更新日:

デイサービス看護師を辞めたいと思う5つの理由|転職する前に見直すべきポイントとは

デイサービス看護師を辞めたいと思う5つの理由|転職する前に見直すべきポイントとは

看護師のなかには、デイサービス看護師として働く方も多くいます。しかし、働き方や給与などがあわず、辞めたいと考えている方も少なくありません。

本記事では、デイサービス看護師を辞めたいと思う主な理由や、転職する前に確認したいこと、転職する手順についてまとめました。

デイサービスでの仕事を辞めたい看護師、そして、デイサービスで働こうと考えている看護師も、ぜひご覧ください。

看護roo!

看護roo!
業界トップクラスの求人数
アドバイザーの質が高い
職場の雰囲気を細かく教えてもらえる
【PR】

レバウェル看護

レバウェル看護
幅広い分野の求人がある
キャリアアドバイザーの対応が丁寧
ヒアリング力が高く寄り添った求人を提案
【PR】

マイナビ看護師

マイナビ看護師
看護師専門のキャリアアドバイザー在籍
地域の求人に詳しい全国20カ所の拠点
会って話せるキャリア面談実施
【PR】

看護師全体の離職率とデイサービス(通所介護)の離職率について

デイサービス(通所介護)の離職率は平均14.1%である一方(※1)、病院に勤める看護師全体の離職率は10.6%です(※2)。

病院のほうがデイサービスよりも仕事がハードという印象を持たれるかもしれませんが、実際に離職率が高いのはデイサービスであることがわかります。

デイサービス看護師が辞めたいと思う理由は何か、また、本当に辞めるほうがよいのかについて見ていきましょう。


(※1)公益財団法人 介護労働安定センター|令和3年度介護労働実態調査
(※2)日本看護協会|2021 年 病院看護・外来看護実態調査 報告書

デイサービス看護師を辞めたいと思う理由5選

デイサービスでの仕事は実際のところ、激務というわけではありません。デイサービスは日帰りで利用する施設のため、夜勤もなく、規則的な生活を実現できます。

しかし、デイサービス看護師のなかには「辞めたい」と感じている方も少なくありません。主な理由としては次の5つが挙げられます。

辞めたいと思う理由
  • 職務内容に不満
  • 給与水準の低さ
  • キャリアアップの限界
  • 雇用の安定性に欠ける
  • 看護師と接する機会がない

それぞれの理由について説明します。

職務内容に不満

デイサービス看護師は、利用者の健康管理を担当します。

しかし、健康管理や急変が起こったときの対応を除けば、ほかの介護職員と同じく、レクリエーションの考案や日常生活の介助などが主な仕事内容です。

そのため、病院看護師と比べると、看護や医療に携わることがあまりなく、看護師ならではの達成感を得にくいかもしれません。

また、デイサービスに通所する方は、ほとんどが高齢者です。高齢者とのコミュニケーションが苦手な看護師にとっては、ストレスを感じる職場といえるでしょう。

給与水準の低さ

介護労働安定センターの調査によれば、介護施設の看護職員の平均給与は282,249円です(※1)。

一方、日本看護協会の調査によると、病院看護師の平均給与は320,846円でした(※2)。

このことからも、デイサービス看護師の給与水準は、病院看護師よりも低いことがわかります。

また、年収でみると、介護施設の看護職員は平均約428万円である一方、賃金構造基本統計調査によれば、看護師全体の平均年収は約498万円でした(※3)。

したがって、月給だけでなく賞与の水準も介護施設は低く、年収にも大きく響いていることがわかります。

今まで病院に勤務していた看護師であれば、給与や年収の低さに嫌気がさすこともあるかもしれません。


(※1)公益財団法人 介護労働安定センター|令和3年度介護労働実態調査
(※2)日本看護協会|2021 年 病院看護・外来看護実態調査 報告書
(※3)令和3年賃金構造基本統計調査

キャリアアップの限界

デイサービス施設に勤務することで、高齢者ケアについては学ぶことができます。

しかし、医療行為をおこなうことはないため、専門知識やスキルが伸び悩むこともあるかもしれません。

一方、病院看護師であれば、さまざまな診療科を経験できるだけでなく、緊急医療や手術などの現場でも働くため、幅広い知識やスキルを習得することが可能です。

そのため、看護師としてのキャリアアップに限界を感じ、デイサービスなどの介護施設以外で働きたいと感じる看護師もいるでしょう。

雇用の安定性に欠ける

デイサービスは、小規模法人が運営していることが一般的です。

運営が軌道に乗っていれば問題ありませんが、利用者を確保できず、人員削減が必要になる事業所もあります。

そのため、デイサービスでは雇用の安定感が欠ける可能性があり、転職を余儀なくされるケースも少なくありません。

看護師と接する機会がない

定員10名以上のデイサービス事業所では、看護職員を1名以上配置することが定められています(※)。

定員が10名未満の事業所では看護職員が不可欠というわけではないことから、看護師は配置されないことも多いです。

このような事情から、どの事業所も看護師は多くて1名という人員体制となっています。

そのため、看護師は自分のみで、ほかの看護師と接する機会はほぼないケースが一般的です。

看護業務について相談したり、看護師ならではの悩みを共有したりすることができず、孤独感を感じることもあるでしょう。


(※)厚生労働省「通所介護及び療養通所介護」

デイサービス看護師を辞める前に見直すべきポイント

紹介したように、デイサービス看護師にはデメリットと呼ぶべき要素が数多くあります。

しかし、病院看護師と比べて恵まれている点も多くあります。デイサービス看護師を辞める前に、ぜひ次のポイントについて考えてみてください。

見直すべきポイント
  • 生活環境とライフスタイル
  • 土日祝日は原則休み
  • 平均年収は女性全体よりも少し高め
  • 精神的な負担が少ない
  • 利用者から感謝される機会が多い

それぞれのポイントについて説明します。

生活環境とライフスタイル

デイサービス看護師は規則的な勤務形態です。夜勤はなく、毎日同じ時間に出勤して、同じ時間に退勤できます。

また、病院のようにイレギュラーな事態が起こることも少ないため、ルーチンワークが得意な方にとっては、居心地のよい職場となるでしょう。

生活リズムを保ちやすいため、ライフスタイルにあった働き方をしやすい点は、デイサービス看護師ならではのメリットといえます。

土日祝日は原則休み

デイサービス施設の多くは、土日祝日が休みです。

そのため、一般的な企業に勤務するのとほとんど変わりありません。プライベートの計画が立てやすく、充実した生活を目指せるでしょう。

また、子どもがいる方なら、子どもとの時間を取りやすいというメリットもあります。

平均年収は女性全体よりも少し高め

上述したように、デイサービス看護師の平均年収は約428万円ですが、国税庁による民間給与実態統計調査によれば、給与を得ている女性の平均年収は約302万円です(※)。

デイサービスに勤務する看護師の給与は病院看護師よりは低めですが、女性全体よりは120万円以上も高額となります。

夜勤がなく、規則的な生活ができることを思えば、デイサービス看護師は高給与な仕事ともいえます。


(※)令和3年分 民間給与実態統計調査

精神的な負担が少ない

デイサービスでは、緊急の対応が必要な場面はほとんどありません。

また、病院のように生死の局面に立ち会うことも、業務上多くないといえます。

その一方、病院では、看護師の判断ミスが患者さんの命に影響を与える、という緊張感を常に感じることになります。

緊張感を苦痛に感じる看護師にとっては、デイサービスは適した職場といえるでしょう。

利用者から感謝される機会が多い

デイサービスでは、担当する利用者や家族と、長期にわたって密な関係を築くことになります。

信頼や感謝を日常的に感じ取れ、満足感や充実感を得やすいでしょう。

もちろん、病院看護師も病棟勤務であれば、患者さんや家族と長く付き合うことがあります。

しかし、外来勤務の場合は、同じ患者さんとコンスタントにかかわる機会は少なく、感謝される機会も少ないのが一般的です。

デイサービス看護師を辞めたいと感じた時のアクションプラン

デイサービスでの勤務を辞めたいと感じたときは、すぐに行動を起こすと後悔することにもなりかねません。

次の順に思考を進め、慎重に行動していきましょう。

アクションプラン
  • 辞めたい理由の深掘り
  • 自分のスキルと市場価値の確認
  • 転職先や業界について情報収集
  • 転職エージェントの活用

それぞれどのようにアクションできるのか、わかりやすく説明します。

ぜひ参考にして、デイサービス看護師として仕事を続けるか、異なる働き方に転職するか、検討してみてはいかがでしょうか。

1.辞めたい理由の深堀り

まずは、なぜデイサービス看護師を辞めたいのか、自分のなかで思考を整理してみましょう。

たとえば、キャリアアップできないことが辞めたい理由であれば、現在の職場で本当にキャリアアップできないのか、じっくりと考えてみてください。

確かにデイサービスでは、医療行為をおこなうことや、看護スキルをブラッシュアップすることはできません。しかし、介護の仕事に従事できるため、介護のスキルアップが可能です。

介護福祉士やケアマネジャーなどの資格取得を目指してみるのも、キャリアアップの1つの方法です。また、看護師としての立場から研究を深め、老人看護専門看護師などの資格取得を目指し勉強することもできます。

給与が低いことが辞めたい理由のときは、病院看護師として夜勤シフトに入る働き方と比較してみましょう。病院看護師のほうが給料水準は高めですが、勤務時間が不規則かつ長時間になることで、子どもの保育料や家事代行サービス料、食費が増えることもあるかもしれません。

トータルでみて、本当に病院看護師として働くことで収入が増えるのか、一度は吟味することが必要です。

辞めたい理由を深掘りし、デイサービス看護師を辞めることが自分にとって最善の選択肢なのか、時間を取って考えてみましょう。

2.自分のスキルと市場価値の確認

デイサービス看護師を辞めることが最善の選択肢だ、という結論が出たときは、転職について前向きに考えてみましょう。

まず、今までに獲得してきたスキルと経験を書き出してください。そして、看護師としてアピールできるポイントを列挙してから、市場価値を調べます。

市場価値は、転職サイトの求人案件からおおよそのところを分析できます。自分のスキルと経験で得られる給与を調べ、希望する給与に届いているのか、チェックしてみてください。

思ったよりも自分の市場価値が高いときや、予想と同程度のときは、転職活動を始めましょう。ただし、予想よりも市場価値が低いときは、転職せずにデイサービス看護師として働き続けることも視野に入れてください。

3.転職先や業界について情報収集

転職したい勤務先がすでに決まっている場合は、情報を収集してみましょう。希望する転職先に知り合いがいるときは、職場の雰囲気などを尋ねてみてください。

また、今まで働いたことがない業界を希望する場合は、業界についての研究も必要です。たとえば、看護師以外の転職先を挙げるならば、医療機器メーカーに一般職として勤務する場合や、治験コーディネーターとして働く場合が想定されます。

保健師の資格を持っている場合なら、産業保健師や保健所勤務なども検討できるでしょう。

イメージだけで転職してしまうと、「思ったよりも勤務時間が不規則」「給料が少ない」などと後悔する可能性があります。

満足度の高い転職を実現するためにも、丁寧に転職先と業界の研究をしておきましょう。

4.転職エージェントの活用

業界や働き方についての希望を明確に決めたら、次は転職エージェントサービスに登録しましょう。転職エージェントサービスとは、専属のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれるサービスのことです。

転職サイトでは、自分で求人案件をチェックして、条件にあうものを絞り込んでいかなくてはいけません。

一方、転職エージェントサービスであれば、最初に希望する条件を登録するだけで、キャリアアドバイザーが適した求人案件を探してくれます。

また、探すだけでなく面接の応募手続きや履歴書の添削模擬面接などのサポートも受けられます。

転職活動の負担を大幅に軽減できるため、デイサービスで働きながら転職先を見つけることも可能です。

効率よく転職活動をしたい方は、転職エージェントサービスを賢く活用しましょう。

デイサービス看護師におすすめの転職エージェント3選

転職エージェントサービスのなかには、看護師資格を必要とする案件を集めた看護師専用のエージェントもあります。

案件数も多いため、看護師が利用するなら看護師専用の転職エージェントがおすすめです。

看護師専用の転職エージェントのなかでも、特におすすめの転職エージェントサービスを3つ紹介します。

看護roo!

看護roo!
看護roo!
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • アドバイザーの質が高い
  • 職場の雰囲気を細かく教えてもらえる
公開求人数 約42,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師

\ 看護roo!の /

無料登録はこちら

\ 看護roo!の /

公式サイトはこちら
【PR】

看護roo!では、看護師資格を必要とする幅広い職種・業界の求人案件を取り扱っています。

たとえば、病棟や美容クリニック、保育園や学校などの案件も多く、今までに携わったことがない分野に挑戦できるでしょう。

転職先に求める条件を登録すると、希望にあう求人案件の情報をメールで受け取れるようになります。どの求人案件にするか迷ったときには、転職のプロであるキャリアパートナーに相談できます。

また、希望と若干異なるときにおいても、キャリアパートナーは心強い味方です。キャリアパートナーが応募先に条件の交渉もしてくれます。

レバウェル看護

レバウェル看護
レバウェル看護
おすすめポイント
  • 幅広い分野の求人がある
  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧
  • ヒアリング力が高く寄り添った求人を提案
公開求人数 約140,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 看護師、准看護師、保健師、助産師

\ レバウェル看護の /

無料登録はこちら

\ レバウェル看護の /

公式サイトはこちら
【PR】

レバウェル看護でも、病院や介護施設、訪問看護などの豊富な職場の求人案件を取り扱っています。

土日祝日休みの案件や4週8休の案件などもあり、プライベートとの両立を重視しつつ転職先を絞り込むことが可能です。

LINEやショートメッセージで気軽に気になることや悩みを相談することや、履歴書対策や模擬面接、面接の日程調整なども依頼など、様々なサポートを受けることができます。

マイナビ看護師

マイナビ看護師
マイナビ看護師
おすすめポイント
  • 看護師専門のキャリアアドバイザー在籍
  • 地域の求人に詳しい全国20カ所の拠点
  • 会って話せるキャリア面談実施
公開求人数 約47,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー

\ マイナビ看護師の /

無料登録はこちら

\ マイナビ看護師の /

公式サイトはこちら
【PR】

転職先についての詳しい情報を得たい方は、マイナビ看護師がおすすめです。

マイナビ看護師では、キャリアアドバイザーが採用担当者だけではなく、現場の看護師から職場の状況などを聞き、新鮮かつリアルな情報を教えてくれます。

また、給与、有給消化などの条件がよい職場、雰囲気がよい職場を選んで提案してくれるため、ミスマッチが起こりにくいのも特徴です。

履歴書の書き方を学べる資料もあり、スムーズな転職を後押ししてくれます。

まとめ

デイサービスでの仕事に悩んだときは、悩みの原因や自分自身の市場価値などを分析してから、転職を検討してみましょう。

看護師専門の転職エージェントサービスに登録すれば、専属のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、働きながら転職活動をおこなえます。

また、紹介した転職エージェントサービスは、いずれも無料で転職サポートを受けられます。効率性を重視した転職活動を実現するためにも、ぜひ転職エージェントサービスを活用しましょう。

投資信託・株式の運用歴20年以上。相続問題が発生したことを機に、ファイナンシャルプランナー2級とAFPの資格を取得。 大学や省庁で研究活動をおこないながら、2014年度からはマネーやファイナンス、医学関係の執筆活動を開始。 ライフマネープランニングやIPO投資、金融詐欺の見分け方、ローン・クレジットカードの使い方などを得意テーマとしている。 現在メインで利用しているカードはアメリカンエクスプレスのプラチナ。招待制から申込制に変わって、ちょっと残念に思う毎日。

林 泉の執筆記事・プロフィール一覧へ