更新日:

JRに乗るならクレジットカード一体型ICカードを使わないと損!おすすめカード特集

JRに乗るならクレジットカード一体型ICカードを使わないと損!おすすめカード特集

JRを利用するとき、いちいちきっぷを購入するのは面倒ですよね。その猥雑さを解消するためにSuicaなどの交通系ICカードはあります。しかし、どうせ作るのであれば、クレジットカード一体型ICカードがおすすめです。

なぜならクレジットカード一体型ICカードは、ICカードの優待特典だけでなく、クレジットカード会員の優待特典も利用できるためです。

この記事では、JR東日本利用者向けにおすすめなクレジットカード一体型ICカードを紹介していきます。「よりお得にJRに乗りたい!」という方はぜひ参考にしてください。

JRでお得なクレジットカード・8選

JRをよりお得に利用できるクレジットカードはこちらの8つです。

クレジットカード名 主な特長
「ビュー・スイカ」カード ・年会費が安い
・駅ビルのポイント還元率が高い
ルミネカード ルミネ系列店でのお買いものがお得
ビックカメラSuicaカード ・年会費が実質無料
・ポイント還元率が高い
JREカード ・JRE POINTが貯めやすい
・駅ビルのポイント還元率が高い
大人の休日倶楽部ミドルカード JR東日本とJR北海道の路線がお得に利用できる
イオンSuicaカード イオンカード会員特典が利用できる
ANA VISA Suicaカード ANAマイルが貯めやすい
JALカードSuica JALマイルが貯めやすい

どのクレジットカードもそれぞれお得なポイントは異なりますので、詳細をひとつずつチェックしていきましょう。

①「ビュー・スイカ」カード|年会費が安く機能もシンプル

「ビュー・スイカ」カード
「ビュー・スイカ」カードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 普段の電車利用が便利!オートチャージ機能
  • Suica定期券機能付き!しかも、定期券購入でポイントが通常の3倍貯まる!
  • 国内・海外旅行傷害保険付き!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
524円(税込) 524円(税込) 0.5 〜 1.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

「ビュー・スイカ」カードは、東日本JR向けクレジットカードの定番中の定番といったカードです。

Suicaのオートチャージサービスが利用できるほか、チャージ時やきっぷ、回数券、定期券購入時に1.5%のポイント還元が受けられます。

また、JRE CARD優待店ではポイント還元率が3.0%、加盟店では1.0%のポイント優待を受けられます。駅ビルをよく利用する人ほどメリットの大きいクレジットカードといえるでしょう。

なお、「ビュー・スイカ」カードには通常のカードのほか、リボ専用カードゴールドカードもあります。リボ専用カードは年会費が無料の特典付き。ゴールドカードは年会費が11,000円(税込)と高い代わりに、東京駅構内の「ビューゴールドラウンジ」を利用できるほか、ゴールド会員限定のイベントへの招待など、プレミアムな特典付きとなっています。

40代 / 男性 / 会社員 / 年収400〜600万円未満

ビュー・スイカカードとモバイルSuicaの組み合わせは、東京のみならず全国で役に立つ最強コンビだと思います。このカードをフル活用するためには、他の電子マネーなど極力使わず、とことんSuicaで決済をするのが大事です。

「ビュー・スイカ」カードについて、さらに詳しく知りたい方は下記の記事もご覧ください。

ビュー・スイカカードのメリット・デメリットを徹底解説!JR利用者は持って損なし!

②ルミネカード|ルミネやNEWoManでのお買いものがお得

ルミネカード
ルミネカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 新規ご入会 & Web明細ポイントサービス設定でJRE POINT 500ポイントをプレゼント
  • ルミネのネット通販「アイルミネ」も、いつでも5%OFF!
  • 国内・海外旅行傷害保険付き!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 1,048円(税込) 0.5 〜 3.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ルミネカードもまたJR東日本グループのクレジットカードです。そのため、Suicaのオートチャージができるほか、きっぷ、回数券、定期券の購入時に1.5%のポイント還元率となっています。

また、その名前のとおりショッピングセンターで有名な株式会社ルミネの系列店をよく利用する方向けの特典が豊富です。

ルミネやNEWoManのほか、ネット通販サイトのアイルミネにてルミネカードでお買いものした場合には、常に料金が5%OFF!また、ルミネカード会員向けに年に約4回の10%OFFキャンペーンもおこなわれています

そのほかにも、年間利用額に応じてルミネ商品券がプレゼントされたり、貯めたJRE POINTをルミネ商品券に交換できたりなどもあります。ルミネ系列店をよく利用する方におすすめしたいサービスが盛りだくさんのクレジットカードです。

③ビックカメラSuicaカード|通常還元率も高い

ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 前年1回のクレジット利用で年会費無料
  • ビックカメラでのお買い物が基本10%ビックポイントサービス!
  • ビックカメラ・コジマ・ソフマップ以外のお買い物でも、実質1%相当のポイント還元!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 524円(税込) 1 〜 11.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

ビックカメラSuicaカードもJR東日本グループのクレジットカードのため、オートチャージ機能やJR利用時のポイント還元率がお得になっています。

初年度の年会費は無料。さらには、年1回以上の利用で翌年以降も無料になります。ビックカメラをそこまで利用しない方でも持っておいて損はありません。

なおかつビックカメラSuicaカードは、JRE POINTとビックポイントの両方を貯められます。つまり、普段のお買いものでもポイント還元率は常時1.0%(JRE POINT0.5%+ビックポイント0.5%)。

しかも、Suicaで支払うことで10.0%のビックポイントがつきます。Suicaチャージ時に1.5%のJREポイントもつくため、ビックカメラでのお買いものなら実質11.5%の高還元率になるのです。

④JREカード|JREポイントが貯めやすい

JREカードは2018年7月に登場した比較的新しいクレジットカード。JR東日本グループのJRE POINTが貯めやすいカードです。

チャージ時やきっぷ、回数券、定期券購入時のポイント還元率が1.5%というのはほかのクレジットカードと変わりません。

しかし、JRE CARD優待店だと3.5%、加盟店だと1.5%「スイカ・ビュー」カードを上回る還元率となっています。

また、初年度の年会費も無料となっているため、「とりあえずクレジットカード一体型ICカードを試してみたい」という方に最適でしょう。

⑤大人の休日倶楽部ミドルカード|JR旅行が好きな50歳以上におすすめ

大人の休日倶楽部ミドルカード
大人の休日倶楽部ミドルカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 初年度は年会費無料!
  • JR東日本線・JR北海道線のきっぷが何回でも5%割引!
  • 年1回の家族旅行で、2年目以降の年会費2,624円(税込)以上の割引がうけられます!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,624円(税込) 1 〜 1.5%
電子マネー
Suica(スイカ)
PASMO(パスモ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ビューカード

「大人の休日倶楽部ミドルカード」は、男性は満50歳以上64歳まで、女性は満50歳以上59歳までを対象としたJR東日本グループのクレジットカードです。

大人の休日倶楽部ミドルカードの特典は、普段遣いではなく、旅行での利用向けな内容となっています。

まず、JR東日本線・JR北海道線のきっぷを常に5%OFFで購入可能。こちらの特典を利用するためには、往復201km以上という条件があるため、まさしく旅行のための割引ですね。

また、びゅう国内旅行商品は同行者も全員5%OFF。カード会員以外もお得というメリットがあります。

そのほかにも大人の休日倶楽部パスが購入でき、パス期間内は特別価格でJRに乗り放題といった特典など、お得に旅行できるさまざまなサービスを利用できます。

⑥イオンSuicaカード|イオングループの特典が豊富

イオンSuicaカード
イオンSuicaカードの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • たまったときめきポイントをSuicaにチャージできる
  • イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
  • 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は お買い物代金が5%OFF
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 無料 0.5%~1.0%
電子マネー
Suica(スイカ)
ID(アイディ)
WAON(ワオン)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社イオン銀行

イオンSuicaカードはイオンカードとSuicaカードがセットになったクレジットカードです。

JR東日本グループのクレジットカードではないため、Suicaのオートチャージは可能ですが、チャージやきっぷ購入時のポイント還元率アップ特典はありません。

その代わりにイオンSuicaカードでは、以下のイオンカード会員特典をすべて利用できます。

イオンカード会員特典一覧
  • イオングループ対象店舗のポイント還元率1.0%
  • 毎月10日のときめきWポイントデーはときめきポイント2倍
  • 毎月20・30日のお客様感謝デーは5%OFF
  • 55歳以上なら毎月15日のG.G感謝デーも5%OFF

イオンSuicaカードは、このような特典を利用したい方におすすめのクレジットカード一体型ICカードです。

⑦ANA VISA Suicaカード|ANAマイルが貯めやすい

ANA VISA Suicaカード
ANA VISA Suicaカードの詳細
VISA MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 入会時・毎年のカード継続時にボーナスマイルをプレゼント
  • 国内旅行海外旅行ショッピング保険など充実!
  • Suicaが付いて電車に乗るのがラクラク!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANA VISA Suicaカードは、ANAカードとSuicaカードがセットになったクレジットカードです。

VISAから表彰を受けているほどのセキュリティを誇る三井住友カード発行のため、ステータス性と安心感の高さが特長です。

ANA VISA Suicaカードでは、たびたびボーナスマイルをもらえるため、ANAマイルでの旅行を考えている方におすすめのクレジットカードといえるでしょう。

なお年会費は2,200円(税込)とやや高めですが、Web明細への変更で500円OFFされます。さらには継続ボーナスマイルとして、毎年1,000マイルがプレゼント。

1,000マイルは最低でも2,000円程度の価値はあるため、年会費のデメリットは少なく感じられるでしょう。

⑧JALカードSuica|JALマイルが貯めやすい

JALカードSuica
JALカードSuica
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • マイルとJRE POINTを効率的に貯められる
  • 国内・海外旅行傷害保険付き
  • 普段の電車利用が便利!オートチャージ機能で、もう改札では止められません
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
無料 2,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
Suica(スイカ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

ANAと同じく空港会社のクレジットカードですが、JALカードSuicaはJR東日本グループのカードです。

そのため、Suicaのオートチャージができるほか、チャージやきっぷ購入時にはポイント還元率が1.5%と通常よりもアップします。

また、JALカードSuicaは、JRや駅ビルの利用ではJRE POINTが、フライトと普段のお買いものではJALマイルが貯まります。

貯めたマイルは航空券に交換するほか、Suicaチャージにも利用できるため、マイルの有効期限が近づいても無駄なく利用できるでしょう。

JRにクレジットカードなどを使ってお得に乗車する方法

毎日のようにJRに乗車し通学、通勤をしている方はもちろん、新幹線で出張や旅行に出かけるという方も要チェックしてください。

これから紹介する方法を使えば、とてもお得にJRを利用できます。

JRに乗るときはSuicaでポイント還元!(JR東日本)

JR東日本を対象とした「鉄道利用で貯まるJRE POINTサービス」が、2019年から始まりました。

このサービスにより、なんとSuicaでJR東日本の在来線に乗車した場合、最大2%のポイントが還元されるようになったのです。

こちらのサービスを利用するためには、乗車前に会員登録が必要となっているため、以下の登録手順もご確認ください。

JRE POINT WEBサイトで登録を済ませよう

サービスを受けるためには「JRE POINT WEBサイト」の会員登録が必要です。手元にSuicaカードを用意し、公式サイトから新規登録を進めてください。

このときに必要なのはメールアドレスとパスワードのみです。これらを入力して登録を進めると、仮登録が完了。入力したアドレス宛にURL記載のメールが届くため、そのURLから本登録に進んでください。

あとは、JRE POINT WEBサイトの会員ページへとログインし、画面の指示どおりに情報の入力を済ませれば本登録も完了です。

5~10分もあれば登録は終わるので、ぜひ隙間時間に済ませてしまいましょう。

サイトに登録済のSuicaやJRE CARDは駅ビルでの還元率アップ!

JRE POINT WEBサイトに登録したSuicaは駅ビルの対象店舗でJRE POINTが2%還元されます。また、そのなかでも特別にJRE CARDだけは5.5%還元と大幅なアップ!

2020年6月30日(火)までの期間限定キャンペーンですが、とてもお得なのでぜひ見逃さずにご利用ください。

新幹線は「エクスプレス予約」を利用!(JR東海)

新幹線のなかでもJR東海を利用するのであれば、ぜひエクスプレス予約を利用してみてください。年会費1,100円(税込)がかかりますが、1年中いつでも会員特別価格で新幹線を利用できます。

入会するためには、「JR東海エクスプレス・カード」を新たに発行するほか、すでに持っているクレジットカードにサービスをプラスすることも可能です。

エクスプレス予約サービスをプラスできるクレジットカードの種類は、以下を確認してください。

追加可能カード一覧
  • JCBとその提携会社が発行しているクレジットカードで番号が「354」から始まるカード
  • 三井住友カードが発行するクレジットカード
  • イオン銀行が発行するクレジットカード
  • 三菱UFJニコスとその提携会社が発行しているクレジットカード
  • トヨタファイナンスが発行するクレジットカード
  • アメックスが発行するクレジットカード
  • セディナが発行するクレジットカード
  • 三井住友トラストクラブが発行するクレジットカード

クレジットカードでお得かつスマートにJRを乗りこなそう!

クレジットカード一体型ICカードはオートチャージ機能によりスマートにJRを乗りこなせるのが目立ったメリットです。しかし、同じクレジットカード一体型ICカードであっても、そのほかの特典はそれぞれ異なります。

ぜひ自分にぴったりのカードを選び、JRの利用だけにとどまらないお得さを体感してください。

ライター歴8年、編集歴3年。クレジットカードやローンなど金融関係を筆頭に、エンタメや美容などさまざまなジャンルで活動中。クレジットカードは、メインカードとして楽天カードを保有。そのほかに普段の買い出し用にイオンゴールドカードや、家電量販店用に100満ボルトカードなどサブカードも複数保有。普段の買いものはほぼすべてクレジットカードにし、貯まったポイントを本やゲームなど趣味に使うのがルーティンとなっている。

たけなわアヤコの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事