更新日:

ウェディングプランナーは誰もが憧れる職業!湘南ウェディング専門学校なら就職率100%

ウェディングプランナーは誰もが憧れる職業!湘南ウェディング専門学校なら就職率100%

ウェディングプランナーは新郎新婦の希望に沿った結婚式を提案し、当日は裏方として結婚式を盛り上げる陰の立役者で、多くの人が憧れる職業です。

そんなウェディングプランナーになるには、専門学校でウェディングプランナーとしての知識や資格を取得するのが望ましいです。

本記事では、ウェディングプランナーの仕事内容やウェディングプランナーになる方法、関連する資格などについて紹介します。

ウェディングプランナーの仕事はどんなイメージ?

ウェディングプランナーといえば、結婚式を計画するブライダル業界の花形と呼べる仕事で、華やかなイメージがあります。

しかしながら、実際のウェディングプランナーの仕事では、新郎新婦の門出を祝うイベントを取り仕切る責任の重大さを感じて不安になったり、大きなプレッシャーを感じたりすることもあります。

仕事のさまざまな面を知ったうえで経験を積んでいくことが、結婚式に関わった方々から感謝されるウェディングプランナーになる近道です。

ウェディングプランナーの仕事内容

ウェディングプランナーは、新郎新婦に対して結婚式に関するすべての提案をし、悩める新郎新婦の相談の窓口となる仕事です。

ウェディングプランナーの仕事内容は、主に次の通りになります。

ウェディングプランナーの仕事内容

  • 新郎新婦の希望や要望をヒアリング
  • ニーズに合った結婚式を総合的にプランニング
  • 結婚式当日までに必要な準備を進める
  • 当日は予定どおりに結婚式が進むようにサポート

ウェディングプランナーの主な仕事には、新郎新婦に対して結婚式をプランニングするほかに、当日の司会やカメラマン、牧師、音響スタッフの手配、ブーケやウェディングケーキの手配などの事務作業も含まれます。

また、結婚式当日は引き出物や会場装花が届いているか、式場のレイアウトはプランニングどおりなのかを確認し、時間どおりに式が進められるようにサポートをします。

ウェディングプランナーとして就職する場合、次のような就職先が考えられます。

ウェディングプランナーの就職先

  • 専門式場
  • ホテル
  • 挙式会場
  • ブライダルプロデュース会社

就職先によって、ウェディングプランナーとして結婚式に関われる業務が異なるため、ウェディングプランナーになるときは求人情報をしっかりと確認しましょう。

ウェディングプランナーに向いている人とは?

ウェディングプランナーに向いている人は次のような人です

ウェディングプランナーに向いている人

  • 人と関わるのが好きな人
  • 企画を提案するのが好きな人
  • デザインやファッションに興味がある人

ウェディングプランナーの仕事は多岐にわたっておりますが、新郎新婦の希望を汲んだすてきな結婚式を提案することが主な役割です。

新郎新婦が結婚式に抱いているイメージをヒアリングして、ニーズに合った結婚式を提案することがウェディングプランナーに求められます。

そのため、人と関わりを持って仕事をするのが好きな人や、企画を立案して提案するのが好きな人にウェディングプランナーは向いています。

また、結婚式会場の飾り付けや、新婦のファッションやメイクはウェディングプランナーのセンスが問われます。デザインやファッションに興味があって勉強している人も、ウェディングプランナーの仕事に向いています。

ウェディングプランナーとして仕事をするために必要なこととは?

ウェディングプランナーとして働くのに必要な資格はありません。未経験での求人募集もゼロではないため、高校を卒業してから専門式場やブライダルプロデュース会社に就職することも可能です。

ただし、ウェディングプランナーを目指す人が増えているため、大学や専門学校、スクールなどでウェディングプランナーの専門知識を学んでから就職するのが一般的になりつつあります。

また、ウェディングプランナーとして就職したからといって、すぐに結婚式のプランニングができるとは限りません。

最初は経験を積むために、ほかの担当者のサポートや簡単な受注業務をおこなうのが基本で、経験を積めばプランナーとして総合的に結婚式に関わることができます。

ウェディングプランナーの役に立つおすすめ資格

ウェディングプランナーになるのに資格は必要ありませんが、ウェディングプランナーの役に立つ資格を取得していれば就職・転職のアピールになり、ウェディングプランナーとして仕事をするときにも役立ちます。

ウェディングプランナーの役に立つおすすめの資格は次の3つです。

ウェディングプランナーの役に立つ資格

  • WBJ認定ウェディングプランナー
  • ブライダルコーディネート技能士
  • 観光英検

それぞれ、どのような資格なのか順番に解説します。

資格①WBJ認定ウェディングプランナー

WBJ認定ウェディングプランナーとは、ウエディングスビューティフル協会(WBJ)が認定した資格です。

日本のウェディングの歴史から、伝統や慣習、実務内容と実践方法、現在のブライダル事情までを網羅したプログラムを修了することで認定される資格で、ウェディングプランナーの仕事を深く理解することができます

資格②ブライダルコーディネート技能士

ブライダルコーディネート技能士は、公益社団法人日本ブライダル文化振興協会が実施する国家検定です。

ブライダル業界で必要な実務知識や専門知識を問われる試験で、合格者はウェディングプランナー全体の実務を理解していると証明できます。

3級から1級まであり、3級はどなたでも受験することができますが、2級・1級は受験資格があるため、事前に確認してから申し込みましょう。

資格③観光英検

観光英検とは、観光分野に特化した英語力を測る試験で、主に観光の仕事で英語を使う必要がある方に向けた資格です。

ウェディングプランナーとは関係のない資格のように思われますが、最近では海外の方と結婚する方が増えているため、ウェディングプランナーにも英語力が求められています。

実際、ウェディングプランナーなどのブライダル関係への就職を目指す専門学校では観光英検の取得を推奨しており、ウェディングプランナーに必要な資格と考えられています。

ウェディングプランナー関連の資格を取るなら湘南ウェディング専門学校!

ウェディングプランナーになるのに資格は必須ではありませんが、資格があることでウェディングプランナーとして就職しやすくなります。

湘南ウェディング専門学校では、ウェディングプランナーとして取得しておくべき資格が取得できる学校です。

湘南ウェディング専門学校で取得できる資格

  • WBJ認定ウェディングプランナー
  • ブライダルコーディネート技能士
  • 観光英検
  • ホテルビジネス検定
  • ビジネス検定ジョブパス
  • 色彩検定
  • パーソナルカラー検定
  • 秘書検定
  • ドレスコーディネート

湘南ウェディング専門学校はウェディングプランナーとして、結婚式に関するすべての知識を習得できる専門学校です。

ウェディングプランナーとして重要な企画力や演出力のほかに、メイク&ヘア、披露宴サービス、司会など、ブライダルに関するさまざな知識が身に付きます。

1学年定員40名の少人数教育のため、学生と講師の距離がとても近く、効率的な授業をおこなっています。

湘南ウェディング専門学校なら就職率100%

湘南ウェディング専門学校の2020年度3月卒業生の就職実績は100%で、非常に高い実績になります。

主な就職先は全国各地のホテル・ブライダル専門式場ブライダルプロデュース会社レストラン・ブライダル関連企業となっております。

1年間という限られた時間を少人数で学び深めることで、ウェディングプランナーとし必要な知識や資格を習得でき、ウェディングプランナーとして確実な就職を可能にしています。

ウェディングプランナーを目指すなら関連する資格を取っておこう

ウェディングプランナーは新郎新婦のニーズに合った結婚式を提案し、準備するのが主な仕事です。そのため、人に関わったり、企画の提案や準備したり、ファッションやデザインに興味がある人に向いている仕事です。

ウェディングプランナーになるのに必須の資格はありませんが、専門学校で勉強したり、関連する資格を取ることでウェディングプランナーとして就職し、活躍できる人材になれます。

湘南ウェディング専門学校は、ウェディングプランナーとして必要な知識を総合的に学べて、関連した資格を取得できる専門学校です。

2020年度3月卒業生の就職率が100%と非常に高いのは、少人数で効率的な授業をおこなうことで効率よく知識を学べるためで、ウェディングプランナーとして活躍したい方におすすめの専門学校になります。

大学卒業後、ライティング事務所に就職。2017年に独立し、フリーライターとして活動。ライティング業務に携わる中で、ジャンルを問わず多くの記事を執筆しましたが、最も得意なのは金融・経済系。特にアジア・欧州の経済や、新興スタートアップ企業に関する記事を投資webメディアにて連載中。猫が好きだけど、猫アレルギーのためモニター越しでしか眺められないのが悩み。ライティングを行う時には「分かりやすく・読みやすく・おもしろく」を心がけています。

野田 幹太の執筆記事・プロフィール一覧へ