更新日:

エポスカードのログイン方法は?会員サイト・エポスネットの便利な機能も解説!

エポスカードのログイン方法は?会員サイト・エポスネットの便利な機能も解説!

エポスカードは年会費無料でありながら海外旅行傷害保険を付帯するほか、マルイをはじめ全国約1万店舗で優待を受けられるなど、特典いっぱいのクレジットカード。若い世代を中心に支持を集める1枚で、エポスカードでクレジットカードデビューをした人も多いでしょう。

そんなエポスカードにはエポスネットと呼ばれる会員専用のサイトがあるのをご存じでしょうか。エポスカード会員にとって大変便利なサイトですが、ログイン方法などがわからないために「なんとなく利用していない」というもったいないケースも少なくないようです。

そこで、エポスカードの会員サイト・エポスネットについて、ログイン方法やメリットなどをマネ会がわかりやすく解説します。

エポスカードのログイン方法!会員サイト・エポスネットに登録しよう

クレジットカードを片手にパソコンを操作する人

エポスネットはエポスカードの会員だけが利用できるサイトです。利用するにはまず会員登録が必要になります。

それではさっそくエポスネットへの登録方法を具体的に見ていきましょう。

エポスカードとメールアドレスでエポスネットに登録

エポスカードの会員サイト・エポスネットへの登録はいたってシンプル。エポスカードとメールアドレスさえ準備すれば、誰でも簡単に登録できます。

まずはパソコンでエポスネットにアクセスします。次にトップ画面上部にある「エポスNetご登録」ボタンをクリック。規約を読んで同意ボタンを押したら、エポスカードのカード情報・生年月日などの必要事項を入力すれば、それで登録は完了です。

その後、ログインに必要なIDは登録したメールアドレス宛に送信されます。このメールアドレスの受信が本人確認を兼ねています。

エポスネットはスマートフォンからの登録にも対応しているので、パソコンを持っていなくても大丈夫。スマートフォンでエポスネットにアクセスしたら「新規ご登録はこちら」をクリックします。次に空メールを送ると登録用URLが送信されてくるので、パソコンと同様に必要事項を入力するだけでOKです。

ただぢ、スマートフォンで登録する場合は、空メールの送信元が登録メールアドレスになること、迷惑メール設定によってはエポスネットからのメール(@01epos.jp)を受信できない可能性があること、この2点にだけ注意してくださいね。

自宅のパソコンからエポスネットにログイン

エポスネットの情報をじっくり読みたいなら、自宅パソコンからのアクセスが最適です。

パソコンからエポスネットにログインするには、まずサイトトップの「エポスNetログイン」ボタンをクリック。あとは登録メール宛に送られてきたIDと設定したパスワードを入力すればOKです。

ログイン後のマイページでは、左側にエポスカードの利用状況やポイントなどがまとめられ、トップに項目ごとに色分けされたタグがあるなど、どの情報がどこにあるのかがひと目でわかりやすいサイト構成になっています。

利用を終えたら、不要なアクセスを防ぐためにサイト右上の「ログアウト」ボタンを押すのをお忘れなく。

日中はスマホでエポスカードの利用額をチェック

ショッピング中に「今月はどれくらい使ったかな」とカードの利用状況が気になることはよくあるもの。そんなときにはスマートフォンからログインしましょう。

パソコンと同じく、スマートフォンでもエポスネットのトップ画面でIDとパスワードを入力すればOKです。

スマートフォンでは、まず項目ごとに色分けされたタグ、次にカード利用状況と、知りたい情報が大きなボタンでわかりやすく表示されています。いくらスクロールしても欲しい情報になかなかたどり着かない…ということがなく、ストレスフリーの使いやすさです。

エポスカード会員がエポスネットでわかること

エポスネットを利用しているイメージ画像

会員向けサイトとあって、エポスネットはエポスカードを使っている人が知りたい情報をきっちりカバーしています。

ここではエポスネットでわかる情報をまとめてみました。

エポスカードの各種利用状況を確認できる

エポスネットでは、郵送で届くエポスカードの利用明細書と同じ情報をいつでも確認できます。

パソコン・スマートフォンともサイト内のカード券面の画像が情報の目印。日付や利用場所、金額といったエポスカードの利用状況のほか、支払い予定額はもちろん、利用可能額までチェックすることができます。カードの締め日にかかわらず、利用金額をリアルタイムで確認できるのは便利ですね。

ちなみに、分割払いやリボ払い、キャッシングなどを含まず、通常のショッピング1回払いのみを利用している場合、エポスカードの利用明細書は有料となり、発行するのに80円(税抜)かかります。エポスカードを無駄なく使いたいなら、利用明細はエポスネットで確認するのがおすすめです。

エポスネットで確認できること

  • 次月の支払い予定額
  • 月別のカード利用履歴
  • カードの支払い履歴
  • カードの利用可能額
  • 獲得したエポスポイント数
  • キャッシングの利用明細

エポスカード会員がエポスネットでできる手続きについて

エポスカードの利用状況をはじめとする情報を提供するだけがエポスネットの魅力ではありません! エポスネットでは、通常なら電話や書類でのやりとりが必要な手続きが24時間オンラインで行えるのです。

それでは、エポスネットでできる手続きについても詳しく見ていきましょう。

エポスカードの登録情報をいつでも変更できる

引っ越しや転職などで住所や勤務先が変わったら、エポスカードに登録している情報も変更する必要があります。こうした登録情報の変更は書面で行うこともできますが、エポスネットにログインすればいつでも好きな時間に変更が可能です。

エポスネットで変更できるエポスカード登録情報は、自宅の住所と電話番号、勤め先名と電話番号の4つです。

登録内容の確認もできるので、変更の必要があるかどうかはっきりしないときにも便利です。

ほかにも、エポスネットのIDとパスワードの確認・変更利用明細書の郵送の停止や再開もオンラインで行うことができます。

エポスカードで貯まったポイントの確認・交換も簡単

マルイをはじめとする対象店舗やネット通販などの利用で貯まるエポスポイントも、エポスカードの特長のひとつ。そんなエポスポイントの有効活用にもエポスネットは活躍します。

「ポイントはどれくらい貯まったかな」と気になったら、エポスネットにログイン! 貯まったエポスポイントをすぐに確認できます。ショッピング前にチェックしておいて精算時に「エポスポイントで」と伝えれば、1ポイント=1円で割引を受けられます。

また、買い物での割引以外にも、エポスポイントはポイント数に応じた賞品との交換にも使えます。家電などのグッズのほか、マルイやAmazon、スターバックスなどの各種商品券、dポイントやANAのマイルといった他社ポイントへの移行など、魅力的なラインナップとなっています。エポスネットにログインすれば、こうした賞品との交換手続きも可能です。

エポスカードのポイント還元率アップのコツとは?最大30倍のお得な貯め方を解説

リボ払いへの登録や変更も可能

毎月の支払いを一定額に押さえられるリボ払い。そんなリボ払いに関する手続きもエポスネットなら簡単に行えます。

嬉しいのが、カードを利用したあとからでも支払い方法をリボ払いに変更できること。「今月は出費が続いてピンチ!」というときにはエポスネットでリボ払いに変更しておけば、支払いの負担を減らすことができます。

リボ払いにしたいけれどレジで「リボ払いで」と伝えにくい…そんな人は自動でリボ払いが選択されるいつでもリボに設定するのもいいでしょう。

ほかにも、すでに利用中のリボ払いで返済額を増額したり、残金を全額返済したりなど、細かな設定もエポスネットでできます。

そのときにぴったりの支払い方法を選択できるエポスネットなら、家計管理にも役立つはずです。

エポスカードのリボ払いを徹底解説!リボ払いを使う4つのメリットと2つのデメリット

ネットキャッシングの申込みもオンラインで

エポスカードには入会金・年会費が無料のネットキャッシングサービスがあります。

キャッシングと聞くと敷居の高さを感じるかもしれません。しかし、1,000円単位で使える、振込み手数料がかからない、海外では現地通貨で引き出せるなど、エポスカードのキャッシングは使いやすいと評判

お金を借りるには厳しい審査や複雑な申込みがつきものですが、エポスカードのキャッシングはエポスネットで申込みができ、しかも審査不要。

さらに、申込みから最短数十秒でエポスカードの引き落とし口座にお金が振込まれるので、思い立ったらすぐにお金の困りごとを解決できます。

ほかにも利用可能額の設定や変更、利用状況の照会もオンラインで行えます。返済状況もエポスネットで逐一チェックできるので、キャッシングを上手に活用して毎日の生活にゆとりをプラスするのもいいですね。

キャンペーン登録・抽選確認

エポスカードでは会員を対象としたさまざまなキャンペーンが年間を通じて行われています。

こうしたキャンペーンの情報もエポスネットならもれなくチェックすることができます。

キャンペーンの特典を受けるにはエントリーが必要になりますが、エポスネットではキャンペーンの確認に加えてエントリーも可能です。さらに、キャンペーンの抽選結果を確認することもできます。

キャンペーン情報以外にも、ボーナスポイントが貯まるたまるマーケットやエポスカードの優待情報がいっぱいのエポトクプラザなど、エポスネットには会員なら知っておきたい情報がいろいろ。

こまめにログインして、お得な情報を見逃さないようにしましょう!

エポスネットにログインできないときの原因と対処法

エポスカード会員にとってメリットいっぱいのエポスネットですが、ログイン時のトラブルでマイページにアクセスできないこともあります。けれど、こうしたログイントラブルは意外と簡単に解消できることが多いようです。

そこで、エポスネットにログインできないときの原因と対処法を具体的に解説します。

登録IDもしくはパスワードの入力ミスがないかをチェック

エポスネットへのログインにはIDとパスワードが不可欠。

ログイン時にエラーが発生する理由は、このIDとパスワードの入力ミスであることが多いようです。

IDの場合、よくあるのがIDの覚え間違い。IDを忘れてしまったというケースもありますが、エポスネット登録時の初期設定のままなのか、あるいはログイン後にIDの変更手続きをしているのかも重要なチェックポイントです。

また、気づかないうちに入れてしまった半角スペースが、ログインエラーにつながっている可能性もあります。

パスワードはすべて小文字で半角英数になっているかをまず確認してください。またエポスネットのパスワードは6~12文字の範囲内で設定されますので、「4文字しかない」「13文字ある」など、文字数からパスワードの間違いに気づくこともできます。

なかには、IDとパスワードを逆に入力しているだけというケースもあるので、エラーが起きたら入力内容をしっかり確認し直しましょう。

接続するブラウザの設定を確認してからログイン

IDとパスワードが正しいのに、エポスネットが開かないこともあります。こうしたときには、パソコンやスマートフォンの設定を確認しましょう。

パソコンやスマートフォンでサイトを開くと、Cookie(クッキー)によって閲覧した情報が端末に残ります。たとえばショッピングサイトでカートに入れたものが保存されるのはCookieのおかげです。

しかし、エポスネットのような個人情報に関わるサイトでは、Cookieで保存された閲覧履歴がエラーの原因になることも。そこでCookieの設定を「ON」にしたまま、Cookieの閲覧履歴を削除してみましょう。

また、閲覧データを一時的に保存するキャッシュも、保存データが増えすぎるとサイトを開く障害になることがあります。定期的にキャッシュを削除しておくのがおすすめです。

いずれの場合も保存されたデータを消すことになるので、削除を実行する前に重要な情報はメモを取っておくようにしてください。

それでもログインできないなら会員IDを再登録

IDやパスワードを何度入力してもログインできない、パソコンやスマートフォンの設定を変えても状況が変わらない…そんなときには「エポス Net会員ID 再登録」画面でIDとパスワードを再登録してみましょう。

再登録画面ではエポスカードの番号と有効期限、生年月日などといったエポスネットへの登録情報を入力すればOKです。

解決できないときはエポスカスタマーセンターに相談

上記のいずれかの方法で、ほとんどの人がエポスネットへのログイントラブルを解消できると思います。ですが、たとえばエポスネットに登録した電話番号がわからなくてIDとパスワードの再登録ができないなど、八方ふさがりになってしまうことも考えられます。

しかし、そうなってしまってもあきらめる必要はありません。エポスカスタマーセンターへ連絡して、対処法を教えてもらうといいでしょう。

エポスカスタマーセンター(9:30~18:00)

  • 東京 03-3383-0101
  • 大阪 06-6630-0101

エポスカード会員サイトのログイン方法まとめ

エポスカードの会員向けサイト・エポスネットは登録もログイン方法もとても簡単。パソコンやスマートフォンの操作に不慣れな人でも、すぐに使いこなせるようになるでしょう。

利用金額や登録情報の変更など、知りたい情報や便利な機能が詰まったエポスネットを利用すれば、エポスカードはさらに便利な1枚になるはず。まだ利用していないなら、今すぐ登録してみてはいかがでしょうか。

関連記事