更新日:

au PAY カードを徹底解説!auユーザーが得する理由も紹介

au PAY カードを徹底解説!auユーザーが得する理由も紹介

KDDIが提供する携帯電話ブランド「au」は、スマホやケータイなどを利用すると「お得な特典」がつくことでも人気です。

auサービスユーザーに提供されている「au PAY(旧au WALLET)」は、auの電子的なお財布でインターネットで利用したり、プリペイドカードで支払ったりできます。

そしてau PAYのサービスをさらに高めたのが「au PAY カード」です。

au PAY カードは元々「au WALLET クレジットカード」でしたが、2020年5月21日に名称が変更されました。

auサービスの契約者であれば「断然お得!」なau PAY カードを徹底解説します。

au PAY カード
auPayカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイント還元率1%
  • 海外旅行安心保険最高2000万円
  • お買い物安あんしん保険(年間100万円まで)
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

au PAY カードとはどのようなクレジットカード?

日本を代表する携帯電話会社である「KDDI」が発行する「au PAY カード」は、auユーザーはもちろんauユーザーではない方も申込めるお得なクレジットカードです。

auユーザーではない方は、au IDに新規登録することで申込みが可能です。

年会費は原則無料で、入会費などの費用も必要ありません。

そして何よりもauユーザーが利用することで、たくさんのメリットが生まれます。

au PAY カードの年会費はサービス解約&1年間利用なしで有料に

au PAY カードは入会金もなく、年会費も無料なので維持費は「0円」です。

毎年の負担がなくメリットの多いことから、持っていても損はありません。しかし、以下2つの条件を満たしてしまうと翌年度の年会費が有料になってしまいます。

それが「auサービスの解約(契約なし)」と「所定の基準日から1年間以内のカード利用なし」。

つまりau PAY カードの申込み時にauサービスを利用していても、あとから契約を「解約」、「一時休止」、「譲渡」し、かつ所定の基準日から1年間以内にカード利用がないと翌年度の年会費が有料になります。

また、申込み時点でauサービスを利用していないauユーザーではない方の場合は、所定の基準日から1年間以内にカードの利用をしていないだけで、翌年度の年会費が有料になります。

有料になると年会費は1,375円(税込)で、さらにポイントなどの特典サービスにも制限がかかります。

無条件で毎年年会費無料になるのは、auサービスを契約している間だけということを覚えておきましょう。

au PAY カードの家族カード

au PAY カードは追加カードとして「家族カード」「ETCカード」が発行できます。

家族カードは高校生を除く18歳以上の家族が対象で、本会員の年会費が有料になっている場合のみ、1枚につき440円(税込)がかかります。ただし、申し込みには一定の条件があります。

家族カードの申込み条件

  • 高校生を除く18歳以上の家族
  • 申込む家族名義のau契約が必要
  • 契約はスマホ、タブレット、ケータイ、Wi-Fiルーターなどが対象

例えばau PAYカード本会員のみauユーザーで、家族は他社のスマホを利用しているケースでは家族カードの申込みができません。家族に関してはauユーザーであることが条件です。

ここは勘違いしやすい注意点です。

また、上位カードのau PAY ゴールドカードの場合は、家族会員は1枚目のみ年会費無料で、2枚目からは2,200円(税込)がかかります。ここも注意したいですね。

au PAY カードのETCカード

高速道路をお得に利用できるETCカードも年会費無料で追加できます。ただし年会費は無料ですが、新規発行手数料として1,100円(税込)が必要です。

ETCカードの発行手数料
項目 au PAY カード
au PAY ゴールドカード
年会費 無料 無料
新規発行手数料(税込) 1,100円 無料
再発行手数料(税込) 1,100円 無料

1,100円(税込)の負担は大きいですが、新規発行から1年以内にETCカードを利用した場合、発行手数料相当額をクレジットカード請求額から差し引くサービスをおこなっています。

つまり、ETCカードを1年以内に利用することで、実質的には新規発行手数料も無料です。

またau PAY ゴールドカードは利用に関係なく、全てが無料です。

au PAY カードとau PAY プリペイドカードの違い

auではau PAY カード以外に、「au PAY プリペイドカード(旧au WALLET プリペイドカード)」を発行しています。

au PAY プリペイドカードは事前チャージが必要なプリペイドカードで、国際ブランドとしてMastercardを付帯しています。auの電子マネーと考えてもよいでしょう。

au PAY カードとの大きな違いは、利用前にお金のチャージが必要なことです。そのため高額商品の購入には向いていません。

au PAY カードとプリペイドカードの比較
項目 au PAY カード au PAY プリペイドカード
券面画像
年会費 原則無料 無料
国際ブランド VISA、Mastercard Mastercard
支払い 後払い 事前チャージ
ポイント還元率 1% 0.5%
付帯サービス 旅行傷害保険、ショッピング保険 なし
追加カード 家族カード、ETCカード なし

au PAY カードにも国際ブランドのMastercardが付帯されているので、世界中のMastercard加盟店で使用できます。

ただし、公共料金の一部や毎月の自動引き落としに対応できないケースがあります。毎月の自動引き落としに使うのは、au PAY カードが安心です。

au PAY カード
auPayカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイント還元率1%
  • 海外旅行安心保険最高2000万円
  • お買い物安あんしん保険(年間100万円まで)
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

au PAY カードのポイントプログラム

クレジットカード最大の楽しみはやはり「ポイントプログラム」ですね。au PAY カードのポイントプログラムは、利用代金に対して「Pontaポイント」が付与されます。

Pontaポイントは100円(税込)の利用ごとに1ポイント付与され、ポイント還元率は1%と高還元のレベルです。

また、auスマホやauひかりを利用しているなら「auでんき」へ加入すると毎月の電気料金に応じて最大5%のPontaポイントが貯まる特典があるので、auを使うだけでどんどんポイントが加算されます。

auでんきポイントで割引
毎月の電気料金(税別) ポイント還元率
4,999円以下 1%
5,000~7,999円 3%
8,000円以上 5%

たとえば、毎月の電気料金が11,000円(税込)なら、1年間で7,320Pontaポイントが貯まることになります。

auサービスを利用することで、どんどんとポイントが貯まるのがau PAY カードですね。

ただし、ポイントの計算で注意点があります。au PAY カードでは「税込」で算出されますが、auでんきの料金は「税別」で計算されます。ここは間違えないように覚えておきましょう。

またPontaポイントの魅力の一つとして、さまざまなポイントの利用法が上げられます。Pontaポイントは原則として1ポイントが1円として利用でき、ショッピングで使用したり、商品と交換したりできます。

Pontaポイントの使用方法

  • クレジットカードの請求に充填
  • au PAY 残高にチャージ
  • ネットショッピングで利用
  • 商品と交換
  • デジタルコンテンツに利用
  • 携帯電話機器の購入、修理、オプション代金として利用
  • au携帯料金の支払い

なかでもau PAY 残高へチャージすると、au PAY(コード支払い)やau プリペイドカードにて1ポイント1円としてコンビニなどの実店舗でも使用できます。使用する幅が大きいのはユーザーにとって嬉しいことですね。

Pontaポイントが貯まるクレジットカードでおすすめはどれ?還元率や交換レートを徹底比較

電子マネーチャージにはポイントがつかない

au PAY カードを使用してもポイントがつかないケースがあります。勘違いしないなように覚えておきましょう。

Pontaポイントがつかないケース

  • au手数料
  • 電子マネーへのチャージ

例えば「ETC発行手数料」や「分割手数料」、「年会費」などのau手数料は、ポイントの対象になりません。

また「楽天Edy」「Suica」「nanaco」など電子マネーへのチャージについても、Pontaポイントの対象外です。au PAY カードを使用して、電子マネーへのチャージをしてもポイントは付与されません。

電子マネーとおすすめクレカの組み合わせを比較!お得な最強電子マネーはコレ!

au PAY カードでお得にポイントを貯める方法を解説

au PAY カードは使いかたにより、大きなメリットを生み出します。

つまり、使いかたによりもらえるポイント数も大きく変化する可能性があります。その特長とメリットを十分に理解して、お得にポイントを集めましょう。

お得に貯める方法①1%の高還元率クレジットカードなので日々の支払いから使う

au PAY カードのポイントは100円(税込)ごとに1ポイントが付与され、還元率は1%と他社の高還元クレジットカードと同水準です。

つまり、日々の生活での支払いを集約することで、ポイントをたくさん集められます。

例えば毎月の7万円の生活費をau PAY カードに集約するだけで、毎年8,400ポイント(年間84万円利用)がもらえます。これは大きいですね。

お得に貯める方法②auスマホやauひかり利用中に「auでんき」加入で最大5%還元

auスマホやauひかりを利用中なら、「auでんき」へご加入してau PAY カードで電気料金を支払うと最大5%のPontaポイントが貯まります。

auでんきの電気料金(税別)が5,000円以上ならポイント還元率は3%以上なので、通常還元率1%を上回ります。電気をたくさん使うauユーザーこそ、auでんきにも加入してポイント割引を受けましょう。

お得に貯める方法③ポイントアップ店ならポイント加算

「ポイントアップ店」はau PAY カードを使用することで、通常よりもたくさんのポイントが貯まるお得な加盟店です。

同じ買い物ならポイントアップ店を利用することで、もっとポイントが貯まります。

au PAY カードのポイントアップ店

ポイントアップ店の一例を見てみましょう。

ポイントアップ店

  • 紀伊國屋書店
  • ノジマ
  • Joshin
  • ココス
  • かっぱ寿司
  • ドミノピザ
  • 山内農場
  • TOHOシネマズ
  • ビッグエコー
  • 自遊空間

ここで紹介したのはあくまでポイントアップ店の一部です。ポイントアップ店は変動しますので、利用の前にはホームページで確認してください。

お得に貯める方法④au PAY マーケットで使うと最大16%還元

「au PAY マーケット(旧au Wowma!) 」はauが運営するインタネットショッピングモールです。アマゾンや楽天市場と比較すると規模は小さいですが、日用品から家電、ブランド品など多くの商品ラインナップがあります。

au PAY マーケットのお買い物特典プログラムなら、支払い方法画面でau PAY カードを利用すると、「au料金割引」「最大16%還元」の2つの特典から選択利用できます。

auユーザーではない方も利用でき、その場合は必然的に「最大16%還元」が適用されます。

au PAY カード対象のお買い物特典プログラム

au PAY マーケットでau PAY カードを使うことで利用できる、2つのお買い物特典を見てみましょう。

お買い物特典①最大10%のauご利用料金割引+最大2%ポイント還元

  • ステージに応じて:1%
  • 電子書籍購入(毎月税込1,000円以上)で:1%
  • au PAY ふるさと納税寄附(毎月5,000円以上)で:1%
  • au PAY マーケット ダイレクトストア/au PAY マーケット リカーショップ購入(毎月税込8,000円以上)で:1%
  • 「au PAY カード」を支払い方法で選択して利用で:5%
  • レストラン・美容・宿泊等サービスの購入(毎月税込3,000円以上)で:1%
  • 通常ポイント(お店からのポイント):1%
  • au PAY カードの利用ポイントとして:1%

お買い物特典②Pontaポイント最大16%還元

  • 電子書籍購入(毎月税込1,000円以上)で:1%
  • au PAY ふるさと納税寄附(毎月5,000円以上)で:1%
  • au PAY マーケット ダイレクトストア/au PAY マーケット リカーショップ購入(毎月税込8,000円以上)で:1%
  • 「au PAY カード」を支払い方法で選択してご利用で:6%
  • ステージに応じて:最大5%
  • レストラン・美容・宿泊等サービスの購入(毎月税込3,000円以上)で:1%
  • 通常ポイント(お店からのポイント):1%

auスマホ料金などの割引を希望する人は「auご利用料金割引」、ポイントが欲しい人は「ポイント最大16倍還元」を選択しましょう。

両特典ともに支払いは「au PAY カードを使用」が条件なので、忘れないようにしてくださいね。

お得に貯める方法⑤公共料金でもポイントが貯まる

電気代やガス代などの公共料金の支払いでも、1%のPontaポイントが付与されます。

毎月支払う公共料金をau PAY カードで支払うと、気がつかない間にどんどんとポイントが貯まります。

公共料金の支払いは銀行口座引落しよりも、クレジットカードがだんぜんお得です。変更を忘れないようにしてください。

au PAY カード
auPayカード
VISA MasterCard アメリカン・エキスプレス 非対応 JCB 非対応 ダイナースクラブ 非対応
おすすめポイント
  • ポイント還元率1%
  • 海外旅行安心保険最高2000万円
  • お買い物安あんしん保険(年間100万円まで)
年会費初年度 無料
年会費2年目〜 無料
ポイント還元率 1%
電子マネー
QUICPay(クイックペイ)
楽天Edy(エディ)
SMART ICOCA
Suica(スイカ)
付帯サービス
ETCカード
家族カード
ショッピング保険
海外旅行保険
国内旅行保険

au PAY カードのPontaポイントは利用幅が広い

Pontaポイントは集めるだけでなく、幅広い使い道が人気です。ネット通販で使用したり、商品と交換したりと利用方法はたくさんあります。

また、au PAY カードの請求代金に充当することもできるので、自分に合った利用法を探してください。

Pontaポイント利用①1ポイント1円として使う

Pontaポイントは「au PAY マーケット」「モバオク」で1ポイント1円として、支払いに使うことができます。

インターネットでさまざまな商品が購入できるので、使い道に困ることはありません。

Pontaポイント利用②au PAY カードの請求に充当できる

au PAY カードの請求にPontaポイントが充当できます。

ポイントの充当は100ポイント単位で、1請求当たり毎月合計2万円(2万ポイント)までです。

au PAY カードの請求へのポイント充当はこんなにお得

実はポイントをクレジットカード請求に充当するサービスは、他社のクレジットカードでも実施しています。

他社と異なるau PAY カードの注目点は、充当前の金額でポイントを算出することです。

au PAY カードでは、10,000円の請求時に2,000ポイントを充当した場合でも、請求金額の1%(100ポイント)がもらえます。

しかし多くのクレジットカードでは、10,000円から2,000ポイントを引いた8,000円に対してポイントが計算されます。

つまり、ポイント数は80ポイントとなり、au PAY カードより20ポイント少なくなります。

充当前の金額で計算することで、より多くのポイントがもらえます。

Pontaポイント利用③au PAY 残高へのチャージ

Pontaポイントをau PAY 残高へ1ポイント1円でチャージできます。

au PAY 残高にチャージすることで、その残高はau PAY プリペイドカードやau PAYとしてコンビニやスーパーなどでいつものお買い物などに使えます。

au PAY プリペイドカードについてはMastercardとして世界中の加盟店でも利用できるので、使用先が飛躍的に拡大します。

チャージは100ポイント(100円)単位で、月に2万ポイント(2万円)が上限です。上限を超えるチャージはできないので注意してください。

Pontaポイント利用④au利用料金へ充当する

毎月のau料金の支払いにPontaポイントが充当できます。ポイントの充当は任意の金額ではなく、あくまで3つのポイント充当コースから選らばなくてはなりません。

au料金のポイント充当コース

  1. 3,000ポイントコース(毎月500円×6ヶ月充当)
  2. 6,000ポイントコース(毎月1,000円×6ヶ月充当)
  3. 12,000ポイントコース(毎月2,000円×6ヶ月充当)

ポイントは申込み時に一括で引かれて6ヶ月の間、毎月決められた金額がau料金に充当されます。

Pontaポイント利用⑤携帯電話、修理、オプション購入ができる

au携帯電話、スマートフォンの購入代金や機種変更代金に、Pontaポイントが利用できます。

また携帯電話の充電器やオプション品の購入にも使えます。

au PAY カードがすぐに使える即時利用サービスとは?

「即時利用サービス」はau PAY カードの申込みをおこなってから、最短2分の審査で利用できるサービスです。

即時利用サービスはあくまで仮の審査なので、正式な審査が終了するまで利用できるサービスが2種類に限定されます。

即時利用サービスで使える機能

  • auかんたん決済のau PAY カード支払い
  • Apple Pay

クレジットカード自体が早く発行されるサービスではなく、機能制限がありますので注意してください。

即時利用サービスと審査の流れ

即時利用サービスは仮の審査なので、利用できる限度額は「3万円」までです。即時利用サービス申込みの流れを紹介します。

即時利用サービスの流れ

  1. au PAY カード申込み
  2. 最短2分で即時利用サービスの審査
  3. 即時審査メールが届く
  4. 2種類の即時利用サービスが利用開始(上限3万円)
  5. 本審査
  6. 10日前後にカード審査メールが届く
  7. 14日程度で自宅にau PAY カードが到着

au PAY カードが自宅へ到着することで、正式加入となり限度額もアップします。

また、即時審査が通っても正式審査で問題が出る可能性も考えられます。「即時審査=本審査」ではないことを覚えておきましょう。

au PAY カードの便利な機能を紹介

au PAY カードにはまだまだ便利な機能があります。特に「au PAY アプリ(旧au WALLETアプリ)」は、au PAY カードを「もっと便利」にすることができるスマホアプリです。

便利なau PAY アプリ

スマホアプリのau PAY アプリはダウンロードすることで、au PAY カードをもっと便利に使用できる機能が搭載されています。

便利な機能
  • 請求予定額や保有ポイント数の確認
  • お買い物履歴をグラフで管理
  • 支払い方法の変更

保有ポイント残高利用履歴がスマホで見られるので、支払いなどの管理がかんたんです。また請求額が多い月にはアプリ機能で、支払い方法の変更もできます。

Apple Payでも使用できる

スマホをショップのリーダーにかざすだけで支払いが完了する「Apple Pay」に、au PAY カードが登録できます。Apple Pay「QUICPay」加盟店で利用でき、かざすだけのスマート決済がコンビニやスーパーで利用できます。

au PAY カードをApple Payで使用するには、au PAY アプリでの登録が必要です。

QUICPayならポイント3重取りができるって知っていますか?
QUICPay(クイックペイ)はnanaco利用でポイント二重取りもできるお得な電子マネー

au PAY カードは安心の付帯サービスが充実

au PAY カードには付帯サービスとして、いくつかの保険や補償がセットされています。

au PAY カードの付帯サービス

  1. 海外・国内旅行あんしん保険
  2. お買い物あんしん保険
  3. 紛失・盗難補償
  4. カード利用速報サービス

付帯サービス①海外・国内旅行あんしん保険

au PAY カードには海外旅行、国内旅行のトラブルに対応した旅行傷害保険が無料で付帯されています。ただし国内旅行についてはau PAY ゴールドカードのみが対象です。

海外旅行あんしん保険
補償内容 au PAY カード au PAY ゴールドカード
利用条件 事前利用 利用条件なし
傷害死亡・後遺障害 2,000万円 5,000万円
傷害治療費 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
救援者費用等 200万円 200万円
個人賠償責任 2,000万円 3,000万円
携行品損害(免責3,000円) 20万円 100万円
乗継遅延費用 なし 2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能 なし 2万円

保険金額は最大保険金額です。海外旅行あんしん保険を利用するには「利用条件」として、出発前に海外旅行費用をau PAY カードで決済する必要があります。

ただし、au PAY ゴールドカードは利用条件がなく、自動的に適用されます。

国内旅行あんしん保険(au PAY ゴールドカードのみ)
補償内容 au PAY カード au PAY ゴールドカード
利用条件 付帯なし 事前利用
死亡・後遺障害 付帯なし 5,000万円
入院(1日につき) 付帯なし 5,000円
通院(1日につき) 付帯なし 3,000円

au PAY カードには国内旅行あんしん保険は付帯されていません。

また、au PAY ゴールドカードについても利用条件として、国内での宿泊予約、運賃などを事前決済することが条件です。

付帯サービス②お買い物あんしん保険

「お買い物あんしん保険」はau PAY カードを使用して購入した商品が、破損したり盗難にあったりした場合に補償されます。補償期間は購入から90日間で年間最大100万円までカバーされます。

お買い物あんしん保険
補償内容 au PAY カード au PAY ゴールドカード
支払限度額 年間100万円まで 年間300万円まで
免責金額 3,000円 3,000円
担保期間 商品購入から90日間 商品購入から90日間
適用範囲 国内・海外 国内・海外

付帯サービス③紛失・盗難補償

au PAY カードを紛失したり、盗難にあったりした場合の不正利用を保証する保険が「紛失・盗難補償」です。

紛失や盗難に気がついた時点から60日前にさかのぼって補償されるので、不正使用が発生しても安心です。

ただし、au PAY カードの裏面に署名していない場合や、紛失に気がついた時点でカスタマセンターへ連絡していないケースでは補償がされないこともあります。

また、警察への届け出が必要なケースもありますので、カスタマセンターの担当者の指示にしたがってください。

付帯サービス④カード利用速報サービス

不正使用の予防からau PAY カードを使用した時点で、速報として利用状況がメールで案内されます。

「カード利用速報サービス」
の内容は「利用日時」と「利用金額」で、身に覚えがない場合は不正使用が考えられるのでカスタマセンターへ通報してください。

また、家族カードの使用分についても、本会員にも速報メールが送られます。家族カードの利用状況を把握できるので安心ですね。

au PAY カードを利用する上での注意点

au PAY カードはたくさんのメリットがあるクレジットカードですが、利用に関する注意点もあります。特にauサービスと深くつながっていることから、スマホやケータイの解約時には注意が必要です。

注意点①auの解約や休止で年会費が発生する場合がある

スマホやケータイ、タブレットなどauサービスを解約・一時休止・譲渡することは、au PAY カードの翌年度の年会費が有料になる2つの条件のうちに1つです。

解約・一時休止・譲渡と併せて、所定の基準日から1年間以内にカード利用がないと翌年度の年会費が有料になるのでご注意ください。

有料になった場合の年会費は1,375円(税込)、家族カードは440円(税込)です。

注意点②ETCカードの発行に手数料がかかる

ETCカードは年会費無料ですが、新規発行手数料として1,100円(税込)を負担しなくてなりません。

ただし、1年以内にETCカードを利用することで還元されるので、利用予定のある必要な人のみ申込むのがよいでしょう。

au PAY カードのワンランク上を提供するゴールドカード

au PAY カードにサービスを追加したau PAY ゴールドカードは、ワンランク上のサービスを提供しています。

年会費が11,000円(税込)と高額ですが、お得な特典も多いので検討してはいかがでしょうか?

au PAY カードとau PAY ゴールドカードの比較

au PAY ゴールドカードは「ゴールドカード特典サービス」が付帯しているのが特長です。au PAY カードとの違いを比較してみましょう。

au PAY カードとau PAY ゴールドカードの比較
項目 au PAY カード au PAY ゴールドカード
券面画像
申込み資格 ・au IDを持っている方
・満18歳以上(高校生除く)
・本人または配偶者に定期収入のある方(※)
・au IDを持っている方
・満20歳以上(学生、無職、パート・アルバイト除く)
・本人または配偶者に定期収入のある方
年会費(税込) 無料(au解約・休止時&年1回の利用なしで1,375円) 11,000円
国際ブランド VISA、Mastercard
VISA、Mastercard
請求スケジュール 15日締め翌月10日払い 15日締め翌月10日払い
家族カード(税込) 無料(本会員の年会費が有料なら440円) 無料(2枚目から2,200円)
ETCカード(税込) 無料(発行手数料1,100円) 無料
ポイント 100円(税込) ごとに1ポイント 100円(税込) ごとに1ポイント
特典サービス なし ラウンジ、Relux、レンタカー等
海外旅行傷害保険 あり(最高2,000万円) あり(最高5,000万円)
国内旅行傷害保険 なし あり(最高5,000万円)
支払い方法 一回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
一回払い、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払い
キャッシング機能 あり あり
(※)学生の方は定期収入の有無にかかわらず申込めます

ゴールド特典①au料金でお得に貯まる

auの携帯電話および auひかり / auひかり ちゅらの利用料金の支払いに対して、通常ポイント1%と併せて毎月1,000円(税抜)ごとに最大11%のPontaポイントが還元されます。

auの携帯電話料金の支払いが毎月税込み9,180円、税抜で8,500円の場合、通常ポイント1%で90ポイント、ゴールド特典10%で800ポイントの合計890ポイントがもらえます。

なんとこれだけで年間10,680ポイントが貯まる計算です。

ゴールド特典②au PAY 残高へのチャージで+1%還元

au PAY ゴールドカードからau PAY 残高へのチャージをすると、+1%のポイントが還元されます。

上限は月間1,000Pontaポイントです。

ゴールド特典③au PAY マーケットで利用で7%還元

au PAY マーケットでのお買い物時にau PAY ゴールドカードを利用すると、7%が還元されます。

上限は月間7,000Pontaポイントで、これには上でご紹介した「お買い物特典プログラム」で付与される分を含みます。

また、「お買い物特典プログラム」で「auご利用料金割引」を選択している場合は、特典が異なるためご注意ください。

ゴールド特典④auでんきや都市ガス for auの支払いで+2%還元

au PAY ゴールドカードをauでんきや都市ガス for auの利用料金の支払いに利用すると、それぞれについて+2.0%のポイントが還元されます。

ゴールド特典④その他特典サービス

紹介した以外にもゴールド特典はいくつかあります。自分の好みの特典を見つけてどんどん利用しましょう。

そのほかのゴールド特典

  • 空港ラウンジサービス
  • Reluxによる一流ホテル、旅館優待サービス
  • 国内・海外レンタカー優待サービス
  • 海外アシスタンスサービス(ハローデスク)

au PAY カードからゴールドカードへのランクアップ

au PAY カードの会員はいつでも、au PAY ゴールドカードへのランクアップを申請できます。

ランクアップの申込みはau PAY カードの会員サイトから、「au ID」と「パスワード」でログインしておこないます。

申請によりau PAY カードにランクアップした場合、カード番号が変更になることから新たに口座振替手続きをしなくてはなりません。ただしauサービスにかぎり、自動的にクレジット番号が変更されるので必要ありません。

au PAY カードのまとめ

au PAY カードの魅力を感じていただけたでしょうか?

auサービスのユーザーであれば、これほどお得なクレジットカードはないかもしれません。

ただし、スマホやケータイを解約した場合には、お得感はなくなってしまう可能性があることを忘れないようにしてください。

auユーザー以外でも作れますが、auスマホやauひかりを利用しているなら「auでんき」へ加入すると毎月の電気料金の支払いをau PAY カードにするだけで最大5%のPontaポイントがもらえます。

ポイントがどんどんと貯まるau PAY カード、これは使わないとですね。

広告代理店のコピーライター兼ディレクター、ECサイトのメルマガライターなどを経て、ライター・編集者として独立。現在はエポスカードとソニーバンクウォレットを活用。より良いキャッシュレス生活を模索中です。

ERIKAの執筆記事・プロフィール一覧へ

関連記事