよく利用される方は、オリコカード THE POINTの方がおすすめ
楽天カード
楽天カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 年会費永年無料
  • 新規入会&利用でポイントがもらえる
  • 海外旅行でも安心・便利に使える
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 1.0%~20.0%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社

三井住友カードとオリコカード THE POINTのポイント還元率を比較

人気のクレジットカードである三井住友カードは、リーズナブルな年会費ながらも、充実した特典やサービスが付帯されたカードです。

通常の還元率は0.5%ですが、三井住友カードが運営する「ポイントUPモール」経由で買い物をすると還元率は1.0~10.0%となり、利用先によって三井住友カードの方が高くなる場合もあります。

Amazon.co.jpの場合、三井住友カードは自社のモール経由で還元率が1.0%。オリコカードTHE POINTでは、自社モール経由で2.0%になります。

総合通販をはじめ多くのショップでモール経由のオリコカード THE POINTの方が高還元ですが、一部では三井住友カードが高還元になります。

たとえば、ニッセンでは三井住友カードで3.5%、オリコカード THE POINTだと3.0%になります。ベルーナでは三井住友カードで4.5%、オリコカード THE POINTでは4.0%になります。

また、三井住友カードは、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドの利用でポイント5倍の還元率2.5%になります。コンビニや特定の通販サイトなどをよく利用する方は、三井住友カードの方が還元率が高くなっています。

高還元率を狙うなら?
  • さまざまな店舗やサイトで幅広く利用される方は、還元率が常に1.0%になるオリコカード THE POINTがおすすめ
  • 大手コンビニやマクドナルドをよく利用される方は、還元率が2.5%になる三井住友カードがおすすめ
三井住友カード
三井住友カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • インターネット入会で初年度年会費無料
  • 毎日のお買物でポイントが貯まる
  • カード紛失盗難の際も安心のサポートサービス
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,375円(税込) 0.5%~1.0%
電子マネー
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

マイル還元率を比較!JALカード・ANAカードよりも貯まる?

オリコカード THE POINTで貯まったポイントは、JALマイルANAマイルにも交換できます。マイルを貯めるなら、JALカードやANAカードの方が搭乗ボーナスマイルなどがあり、飛行機の利用が多い方には効率的です。ただし、マイル還元率をアップさせるための有料オプションサービスに加入する必要があります。

ここでは、ショッピングなど飛行機に乗る以外でマイルを貯める場合のマイル還元率について、オリコカード THE POINTと比較して検証していきます。

JALカードとオリコカード THE POINTのマイル還元率を比較

JALカードは、年会費を抑え、基本的なサービスが付帯されたカードです。マイルを貯めやすいカードとして人気があり、カード決済で直接マイルが貯まります。マイル還元率は、通常の利用で0.5%、JALカード特約店の利用で1.0%です。

オリコカード THE POINTは1,000ポイントで500JALマイルに交換できるため、通常の利用ならマイル還元率0.5%となり、JALカードと差はありません。

ただし、JALカードの場合、「ショッピングマイル・プレミアム」(年会費3,300円(税込))に入会すると、JALカード特約店以外でもマイル還元率が1.0%となり、JALカードの方が高還元率です。

JAL特約店であるイオンで10万円分の買い物をすると、JALカード(1.0%)で1,000マイル貯まります。オリコカード THE POINT(1.0%)で1,000ポイント貯まり、それをJALマイルへ交換すると500マイルになります。実店舗のJAL特約店では、JALカードの方がマイル還元率は高くなります。

また、JAL特約店のディノスオンラインショップで10万円分利用すると、JALカード(1.0%)で1,000マイル貯まります。オリコモール経由のオリコカード THE POINT(2.5%)で2,500ポイント貯まり、JALマイルへ交換すると1,250マイルとなりますので、オリコカード THE POINTの方が還元率が高いということになります。

JAL特約店の実店舗をよく利用する方や、「ショッピングマイル・プレミアム」に入会済みの方は、JALカードがおすすめです。

高還元率を狙うなら?
  • JALマイルを貯めたい方は「ショッピングマイル・プレミアム」に入会することで、マイル還元率が1.0%になるJALカードがおすすめ
  • ポイントを貯めた後に交換するマイルの種類を選びたい方は、オリコカード THE POINTがおすすめ
JALカード
JALカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • フライトでためるーボーナスマイルー
  • ホテルニッコー & JALシティの割引・特典おトクなご宿泊プランや特典を受けられます。
  • 国内空港店舗・ 空港免税店割引国内空港店舗や空港免税店で割引に。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円 0.5%~1%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジャルカード(株式会社JALカード)

ANAカードとオリコカード THE POINTのマイル還元率を比較

ANAカードは、年会費を抑え、基本的なサービスが付帯されたカードです。カード決済で直接マイルが貯まり、コースにより還元率が変わります。

5マイルコースでは、通常の利用でマイル還元率0.5%、10マイルコース(年間移行手数料6,600円)でマイル還元率1.0%です。オリコカード THE POINTは、1,000ポイントで600ANAマイルに交換できます。通常利用でマイル還元率0.6%のため、5マイルコースより高還元です。

ANAカードは、「ANAカードマイルプラス加盟店」で利用すると0.5%または1.0%加算されます。また、「ANAマイレージモール」経由で、0.33~1.0%加算されます。

ANAマイレージモール経由で楽天市場で10万円分利用すると、ANAカードは0.5%加算され、5マイルコース(1.0%)で1,000マイル、10マイルコース(1.5%)で1,500マイル貯まります。オリコモール経由のオリコカード THE POINT(2.0%)で2,000ポイント貯まり、マイルへ交換すると1,200マイルです。

また、ANAカードマイルプラス加盟店の大丸松坂屋の実店舗で10万円分利用すると、ANAカードは0.5%加算され、5マイルコース(1.0%)で1,000マイル、10マイルコース(1.5%)で1,500マイル貯まります。一方、オリコカード THE POINT(1.0%)で1,000ポイント貯まり、マイルへ交換すると600マイルです。

ANAカードマイルプラス加盟店の実店舗なら、ANAカードの方が高還元率です。また、ANAカードマイルプラス加盟店やANAマイレージモール経由であってもオンラインショップなら、オリコモール経由のオリコカード THE POINTの方が高還元率になることもあります。ただし、ANAカード10マイルコースの方が高くなる利用先もあります。

高還元率を狙うなら?
  • ANAマイルを貯めたい方は、「10マイルコース」を選ぶことで、マイル還元率が1.0%になるANAカードがおすすめ
  • ポイントを貯めた後に交換するマイルの種類を選びたい方は、オリコカード THE POINTがおすすめ
ANA カード 一般
ANA カード 一般の詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • 便利な電子マネー「iD」も標準搭載
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
WAON(ワオン)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

オリコカード THE POINTの還元率まとめ

オリコカード THE POINTは、通常の利用で1.0%、オリコモールを経由すると1.5%以上、最大16.5%の高還元率が可能です。

他のクレジットカードでは、発行元のグループ先や提携店など、利用先を選ぶことでオリコカード THE POINTよりも高還元率になるときがあります。

たとえば、楽天系サービスでは楽天カード、一部の通販サイトやマクドナルド・コンビニでは三井住友カードの方が高還元などです。

また、オリコカード THE POINTで貯まったポイントは、JALマイルとANAマイルに交換できます。飛行機に乗る以外でマイルを貯める場合、JALカード・ANAカードに比べると、オンラインショップでは、オリコモールを経由したオリコカード THE POINTの方がおおむね高還元率です。

しかし、JALカード・ANAカードの特約店の実店舗では、オリコカード THE POINTの方が低くなります。

オンラインショップで、利用先を限定せずに幅広く利用する方は、オリコカード THE POINTがおすすめです。もし、特定の店舗でさらに高還元率を狙いたい方は、他のカードをつくって、その都度使い分けるとよいでしょう。

子育てが落ち着き、2016年から自宅にてWebライター業を開始。得意ジャンルは、クレジットカード・料理・育児・教育・家電など。わかりやすい文章を心がけながら、自身のスキルアップのために邁進中です。クレジットカードは「オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD」を愛用し、搭載済みの電子マネーもフル活用しながらポイントをザクザク貯める日々。サブカードを複数枚保有し、お得に使い分けています。現金をほとんど持ち歩かないため、突然の出費が悩みのタネ。

鈴木 かよこの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事