JCBゴールドの口コミ・評判

JCBゴールドの詳細
総合評価
4.2
口コミ件数 : 11件
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
口コミ:11件
4.0
男性 / 千葉県 / 20代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 3 | 発行スピード 4 | ポイント 5 | マイル 4 | 優待サービス 4 | サービス対応 4 | 利便性 4
選んだ理由
JCBのクレジットカードを利用していたことから興味を持ちました。空港ラウンジを利用できることやゴルフ場の予約、海外旅行の手厚い保険サービスも魅力を感じました。年会費は高いですが、また飛行機の遅延による、補償も充実しているので飛行機を何度も利用するので好感が持てました。メリットが多いため利用することになりました。

特典やポイント制度
JCBグルメサイトの対象の店舗から割引サービスを受けることができるのでお得感を感じています。他のクレジットカードではこのようなサービスは少なく、対象店舗も多いことから利用するメリットがあります。数万するようなお店だけではなく、5000円以内のお店も多数取り扱っているので印象が良いです。また、ゴルフコンペや有名ゴルフ場などの予約もスムーズにできるのでお得感を感じています。国内の人気ゴルフ場になるので、ゴルフをする人にとってはお得です。さらに海外旅行に行く際に、空港ラウンジを利用することができるメリットも感じます。ストレスを感じることなく、優雅な気持ちで出発を待つことができるのはお得感を感じられます。

活用術
JCBのグルメ優待サービスを利用するようにしています。10パーセントから20パーセントの割引サービスを利用することができるので、おしゃれなお店を予約する際は利用するようにしています。飲食店だけではなく、美容やサロン関連などのお店でも割引サービスを利用することができます。他のネットを通して割引サービスも利用することはできますが、割引率が高いため利用するようにしています。人気の高いお店を中心に提携しているため、利用するメリットを感じています。また国内のゴルフ場の予約もスムーズにできることや、国内の宿泊予約で予約するとポイントが5倍になるサービスを利用しています。想像以上にポイントがたまっています。

アプリやWebサイトの使用感
他のクレジットカードのホームページよりもシンプルなので使い勝手は良いです。ただしホテルの予約や優待サービスを利用する時は、別のサイトで利用しなければならないのは気をつけなければならないです。特に優待サービスを初めて利用する時は、ごちゃごちゃしているので飲食店やサロンなどを見つけるのに時間がかかってしまいます。

年会費
年会費以上の価値があると感じています。ホテルの予約でのポイントアップサービスや空港ラウンジを利用することができるだけで価値があります。もちろん空港ラウンジを利用しない人でも、飲食店の割引サービスを受けることができるので価値はあります。人間ドッグをする時も、提携している病院から優待サービスを受けることができます。
保有枚数: 5枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 優待サービス | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 30〜50万円未満 | 主な利用シーン: 旅行費用 、 交通費 、 飲食費
4.0
男性 / 東京都 / 30代 / 会社員 / 年収:600〜800万円未満
年会費 3 | 発行スピード 3 | ポイント 4 | マイル 4 | 優待サービス 5 | サービス対応 4 | 利便性 5
選んだ理由
JCBゴールドカードを選んだ理由は、知人から「東南アジアに旅行に行く場合は、JCBゴールドカードを持っていた方が便利」とアドバイスを受けたためでした。具体的には、JCBはベトナムやインドネシアなどの東南アジア各国で取扱店契約数を急速に増やしていると教えてもらったのです。このため、現地でのクレジットカード決済を考えれば、JCBゴールドカードが良いという判断に至りました。

特典やポイント制度
JCBゴールドカードには、JCBのホームページから入会したのですが、入会しただけで2000円分のJCBギフトカードをもらうことができたため、お得だと感じました。このような特典があることを知りませんでしたので、なおさらラッキーだと感じました。 また、私は毎日のようにスターバックスコーヒーの店舗を利用してコーヒーを飲むのですが、JCBゴールドカードからスターバックスカードにオートチャージするだけで、JCBゴールドカードのOki Dokiポイントが通常のポイント付与率の10倍もらえるため、これもお得感を感じました。とくに平日は1日3杯スターバックスのコーヒーを飲むことがありますので、コーヒーを飲むだけでポイント付与率が10倍となるわけですから、これはメリットが大きいと感じました。

活用術
JCBゴールドカードに入会した目的は、家族での東南アジア旅行がきっかけでした。このため、海外旅行傷害保険に加入できましたし、海外航空機遅延保険にも加入できましたから補償の面では安心感を持つことができました。また、空港では専用ラウンジサービスを利用することができたため出発前のひとときをリラックスして過ごすことができました。 さらに、一度インドネシアに旅行に行っただけで、JCBゴールドカードのポイントが、約3000ポイント貯まりました。JCBゴールドカードの活用術としては、このポイントをAmazonのパートナーポイントプログラムに交換するという方法を利用することができたこともメリットだと感じています。JCBゴールドカードの1ポイントにつき、Amazonでの使用可能代金3.5円分相当に交換できたのです。このため、JCBゴールドカードでは1000円分の決済につき1ポイント付与されますが、実質的には3.5ポイントの付与という計算となるため、使い勝手の良さを感じた次第です。

アプリやWebサイトの使用感
JCBゴールドカードのマイページについては、私が近眼であることが原因かもしれませんが、文字サイズが小さいと感じます。具体的には「カードご利用明細照会」のページで、各月のリンクの文字が小さいと感じます。また、ページ全体に青色が多く用いられていると感じるのですが、ブラウン系統などの濃い色を用いていただいたほうが見やすいと思います。改善をお願いしたいと思います。

年会費
JCBゴールドカードの年会費は税別で1万円ですが、年会費相当の価値はあると感じています。 具体的な理由としては、インドネシアに旅行に行ったときに、主なお店ではカード決済をすることができましたので利便性が高いと感じました。さらには、ショッピングガード保険に入ることができて、最大500万円分まで補償される点も理由のひとつとして挙げられます。
保有枚数: 5枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 利便性 | 発行期間: 2週間 | 利用頻度: 年に1回 | 月額利用金額: 5万円未満 | 主な利用シーン: 旅行費用 、 ショッピング費用 、 飲食費
3.0
女性 / 福岡県 / 40代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 1 | 発行スピード 4 | ポイント 4 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 3
選んだ理由
入会当初は一般カードでしたが、ゴールドカードの案内が届き、1年間は年会費がかからないという内容でしたので、試しに変更しました。ゴールドの案内が来ると言う事は、優良であると認識がありました。また、信用にも繋がっていると思いました。 また、ゴールドを店頭で提示する事は、当時自己満足でもあった為、ゴールドカードに変更しました。

特典やポイント制度
得をしたと感じた事は、ポイントを貯めて、引き落とし分から差し引いて貰う使い方をしていました。多少、得をした気分になりました。不便だと思った事は、月の引き落とし日が、私に取って都合が悪い日でした。何故かと言うと、給料日前の引き落とし日でしたので、引き落とし指定の金融機関に、引き落とし金額を入れ替えが必要となり、毎回毎回、その作業が面倒になりました。引き落とし金融機関を給料が入る金融機関と同じである為、給料日後の引き落とし引き落とし日であれば、気にする事もなく、わざわざ、お金を移動させる事もしなくてすむのに。と思っていました。お金を移動させる事を忘れてしまうのではないかと気になる事も多かったです。

活用術
1回の買い物が2万円以上になる場合は、カード決済に決めています。また、月に5万円までの利用しかしないと決めています。キャッシングの利用はしないようにしています、またリボ払いや分割払いもしません。 利息が付くからです。主にショッピングで利用し、支払い回数は1回、もしくは2回までと決めて使用しています。光熱費や、その他もろもろの引き落としを契約すれば、ポイントも貯まるかと思いますが、JCBの引き落とし日が、給料日前という事もあり、給料が入金される金融機関とJCBの引き落とし金融機関が同じであるため、給料日前に、引き落としされる金額を別の口座から、お金を移動させないといけない事に手間を感じます。

アプリやWebサイトの使用感
WEBサイトは、ポイントについて確認したり使い道を設定したりするくらいで、ほとんど見ていない状況です。ただ、それだけでも、迷うことなく目的を確認し、設定まで行えており一度も困った記憶がないので、使用感は良かったのではないかと思います。 問い合わせ先も分かりやすく、不明点についてはよくある質問などが参考になりました、

年会費
ポイントも他社と比べても、大きく変わりはなく、それ以上にヤフーや、楽天などはサイトから入れば、ポイントの利用幅が広いなどのカードは、年会費無料で利便性が良い。わざわざ、ゴールドカードに変えて、年会費払って持ち続けたいとは思わないです。限られた旅行、限られた飲食店、限られた店舗での特典はあまり使い勝手が良くありませんでした。
保有枚数: 1枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 利便性 | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 月1回 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: ショッピング費用
4.0
女性 / 福岡県 / 30代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 3 | 発行スピード 4 | ポイント 4 | マイル 4 | 優待サービス 4 | サービス対応 4 | 利便性 4
選んだ理由
ハワイで挙式をあげて、新婚旅行はヨーロッパに行くことになり、JTBウェディングでプランをたててもらった際、金額も大きいためゴールドカードを作ったほうがポイント還元率がいいということで入会しました。また、カードを作ったとき、たまたま入会金がポイントで返ってくるキャンペーンがあり、実質0円で入会できたため。

特典やポイント制度
カードに入会した際は年会費が1万5千円と高いため、次の年に解約しようと思っていました。しかし、よく考えてみると光熱費やケータイだいなど毎月カード引き落としにした場合約7万は毎月引き落としになるため、こちらのカードから引き落としにしました。それだけでポイントがかなりたまりました。普段から旅行が好きなため、たまったポイントを旅行の費用に当てられたのがよかったなと思います。しかし、JTBからの旅行じゃないとポイントが使えないところが不便だなと感じてたんです。また、たまったポイントはJTBの旅行か、JCBのショップの商品しか使えないところは他のカードよりもポイントを使える場所が少ないなぁと思います。

活用術
私は普段口座から引き落としになるものはすべてJCBカードからの引き落としに変更しました。スーパーでの買い物やガソリン、旅行などカードで支払いできるものはだいたいカードで支払いをおこなっています。同じ金額を使うのに、ただお金を払うだけより、ポイントがたまるカードを使う方がポイントがたまってお得だと思います。私はこの使い方で年会費以上のポイントをためることができ、そのポイントを旅行にあてることができるので、少しお得な気分で旅行に行くことができます。また、こちらのカードで空港のラウンジも利用できるところがお得なポイントだと思います。空港での待ち時間もゆっくりと過ごすことが出来るので、こちらのカードをつくった際は是非利用された方がいいと思います。

アプリやWebサイトの使用感
普段webサイトを利用していますが、サイトじたいはすっきりとしていてごちゃごちゃしていないので使いやすいのかなと思います。利用していてとくに困ったこともありません。しかし、利用明細を毎月送ってもらうと手数料がかかるので、こちらのサイトから確認するのですが、それがちょっと手間がかかるのでもう少しスムーズに確認できたらいいなとは思います。

年会費
私は年会費以上の価値はあったと思います。光熱費やガソリン、普段の買い物もカードを使うのでポイントがたまりますし、年会費以上のポイントがたまっているので損はしてないのかなと感じます。しかし、普段カードをあまり使わない方には年会費分のポイントはたまらないと思うので、こちらのカードは向かないように感じます。
保有枚数: 1枚 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: ポイント | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 旅行費用 、 ショッピング費用
5.0
男性 / 大阪府 / 30代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
年会費 5 | 発行スピード 5 | ポイント 4 | マイル 5 | 優待サービス 5 | サービス対応 5 | 利便性 5
選んだ理由
JCBゴールドカードを選んだ理由はゴールドカードなのに年会費が初年度無料であることが最大の決め手でした。従来より一般カードを使用していましたが、総利用枠が少額であったため、上限に達することが何回かあり、総利用枠の増額を含めてネットよりゴールドカードの申請をしました。あとはゴールドカードを2年連続で年間利用額が100万以上であればプラチナ等のインビテーションを受けられるのも魅力です。

特典やポイント制度
入会してからの入会特典でゴールドカード所持者にJCBのギフトカード進呈であったり、紹介者特典として紹介者にJCBのギフトカードを進呈することは非常にお得だと思います。また、AmazonやYAHOOを利用する際にJCBのWebにあるオキドキポイントがたまるショップを経由してECサイトで購入する場合、クレジットカードの付与ポイントが通常のポイント還元率とは別にプラスアルファが加算されるのも大変魅力的なサービスだと思います。ですので、入会してからの期間限定発行者へのギフトーカード発行、紹介者特典等他の特典やポイント制度でお得だと感じることは多々あっても、これが不便だと感じることは何一つないというのが実感になります。

活用術
JCBゴールドカードの活用術は、インターネット上で購入する場合(YAHOO・Amazon・楽天等)については、JCBのWebサイトに入ってから購入目的のサイトに行くようにしています。それについてはオキドキポイントの加算率目当てです。その時々によりますがサイトによっては期間限定でポイントの加算率が大きくなっていることもあるからです。また、携帯はiPhoneを所有していますのでApplePayにJCBゴールドカードを登録していますので、コンビニ等の少額な購入についてもレジで携帯をかざすだけで小銭いらずの電子決済をし活用しています。オキドキポイントはアマゾンで使用も可能ですので、購入しながらのポイント2重とりも可能です。

アプリやWebサイトの使用感
JCBのアプリ・JCBのWebサイトはともに使用しています。気軽に使用金額、毎月の支払い金額を確認したい場合はアプリを使用し、Webサイトでの購入等の場合にはWebサイトにログインして使用しています。アプリ・Web含めて画面は非常に見やすいです。ただ、アプリの一部機能(情報の変更・追加等)はアプリ画面に対応していないためアプリで開いてもPC上のサイト表示になりますので、表示画面・表示の文字サイズが小さくなります。

年会費
年会費以上の価値を感じるかどうかでは年会費以上の価値を感じます。ゴールドカードを所持していなければプラチナカードを所持できないこともありますが、一般カードでは購入できない支出枠がゴールドカードでは購入することも可能(総利用枠200万円で発行していただいてます。)でしたので、そういった面では年会費を支出していても購入したいものが購入できるというのは大きいです。
保有枚数: 10枚以上 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 発行スピード | 発行期間: 2〜3日 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 15〜20万円未満 | 主な利用シーン: ショッピング費用
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー