JCB一般カードの口コミ・評判

JCB一般カードの詳細
総合評価
4.0
口コミ件数 : 15件
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー
口コミ:15件
4.0
女性 / 兵庫県 / 20代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 3 | 発行スピード 4 | ポイント 3 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 3
選んだ理由
クレジットカードの社会年会費無料、ETCカード年会費無料、QUICPayも利用できるところ惹かれました。また、JCB独自のOki Dokiポイントは商品券に交換できたりネットショッピングで利用できたりするので、かなりの頻度でネットショッピングを利用するのでとてもお得に感じJCBクレジットカードを作成しました。

特典やポイント制度
お得だと感じたのはやはりOki Dokiポイントです。Oki Dokiのサイト経由でネットショッピングを利用すればポイントが貯まり、そのポイントネットショッピングで利用できたり商品券やレジャーなどに交換できるのですごくお得だと感じました。不便だと感じたのはJCBのクレジットカードを作成した際はネットショッピングを頻繁に利用していたのでOki Dokiポイントがお得に感じていましたが最近はネットショッピングをあまり利用することが無くなりそうするとJCBのクレジットカードである意味はないのかなと感じます。月額利用金額がサイトまで行かないと確認できないのでメールですぐにわかるようにして欲しいなと感じました。

活用術
主にJCBのクレジットカードをメインで使用しているので光熱費や携帯料金支払い日々の生活費娯楽の費用など全てをJCBのクレジットカード一つで利用しています。またネットショッピングする際の支払いもJCBのクレジットカードでOki Dokiのサイト経由でamazonなどを利用するとOki Dokiポイントが溜まるので便利です。amazonでは水やお米、シャンプーや洗剤などの日用品を購入しているが近所のスーパーで買い物するよりOki Dokiポイントを貯めるためにamazonを利用しています。現金を持ち歩くのが煩わしいのでクレジットカードのみで普段生活しているのでコンビニなどの少額のものでもクレジットカード決済をしています。

アプリやWebサイトの使用感
Oki Dokiポイントのサイトはとても見やすく使い勝手が良いと感じます。キャンペーンも定期的に更新され魅力的だと思います。月額の利用金額も簡単に確認できるのでサイト自体はとても使い勝手が良いと思います。ただわざわざサイトまで行かないといけないので月額の利用金額をメールで知らせてくれると思ったいいなと感じます。

年会費
あまり年会費以上の価値は感じられない。寧ろネットショッピングを利用しなくなったので年会費が高く感じてしまいます。ネットショッピングを利用しないのであれば年会費がもっと安いところにしておいた方がお得なんじゃないのかと感じます。ただネットショッピングを利用するのであればポイントが貯まるので利用する人によって感じ方は変わると思います。
保有枚数: 2枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: ポイント | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: ショッピング費用 、 飲食費 、 携帯電話費用
5.0
女性 / 宮崎県 / 40代 / 個人事業主・自営業 / 年収:200〜400万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 5 | マイル 3 | 優待サービス 5 | サービス対応 4 | 利便性 4
選んだ理由
当時勤めていた会社が年会費を払ってくれていたためです。従業員は強制的にカードを作らないといけなかったのですが、使わない人はハサミを入れてよかったのもありました。JCBはポイントも沢山付くのと、契約年数が長ければ長いほどポイントアップ率が高いのも良いなと思ったから、今でも頻繁に利用させて頂いています。

特典やポイント制度
ポイントアップ率がどんどん上がっていくのはとてもメリットがあると思います。あとは、年間での利用金額によってもポイントアップ率が上がるのも嬉しいです。ポイントの有効期限は2年なので、毎月明細にポイント失効月が記載されているのもありがたいです。ポイントは、ポンタカードやTカード、WAONやナナコに変更できたり、様々なボランティア団体に寄付できたり、そのほか、電化製品や日用品などにも変更できるのでとても助かっています。中でも私は、Jデポに変えてそのまま現金として使っています。デメリットは、毎月の失効ポイントが少ない時に、その分だけ使えないことと、Tカードのようにポイントを店頭などで使えないところです。

活用術
私は、少し前のアンケートと被りますが、とりあえずマックスまで二年間貯めて、Jデポに変換してそのまま現金として使っています。ポイントを貯めるために、細かい金額でもコンビニエンスストアやデパート、居酒屋なら会計係をやってみんなのぶんをまとめてカードで落としてあとから金額を徴収したりしてポイントを貯めています。たまにポンタカードやTカードに変更して、たまったポイントで他のお店で使ったりもしていました。電化製品や日用品、食品なども豊富に揃えてありまして、通常の定価料金よりかなり安く手に入るので、電子レンジや掃除機を買ったこともあります。小さな金額が余ったときは、少ないポイントで買える飲料水などが良かったです。

アプリやWebサイトの使用感
ウェブサイトは、iD登録とパスワードが要りますが、あったらとても便利です。私は電話でポイントをJデポに変える手続きをしていましたが、電話よりもウエブサイトの方で申し込んだ方が何千円か多く貰えると聞いて、慌ててウエブサイトから申し込みました。ウエブサイトは画面が見やすくて使いやすかったので今後はウエブサイトをマスターしたいです。

年会費
年会費はとてもお得で、もちろんそれ以上の価値があると思います。私は、ガスや電気、水道などの公共料金や税金、年金の引き落としをカードからやってないので、それらを引き落としにしたらもっとポイントが貯まるので計算したら本当にお得だと思います。私は会社が年会費を負担してくれているので、もっとお得感を感じています。
保有枚数: 3枚 | 申込み方法: 店頭申込 | 重視した点: 優待サービス | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 30〜50万円未満 | 主な利用シーン: 旅行費用 、 交通費 、 ショッピング費用
4.0
女性 / 東京都 / 20代 / 会社員 / 年収:200〜400万円未満
年会費 4 | 発行スピード 4 | ポイント 4 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 4
選んだ理由
スターバックスとビックカメラをよく利用するので、このカードで決済するとボーナスポイントが付与される点。また、提携ではなくプロパーのカードが欲しかったので、デザインに高級感があることが決め手だった。以前はセゾンのアメックスを使用していたので年会費がかからないこちらに切り替えた。ポイントプログラムもそれなりに充実している。

特典やポイント制度
スターバックス、ビックカメラを利用する人はお得だとおもう。特にスターバックス。ポイント還元率がダントツでいいです。毎日行く人には特にお勧めしたい。Starbucks Rewardsがどんどんたまっていきます。あとはクイックペイと連動できるので加盟店ならどこでも電子マネー決済できることが強い。スマホだけで出かけることも多い。クイックペイとの連動キャンペーンもよくやっているようなので(食べログなど)、条件が合う人にとってはかなりお得だと思います。また、自分は行かないですがディズニーや海外旅行の強味もあります。不便と感じた点はJCB自体が使えるお店がなかなかないこと・・・VISAやアメックスは使えるのにJCBふぁけ使えません!というお店が多いです。

活用術
スターバックスに毎日行って、チャージするだけでOkidokiポイントとStarbucks Rewardsが貯まる。貯まったStarbucks Rewardsで無料でドリンクを買うことができる、現金には劣ってしまうが、ビックカメラでのクイックペイが利用可能なこと。マツモトキヨシとも提携しているが、ビックカメラもドラッグストア的要素があるのでビックカメラ一本化にした。それまではヨドバシカメラをよく利用していたが、JCBカードがきっかけになりビックカメラ専門になりました。通販でもポイントがたまるし、かなり活用してます。あとOkidokiサイトを介せばAmazoznでもポイントが貯まるのが地味にうれしいです。

アプリやWebサイトの使用感
アプリはまったく使っていない。機種変更するときにクイックペイを連動させる時くらい。WebサイトはOkidokiポイントを利用したい時ですね。でもセキュリティが厳しいのかパスワード保存できなくて一回一回打ち直すのがすごく手間に感じる・・・。WEB明細はまあまあ見やすい。事後回数変更ができるのがありがたい。

年会費
年会費は実質かからないので現状妥当だと思います。年会費が発生するとしたら他社に乗り換えてしまうかもしれません。それかメインカードにするくらいの使い方をしないと価値はいまのところ感じられないですね。そもそもJCBの加盟店を増やすところから始めてほしいです。使えない店が多すぎるので使いたくても使えないです。
保有枚数: 4枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 年会費 | 発行期間: 2〜3日 | 利用頻度: ほぼ毎日 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: 飲食費
4.0
男性 / 愛知県 / 30代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
年会費 5 | 発行スピード 4 | ポイント 4 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 4
選んだ理由
携帯キャリアとしてそれに付随するサービスの一環として進められたのが最大の理由。ポイントによる還元や日常使いにおける利便性も利用に至る理由のひとつ。コンビニ、ドラッグストア、ガソリンスタンドと日頃多用する際にもiDが使える点は非常に魅力的であり、ポイントの追加付与や還元、割引も多くあり、気づいたら貯まっているというところはありがたい。

特典やポイント制度
amazonでポイントを利用できる点は魅力だと感じた。また、dポイントの利用促進に際するイベントが数多く行われており、限定的ではあるが、還元率が多くなったりするのはメリットだと思う。ただ、それに伴い自分が参加しにくいようなイベントの告知も毎回通知メールがくるのが邪魔だと感じる。これはキャリア利用に伴って連絡が来てしまう最大のデメリットではないだろうかと思う。もう少しフィルタの設定等で自分が参加できるようなイベントのみの告知にしてもらえればストレスを感じることなく利用できると思う。また、イベントを見て実際にカードの利用を行ったとしてもキャリアページよりエントリーしないと無効になってしまうのが面倒だと感じた。

活用術
ENEOSでの支払いには必ずカードを利用するようにしている。他のカードよりポイント還元を多く受けられる点や併用して違うカードのポイントもつけられるのは魅力である。またコンビニについてもカードを持ってから比較的ローソンを多く利用するようになった。特定の商品に対して期間限定でポイント還元をすることが多く、それに伴って類似商品を購入する際はカードのポイントが還元されるものを買うようになった。外食の際もかっぱ寿司が利用できるお店として登録されており、他の寿司屋に行くよりカード利用のために店舗を利用するようになった。ドコモオンラインショップでの利用でもポイント還元が多くあり、期間限定イベントでは何倍も還元してもらえるためかなりお得な買い物ができている。

アプリやWebサイトの使用感
Webサイトについては、キャリアメニューからログインできる点がスムーズなのでいいが、何度も似たようなページでエントリーやログインチェックを受けるため、わずらわしさを感じることが多い。コーポレートカラーが紅白のため、目が疲れるサイトの構成になっている。イベントバナーが出てくる頻度が多く、誤ってタッチすることが増えてストレスになる。

年会費
一度でも利用をしていれば実質的な年間費は存在しないため、日常使いの割引等もだが、期間限定イベントによるポイント還元は魅力を感じる。特にキャリアをdocomoにしている人は使わないと損だと思う。d払いによるイベントポイント還元も加わって乱立するキャッシュレスサービスの中でも頭ひとつ抜けた存在だと感じている。
保有枚数: 2枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: ポイント | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 5〜10万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 旅行費用 、 携帯電話費用
4.0
男性 / 静岡県 / 20代 / 会社員 / 年収:400〜600万円未満
年会費 3 | 発行スピード 3 | ポイント 4 | マイル 3 | 優待サービス 3 | サービス対応 3 | 利便性 5
選んだ理由
当時、VISAブランドとマスターブランドのクレジットカードは持っていましたが、JCBブランドのカードは持っていませんでした。ですから、JCBブランドのカードが欲しいと思ったのです、JCBの場合、他のブランドと違って、JCB本体がクレジットカードを発行しているようなので、JCB本体と直接契約しました。

特典やポイント制度
JCBのクレジットカードを利用して貯めたポイント(Oki Dokiポイント)は、楽天スーパーポイントに交換できます。この楽天スーパーポイントが貯まったら海外旅行に行くことにしています。ですから、お得だという点で言えば、JCBのポイント(Oki Dokiポイント)を楽天スーパーポイントに変えられるという点が挙げられます。交換にかかる期間も2~3週間程度です。即日とはいきませんが、クレジットカードのポイントという点を考えればそれなりのスピードだと思っています。また、JCBカードは他のクレジットカードよりも私の場合、利用限度額が随分と高いです。どういう基準なのかはしれませんが、利用可能額が多いという事は、いざというときに便利だと思います。

活用術
昔は東京ディズニーランドで使えるクレジットカードはJCBだけでしたが、今はそういうメリットはなくなってしまいましたね。残念です。後、海外旅行が好きでよくいくのですが、今の時代、現地の現金を入手する際にはクレジットカードでのキャッシングが一番簡単で便利です。ところが社会インフラのあまり整っていないアジアの国に行くと、VISAは使えないけどJCBが使えたり、マスターは使えないけどJCBが使えるATMに出くわすことがあります。また、ショッピングの際にもたまにそういう事があります。ヨーロッパや北中米ではこのようなメリットはありませんが、アジアの発展途上国に行く場合、JCBはぜひ持っていきたいカードです。

アプリやWebサイトの使用感
画面はシンプルで見やすいですし、速度も速いです。他のクレジットカード会社の場合、マイアカウントページ内の画面がなかなか切り替わらずイライラする事もありますが、JCBの場合はそのような事はほとんどありません。まあ、用がなければ見る事がないデザインではありますので、もっとエンターティナメント性を高くしても良いかなとは思います。

年会費
年会費以上の価値は感じないです。年会費程度には価値は感じます。やはりJCBブランドで、しかもJCB本体が発行したクレジットカードですから、多少の年会費がかかるのは仕方ないかなとも思います。ちなみに、私の場合、当初は若者向けのカードで年会費は無料でしたが、いつの間にか一般カードに切り替わり年会費がかかるようになっていました。
保有枚数: 6枚 | 申込み方法: インターネット | 重視した点: 利便性 | 発行期間: 1週間 | 利用頻度: 週1回 | 月額利用金額: 5万円未満 | 主な利用シーン: 光熱費 、 ショッピング費用
公式サイトはこちら 【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー