更新日:

ダイナースの家族カードで得られる5つの魅力や注意点を徹底解説!

ダイナースの家族カードで得られる5つの魅力や注意点を徹底解説!

「ダイナースクラブカードの家族カードを作るとどんなメリットがあるのだろう?」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

世界的にも有名なダイナースクラブカードですが、家族カードでも充実のサービスや特典を利用することができます。

そのサービスで家族みんなで今より彩り豊かな生活を送れたら、素敵ですよね。

今回はそんなダイナースの家族カードの魅力に迫っていきたいと思います!

ダイナースクラブカード
ダイナースクラブカードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ
おすすめポイント
  • 利用限度額に一律の制限なし!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジが無料!
  • 最高1億円の旅行保険が付いているから安心!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
24,200円(税込) 24,200円(税込) 0.5 〜 1%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
SMART ICOCA
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ダイナースの家族カードの基本情報

クレジットカードを申込む際に、一番気になるのは年会費などの条件ですよね。

家族カードの特徴を紹介する前に、ダイナースクラブカードと家族カードの基本的な条件を比較してみましょう。

カード名 家族カード 本会員カード
年会費(税込)
5,500円
24,200円
申込み資格 18歳以上(本会員の配偶者の方、ご両親、18歳以上のお子様) 27歳以上
ポイント 100円につき1ポイント 100円につき1ポイント
ETCカード発行手数料 無料 無料

ポイントの還元率やETCカード発行手数料は本会員と変わりません。

また本会員が27歳以上であることを条件にしている一方で、家族カードは審査を通過した本会員の配偶者、両親、もしくは18歳以上の子どもという条件さえ満たせば作ることができます。

したがって、収入がない配偶者やお子さんにも持たせることができます。


ただし、本会員と家族カードが無料で申込めるクレジットカードが多い中で、家族カードの年会費が5,500円(税込)というのは高額に感じます。

その金額を払うだけの対価があるのか、気になる方もいると思います。

実はダイナースの家族カードには魅力的な5つの特徴があるんです。

ダイナース家族カードの5つの魅力

それでは早速、ダイナース家族カードの5つの魅力をご紹介します。

これを抑えておけば、年会費5,500円(税込)の家族カードを存分に使いこなすことができます。

①家族カードにも最高1億円の保険が付帯

クレジットカードについている傷害保険って金額が少ないからあまり役に立たない…と思っている方に嬉しい特徴がこちら。

ダイナースクラブカードの家族カードでは、以下の付帯保険を利用することができ、最高で1億円の付帯保険が利用できます。

家族カードで利用できる付帯保険

  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピング・リカバリー

では、最も高額なサポートである海外旅行傷害保険から順に補償内容の詳細を確認してみましょう!

海外旅行傷害保険
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 300万円

アメックスなど、ダイナース以外にも付帯保険として1億円が補償されるクレジットカードはやありますが、家族カードの会員も本会員と同額が補償されているというのは、まれです。

家族で旅行をするときも、家族会員であればこの補償があるので、あらためて傷害保険に加入する必要がないのはとても楽ですよね。

そしてダイナースでは、海外旅行だけでなく国内旅行の付帯保険も用意されています。

そして家族カードでは以下の表のとおり、飛行機や列車などの交通機関や宿泊ホテル・旅館内での事故に対して海外旅行傷害保険と同額の最大1億円の補償を利用することができます!

国内旅行傷害保険
死亡・後遺傷害 最高1億円
入院 日額5,000円
手術 入院中:50,000円
入院中以外:25,000円
通院 日額3,000円

「国内旅行はリスクが比較的少ないから保険には入らないでいいや」という話をたまに耳にしますが、万が一の場合にもこの保険があれば家族旅行も安心ですよね。

そして最後にご紹介するのがショッピング・リカバリーです。

ダイナースクラブカードを通して購入したが壊れたり盗まれたりしたとき、年間で500万円まで補償をしてくれるサービスです。

友人にあげたプレゼントや海外で購入したお土産が偶然の事故によって被害にあった場合にも、この補償があることで安心してショッピングすることができるのではないでしょうか。

②ハイレベルなグルメサービスを家族カードでも利用できる!

「せっかくダイナースで家族カードを持つなら、数多くのグルメサービスを使って食事をしたい!」

そんな方へおすすめするのが、こちらの4つのサービスです。

おすすめのグルメサービス

  • エグゼクティブダイニング
  • ごほうび予約
  • Wishダイニング
  • スムーズダイニング

それでは4つのサービスの内容を順にご紹介します。

エグゼクティブダイニング

エグゼクティブダイニングは、2名以上の利用で1名分のコース料金が無料になるというもの。6名以上のグループで利用すると2名分が無料になります。

対象となるレストランでは1万円以上のコース料理が多く、年に1度エグゼクティブダイニングを利用するだけで年会費の元が取れるため絶対に利用したいサービスです!

いつものお食事より少しだけ贅沢な気分を味わうことができるので、ご家族でのお祝い事や、歓送迎会で利用するのもいいですね。

「みんなで楽しむ食事より、自分の息抜きに使えるサービスの方がいい」という時もありますよね。そんなときは次の「ごほうび予約」がおすすめです。

ごほうび予約

ごほうび予約はおひとり様向けのレストラン予約サービスです。いつも頑張っている自分へのご褒美として、素敵なレストランでプロの料理を堪能することができます。

一人でコース料理を食べにいくことはハードルが高く感じますが、このサービスを利用すればおいしい料理とお酒をゆっくり楽しめる至福の時間を過ごすことができますね。

さらに現在はテイクアウトにも対応しており、自宅で安心してプロの料理を満喫することも可能です。

ライフスタイルに合わせて利用できることは、この時代では非常に嬉しいですよね。

Wishダイニング

「有名レストランは何か月も先まで予約が埋まっていて、いきたくてもいけない…」という経験がある方におすすめしたいのが「Wishダイニング」です(※)。

なんと、予約が取りにくいお店の席をあらかじめ確保してくれるサービスなんです!

ダイナースが事前に確保した限られた席数を提供しているため、受け付けは先着順と競争率は高いですが、気になっていたお店でお食事をするチャンスです。

(※)Wishダイニングは2021年3月31日に終了予定です

スムーズダイニング

最後にご紹介するのが、スムーズダイニング(※)。

「ビジネスの場面や大切な人へ贈る食事は、スマートに支払いを終えたい」とお考えの方にぜひ利用していただきたいサービスです。

スムーズダイニングという名の通り、事前にウェブで予約を確定すると当日クレジットカードを提示することなくスムーズに支払いを済ませることができます。

取引先との会食や接待というシーンでも、双方が気持ちよく食事を終えることができますよね。

また、その場にいなくても支払いをすることが可能なため、お祝い事でお食事をプレゼントするときにもおすすめです。

以上がおすすめのグルメサービスとなります。特別な日に利用したいものが多く、日々を鮮やかに彩ってくれる魅力的なサービスにあふれています。

(※)スムーズダイニングは2021年3月31日に終了予定です

③家族カードでもダイナースの空港ラウンジが無料で使える

ダイナースの優待は、旅行で使えるものがたくさん用意されています。その中でも特にご紹介したいのがこちら。

旅行で移動するとき、念のため空港に早めに到着したもののやることがなく暇な時間を過ごしたという経験、ありますよね。ゆっくりくつろげる場所があれば、そんな時間も有意義なものになります。

なんとダイナースでは、本会員以外にも家族カードをもっていれば国内外に1,000か所以上ある空港ラウンジを無料で使うことができるんです。

海外のラウンジのみ無料で利用できるのは年間10回までという制限はあるものの、会員でない場合には同伴者料金が発生することを考えるとかなりお得ではないでしょうか。

④トラベル特典

また、国内外のラウンジ以外にも旅行の際に利用できるサービスが用意されています。

旅行には何かと不安がつきものですよね。少しでも不安な点を取り除き、快適な旅行を楽しみましょう。

トラベル特典

  • パッケージツアーが最大5%割引
  • 海外航空券情報の提供
  • 国内外の厳選されたホテルでも宿泊優待やサービス
  • グローバルWiFi優待
  • 空港送迎タクシー・サービス(※)
  • 手荷物宅配サービス

パッケージツアーの割引きや空港送迎、手荷物の宅配サービスなど、計画段階のサポートから旅行後の疲れを配慮するものまで、ぜひ利用したい優待が盛りだくさんです。

また今はインターネットが欠かせない時代なので、WiFiのレンタルが通常よりもお得にできるのは嬉しいポイントですね。旅行先で地図を確認したり、SNSに写真を投稿することも可能になります。

ただし現在は新型コロナウイルスの影響もあり、空港送迎など一部サービスは中止となっているのでご注意ください。

(※)空港送迎タクシー・サービスは2021年3月31日でサービス終了予定です

⑤家族カードでもダイナースのイベントへの参加権がある

優待のイベントなんて大したことない、つまらないと思い込んではいませんか?

ダイナースは単なる食事のサービスにとどまらず、多くのイベントを開催しており、家族カードの会員も参加する権利があります。

イベントといっても、さまざまな内容で会員が楽しめるよう工夫がされています。

例えば過去には初日の出フライトや、紹介制のレストランにて、素敵な食事とともに世界的に有名なワイナリーで製造されたワインを味わうイベントなどがありました。

特別なディナーイベントや希少価値が高いワインを飲めるイベントが多く、美食家の方にとってはこの上ない体験になるのではないでしょうか。

他にも、毎年レストランウィークというイベントが開催され、特設サイトには会員のスタイルに合った名店を知るきっかけになるだけではなく、お得に食事をすることができます。

ただし、現在は新型コロナウイルスの影響で中止や延期となっているものも多いので、今後も情報を確認する必要がありそうです。

本記事で紹介した以外にも限定の優待サービスがあるので、気になる方は公式ホームページをチェックしてみてください。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細
年会費 : 24,200円(税込)
ポイント還元率 : 0.5 〜 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

ここまで、5つの魅力について紹介してきましたが、家族カードの作成前に確認しておくべき注意点もあります。

申込み前に下記を確認しておきましょう。

ダイナースの家族カードを利用する際の注意点

クレジットカードの申込みは誰でも慎重になるもの。もちろんメリットだけでなく注意点も知りたいですよね。

納得して家族カードを作成するために、以下の3点をご確認ください。

家族カードの注意点
  • 本会員と家族会員は利用限度額を共有している
  • 家族カードでの利用額は、本会員口座から一括引き落とされる
  • 家族カードのポイントは本会員へ集約される

上記の3点を見てわかるとおり、すべて「本会員と家族会員で共有している」という認識をもっておく必要があります。

「本会員と家族会員は利用限度額を共有している」ため、本会員だけで限度額を満たしてしまった場合はほかの家族会員は締め日を過ぎるまで利用することができません。

もちろん逆の場合でも同じことになります。

ダイナースの利用限度額は一律ではないので、限度額を確認してから利用することをおすすめします。

そして次に、家族会員が利用した金額も本会員の口座からまとめて引き落とされます。

それぞれの口座に分けて引き落とすことができないため、場合によって家族で話し合う必要があるかもしれません。

最後に、家族カードで付与されるポイントも、本会員のもとに集約されることを覚えておきましょう。

獲得したポイントを自分一人で使いたい方という方にとってはデメリットですが、一方でポイントが早くたまり家電などに交換しやすいという点はメリットにもなります。

以上の注意点をふまえて、家族カードを検討してみてはいかがでしょうか。

ダイナース家族カードの申込方法は2種類

ダイナースの家族カードを申込む方法は、ウェブからのオンライン申込みと郵送申込みの2つあります。

それぞれの申込方法について解説します。

①オンライン申込み

早く家族カードを作りたいのであれば、オンライン申込みがおすすめです。

作成手順

  1. 会員ページ(クラブ・オンライン)で[追加カード・各種お申込]を選択
  2. 次に[家族会員入会申込書]を選択
  3. 画面にしたがって必要事項を入力
  4. インターネットで申込むを選択

オンライン申込みはダイナースクラブの会員サイト、クラブ・オンラインにておこないます。

もし、会員サイトに登録していない場合は、登録を済ませておきましょう。

クラブ・オンラインにログインし、上記の手順で進めていけば家族カードの申込みは完了します。

特に郵送物なども必要ないため、簡単な手続きだけで済みます。

②郵送申込み

郵送で申込む場合は、ダイナースクラブのHPから「入会申込書」をダウンロードするところからはじまります。

いくつか手順を踏む必要があるので、詳しく説明します。

作成手順

  1. 申込書をダウンロード
  2. 申込書を印刷
  3. 必要事項を記入
  4. 申込書送付用封筒を用意し申込書を郵送

まずはじめにダイナースクラブカードのHPからPDFの申込書をダウンロードし、印刷します。

その後、必要事項を入力し、最後に申込書送付用封筒を用意します。なお、封筒は必ず定形封筒にしてください。

印刷した申込書の中には、返信用の宛名ラベルがあるので、それを用意した定形封筒に貼り付けます。

ここまで完了したらあとは投函すれば完了となります。

切手代に関しては宛名ラベルがあるので不要ですが、このように準備するものが多いので時間がかかります。

また、申込書に不備があった場合は、再度手続きが必要となるため、この点にも注意しましょう。

ダイナースの家族カードまとめ

本記事では、ダイナースの家族カードについてご紹介してきました。

ハイステータスカードとして有名なダイナースクラブカード。

家族カードでも、本会員と同様の充実したサービスや特典が利用できるということで、年会費以上のメリットがあることがわかったかと思います。

家族での旅行や食事、お祝い事をより素敵なものにし、みんなで少し豊かな生活を送るきっかけとして、ダイナースの家族カードを利用してみてはいかがでしょうか。

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの詳細
年会費 : 24,200円(税込)
ポイント還元率 : 0.5 〜 1%
【PR】Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ株式会社)

2008年青山学院大学国際政治経済学部卒。在学時にファイナンシャルプランナー(FP)の資格を取得。 2012年に株式会社サイバーエージェントに入社し、Ameba事業部にて編集に従事。 2018年8月にCyberOwlへ異動し、マネ会の編集長就任。FPの知識を活かして、クレジットカード、カードローン、キャッシュレスの記事作成に携わる。難しいことをわかりやすく伝えるがモットー。 ラグジュアリーカード<Titanium Card>とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードをメインに、アメックスゴールドやJCBゴールド、楽天カードなど10枚以上のクレジットカードを保有。

元吉 裕俊の執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事