更新日:

PayPay(ペイペイ)の3つの上限金額を解説! 上限をアップする方法も紹介

PayPay(ペイペイ)の3つの上限金額を解説! 上限をアップする方法も紹介

PayPayには、支払い、送金、チャージでそれぞれ上限金額が設定されています。

上限金額をこえてPayPayを使おうとしても「現在ご利用を制限しております」と表示が出て、操作が完了しません。

PayPayを便利に使おうと思うと、上限金額は高いにこしたことはありません。そこで今回、PayPayの上限金額の詳細や上限をアップする方法などについて、詳しく紹介していきます。

よりPayPayが使いやすくなり、さらにお得に使える可能性も出てくるので、ぜひじっくりとお読みになってください。

PayPay(ペイペイ)は使い方によって最大2.5%ポイント還元に!メリット・デメリットも紹介!

PayPay(ペイペイ)の支払い・チャージ・送金時の上限金額

キャッシュレス決済のイメージ画像

PayPayの上限金額には、以下3つのシチュエーションごとに分けて設定されています。

PayPayの3つの上限金額

  • 支払い時
  • チャージ時
  • 送金時

上記3つの上限金額を一度しっかり理解しておけば、PayPayの利用時に戸惑うシーンが少なくなるので、じっくりと確認してください。

①支払い時

PayPayには支払い時の上限金額が設けられています。

支払い時の上限金額は、ひもづいている決済手段によって変わり、具体的な決済手段と上限金額との関係は、以下の表のとおりです。

支払い時のPayPay上限金額
支払い方法 過去24時間 過去30日間
PayPay残高 50万円 200万円
本人認証未設定クレジットカード 5千円 5千円
本人認証済みクレジットカード 2万円 5万円
本認証済みクレジットカード+青いバッジ 25万円 25万円

なお、上の表にある「青いバッジ」の詳細については、後述します。

ここでは、青いバッジがついていると、上限金額がアップするといったん理解しておいてください。

②チャージ時

PayPay残高にチャージする際にも上限金額が設けられています。

チャージ時の上限金額は方法によって条件がいろいろと異なり、1つの表にはまとめられないので、まずPayPayのチャージ方法の種類をご紹介しましょう。

具体的なチャージ方法は、以下の7つです。

7つのPayPayへのチャージ方法

  • 本人認証済みヤフーカード・PayPayカード
  • 本人認証済みヤフーカード・PayPayカード+青いバッジ
  • 銀行口座
  • ヤフオク!の売上金
  • セブン銀行ATM
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • ワイモバイルまとめて支払い

上記チャージ方法のうち、上から4つまでの上限金額は、以下の表のとおりです。

チャージ時のPayPay上限金額
チャージ方法 過去24時間 過去30日間
本人認証済みヤフーカード・PayPayカード 2万円 5万円
本人認証済みヤフーカード・PayPayカード+青いバッジ 25万円 25万円
銀行口座 50万円 200万円
ヤフオク!の売上金 50万円 200万円

なお、上の表のヤフーカードは、Yahoo! JAPANカードの愛称です。

そして、残り3つのチャージ方法のうち、セブン銀行ATMでチャージする場合の上限金額は、100万円まで。1回あたりのチャージ上限金額は50万円となっています。

ソフトバンクまとめて支払いとワイモバイルまとめて支払いのチャージ上限金額は、年齢によって異なります。ソフトバンクを例にとると12歳未満で月2,000円、20歳未満で月2万円、20歳以上10万円です。

PayPay(ペイペイ)のチャージ方法総まとめ! チャージの7つの方法を徹底解説

③送金時

PayPayには、チャージした金額を別のPayPayユーザーに送金できる機能がありますが、送金にも上限金額が設定されています。具体的には、以下の表のとおりです。

送金時の上限金額
過去24時間 過去30日間
10万円 50万円

ちなみに送金できるのは、PayPay残高のうちのPayPayマネーPayPayマネーライトのみです。

PayPayボーナスとPayPayボーナスライトはそもそも送金できませんので、ご注意ください。

PayPay(ペイペイ)マネーライトやボーナスライトの違いを解説!PayPay残高の変更点の最新情報も

PayPay(ペイペイ)の上限金額を上げる方法

PayPayの上限金額を上げる方法についても紹介していきましょう。

具体的な上限金額を上げる方法としては、本人認証と青バッジの獲得を獲得する方法の2つがあります。それぞれ詳しく紹介していくので、参考にしてください。

①本人認証

PayPayの決済手段にクレジットカードを使っている場合は、本人認証サービス(3Dセキュア)を利用すれば、上限金額をアップできます。

アップできる具体的な上限金額は、以下の表のとおりです。

本人認証による上限金額アップ
過去24時間 過去30日間
本人認証前 5千円 5千円
本人認証後 2万円 5万円

なお、本人承認をしたい場合は、以下の5ステップでおこなえます。

本人認証する5つのステップ

  1. ホーム画面の「支払い管理」をタップ
  2. 本人認証したいクレジットカードを選択
  3. 「利用上限金額を増額する」を選択
  4. 「本人認証(3Dセキュア)を設定する」を選択
  5. 移動先のページで必要項目を入力
PayPay(ペイペイ)で本人認証サービス(3Dセキュア)の利用はするべき!メリットや登録方法などを紹介

なお、PayPayカード(旧Yahoo!Japanカード含む)会員向けのPayPayあと払いを利用中で本人確認が未完了の場合、本人確認(eKYC)を行うことで、最大50万円(過去24時間)まで引き上げることができます。

②青いバッジをつける

PayPayアプリの表示名の横に青いバッジが表示されると、以下の表のとおり、上限金額がアップされます。

青いバッジによる上限金額アップ
過去24時間 過去30日間
本人認証のみ 2万円 5万円
本人認証+青いバッジ 5万円 25万円

ただし、青いバッジがつく詳細な条件は明確にされていません。

公式アナウンスでは、登録内容や利用状況しだいで、青いバッジがついたり消えたりするとのことなので、誠実にPayPayを利用するのが重要でしょう。

PayPay(ペイペイ)の青いバッジとは?表示の条件や上限金額について詳しく解説します!

PayPay(ペイペイ)のポイント還元にも上限あり

PayPayには支払い時や送金時の上限のほかに、ポイント還元にも上限が設定されています。

お得なキャンペーンによる還元も開催されており、キャンペーンによるポイント還元は、通常のポイント付与上限と別枠になっています。

2019年10月1日に開催された「まちかどPayPay」では、1度の付与上限が1,000円、1ヶ月の付与上限で25,000円でした。

引き続きキャンペーンの開催情報をこまめにチェックしていれば、お得にPayPayを使っていけるでしょう。

ちなみに、還元率や付与上限はキャンペーンによって異なり、PayPayアプリの「おトク」アイコンから確認可能です。

PayPay(ペイペイ)の上限のまとめ

今回はPayPayに設けられている3つの上限金額について、詳しく紹介しましたが、理解は深まったでしょうか?

PayPayにひもづいているのが本人認証前のクレジットカードの場合などは、上限金額が5,000円なので、不便に感じる場合もあるでしょう。

しかし、クレジットカードの本人認証による上限金額アップは簡単にできますし、青いバッジがつけばさらに上限をアップできます。

そして、よりPayPayを使いやすく、お得に使いやすくするには、やはり上限が高いにこしたことはありません。ぜひ今回の情報をきっかけに、上限を上げてください。

お得にPayPayポイントが貯まる「PayPayカード」の利用もおすすめです。PayPay決済をよくする方やクレジットカードを検討する方は、PayPayカードの利用も検討してはいかがでしょうか。

PayPayカード
PayPayカードの詳細
Visa Mastercard® アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • PayPayカード利用で1%付与
  • Yahoo!ショッピングなら3%付与
  • 年会費永年無料
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1%
電子マネー
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by PayPayカード株式会社

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。

関連記事