執筆者一覧

このページでは、マネ会 by Amebaに携わっている執筆者を紹介しています。(順不同)
専門家一覧はこちら

1987年12月22日生まれ。2010年(株)SEGA入社。UFOキャッチャーなどを含む10機種以上の設計開発を行う。プライズ機器の中長期戦略も担い、プライズ機器業界シェア1位奪還を経験。 その後育児休暇中に刀の魅力にどっぷりはまり、ついには刀を買う。刀の美しさに魅了され、刀を部屋に美術館のように飾って毎日眺めたいと思うも、そのような製品が世の中に存在しない事を知る。 2018年、それを実現する展示ケースの製作を決意。作るなら世界一の物を、と考え退職。同年、「刀箱師」として活動開始。㈱Circumo設立、同代表。 2020年、製作した展示ケースがOMOTENASHI Selection2020受賞。活動を通して「刀とくらす」という文化を浸透させるべく奮闘中。 メディア出演歴:フジテレビ「Mr.サンデー」、東京新聞、日刊ゲンダイ、東京人、monoマガジン、Lightning、男の隠れ家、Nile’s NILEほか

消防士からパーソナルトレーナーに転向。フィジーク競技で日本大会優勝し、代表選手として世界大会を経験。その後YouTube活動をはじめ、現在チャンネル登録者は6万人弱。東京・神奈川でパーソナルジムを2店舗経営。今もなおフィジーク選手として活躍中。

40歳、システムエンジニア。ファミコンが大好きで、日々探し続けてコレクション中。市販ファミコンカセット1,053本コンプ達成。

オールドレンズツイッタラー。2017年12月、Twitterでオールドレンズの存在を知り衝動買い。その後、オールドレンズ沼に陥り、200本以上購入。現在は国産ノンライツレンズを中心に100本所有。オールドレンズで撮った写真を毎日、Twitterに投稿している。

30代の研究者。ゲーム以外の趣味は、ドライブ、将棋、3Dモデリングなど。こんなIDで15年以上ネットに生息してますが、頭髪は薄くないです。

飲食チェーン店トラベラー、PRプランナー、ミュージシャン。 全国各地で音楽活動をする傍ら、全国各地の食を楽しむ外食好き、旅好き。 著書に「全国飲食チェーン本店巡礼~ルーツをめぐる旅」(大和書房)。

鎌倉生まれ。多摩美術大学デザイン科グラフィックデザイン専攻科卒業、グラフィックデザイナーの粟津潔氏のアシスタントを務める。スタイリングと撮影も合わせて行い、フードの盛り付けデザインやデパートのディスプレイ、日本各地の食のデザインを数多く手掛ける。海外でも盛り付けデザイン教室を開催。その他受賞多数。

飲食店を営む両親のもとに育ったことがきっかけで、この世界へ。辻料理師専門学校を卒業後、大阪市のイタリア料理店で修業し腕を磨く。2010年にオーナーシェフとして【イル ルォーゴ ディ タケウチ】を開業。『ミシュランガイド関西2014~2022年』に掲載される。現在福島区に3店舗、梅田に1店舗を経営。

竹内 啓二のプロフィール・執筆記事一覧へ