更新日:

クレジットカードのコンシェルジュサービスを解説!安い年会費で利用できるカード5選

クレジットカードのコンシェルジュサービスを解説!安い年会費で利用できるカード5選

クレジットカードのお得なサービスのひとつとして、コンシェルジュサービスがあります。

電話一本で、ホテルやレストラン、航空券などを手配してくれるとても便利なサービスですが、意外と知られておらず、まだ活用したことがない方も多いはずです。

そこで今回は、クレジットカードの便利な付帯特典のひとつ、コンシェルジュサービスについて詳しく解説します。

コンシェルジュサービスが利用できるおすすめプラチナカード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
年会費 : 22,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.1 〜 0.2%
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

オリコカード THE PLATINUM

オリコカード THE PLATINUMの詳細
年会費 : 20,370円(税込)
ポイント還元率 : 1 〜 2%

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

年会費 : 20,000円(税抜)
ポイント還元率 : 0.5%
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

JCBプラチナ

JCBプラチナの詳細
年会費 : 27,500円(税込)
ポイント還元率 : 0.1 〜 1%
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナの詳細
年会費 : 55,000円(税込)
ポイント還元率 : 0.5%~10%
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

クレジットカードのコンシェルジュサービスの基本

コンシェルジュとは?

コンシェルジュとは、主にホテルなどでお客様の要望に応える専任スタッフという意味合いで使われていた職名です。

ホテルやレストランの手配、観光情報の提供など、総合的なサービスを強みとしています。

ただし現在は、ホテルに限らずあらゆる分野でコンシェルジュサービスが用意されており、クレジットカードの付帯特典のひとつとしても利用されています。

コンシェルジュに依頼できる内容

それでは実際に、クレジットカードに付帯しているコンシェルジュサービスに依頼できる内容を簡単にご紹介します。

もちろん、例外もあるので参考程度にどうぞ。

依頼内容の参考例

・レストランの予約
・ホテルの予約
・タクシーの手配
・航空券の手配
・映画館、アクティビティのチケット手配
・お祝い事のプレゼント手配
・旅行プランの提案
・観光地の情報提供など

すべてのクレジットカードで利用できるわけではない

ここで気をつけなければいけないのが、コンシェルジュサービスは全てのクレジットカードに付帯しているわけではないということです。

基本的には、プラチナランク以上のクレジットカードに付帯している上級サービスとなっているので、まずは、プラチナカードの取得を目指しましょう。

プラチナカード徹底比較!年会費ランキングやおすすめプラチナカード、審査基準をご紹介

コンシェルジュサービスが利用できるおすすめクレジットカード5選!

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • プライオリティパス、24時間365日専任のスタッフ対応、MUFGカードのステータスカードの最高峰!
  • 初年度1.5倍、海外2倍のポイントプログラム!
  • プライオリティパスでより充実した空港ラウンジを体験
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
22,000円(税込) 22,000円(税込) 0.1 〜 0.2%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
SMART ICOCA
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三菱UFJニコス株式会社

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(MUFGプラチナアメックス)は、三菱UFJニコス発行のプラチナランクのクレジットカードです。

20,000円(税別)の年会費は、プラチナカードの中では比較的抑え目で、インビテーションではなく一般申し込みも可能なことから入手しやすい部類に入るといえます。

1,000円利用につき1ポイント貯まるグローバルポイントは、入会初年度は1.5倍、海外利用とあらかじめ指定した記念月には2倍付与されるお得なポイントプログラムとなっています。

日本国内外のレストラン予約や、エンターテインメントチケット手配、さらに海外でのトラブルや病気などの緊急時の支援までしてくれるプラチナ・コンシェルジュサービスが24時間365日利用できます

また、MUFGプラチナアメックスには、プライオリティ・パスも付いているので、LCCでの旅行でも空港VIPラウンジを使えるというメリットがあります。

オリコカード THE PLATINUM(オリコカード ザ プラチナ)

オリコカード THE PLATINUM
オリコカード THE PLATINUMの詳細
VISA 非対応 MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • オリコカード史上最高のポイント還元率!常時1.0%以上、誕生月の還元率は2.0%
  • iD・QUICPay・Mastercard®コンタクトレスと、非接触決済に幅広く対応
  • 多彩な空港サービス!国内外の無料空港ラウンジサービス、無料手荷物宅配など
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,370円(税込) 20,370円(税込) 1 〜 2%
電子マネー
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
nanaco
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

オリコカード THE PLATINUMは、ポイント高還元率カードとして人気のオリコカードシリーズのプラチナランクにあたるクレジットカードです。

こちらのカードも、プラチナカードとしては比較的お手頃な年会費20,000円(税別)で利用できます。

既に通常利用時でポイント還元率1.0%となっており、どこで利用してもどんどんポイントが貯まります。

また、誕生日月や海外利用時ポイント2倍や、ポイント優待サイト「オリコモール」の活用で、さらに効率よくポイントを貯めることも可能です。

もちろん、プラチナカードらしく、充実した付帯保険や24時間365日対応可能なコンシェルジュサービスが利用できます

オリコモールについて詳しく知りたい方はこちら

オリコモールはポイント還元率最大15%!お得な使い方や利用時の注意点を徹底解説!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外ラウンジが無料で利用できる、プライオリティ・パスが利用可能!
  • 海外・国内旅行保険も最高1億円まで付帯されていて安心!
  • 会員専用のコンシェルジュサービスが利用できる!
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
20,000円(税抜) 20,000円(税抜) 0.5%
電子マネー
楽天Edy(エディ)
Suica(スイカ)
nanaco
ID(アイディ)
QUICPay(クイックペイ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社クレディセゾン

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス(R)・カード(セゾンプラチナビジネスアメックス)は、個人事業主または経営者のためのクレジットカードで、年会費は20,000円(税抜)です。

ビジネスカードですが個人でも申し込むことが可能です。

セゾンアメックスには、同じ年会費20,000円(税抜)のセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カードがありますが、こちらはインビテーション制のため、すぐに申し込むことはできません。

その点、セゾンプラチナビジネスアメックスであれば、申込制カードで、かつ個人でも申し込みできるため、すぐにプラチナカードを作りたい方にも対応しています。

比較年会費が安いプラチナカードですが、プライオリティ・パスが利用できるほか、最高1億円の旅行傷害保険も付帯とプラチナカードにふさわしいサービスが利用できます。

コンシェルジュサービスももちろん利用できるので、コストパフォーマンスに優れたカードといえるでしょう。

JCBプラチナ

JCBプラチナ
JCBプラチナの詳細
VISA 非対応 MasterCard 非対応 アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 24時間・365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスク」
  • 国内の厳選したレストランで1名様が無料に「グルメ・ベネフィット」
  • 世界の空港ラウンジが利用可能「プライオリティ・パス」
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
27,500円(税込) 27,500円(税込) 0.1 〜 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 株式会社ジェーシービー

JCBプラチナはJCBゴールド ザ・プレミアの更に上をいくステータスカードで、年会費は25,000円(税別)となります。家族カードは1枚まで無料で発行することが可能です。

申し込み制のカードのため、審査に通過すれば誰でも持つことができますが、申込条件が定められており、「25歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となります。

JCBプラチナは、24時間365日利用可能な「プラチナ・コンシェルジュデスクや、全国の厳選した有名レストランで所定のコースを2名以上で予約すると1名の代金が無料となる「グルメ・ベネフィット」を利用することができます。

また、JCBは、ユニバーサルスタジオジャパンのオフィシャルマーケティングパートナーなので、ユニバーサルスタジオ内のJCBラウンジでアトラクション優待搭乗などのサービスも受けられます。

このなかで特におすすめなサービスは「グルメ・ベネフィット」です。ほとんどのコースが1万円以上するため、年に2〜3回利用すれば、簡単に年会費以上のメリットを受けることができます。

三井住友カード プラチナ

三井住友カード プラチナ
三井住友カード プラチナの詳細
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • 海外空港のラウンジをご利用いただける「プライオリティ・パス」
  • 航空券+ホテル予約でホテル代最大全額OFFの「Expedia(エクスペディア)™」。当社会員限定の優待割引サービスが受けられます。
  • 百貨店、グルメ、ファッション、家電など、いつものネットショップでポイントが2~20倍。
年会費初年度 年会費2年目〜 ポイント還元率
55,000円(税込) 55,000円(税込) 0.5%~10%
電子マネー
ID(アイディ)
PiTaPa(ピタパ)
WAON(ワオン)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
nanaco
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険
【PR】Sponsored by 三井住友カード株式会社

三井住友カード プラチナは、三井住友カード株式会社の発行しているプラチナランクのクレジットカードです。

年会費は一気に50,000円(税別)まで上がりますが、ホテルのお部屋やお食事のグレードアップが利用できる「プラチナホテルズ」や宝塚劇場有線販売、三井住友VISA太平洋マスターズのペア観戦入場券プレゼントなどのお得な優待特典が満載です。

また、旅行からエンターテインメント、アクティビティまで幅広くサポートしてくれるコンシェルジュサービスが24時間365日利用可能です。

コンシェルジュサービス利用時の注意点

コンシェルジュサービスは、必ずしも全ての依頼に対応してもらえるわけではありません。

もちろん、不可能なことを依頼しても出来るはずがないので、自身の利用できるコンシェルジュサービスがどの範囲の依頼に対応してくれるのかをしっかりと把握する必要があります。

コンシェルジュサービスが使えるクレジットカードまとめ

・クレジットカードに付帯しているコンシェルジュサービスを活用することで、お店の予約やチケットの手配を簡単に行える
・基本的に、コンシェルジュサービスは、プラチナランク以上のクレジットカードで利用できる
・事前に対応可能な範囲を把握しておくことが重要

クレジットカードに付帯しているコンシェルジュサービスは、ホテル、レストランの予約や、航空券の手配などを気軽に依頼することができます。

対応可能範囲をしっかりと把握し、効率よく活用できるようにしましょう。

関連記事