更新日:

転職エージェントの選び方を徹底解説!

転職エージェントの選び方を徹底解説!

「転職エージェントの正しい選び方って何?」

このような疑問はありませんか?

それぞれの転職エージェントは、異なる特徴を持っているため、自分に合った転職エージェントを選ぶ必要があります。

しかし「自分に合った転職エージェント」とは何なのかが、わからない方も多いと思います。

そこで本記事では、転職エージェントの選び方を徹底解説していきます。

おすすめの転職エージェント25選を徹底比較!選び方も解説

転職エージェントの種類を理解する

転職エージェントの種類を理解する

転職エージェントの種類は、大別すると4種類あります。

転職エージェントの種類

  • 総合・両手型の転職エージェント
  • 総合・片手型の転職エージェント
  • 特化・両手型の転職エージェント
  • 特化・片手型の転職エージェント

上記のように分類されても意味がわからないと思いますので、詳しく解説していきます。

総合型と特化型の違い

総合型の転職エージェントは、さまざまな業界・職種や年代、性別に対応した幅広い求人を扱っています。

そのため、保有する求人数が多く、選択肢やチャンスが多い点が特徴です。

一方で特化型の転職エージェントは、特定の業界・職種や年代、性別の求人を扱っています。

そのため、保有する求人数は少なくなりますが、より専門的な求人や好待遇の求人が多い点が特徴です。

総合型のメリット

総合型の転職エージェントは、さまざまな種類の求人を扱っているため、保有する求人数が多いです。

そのため、選択肢が多く、転職できる確率が高まります。

特化型のメリット

特化型の転職エージェントは、特定の種類の求人を扱っているため、より専門多岐な求人や好待遇の求人が多いです。

そのため、年収が上がるなどのキャリアアップを目指せます。

両手型と片手型の違い

転職エージェントは、企業から求人情報を集めたり、内部情報を聞き出したりする業務と求職者の面談をしたり、希望の求人を探したりする業務があります。

上記の業務を両方とも1人でおこなっている場合に、「両手型の転職エージェント」と言います。そして、それぞれ別の人がおこなっている場合に、「片手型の転職エージェント」と言います。

両手型のメリット

法人関係の業務と求職者関係の業務を1人でおこなっているため、担当者がより深い情報を持っています。

また、自分の担当者に伝えた内容が企業に正しく伝わるため、細かな要望が叶う可能性が高いです。

片手型のメリット

法人関係の業務と求職者関係の業務をそれぞれ別の人がおこなっているため、扱っている求人数が多いです。

また、自分の担当者へ連絡した際には、迅速な対応も期待できます。

自分に合った転職エージェントを選ぶ

自分に合った転職エージェントを選ぶ

自分の状況と転職エージェントの種類を考えて、「自分に合った転職エージェント」を選びましょう。

その際に見るべきポイントは3つあります。

ポイント

  • 求人数
  • サポート内容
  • プライバシーマーク

それぞれについて解説していきます。

求人数

求人数が多ければ、それだけ選択肢とチャンスが多くなります。そのため、転職エージェントが保有する求人数は非常に重要なポイントです。

また、公開求人だけではなく、非公開求人や独占求人に数も参考にしましょう。

非公開求人とは、一般的な求人サイトなどには掲載していない求人です。非公開求人は、「経営に関わる」とか「極秘プロジェクトである」など、非公開にするだけの理由がある求人であることが多いです。

また独占求人とは、その転職エージェントでしか扱っていない求人になります。「独占求人を出す」ということは、企業からその転職エージェントが信用されている証拠になります。

サポート内容

サポート内容は、それぞれの転職エージェントによって異なります。

転職が初めての人のために面接対策や書類作成支援をおこなってくれる転職エージェント。また、ハイクラス求人を探している人に求人紹介をおこなうことがメインの転職エージェントなどがあります。

そのため、自分の状況と合っていない転職エージェントを選んでしまうと、効率が悪くなる可能性もあります。注意してください。

プライバシーマーク

プライバシーマークとは、個人情報保護の体制や管理が適切であることを示すものです。

このマークは、日本産業規格に基づいた基準に適合した事業者のみが使用を認められているため、プライバシーマークをつけているだけでも安心できます。

特に転職する際には、住所や電話番号を履歴書に書きますし、顔写真も載せます。また、どのような経歴があるかを職務経歴書に書きます。

つまり、ほぼすべての個人情報を預けるわけです。そのため、「プライバシーマークがあるか」は調べておきましょう。

よい転職エージェントの見極め方

よい転職エージェントの見極め方

転職エージェントは、求職者が自社の紹介で転職してくれないと利益が発生しません。

そのため、「言いくるめて転職させる」という方法を取る転職エージェントも存在するのです。

この場合には、「あなたに適した求人」などではなく、「人材不足のブラック企業」に転職させられるかもしれません。

そうならないために、よい転職のエージェントの見極め方を理解しておきましょう。

見極め方

  • 質の高いキャリアアドバイザーが在籍しているか
  • 希望に沿った求人を紹介してくれるか
  • 吟味した求人を紹介してくれるか

それぞれについて解説していきます。

転職エージェントの裏事情を詳しく解説!プロの本音も解説

質の高いキャリアアドバイザーが在籍しているか

キャリアアドバイザー質によって、紹介される求人が異なります。

質の悪いキャリアアドバイザーの場合には、利益を得ようと「採用されやすい求人」を紹介してきます。

一般的な質のキャリアアドバイザーの場合には、「こちらが提示した情報に適した求人」を紹介してくれます。そのため、希望に合った転職ができる可能性があります。

そして質の高いキャリアアドバイザーは上記に加えて、新しい可能性も提示してくれるのです。その新しい可能性は、あなたと関係のないものではありません。プロの視点で、「資質があるかもしれない」と思える求人です。

そのため、自分で転職するよりも適した企業に転職できる可能性が高まります。

希望に沿った求人を紹介してくれるか

求職者が希望する求人は、基本的に難しいものばかりです。それは、希望だけでなく、理想も含まれていることが多いからです。

たとえば、「未経験者可能で、完全週休2日で、勤務地は○○市。年収は500万円以上」などと、希望を詳細にしていくほど、合致する求人はなくなっていきます。

その場合に、「そういう求人はないですね」で終わってしまうのか、少しでも近い求人を探してくれるのかで変わります。

また、よい転職エージェントの場合には、「今は合致する求人がないけど、交渉してみる」と頑張ってくれる場合もあります。

吟味した求人を紹介してくれるか

転職エージェントの利益は、求職者を企業に紹介して、採用に至った場合に得られる「紹介手数料」です。

そのため、よくない転職エージェントの場合には、「数打ちゃ当たる」で求職者に適していない求人を紹介してくることがあります。

この場合には、1人で転職活動をしているのと変わりなく、ただ手間が増えているだけです。

一方でよい転職のエージェントの場合には、求職者と特徴と企業の特徴を考えて、求人を吟味して紹介してくれます。

転職エージェントの上手な利用方法

転職エージェントの上手な利用方法

転職エージェントは、利用方法によっても質が変わります。

こちらの態度が悪ければ、質の高い求人を紹介してくれなくなり、結果として転職エージェントの質も悪くなります。

そうならないために、上手な利用方法について理解しておきましょう。

上手な利用方法

  • 報連相をおこなう
  • 経歴やスキルを偽らない
  • 軸を決めておく

それぞれについて解説していきます。

転職エージェントの選び方を徹底解説!

報連相をおこなう

報連相を怠ってしまうと、転職エージェント側は困ってしまいます。

「本当に転職活動しているのか」も不明ですし、「紹介した求人を気に入ってくれたのか」も不明になります。

このような状態では、転職エージェント側はどこに力を入れたらいいのか」も不明確になり、結果として質の悪い支援しかできなくなってしまいます。

そうならないために、報連相をおこない、転職エージェントと良好な関係を築きましょう。

経歴やスキルを偽らない

経歴やスキルを偽っても、一切メリットはありません。

もし偽って条件のよい転職が実現しても、企業が求めているのは「偽りのあなた」です。そのため、与える仕事とあなたの能力にミスマッチが生じてしまいます。

また、あなたも偽って転職しているため、自分の能力に合った仕事は与えられません。その結果、労働時間が増えるなどの悪い影響を及ぼし、満足感を得られません。

加えて、経歴やスキルを偽ると罰せられる可能性もあります。

経歴やスキルを偽るだけなら犯罪にはなりませんが、それによって会社に損失を与えてしまうと訴えられる可能性があります。

このように経歴やスキルを偽ると、デメリットしかないため偽らないようにしましょう。

軸を決めておく

転職エージェントを利用する際には、「絶対に譲れない要素」を決めておきましょう。

いくら優秀な転職エージェントでも、あなたの希望に完全一致した求人を紹介するのは難しいです。

そのとき「絶対に譲れない要素」が明確になっていないと、「どの部分を削るか」が不明確になり、転職が成功しません。

たとえば、「絶対に勤務地は○○市がよい」と決めている場合には、勤務地が○○市だけど、給与が少し低い求人の紹介などができます。

一方で何も決まっていなければ、何を基準に求人を紹介したらよいのかが不明確になってしまい、紹介される求人が減るかもしれません。

総合型でおすすめお転職エージェント

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
  • doda
  • マイナビエージェント

それぞれについて解説していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェント
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • 10万件以上の非公開求人(2020年8月時点)
  • ほぼ全ての業種・職種の取り扱いあり
公開求人数 約17万
非公開求人数 約23万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 業界最大手の転職エージェント /

無料登録はこちら

\ 業界最大手の転職エージェント /

公式サイトはこちら
【PR】

リクルートエージェント最大の特徴は、扱う求人数の多さです。求人数の多さは、選択肢やチャンスの多さに直結します。

また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界の詳しい情報を知ることができる点も特徴です。

doda

doda
doda
おすすめポイント
  • 無料年収査定で自分の市場価値がわかる
  • 合格診断で内定がもらえる企業がチェックできる
  • エージェント機能を利用しなくてもOK
公開求人数 約12.6万
非公開求人数 約3.5万
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 転職満足度No.1(※) /

無料登録はこちら

\ 転職満足度No.1(※) /

公式サイトはこちら
【PR】

doda最大の特徴は、転職者の満足度No.1(※)であることです。加えて、保有する求人数も業界最大級です。

満足度が高い理由としては、転職市場に精通したプロによる支援採用のプロから人事と同じ視点でアドバイスがもらえることです。

このように、より詳細な支援をおこなってくれるため、非常に高い満足度を誇っています。

(※)電通バズリサーチ調べ

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェント
おすすめポイント
  • 業界ごとに専任のアドバイザーが在籍
  • 女性の転職にもおすすめ
  • 年収(給与)を軸に転職を考えてる人におすすめ
公開求人数 約3.5万
非公開求人数 約11万
対応地域 全国
対象年齢 20代〜30代
業界、職種 全ジャンル

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

無料登録はこちら

\ 20代・第二新卒におすすめエージェント /

公式サイトはこちら

マイナビエージェント最大の特徴は、各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍していることです。そのため、多くの求人の中から、より自分に適した求人を見つけて紹介してくれます。

また、企業担当アドバイザーは、企業の人事とやりとりをおこない、求人票からはわからない職場のリアルな雰囲も教えてくれます。

特化型でおすすめの転職エージェント

本章では、以下のカテゴリーに特化した転職エージェントを紹介します。

カテゴリー

  • 20代・第二新卒
  • 30代以降
  • 女性
  • IT業界

【20代・第二新卒】DYM就職

DYM就職
DYM就職
おすすめポイント
  • 第二新卒の転職に強い
  • 希望に沿った求人の紹介
  • 内定獲得後もフォロー
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 各地方にいくつか
対象年齢 20代・第二新卒・既卒・フリーター
業界、職種 全ジャンル

\ DYM就職の /

無料登録はこちら

\ DYM就職の /

公式サイトはこちら

DYM就職最大の特徴は、人材教育が充実した求人を多数保有していることです。

そのため、第二新卒やフリーターなど社会人経験の浅い方にも多くの求人を紹介できます。

また、内定獲得後のフォローも充実しており、入社後の不安も解消してくれる点も特徴です。

【30代以降】JAC Recruitment

JACリクルートメント
JACリクルートメント
おすすめポイント
  • 顧客満足度 4年連続No.1(※1)
  • コンサルタントの総数 約1200名(※2)
  • 知人にJACをすすめたい方 94.7%(※3)
公開求人数 約6000
非公開求人数 約9000
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ JACリクルートメントの /

無料登録はこちら

\ JACリクルートメントの /

公式サイトはこちら
【PR】

JAC Recruitment最大の特徴は、ハイクラス・ミドルクラス分野の転職において、4年連続(2019年~2022年)で顧客満足度No.1(※)を獲得していることです。

また、抱えるコンサルタントの数が約1200名と多く、求職者1人あたりへのサポートが厚い点も特徴です。

(※)オリコン顧客満足度調査

BIZREACH・リクルートダイレクトスカウト

ビズリーチ
ビズリーチ
おすすめポイント
  • 審査制の転職サイト
  • 登録だけでスカウトが届き転職が可能
  • 年収600万円以上におすすめ
公開求人数 約120000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ 市場価値を確かめたい人におすすめ /

無料登録はこちら

\ 市場価値を確かめたい人におすすめ /

公式サイトはこちら
リクルートダイレクトスカウト
リクルートダイレクトスカウト
おすすめポイント
  • 年収800〜2000万円の求人が多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ
  • 約300社・約3000名以上(※)のヘッドハンターが在籍
公開求人数 約70000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 全ジャンル

\ リクルートダイレクトスカウトの /

無料登録はこちら

\ リクルートダイレクトスカウトの /

公式サイトはこちら
【PR】

BIZREACHやリクルートダイレクトスカウトもおすすめです。これらは、転職エージェントではなく、スカウト型になっています。

BIZREACHは、登録する際に審査に通過する必要がありますが、それだけ待遇のよい求人を保有しています。

またリクルートダイレクトスカウトは、約300社・約3000名以上のヘッドハンター(※)が仕事を探してくれます。

BIZREACHやリクルートダイレクトスカウトなどのスカウト型は、登録したあとにスカウトが届くのを待つだけなので、登録しておいて損はないでしょう。

(※)リクルートダイレクトスカウト公式HP 2022年4月時点

【女性】type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント
type女性の転職エージェント
おすすめポイント
  • 女性の転職に特化
  • 18年以上存続の転職サイト
  • 女性の転職type(転職サイト)も運営
公開求人数 約7,000
非公開求人数 約17,000
対応地域 全国
対象年齢 全年齢・女性
業界、職種 全ジャンル

\ type女性の転職エージェントの /

無料登録はこちら

\ type女性の転職エージェントの /

公式サイトはこちら

type女性の転職エージェント最大の特徴は、女性に特化した支援をおこなっていることです。

具体的には、面接の際のメイク方法を教えるなどです。

また、転職エージェントとは別に転職サイトも運営しており、幅の広いノウハウも持っています。

【IT業界】レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリア
おすすめポイント
  • 初回提案内定率 90%
  • 年収UP率 60%以上(※)
  • 270万円年収UP実績あり
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 エンジニア、社内SE、プロジェクトマネージャー(PM)、プロジェクトリーダー(PL)、ITコンサルタント、データサイエンティスト、ゲームプログラマー

\ レバテックキャリアの /

無料登録はこちら

\ レバテックキャリアの /

公式サイトはこちら
【PR】

レバテックキャリア最大の特徴は、希望企業への転職成功率が96%(※1)もあることです。また、年収UP率が80%以上(※2)あります。

上記が実現する理由は、求職者に最適な求人を紹介するために、年3000回以上(※3)も企業を訪れて、リアルな情報を集めていることです。

(※1)2020年8月~2021年9月の実績
(※2)2020年6月~2021年8月の実績
(※3)レバテックキャリア公式HP 2022年4月時点

転職エージェント選びでよくある質問

最後に、転職エージェント選びに関する質問にお答えしていきます。

転職エージェントにデメリットはある?

転職エージェントを利用デメリットは、基本的にありません。登録や利用は無料で、プロによる支援を受けられるからです。

しかし、転職までにキャリアアドバイザーとの面談などのプロセスがあるため、自分のペースで転職活動がおこなえないことが多いです。気になるようであれば、リクナビNEXTなどの転職サイトを利用しましょう。

転職エージェントに掲載されている釣り案件の見抜き方は?

釣り案件の見抜き方は、掲載されている期間です。

選ばれない理由が特に見当たらないのに、長期間掲載されている求人は、何かしらの問題を抱えている可能性が高いです。

転職エージェントがうざい場合の対処法は?

転職エージェントを利用していると、キャリアアドバイザーと馬が合わず「うざい」と感じることもあります。

そのような場合には、担当者の変更を依頼しましょう。

転職エージェント側も、求職者には転職してほしいため、快く受け入れてくれることが多いです。

しかし、変更してくれない場合や変更しても「うざい」と感じる場合には、別の転職エージェントを検討しましょう。

まとめ|転職エージェントの選び方は自分の状況と相談

それぞれの転職エージェントは、それぞれの特徴を持っています。その特徴と自分の状況が合致する転職エージェントを選ぶとよいでしょう。

「どんな仕事がしたいのか」が明確でない場合には、さまざまな求人を扱っている総合型の転職エージェントがよいですし、明確な場合には特化型の転職エージェントがよいでしょう。

また、サポート内容なども鑑みて、より適した転職エージェントを選べるように、ホームページなどを見て選びましょう。

キャリア形成支援を主な事業とするCareer Expertを経営。具体的には、就職・転職支援や自己理解支援、キャリアデザイン支援などを実行。その経験や専門知識を活かし、読者の役に立つ記事を執筆。

山岸 竜雅の執筆記事・プロフィール一覧へ