更新日:

看護師が退職できない3つの理由!引き止めの対処法や退職するポイントも解説

看護師が退職できない3つの理由!引き止めの対処法や退職するポイントも解説

看護師を取り巻く医療業界は、常に人手不足が深刻化しており、人員確保の難しさから簡単には退職できないケースが多いです。

いざ退職をしようと決意したにも関わらず、上司や同僚からの引き止めによってなかなか退職できない看護師は少なくありません。

そこでこの記事では、看護師が退職できない3つの理由を紹介します。

また、引き止めにあった際の対処法や、スムーズに退職するためのポイントについても解説します。

円満に退職することは大切なマナーでもあるため、ポイントを踏まえた退職手続きを心掛けましょう。

看護roo!

看護roo!
業界トップクラスの求人数
アドバイザーの質が高い
職場の雰囲気を細かく教えてもらえる
【PR】

レバウェル看護

レバウェル看護
幅広い分野の求人がある
キャリアアドバイザーの対応が丁寧
ヒアリング力が高く寄り添った求人を提案
【PR】

マイナビ看護師

マイナビ看護師
看護師専門のキャリアアドバイザー在籍
地域の求人に詳しい全国20カ所の拠点
会って話せるキャリア面談実施
【PR】

看護師が退職できない3つの理由

看護師がなかなか退職できない背景には、職場の事情や上司の個人的な理由など、様々な要素があります。

まずは、看護師を退職できない原因について考えてみましょう。ここからは、看護師が退職できない主な理由を紹介します。

看護師が退職できない理由
  • 職場の人手不足
  • 退職日を引き伸ばしされる
  • 看護師長が自分の評価を下げたくない

それでは、看護師が退職できない理由について、それぞれ解説していきます。

職場の人手不足

医療業界では、全体的に看護師不足が慢性化している状況です。厚生労働省の調査によると、令和4年2月時点の看護師の有効求人倍率は2.20倍(※1)です。

つまり、看護師1人につき、2件以上の求人があることになります。全職種の有効求人倍率が1.21倍(※2)であることから、看護師は他職種に比べて人手不足が深刻化していることがわかります。

このことから、看護師が辞めることで職場のシフトが回らなくなるケースや、ほかの看護師の業務負担が重くなるケースが考えられるため、退職を引き止められることがあります。

業務負担が増えることで、ほかの看護師の離職にも繋がる可能性があるため、極力辞めずに留まってもらいたいというのが職場の本音です。

(※1)出典:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和4年2月分)」
(※2)出典:厚生労働省「一般職業紹介状況(令和4年2月分)について」

退職日を引き伸ばしされる

退職することには承諾してもらえたものの、職場が忙しい時期だと退職日を先延ばしにされることもあります。なかには、退職日を引き延ばされたことで退職するタイミングを失い、退職できないケースもあります。

また、退職の意思を伝えてから退職日までの勤務が辛いと感じる看護師も多いです。特に、人手不足の職場では、自分が退職することで「同僚や先輩から冷たい態度を取られるのではないか」という恐怖を抱く看護師も少なくありません。

そのため、退職日までの期間に耐えられず、退職自体を断念してしまう看護師もいます。

看護師長が自分の評価を下げたくない

退職の申し出をした際に、看護師長から強く引き止められることでなかなか退職できないこともあります。

例えば「もう少し看護師の経験を積んでからの方が良い」「今退職するのはもったいない」といったアドバイスを受けることもあるでしょう。もちろん、看護師本人のことを考えて引き止めることもありますが、そうではない場合もあります。

看護師長としては、退職者を出してしまうとマネジメント能力を問われてしまい、管理職としての評価が下がることがあります。

そのため、自分の評価が下がることを防ぐために、様々な理由をつけて引き止める看護師長も存在します。もし看護師長からの引き止めにあった際には、どのような意図で引き止めているかを考えてみましょう。

看護師が退職するまでの流れ5STEP

看護師がスムーズかつ円満に退職するためには、適切な流れに沿った退職手続きをおこなう必要があります。退職をする際にも、一般的なビジネスマナーがいくつか存在します。

社会的なルールやマナーに従って退職をするためには、正しい手順でおこなうことが重要です。退職時のトラブルを避けるためにも、まずは退職までの基本的な流れを把握しておきましょう。

看護師が退職する流れ
  • 退職希望日を決める
  • 上司に退職の意向を伝える
  • 退職届を作成する
  • 業務を引き継ぐ
  • 退職する

ここからは、看護師が退職するまでの流れを5つのステップに分けて解説します。

退職希望日を決める

退職へ向けた事前準備として、退職希望日を設定することから始めます。

転職による退職であれば、転職先の入社日に合わせて退職日を決めましょう。同時に、現在の職場の就業規則を確認し、申し出の期日や手続きの方法に従って無理のないスケジュールを組むことが大切です。

また、比較的退職しやすい時期もあります。年度末の3月や、職場の人事異動の時期、委員会・看護研究などの活動が一段落する時期を狙って退職日を設定するのも効果的です。

これらの時期は病院側も組織編成がしやすいため、看護師の退職を受け入れやすくなるといえます。看護師が円満に退職するためには、可能な限り退職時期についても考慮すると良いでしょう。

上司に退職の意向を伝える

退職希望日が決まれば、就業規則に従って上司へ退職の意思を伝えます。

法律では退職希望日の14日前(※)までに退職の意思表示をすることになっていますが、ほとんどの職場では就業規則によって独自に期日が決められています。

円満に退職するためには、それぞれの職場の就業規則に合わせた退職の意思表示をおこないましょう。職場によって1ヶ月〜3ヶ月前と差があるため、必ず把握しておくことが大事です。

職場への負担も考慮し、期間に余裕を持って進めていきましょう。

最初に退職の意思を伝える相手としては、看護師長など直属の上司に伝えるのがベストです。また、メールや電話などではなく、対面して口頭で伝えることも大切です。

(※)出典:民法第627条「期間の定めのない雇用の解約の申入れ」

退職届を作成する

上司と相談し、正式に退職日が決定した後は、退職届を作成して上司に直接提出します。

職場によっては退職書類のフォーマットが指定されている場合もあるため、就業規則を確認するか、上司に確認するなどの方法でチェックしましょう。

自分で退職届を用意する際には、封筒と便箋を用意する必要があります。

封筒は郵便番号枠がない、白無地の二重封筒を用意します。茶封筒は主に事務書類の送付で使われるものであるため、退職届に使用するのは避けましょう。

便箋はA4またはB5の白無地のものを使用し、縦書きで記載します。パソコンで便箋を作成しても問題ありませんが、手書きの場合は黒のボールペンか万年筆を使用しましょう。

業務を引き継ぐ

退職における最後の役割として、現場スタッフへの業務の引き継ぎがあります。

退職することで、ほかのスタッフの業務や患者へのケアに支障がないように、抜け漏れなく念入りに引き継ぎをおこないましょう。

担当業務によって異なりますが、少なくとも1ヶ月の期間を引き継ぎに当てられるようにすると、余裕のあるスケジュールが立てられるでしょう。

自分だけが把握している業務などがあれば、手順書や引き継ぎ用のノートにまとめることで相手に分かりやすく伝えられます。

最後まで丁寧な仕事をする人であると印象づけるためにも、期間に余裕をもって細かいサポートを心掛けましょう。

退職する

最終出勤日には、職場へ返却すべきものや受け取らなければならないものに注意が必要です。

代表的な返却すべきものは、健康保険証やロッカーキー、ユニフォーム、社員証などが挙げられます。

文房具などの事務用品は、今まで当たり前のように使用していたものが多く、最終日に返却を忘れてしまうケースも多いです。特に、業務上の資料などは患者の個人情報や機密に関わる記載もあるため、後のトラブル防止のためにも、取り扱いには注意が必要です。

一方で、受け取るべきものの代表例としては、雇用保険被保険者証や離職票、源泉徴収票などがあります。離職票や源泉徴収票などは退職後に郵送されるのが一般的であるため、退職前に住所の確認や送付予定を把握しておきましょう。

また、源泉徴収票などは新しい職場で必要となることが多いため、確実に受け取れるようにすることが重要です。

看護師が円満退職するためのポイント

退職する時には、トラブルなく円満に退職したいと考える看護師も多いでしょう。看護師が職場を円満に退職するためには、いくつかのポイントを押さえて行動することが重要です。

一般的なルールやマナーを守ることも大切ですが、一連の流れのなかで少し工夫するだけでも周囲の印象は大きく変わります。比較的スムーズに退職できるよう、いくつかのポイントを理解しておきましょう。

看護師の退職時のポイント
  • 退職の意向は早めに伝える
  • 業務は漏れなく引き継ぐ
  • お世話になった人にお礼を伝える

ここからは看護師が円満退職するためのポイントを3つ紹介します。

退職の意向は早めに伝える

看護師が1人辞めることで、その職場は人員の補充や業務の調整などをおこなう必要があります。

先述したとおり、法律上は14日前に退職の意思を伝えれば問題ないですが、ほとんどの場合は人員調整や引き継ぎの期間としては不十分であり、混乱する可能性もあります。

実際に、急に退職を伝えることにより、引き止められたりトラブルに発展したりしやすくなるため、注意が必要です。そのため、看護師が退職の意思を伝えるのは、可能な限り早い段階でおこなうようにしましょう。

退職を伝える時期は、就業規則で決まっている場合も多いため、最低限決められた期間は守ることが大事です。目安としては1ヶ月〜3ヶ月の期間があれば良いでしょう。

業務は漏れなく引き継ぐ

業務を引き継ぐ際には、漏れがないよう入念におこないましょう。

本人が退職した後も、ほかのスタッフはその職場で働き続けます。引き継ぎが中途半端だったり不十分だったりした場合、後任の看護師の混乱を招くだけでなく、患者にも影響が出る可能性があります。

引き継ぐ看護師との連携や情報共有を密におこなうことで、トラブルなくスムーズに退職を迎えやすくなるでしょう。

また、可能であれば退職後の相談に応じられるよう、後任の看護師に連絡先を伝えておくことも一つの方法です。

お世話になった人にお礼を伝える

退職が決定したら、同僚や先輩看護師に感謝の気持ちを伝えると良いでしょう。

これまで指導してもらったことや、
成長を促してくれたことに対して感謝していることを伝えれば、相手も気持ちよくあなたの退職を送り出せます。

看護師業界にいる以上、今の職場のスタッフと今後も間接的・直接的に関わる可能性は十分にあります。「二度と会うことはないだろう」と決めつけて礼儀を欠く態度を取らずに、最後まで良好な人間関係を築くことを心掛けましょう。

看護師を退職できない場合の対処法

看護師が退職の意思を伝えても、強い引き止めにあってなかなか退職できないケースも多いです。

引き止められることで職場への罪悪感を抱いたり、感情が流されたりしてしまい、退職できない看護師もいます。また、諭されることで、自分自身も辞める理由を見失ってしまうこともあります。

看護師がスムーズに退職するためには、引き止めにあった場合に実践すべき対処法があります。

ここからは、看護師を退職できない際の対処法について5つのポイントを紹介します。

退職できない場合の対処法
  • 退職を決定事項として伝える
  • 引き止められにくい退職理由を考える
  • 退職時期を工夫する
  • 看護師長より上の看護部長に退職を伝える
  • 看護師転職サイトで相談する

それでは、看護師が退職できない場合の対処法について解説していきます。

退職を決定事項として伝える

退職の意思を伝える際、相談としてではなく決定事項を報告するような形で伝えることが効果的です。「辞めたいと思っている」というような不確定な考えを伝えてしまうと、上司に引き止める余地を与えてしまいます。

どんなことをいわれようと「辞める決意をした」ことを伝え、気持ちが固まっているという姿勢で話すことが大事です。「退職をするので時期を相談したい」というように、退職することを大前提として相談するのも良いでしょう。

退職予定日がある程度決まっているのであれば、具体的な退職希望日も伝えると、意思の強さをアピールできます。

引き止められにくい退職理由を考える

退職理由を引き止めようがないものにすることも、引き止めを防ぐための効果的な方法です。

例えば「ほかの分野に挑戦したい」「すでに転職先が決まっている」などのステップアップやキャリアチェンジを目的とした退職の場合は、引き止められにくい傾向があります。

また「体調不良」「親の介護」「パートナーの転勤」などのやむを得ない事情に対しても、引き止められる可能性は低いでしょう。

逆に、人間関係や待遇、勤務条件など職場への不満を退職理由にすると、改善案を出された時に退職理由を失ってしまいます。

辞めることができても印象が悪くなり、退職日まで働きづらくなるでしょう。そのため、たとえ真実であったとしても、職場への不満を伝えることは避けましょう。

退職時期を工夫する

看護師が退職する際、可能であれば退職時期を工夫することも効果的な方法です。

時期によっては、比較的退職しやすい時期と退職しづらい時期があるため、退職を計画する際に押さえておきましょう。

多くの場合、年度末は異動などの人員調整をするタイミングであるため、退職しやすい時期といえるでしょう。また、委員会や看護研究が一段落した時期も退職しやすいタイミングです。

一方で、年末年始などの連休時期、産休等で休職する看護師が出たタイミングでは引き止めにあう可能性が高いです。また、委員会や看護研究の活動中での退職も、周りのスタッフへの負担が大きいため、引き止められる原因となります。

転職先への入職日との調整もあるため、退職時期を自由に調整できない場合もあるでしょう。ただ、可能な限り退職しやすい時期に辞められるよう心掛けることが大切です。

看護師長より上の看護部長に退職を伝える

看護師長へ退職の意思を伝えても話が進まない場合は、看護師長で話が止まっている可能性があります。看護師長が退職を承諾してくれない時は、伝える相手を変えてみるのも良いでしょう。

伝える相手として最適なのは、看護師長より上の立場である看護部長です。看護部長へ話を通しておけば、看護師長も退職を承諾せざるを得ません。

しかし、看護部長へ退職を伝えることは、あくまでも最終的な手段としましょう。看護師長への相談もなく、いきなり看護部長へ退職の意思を伝えることはマナー違反であり、関係悪化の原因にもなります。

最初は必ず直属の上司である看護師長に退職を伝えるようにしましょう。

看護師転職サイトで相談する

退職できない状況で苦労している時には、看護師転職サイトを利用してキャリアアドバイザーに相談するのもおすすめの方法です。

看護師転職サイトは、看護師の転職に関する様々なサポートをおこなっています。転職相談や求人紹介、履歴書の添削、面接対策などのサポートを無料で受けられるのが大きなメリットです。

転職先が決まってからは、円満に退職するためのアドバイスもおこなってくれます。そのため、初めて転職する看護師は適切なアドバイスを受けられる観点からおすすめです。

また、入職時期と退職時期の調整もおこなってくれるため、退職できない場合にも十分なフォローが受けられます。

【退職できない看護師向け】おすすめの転職サイト3選

上司からの引き止めによって退職できない看護師は少なくありません。そのため、転職への不安を強く抱く看護師もいます。

転職先探しや、転職までの一連の流れに不安がある看護師には、先述したとおり転職サイトの活用がおすすめです。転職活動において、退職に関するアドバイスや入職後のアフターフォローまで、手厚いサポートが受けられます。

ここからは、数ある転職サイトのなかでも退職できない看護師向けのおすすめの転職サイトを3社紹介します。

看護師転職サイト3選
  • 看護roo!
  • レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
  • マイナビ看護師

それでは、退職できない看護師におすすめの転職サイト3選をそれぞれ紹介していきます。

看護roo!

看護roo!
看護roo!
おすすめポイント
  • 業界トップクラスの求人数
  • アドバイザーの質が高い
  • 職場の雰囲気を細かく教えてもらえる
公開求人数 約42,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 正看護師、准看護師、保健師、助産師

\ 看護roo!の /

無料登録はこちら

\ 看護roo!の /

公式サイトはこちら
【PR】

看護師roo!は、株式会社クイックが運営する看護師専門の転職サービスです。

全国的に求人が豊富であり、特に関東・東海・関西地方の都市部の求人に強い特徴があります。

また、30年以上の転職支援実績に裏付けされる手厚いサポートも魅力の一つです。特に、面接に関するサポートに力を入れており、専任のアドバイザーによる面接対策や、履歴書作成のアドバイスを手厚く受けられます。

退職できないと悩んでいる看護師だけでなく、初めて転職する看護師にもおすすめのサービスです。

レバウェル看護(旧:看護のお仕事)

レバウェル看護
レバウェル看護
おすすめポイント
  • 幅広い分野の求人がある
  • キャリアアドバイザーの対応が丁寧
  • ヒアリング力が高く寄り添った求人を提案
公開求人数 約140,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 看護師、准看護師、保健師、助産師

\ レバウェル看護の /

無料登録はこちら

\ レバウェル看護の /

公式サイトはこちら
【PR】

レバウェル看護は、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営する転職サイトです。

レバウェル看護の大きな特徴は、14万件を超える圧倒的な公開求人数の多さです。全国の求人を取り扱っており、都市部だけでなく地方の転職にも強い点もメリットといえます。

また、年間4,000回以上の施設訪問により、職場の雰囲気や人間関係といった内部情報を数多く保有しているため、入職後のミスマッチを最小限に抑えられるでしょう。

「転職前にできるだけ多くの情報収集をしてから、自分に合った職場を探したい」という看護師にもおすすめの転職サイトです。

マイナビ看護師

マイナビ看護師
マイナビ看護師
おすすめポイント
  • 看護師専門のキャリアアドバイザー在籍
  • 地域の求人に詳しい全国20カ所の拠点
  • 会って話せるキャリア面談実施
公開求人数 約47,000
非公開求人数 非公開
対応地域 全国
対象年齢 全年齢
業界、職種 看護師、准看護師、保健師、助産師、ケアマネージャー

\ マイナビ看護師の /

無料登録はこちら

\ マイナビ看護師の /

公式サイトはこちら
【PR】

マイナビ看護師は、人材派遣や転職サポートで高い知名度を誇る株式会社マイナビが運営する転職サイトです。

医師向けや薬剤師向けなど、各医療職の専門転職サイトを手がけており、医療機関との繋がりが強い特徴があります。

また、質が高い求人が集まりやすい点も大きなメリットです。病院の逆指名制度もあり、希望の病院があった場合には病院名を伝えることで、採用枠を設けるために直接交渉してもらうことが可能です。

全国21ヵ所に相談会場があるため、地方在住の看護師やUターンを検討している看護師にもおすすめの転職サイトです。

まとめ

この記事では、看護師が退職できない理由を紹介しました。看護師業界は人手不足が問題となっており、退職したくても引き止めによってなかなか退職できない看護師も多いです。

上司からの引き止めにあわず、スムーズな退職手続きをするためには、まず退職の一連の流れを把握しましょう。そして、ポイントを踏まえて退職を勧めることが大事です。

また、今後の仕事にも影響する可能性があることから、最後まで人間関係を良好に保つよう心がけましょう。円満退職を実現するためにも、期間に余裕を持ったスケジュールと丁寧な引き継ぎは欠かせない要素です。

退職における手続きも立派な職務であることを理解し、ルールやマナーに沿って円滑に進めましょう。

気になるけど、なかなか話しづらい。けどとても大事な「お金」のこと。 日々の生活の中の身近な節約術から、ちょっと難しい金融知識まで、知ってて得する、為になるお金の情報を更新していきます。